倉元 製作所 株価。 倉元製作所の株価が急騰!債務超過銘柄が奇跡の大逆転材料発表か?

倉元製作所 価格情報

倉元 製作所 株価

・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

倉元製作所 (5216) : 株価/予想・目標株価 [KURAMOTO]

倉元 製作所 株価

オプトランが前日比4.5%高の2426円まで買われた。 株式新聞が13日付1面で、テレビ向けなどで実用化が期待される「マイクロLED(発光ダイオード)」に関連する有力企業として紹介した。 マイクロLEDは、電球や自動車のライトに使われているLEDの発光部分を100マイクロ(0.1ミリ)メートル以下まで極小化したもの。 従来のLEDよりも小さな、「赤・緑・青」の3色に発光するチップを敷き詰め、映像をつくり出す。 高精細ではっきりとした画像を映し出せるほか、動画への応答速度の速さなどが特徴。 韓国サムスン電子やソニーがテレビに採用し始めたほか、米アップル<AAPL>もタブレット向けに導入するとの観測が浮上している。 オプトランはLEDの製造に使う光学薄膜装置のメーカー。 マイクロLEDへの展開も期待され、新型装置もこのほど受注した。 このほか同紙は、サムコや三井金属、倉元製作所などを関連銘柄に挙げている。 提供:モーニングスター社• 材料の保土谷化学工業や、製造装置を手掛けるブイ・テクノロジーなどが急伸したほか、小型株の一角が思惑の買い注文を大量に集めている。 有機ELパネルは主に韓国サムスン電子が供給すると報じられている。 保土谷化は有機EL向けの正孔輸送材や電子輸送材を手掛け、サムスングループと関係が深い。 また、Vテクは蒸着用のマスクや部材を展開する。 株価はそれぞれ前日比で15.2%、6.5%上昇した。 一方、アップルとの直接的なつながりはさておき、有機ELを取り巻く小型株の物色も旺盛だ。 これまでもこのテーマで値を飛ばしてきたケミプロ化成がカイ気配となり、倉元製作所も急騰している。 このほか、関連銘柄はアルバック、平田機工、ローツェ、マルマエ、昭和真空、ダイニック、マナックなど。 一方、液晶パネルでアップルが顧客のJDIや、バックライトのミネベアミツミは上値が重い。 提供:モーニングスター社• 主に韓国サムスン電子がパネルを供給するという。 アップルの有機ELシフトをテーマとする物色では、サムスンと関係の深い保土谷化をはじめ、時価総額の小さい関連銘柄のケミプロ、倉元、昭和真空、ダイニック、マナックなどが連想で値を飛ばす傾向がある。 このほか、製造装置・設備や加工でVテク、アルバック、平田機工、ローツェ、マルマエも有力。 一方、液晶パネルでアップルが顧客のJDIや、バックライトのミネベアMは売られやすい。 提供:モーニングスター社•

次の

倉元製作所の株価が急騰!債務超過銘柄が奇跡の大逆転材料発表か?

倉元 製作所 株価

PTSマーケット情報はSBIジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はSBIジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、SBIジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびSBIジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の