陰部 痛み ズキズキ。 右脇腹の痛みはストレスによる女性特有のものだった!チクチクやズキズキする鈍痛の原因とは?

後頭部のズキズキの痛みはどうする?原因や対処法を紹介

陰部 痛み ズキズキ

[目次]• 女性の陰部に起こる痛みの原因 デリケートな女性の陰部は、さまざまなことが原因で痛みが起こります。 ここでは、陰部の痛みを引き起こす病気について解説します。 陰部における痛みや症状はさまざまで、原因も複雑にからんでいるものもあります。 ここでは特に、陰部の痛みを発生させる疾患の一部を紹介します。 これらの症状に疑いがあるようであれば、すぐに専門の医療機関に相談するようにしましょう。 また、痛みがない場合の症状もあるので、痛みがないからと安心することはできません。 以下にあてはまらない場合でも、デリケートな部位になるので、違和感や目に見えて何かしら異常があれば、医師に相談することが賢明です。 女性の陰部に痛みをともなう主な病気 陰部の痛みを引き起こす可能性のある病気はいくつか考えられます。 ここでは、そのような病気の一部を解説します。 膣炎(ちつえん) 膣炎は、膣内に細菌やカビが繁殖して炎症を起こした状態です。 感染した病原体によって症状が異なりますが、ヒリヒリとした痛みを感じることの多い病気です。 そのほか、おりもののにおいや色、形状にも変化が起きます。 膣炎の原因となる病原体の中には、健康な女性であれば住み着いていることの多い菌もありますが、ストレスや疲労などによって免疫力が落ちることで発症しやすくなります。 毛嚢炎(もうのうえん) 毛嚢炎は毛包が細菌に感染して起こる病気で、ニキビのような小さくて赤いブツブツが現れるのが特徴です。 軽度なら痛みやかゆみが出ることは多くありませんが、重度になると痛みやかゆみがともないます。 女性の陰部は角質層が薄くデリケートなうえに、下着や生理用ナプキンによって湿度も高くなりがちです。 そのため、陰部では雑菌が繁殖しやすく、毛嚢炎になりやすい環境がそろっています。 外陰潰瘍(がいいんかいよう) 激しい痛みが起こり、外陰部に炎症性の潰瘍ができます。 原因はさまざまで、性器ヘルペスや梅毒など、性行為の際に感染する疾患が原因となります。 また、ベーチェット病という難病でも外陰部に潰瘍ができます。 そのため、何が原因で潰瘍ができてしまっているのかを調べる必要があります。 痛みを感じないものもあれば、かゆみや痛みを感じる場合もあります。 医療機関で診てもらうようにしましょう。 バルトリン腺炎 陰口の左右にあるバルトリン腺に細菌が侵入することで炎症が起こります。 はじめは気づかず、腫れてからの違和感や痛みで気づく場合があります。 また、発熱することもあります。 基本的には抗生物質の服用で治療しますが、再発することも多く、場合によっては切開する必要があります。 性器ヘルペス 性器ヘルペスは、外陰部にブツブツとした水疱や潰瘍ができ、強い痛みをともなう病気です。 ヘルペスウイルスが原因となっています。 性行為によって感染することのある病気のひとつです。 これらのような病気のほかに、特に見た目に病変がないにもかかわらず外陰部の痛みが続くというケースもあります。 陰部の痛みの治療法 気になる症状が起こったら、早めに専門医に相談しましょう。 抗生物質や抗ウイルス薬の服用が主な治療法となります。 また、患部に外用薬を塗るといった方法をとる場合もあります。 かゆみが気になる場合でも、できるだけかかず、刺激を与えないようにしましょう。 ヘルペスのように水泡が破れて、痛みが起こったり、炎症が激しくなってしまうことがあります。 陰部の痛みを抑える薬 陰部の痛みが原因となっている場合、薬を使用した治療を行うこともあります。 治療内容は病気によります。 たとえば、カンジダというカビが原因で起こっている膣炎であれば、抗真菌薬のクリームや膣薬が使用されます。 また、性器ヘルペスの場合は抗ウイルス薬の飲み薬や塗り薬、点滴による治療が行われます。 一方、陰部の痛みがあるものの明らかな病変はない場合、ホルモン製剤や自律神経調節薬などの薬で治療を試みることがあります。 心理的な原因も考えられることから、いくつかの薬で効果がなければ抗うつ薬が処方される場合もあります。 一方で、自然に治る場合もあります。 陰部の痛みの対処法 陰部の痛みへの一番の対処法は、違和感を覚えたら病院で検査を受けることです。 しかし、そのほかにも無用なトラブルを減らすためにも、自分で気をつけられるポイントをおさえておきましょう。 陰部を清潔に保つ まずは、陰部を清潔に保つことです。 生理用のナプキンやおりものシートはこまめに交換しましょう。 また、締め付けが強くムレやすい素材の下着を避けましょう。 毎日の入浴で清潔にすることも大切ですが、洗いすぎはかえってトラブルを招く可能性もあるので気をつけてください。 疲れやストレスをためない 疲れやストレスをためると、免疫力が低下し膣炎などを起こしやすくなります。 生活を規則正しくして睡眠時間を確保するとともに、自分に合ったストレス発散法を見つけるとよいでしょう。 その人に合ったストレス発散法は異なりますし、そのときの体調や気分によっても異なります。 いくつかストレス発散法のレパートリーを持っておくとよいでしょう。 コンドームを使用する セックスの際は、感染を防ぐといった意味でもコンドームを使用するようにしましょう。 コンドームをしていても感染するケースはありますが、リスクは大幅に減少します。 まとめ 女性の陰部に痛みが起こる病気はさまざまです。 また、明らかな病変がないにもかかわらず痛みが続くケースもあります。 膣炎や毛嚢炎といった病気は、免疫力の低下や陰部のムレなどによる病原菌の繁殖が原因になることもあります。 また、性行為が原因になることもあるため、以下のことでできそうなことから始めてみましょう。 通気性のよい下着の着用や、ナプキン・おりものシートのこまめな交換• 毎日の入浴で清潔を保つ• 十分に睡眠をとって疲れを残さないようにする• ストレスは早めに発散する• 性行為のときはコンドームを使用する また、デリケートな部分だけに病院にかかるのは恥ずかしいと感じる方も多いかもしれませんが、違和感があれば早めに婦人科を受診しましょう。

次の

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!

陰部 痛み ズキズキ

心臓が痛いと感じると、誰でも不安になるものです。 痛みの場所や痛みのひどさ、持続時間などによって考えられる病気があります 胸の痛みなどの症状があり、「心臓の病気なのではないか?」と心配しているというご質問をよくいただききます。 心配なさそうなものが多い一方で、時にこれは注意が必要そうだと感じるものもあります。 今回は、これまでいただいたご質問の中で多かったものを中心に、考えられる病気について解説したいと思います。 なおこれらの情報は病院やクリニックなどの医療機関で受けられる医療の代わりになるものではありません。 あくまで深刻な症状の早期受診や早期発見の目安としての参考情報と位置付けていただき、心配な症状がある場合には、必ず診察を受けられることをお勧めします。 「心臓が痛い」「胸がたまに痛む」症状から考えられる病気 胸のあたりの痛みという自覚症状は、患者さんからよく聞く訴えです。 ご心配されるのはもっともですが、まずはそもそも痛みの原因が心臓かどうかを見極める必要があります。 左胸が痛い場合でも心臓に原因があるかどうかは、医者でもわかりにくいことがあります。 左胸でも真ん中に近いところか、お乳の付近か、もっと下のお腹に近いところかで状況は違ってきます。 診察室で「心臓が痛い」と言われるので、「痛いところを指で指し示してください」とお願いをしたら、医学的にはほぼお腹の部分を指されたこともあります。 胸とお腹の境目は空間的に斜めに存在するため、一般の方々にはわかりにくくて当然かもしれません。 「胸が痛い」「心臓の痛みが気になる」という場合は、まずは以下の4つのポイントのどれに当てはまるかを注意してみてください。 ただし心臓が原因の痛みは、浅いところではなく深いところに起こります。 浅いところの痛みは肋間神経や肋骨、軟骨の痛みのことが多いですがわかりにくいこともあるでしょう。 狭心症や心筋梗塞などの痛みの場合は首筋や左腕内側など胸と違う場所が痛むこともありますので、後述のように痛みの持続時間が長ければ病院へ行きましょう。 不整脈などの場合の痛みは軽いことがあります。 強い痛みの場合、狭心症の恐れがあります。 持続時間が長ければより狭心症の可能性があり、すぐに病院、それも救急外来へ行くのが良いでしょう。 冷や汗が出るほどの我慢できないような強い痛みの場合は、心筋梗塞の恐れがあります。 これは救急車を呼ぶレベルでしょう。 人生でこれまで経験したことのないような強烈な痛み、ナイフで刺されるような痛みの場合、痛むのが胸であれ背中であれ大動脈解離の恐れがあります。 これも直ちに救急車を呼ぶレベルですね。 ただ痛みというのは複雑な一面があり、心筋梗塞という重大な病気が発生していてもあまり胸が痛まないこともあるのです。 そのためよくわからない、しかしこれはおかしいと思えば病院へすぐ行くことを勧めます。 ただ軽い不整脈でこうした症状が出ることはあり得ます。 痛みが3~5分あるいはそれ以上続くようでしたら狭心症の可能性があります。 痛みが10~20分も続き、特に強い痛みがあるようでしたら心筋梗塞の可能性があります。 すぐ病院へ行きましょう。 「ひどい痛みがあったが1時間ほどで治った」というケースがありますが、これは大動脈解離で時に見られるパターンで、痛みが一時治っても、病気は治っていないことがあります。 大動脈解離は大動脈の壁が内外に裂ける病気ですが、裂ける最中は強烈な痛みがあっても、一旦裂け目が広がらなくなると痛みが和らぐことがあるためです。 このような場合、痛みがなくなっても大動脈はすでに裂けているため命の危険が迫っている恐れがあります。 もし治ったとしても「強烈な痛み」があった場合はすぐ救急車で病院へ行きましょう。 体の向きや姿勢で痛みが変わるようでしたら、心臓よりも骨や神経の痛みの可能性が高くなります。 痛みがいわゆる差し込み、つまりキューっとする痛みがあり、しばらく楽になり、またキューっと痛む、などの場合は、胃腸などの消化管のことが多いです。 ただこうした痛みの性質は一般の方にはわかりにくいことも多いので、参考程度にして、心配なら早めに病院へ行かれることを勧めます。 胸の痛みに息苦しさを伴う場合は、気胸や肺塞栓などもあり得ます。 「心臓がチクチクする」症状から考えられる病気 これは前述のように、チクチクする部位の位置や強さにもよりますが、チクチクという表現自体、弱い痛みと考えやすく、あまり心配ない状況かも知れません。 しかしそうした症状が何日も続くようでしたらやはり病院へ行くことを勧めます。 心膜炎などの可能性もありますし、食道や胃など消化器の病気の恐れもあるからです。 「息を吸うと胸が痛い」場合、心臓ではなく肺の病気のことも 息を吸うと胸が痛いという場合、心臓というより肺の症状であることの方が多いようです。 特に深呼吸をすることで胸が痛む場合は、肺がその周囲の組織と擦れる時の痛みであることがあり、何らかの原因による胸膜炎などの恐れもあります。 この症状がはっきりある時には内科か呼吸器内科を受診することをお勧めします。 「ストレスで心臓が痛い・ヒリヒリする」場合 過労や心労など、ストレスを感じると心臓が痛いと感じる、ヒリヒリする、という訴えもあります。 この場合も「ヒリヒリ」という表現からあまり強い痛みではないと考えられそうですが、症状が続くようなら内科や循環器科を受診するのをお勧めします。 まず、ストレスを自認される状況でしたら、食道や胃の症状の可能性もあります。 この場合は消化器内科の領域です。 それらの判別は患者さんには難しいため、上記のどの科でも結構です。 診察しながら担当医が判断できますので、まずは不安な症状があればいずれかの診療科を受診されることです。 まとめ このように胸の痛みというのは心臓の病気に限らず、幅が広いのです。 簡単にワンパターン化してしまうのは危険とも言えますが、およそ次のようにまとめると目安として参考になるかと思います。 上記のように受診し、そこでは原因が特定できずに他の診療科を紹介された場合には、主治医の指示に従い診察・検査を受けられるのがよいでしょう。 詳しくは心臓外科手術情報WEBの「」ページもあわせてご覧ください。

次の

胸の痛み ときどきズキッと痛む 原因と対処法 何科で診察?

陰部 痛み ズキズキ

痛みの特徴• ズキズキとした痛み• 背中、みぞおち、腰が痛む• 食後数時間後やあおむけで寝ると痛い(慢性膵炎) 突然発症し、数日から数週間でおさまる「急性膵炎」と、炎症が長期間続き膵臓の機能が破壊される「慢性膵炎」があります。 急性膵炎の場合、入院が必要になります。 「急性膵炎」 胆石が一時的に詰まることなどで起こります。 発熱、食欲不振、吐き気、嘔吐などが起こります。 せきこむ、深呼吸をする、体を大きく動かすなどにより痛みを強く感じます。 食後に痛みを感じる人もいます。 原因ははっきりしていませんが、大量の飲酒により急性膵炎になることもあります。 「慢性膵炎」 長期間の大量の飲酒により、炎症が起こります。 遺伝により起こることもあります。 吐き気、嘔吐、倦怠感、腹部膨満感などが起こります。 進行すると膵臓の働きが悪くなることで消化不良が起こり、下痢や体重減少が生じます。 早めに受診することで、 早く回復し、命を守ることができます。 婦人科系の病気なら、妊娠の可能性を残すことや流産や早産を防ぐことに繋がります。 特に、 発熱・寒気・震え・激しい腹痛などがある場合、速やかに受診しましょう。 病院に行く前に…診察時の「症状の伝え方」 お医者さんに症状を伝えるときは、以下の4ポイントをしっかり伝えるのがよいでしょう。 症状の 「開始時期」 (いつから痛いか)• 症状の「 経過」 (良くなっているのか、悪くなっているのかなど)• 症状の 「特徴」 (どこがどんな風に痛いか、どういう時に痛みが強くなるか、脇腹の痛み以外の諸症状の有無)• 「薬の服用」の有無 (今どの薬を飲んでいるか).

次の