台風 19 号 東京 浸水。 多摩川氾濫で浸水「怖かった」 東京・二子玉川 :日本経済新聞

2019台風19号・東京都の河川氾濫など被害状況まとめ!浸水エリアや交通網・常時運転かどうかも

台風 19 号 東京 浸水

・台風19号で浸水したエリアと、水害を予測した「ハザードマップ」を重ね合わせ、どの程度一致しているか検証した。 ・長野市北部では、実際の浸水の範囲や深さがハザードマップの想定内に収まっており、有効性が実証された。 ・実際の被害は「水の深さ」と比例しない。 氾濫した濁流の「速さ」が住宅を壊滅させた。 台風19号によって、全国各地で河川堤防の決壊が相次いだ。 市街地で大規模な浸水が発生し、住宅被害も続出している。 実際に浸水した範囲と、各自治体が事前に浸水を想定した「ハザードマップ」はどの程度、一致したのか。 独自に2つの地図を重ね合わせると、水の「深さ」だけではない重要な視点が見えてきた。 検証したのは、千曲川が決壊して大規模な浸水被害が発生した長野市北部。 国土交通省によれば長野市内で約950ヘクタール(東京ドーム約200個分)が浸水し、床上浸水した住宅は10月17日時点で調査中だ。 JR東日本の長野新幹線車両センターの車両基地が浸水し、北陸新幹線の車両120両が水没した。 まずは下のアニメーションを見てほしい。 長野市のハザードマップの上に、台風19号による浸水エリアを重ねてみた(詳細は後述)。 すぐに分かるのは、実際の浸水地域が、すっぽりとハザードマップの浸水予想範囲に収まっていることだ。 アニメーションで重ね合わせたのは次の2つの地図だ。 1つは、長野市が作成した「洪水ハザードマップ」。 河川が氾濫した際の浸水予測結果に基づいて、浸水の範囲や深さ、避難所などを示している。 地図中の赤色のグラデーションで示されたのが浸水が予想される範囲で、色が濃ければ濃いほど深くなる。 濃いピンク色で示されたエリアの浸水深さは10〜20mだ。 ハザードマップの上に重ねたのは国土地理院が作成した「浸水推定段彩図(速報版)」。 国土地理院が10月13日に撮影した空中写真や収集情報、標高データを基に、浸水範囲における水深を推定した。 国土地理院応用地理部の小野康・企画課長補佐は「写真などを基に作成しているため、実際に浸水したエリアとずれている場合がある」と話す。 水色が濃くなればなるほど、浸水が深かったことを示している。 水色のエリアは、ハザードマップの赤色の範囲に収まっており、かつ、ハザードマップより実際の被害の方が浸水は浅い。 河川工学が専門で、10月16日に千曲川流域の被害状況を調査した名古屋大学大学院の中村晋一郎准教授は「実際に現地を調査しても浸水は深くて4m程度。 エリアも想定通りで、ハザードマップの有効性が改めて確認できたと言っていい」と話す。 長野市危機管理防災課によれば、千曲川は過去に何度もあふれたことがあり、長野市はハザードマップを作成して注意喚起を繰り返してきた。 最新の想定に基づいて改定を繰り返し、今年8月に、浸水想定エリアの地区の全戸に最新版を配布したばかりだった。

次の

洪水を受け止めた「地下神殿」…首都圏外郭放水路が“フル稼働”で台風19号から街を守っていた

台風 19 号 東京 浸水

— さらしる sarasiru 「スーパー台風」高潮で東京23区の3割浸水 都が想定 一週間以上水が引かない地域も 2018年の記事 📢最悪なのは今回の台風は大潮にあたる月齢に来ること。 低標高地の皆さん、ご注意。 1区になってしまう… — マナリス manarisu9475 東京23区の3割浸水 ひええ。 これまでの予報よりだいぶ東にそれてくれたからここまでひどくならないと思いたいが……そうか1000年に1度クラスの台風か……。 — 樹碧 Ziiiiiikyoooo3 「スーパー台風」高潮で東京23区の3割浸水 都が想定:日本経済新聞 え…? 決壊のときは南に逃げるんだけど,高潮では…。 「スーパー台風」高潮で東京23区の3割浸水 都が想定:日本経済新聞 — WADA WadaJP 台風19号って東京23区の3割浸水なん!? 東京16区になってまうやんけ…… — 👻先斗ぺろ👻劇場版ゴキゲン帝国 PontoPero 2人続けて計算違ってて草。 東京23区の3割浸水すると東京16. 1区です。 Soul Campとかまだ開催可否を発表してないけど、地方の人なんて火中に身を投じる様なもんやんって思った。

次の

防災か景観か?台風19号で気づいた災害リスクと持つべき危機感

台風 19 号 東京 浸水

10 月6 日に南鳥島近海で発生した台風第19 号は、マリアナ諸島を西に進み、一時 大型で猛烈な台風に発達した後、次第に進路を北に変え、日本の南を北上し、12 日 19 時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した。 その後、関東地方を通過し、13 日 12 時に日本の東で温帯低気圧に変わった。 台風第19 号の接近・通過に伴い、広い範囲で大雨、暴風、高波、高潮となった。 雨については、10 日から13 日までの総降水量が、神奈川県箱根で1000 ミリに達 し、東日本を中心に17 地点で500 ミリを超えた。 特に静岡県や新潟県、関東甲信地 方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1 位の値を更新す るなど記録的な大雨となった。 この大雨について、10 月12 日15 時30 分から順次、静 岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県、茨城県、栃木県、新潟 県、福島県、宮城県、岩手県の1 都12 県に大雨特別警報を発表し、最大級の警戒を 呼びかけた(13 日8 時40 分までにすべて解除)。 風については、東京都江戸川臨海で最大瞬間風速43. 8 メートルとなり観測史上1 位を更新したほか、関東地方の7 か所で最大瞬間風速40 メートルを超えた。 また、台 風の接近に伴って大気の状態が非常に不安定となり、千葉県市原市では竜巻と推定 される突風が発生した。 波については、波高が静岡県石廊崎で13 メートル、京都府経ヶ岬で9 メートルを超 える記録的な高波が観測された。 高潮については、東京都三宅島で潮位230 センチなど、静岡県や神奈川県、伊豆 諸島で、過去最高潮位を超える値を観測したところがあった。 この大雨の影響で、広い範囲で河川の氾濫が相次いだほか、土砂災害や浸水害が 発生した。 これら大雨による災害及び暴風等により、人的被害や住家被害、電気・水 道・道路・鉄道施設等のライフラインへの被害が発生した。 また、航空機や鉄道の運休 等の交通障害が発生した。 (被害に関する情報は令和元年10 月15 日内閣府とりまと め等による。 ) 資料全文は、こちらです。 2019. 当時の危険度分布の様子を、以下のページから確認できます。 令和元年台風第19号とそれに伴う大雨などの特徴と要因について速報的な解析を行いました。 さらに、令和元年台風第19号に伴う大雨の要因について詳細な解析を行いました。 CSVデータ一覧 「災害をもたらした気象事例」に掲載している一部のデータを「CSV形式」で公開しています。 ページ 図・表名 CSVファイル 28ページ 1時間降水量の多い方から20位 29ページ 3時間降水量の多い方から20位 30ページ 6時間降水量の多い方から20位 31ページ 12時間降水量の多い方から20位 32ページ 24時間降水量の多い方から20位 33ページ 48時間降水量の多い方から20位 34ページ 72時間降水量の多い方から20位 35ページ 期間内の総降水量の多い方から20位 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大1時間降水量) 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大3時間降水量) 38ページ 観測史上1位を更新した地点(最大6時間降水量) 41ページ 観測史上1位を更新した地点(最大12時間降水量) 45ページ 観測史上1位を更新した地点(最大24時間降水量) 48ページ 観測史上1位を更新した地点(最大48時間降水量) 50ページ 観測史上1位を更新した地点(最大72時間降水量) 54ページ 最大風速の大きい方から20位 55ページ 最大瞬間風速の大きい方から20位 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大風速) 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大瞬間風速) 61ページ 最大有義波高 61ページ 過去の最大有義波高を超える値を観測した地点 62ページ 最大潮位偏差及び最高潮位 63ページ 過去の最高潮位を超える値を観測した地点 関連資料へのリンク.

次の