元 江別 わかば 幼稚園。 若葉幼稚園|江別教会認定こども園|江別市

若葉幼稚園|江別教会認定こども園|江別市

元 江別 わかば 幼稚園

4em nimbus-sans-tw01con,sans-serif; background-color:rgba 50, 65, 88, 1 ;color: FFFFFF;border-style:solid;border-color:rgba 0, 0, 0, 0. style-jtk9gjxjnavContainer select. style-jtk9gjxjnavContainer select. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainer select:not. style-jtk9gjxjnavContainerarrow. style-jtk9gjxjnavContainerarrow. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow,. style-jtk9gjxjnavContainerarrow. 4s ease 0s; border-radius:0; background-color:rgba 50, 65, 88, 1 ; cursor:poi.

次の

江別私立幼稚園連合会 各幼稚園の情報ページ

元 江別 わかば 幼稚園

神の愛を知り、いのちの尊さを知る子ども。 失敗を恐れずに、友達と一緒にがんばる子ども。 美しいものに感動し、自分たちも美しいものを創り出す子ども。 自分を豊かに表現し、友達の生活も大切にできる子ども。 全身をつかって、思いきり遊ぶ子ども。 キリスト教精神と幼稚園教育要領に基づいて、園児一人ひとりの個性の伸長に努める。 特にいろいろな「遊び」を重視し、「たくましさ」「やさしさ」「かしこさ」の人間形成の基礎づくりをめざす。 ・教職員数が多く、子どもに目の届く保育を行っています。 ・歴史が長く、教育・保育の理念、経験が豊富です。 ・江別の地の利を生かし、畑、酪農、川、陶芸等の体験をしています。 この時期の幼児の発達は著しく、意欲、想像力、環境と関わる力等、将来にわたる発達の基礎を形成していきます。 より豊かな発達を望むためには、幼児の生活の中の自然な流れに即した、子どもが自由にのびのびと、そして楽しく活動できる環境を提供してあげることが、とても大切なのです。 本園では何といっても遊びが第一です。 それは、先生や友達と交わって遊ぶ中での直接体験 実体験 こそが子どもの心身や諸々の能力を培っていく原動力となるからです。 私たちは、少人数の幼稚園でなければできない、できる限り一人ひとりに手の行き届く保育と、家庭的な温かい保育を心がけています。 神の愛を知り、感謝できる子ども 2. 心も体もたくましい子ども 3. 一人でも友達の中でも楽しく遊べる子ども 4. 人の話をよく聞き、自分の考えで行動できる子ども 5. 友達を思いやり助け合って一緒にがんばる子ども 6. 自然を大切にし、いのちの尊さを知る子ども この世に生を受けた喜びを神様に感謝し、記念する日として誕生を祝う会をもち、クラス懇談会、個人懇談会、参観日、卒園進級お祝い会、いちご狩り、田植え、稲刈り、体操教室、参観日そして教師と父母の連絡帳(たんぽぽノート)等を通して教師と家庭の連携を図っている。 また、運動会、生活発表会、いも植え、いも掘り、など親子が一緒に参加する行事がもたれている。 クリスマスには礼拝、聖劇、サンタクロースが来る祝会に加え、卒園した小1生と中1生の礼拝と祝会がそれぞれもたれ、それは同窓会の感がある。 「つよい子」たくましい体と強い意志を育みます。 「やさしい子」思いやりの心と豊かな感性を養います。 「かんがえる子」好奇心や思考力の芽生えを培います。 恵まれた自然環境を生かし、園庭での虫さがしやログハウスでのおままごと、季節ごとの楽しい行事もいっぱいです。 「のびのびと遊び友だちとのふれあい」を合言葉に保育教育活動に励んでいます。 )があります。 園周辺の「あぜ道」散歩にも出かけます。 健康でのびのびとした子どもを育てる 2. 豊かな心を持った子どもを育てる 3. 考えることのすきな子どもを育てる 体力づくり、漢字遊び、音楽表現を三つの柱に、園外保育、縦割り保育、広々とした園庭、国際交流、図書貸し出し、専任講師によるサッカー 年少 ゴルフ 年中 パソコン遊び 年長 未就園児教室、隣接するケアハウスや特別養護老人ホーム誠志苑との関わり、登降園のバス送迎、長時間保育など充実した保育内容になっています。 あかしやの花のように、清い心、風雪に負けない丈夫な身体を持った子どもの育成を目指して幼児教育に取り組んでいます。 あかしや幼稚園の三つの柱 〇体力づくり=リズム体操、手づくり竹馬、プール学習などで体力づくり 〇ことば遊び=漢字あそびを通して、豊かな言葉を身につけます。 〇音楽表現=リズム感と音楽的感性を高めます。 本園では、家庭と地域社会と相成って幼児にふさわしい教育的な環境を整えて、心身の発達に応じた適切な援助を行うよう努力しています。 ・礼拝・遊び・集団 仲間 づくりを軸に、知育・徳育・体育のすべての領域における子どもの全面発達を目指し、子どもたちが豊かに自分を表現できる力を育てます。 ・子どもは、神様からの贈り物として、両親よりすばらしい賜物 能力・伸びる力・生きる力 を備えられています。 それらの賜物を全面的に開発するとき、子どもは、その人にもっともふさわしい人格へと成長いたします。 ・3歳から6歳までの幼児教育にとって基本的なことは、たくましい基礎体力、自分で考え判断する力、心豊かな情操、共に生きる愛の心を育てることにあります。 神に造られ愛されている事に感謝し、命を大切にし、たくましく生きていく子ども b. 人の話を正しく聞いて、自分でよく考え、自分で判断し行動できる主体性のある子ども c. 週に一度English Dayがあります。 週に一度、専任の体操講師の指導があります。 食べ物を感謝し、なんでも食べて健康な身体が育まれますように… めぐみ幼稚園には広い芝生の園庭があり、毎日子ども達は伸び伸びと遊んでいます。 また、近隣には湯川公園があり、春はお散歩やおたまじゃくし捕り、夏は森林浴、秋は落ち葉やどんぐり拾い、冬はそりすべり等で楽しく遊んでいます。 園の畑では、じゃがいもやトマト、とうもろこし、枝豆、たまねぎ、人参、かぼちゃ等様々な作物を子ども達と育て、秋には収穫を行います。 他にも恵まれた環境をいかし、子ども達が様々な活動や体験が出来るよう計画しています。 是非、めぐみ幼稚園に見学にいらしてください。 お待ちしています。 3〜5歳児は異年齢混合クラスを生活の場として、思いやりの心や、成長への憧れの心を培い、更には、年齢別のさまざまな活動を通して、同学年の友達と活動する楽しさ、充実感を体験します。 週一回の体操教室、畑での種まきや収穫、地域との交流 施設訪問など を通して身体を十分に使い体験を通して豊かな心を育みます。 緑豊かな「なかよし公園」が隣にあり、四季折々、草木や小鳥たちが優しく子ども達を見守ってくれています。 祈る心、感謝する心、まわりの人も自分も大切にする心、人の役に立つことを喜べる心などを大切に育み、一人ひとりが、神様に創られた素晴らしい『自分』と出会うことができるよう、子どもたちの気持ちにいつも寄り添いながら、ご家族皆様とともに子どもたちの成長を見守るこども園であり続けたいと願っています。 大麻で最初に開園した幼稚園です。 勉強ができても、うまく人と関われない学生や大人が増えているようです。 人を信じ、人を思いやる「心」が育つ教育を目指しています。 また、自分を信じ、未来を信じる心によって挑戦したり、工夫したりする姿勢をはぐくむため、遊びの時間を大切にしています。 子供達が自発的に挑戦したり、工夫したりすることができるよう、励ましたり、援助する保育をしています。 地域と交流を深め、人を信じ人を思いやる心を育んでいます。 一人一人の個性が輝き、一人一人が大切にされ、一人一人を尊重しあう子供達を共に育てて行きたいと願っています。 園児に自然体験、生活体験、人とかかわる体験を実践し、生きる力を身につけ、人間性豊かに生活していくためには幼児期の生活がどうあるべきか考えながら一人一人を指導しております。 園児の発達ににふさわしい体験・経験を通し、音楽表現、体育表現で感性・持続性を養うことができるよう指導しております。 そんな主体的な子どもを育てたいと考えます。 子どもたちには、自ら育ち上がろうとする力があります。 私たちは、その「育ちのプロセス」を確実に歩んでいけるように「待つ」ことを基本に教育・保育を紡ぎます。 それぞれのペースでそれぞれの興味関心に基づいて遊ぶことを許されながら、夢中になって取り組める環境こそ「子どもが子どもらしく生きる」ために必要です。 ひとりひとりの個性がのびのびと発揮できるのが、あけぼのの教育・保育です。 「自分達で創り出す保育活動」 『好きこそものの上手なれ』との言葉通り、人間は主体的に物事に取り組む時に備わった力量を遺憾なく発揮できるようになります。 日々の保育プログラムは、子ども達のその時期の興味関心やアイディアによって設定され、展開されていきます。 運動会等の行事は、子ども達がやりたい事を企画し、子ども達自身で必要なものを作り出し、当日も用具の出し入れや競技の紹介をするなど、運営も子ども達自身が関わっていきます。 「ダイナミックな遊びの展開」 感受性豊かな乳幼児期だからこそ、子ども時代にしか出来ない経験を存分にさせてあげたいと強く願います。 その為に、充実した室内外の遊び環境を整え、戸外遊びの充実、地域の自然環境を活かした豊富な園外保育体験プログラムを実践しています。 「チーム保育によるきめ細やかな心の寄り添い」 1クラスに2人以上の担任を配置し、きめ細かな子どもの心への寄り添いを実践しています。 「動物とのふれあい」 園庭はアヒルが歩き、保育室ではカメや魚などたくさんの生き物を飼育しています。 身近に生き物がいることは、子どもの心の情操を豊かにします。 明るく整った環境の中で明朗活発な子どもの育成をはかる。 手作り遊具でファンタジーの世界を大切にし、調和のとれた発達を目指す。 父母と一体となり、協力して幼稚園、家庭を含めた教育的環境を充実する。 地域の実情に即し小学校との連携の上に地域の教育センターとなる。 本園では、一人ひとりがその子らしく育って行けるように縦割保育を行っています。 ・自然と愛と美の環境できちんと心が届く教育 縦割保育で何よりも大切なことは教師の心のあり様です。 子ども達の鋭い感覚は、いつも教師や仲間の内側を見ています。 安定した暖かな受容で深い人間愛を学び、相手を受け入れること、そして自分も受け入れてもらうことで、すべての活動を自分の力に変えていきます。 その為にひとつひとつの遊具は手作り、自家菜園、収穫した大豆による手作りみそは給食に、羊の飼育を通して感謝する心を育み、触る、見る、食べる、聞く、育てるなどすべてのプロセスは感性を養い生きる力につながっています。 ・体力づくりで自分の可能性を発見し、意欲のめばえを育む。

次の

若葉幼稚園|江別教会認定こども園|江別市

元 江別 わかば 幼稚園

神の愛を知り、いのちの尊さを知る子ども。 失敗を恐れずに、友達と一緒にがんばる子ども。 美しいものに感動し、自分たちも美しいものを創り出す子ども。 自分を豊かに表現し、友達の生活も大切にできる子ども。 全身をつかって、思いきり遊ぶ子ども。 キリスト教精神と幼稚園教育要領に基づいて、園児一人ひとりの個性の伸長に努める。 特にいろいろな「遊び」を重視し、「たくましさ」「やさしさ」「かしこさ」の人間形成の基礎づくりをめざす。 ・教職員数が多く、子どもに目の届く保育を行っています。 ・歴史が長く、教育・保育の理念、経験が豊富です。 ・江別の地の利を生かし、畑、酪農、川、陶芸等の体験をしています。 この時期の幼児の発達は著しく、意欲、想像力、環境と関わる力等、将来にわたる発達の基礎を形成していきます。 より豊かな発達を望むためには、幼児の生活の中の自然な流れに即した、子どもが自由にのびのびと、そして楽しく活動できる環境を提供してあげることが、とても大切なのです。 本園では何といっても遊びが第一です。 それは、先生や友達と交わって遊ぶ中での直接体験 実体験 こそが子どもの心身や諸々の能力を培っていく原動力となるからです。 私たちは、少人数の幼稚園でなければできない、できる限り一人ひとりに手の行き届く保育と、家庭的な温かい保育を心がけています。 神の愛を知り、感謝できる子ども 2. 心も体もたくましい子ども 3. 一人でも友達の中でも楽しく遊べる子ども 4. 人の話をよく聞き、自分の考えで行動できる子ども 5. 友達を思いやり助け合って一緒にがんばる子ども 6. 自然を大切にし、いのちの尊さを知る子ども この世に生を受けた喜びを神様に感謝し、記念する日として誕生を祝う会をもち、クラス懇談会、個人懇談会、参観日、卒園進級お祝い会、いちご狩り、田植え、稲刈り、体操教室、参観日そして教師と父母の連絡帳(たんぽぽノート)等を通して教師と家庭の連携を図っている。 また、運動会、生活発表会、いも植え、いも掘り、など親子が一緒に参加する行事がもたれている。 クリスマスには礼拝、聖劇、サンタクロースが来る祝会に加え、卒園した小1生と中1生の礼拝と祝会がそれぞれもたれ、それは同窓会の感がある。 「つよい子」たくましい体と強い意志を育みます。 「やさしい子」思いやりの心と豊かな感性を養います。 「かんがえる子」好奇心や思考力の芽生えを培います。 恵まれた自然環境を生かし、園庭での虫さがしやログハウスでのおままごと、季節ごとの楽しい行事もいっぱいです。 「のびのびと遊び友だちとのふれあい」を合言葉に保育教育活動に励んでいます。 )があります。 園周辺の「あぜ道」散歩にも出かけます。 健康でのびのびとした子どもを育てる 2. 豊かな心を持った子どもを育てる 3. 考えることのすきな子どもを育てる 体力づくり、漢字遊び、音楽表現を三つの柱に、園外保育、縦割り保育、広々とした園庭、国際交流、図書貸し出し、専任講師によるサッカー 年少 ゴルフ 年中 パソコン遊び 年長 未就園児教室、隣接するケアハウスや特別養護老人ホーム誠志苑との関わり、登降園のバス送迎、長時間保育など充実した保育内容になっています。 あかしやの花のように、清い心、風雪に負けない丈夫な身体を持った子どもの育成を目指して幼児教育に取り組んでいます。 あかしや幼稚園の三つの柱 〇体力づくり=リズム体操、手づくり竹馬、プール学習などで体力づくり 〇ことば遊び=漢字あそびを通して、豊かな言葉を身につけます。 〇音楽表現=リズム感と音楽的感性を高めます。 本園では、家庭と地域社会と相成って幼児にふさわしい教育的な環境を整えて、心身の発達に応じた適切な援助を行うよう努力しています。 ・礼拝・遊び・集団 仲間 づくりを軸に、知育・徳育・体育のすべての領域における子どもの全面発達を目指し、子どもたちが豊かに自分を表現できる力を育てます。 ・子どもは、神様からの贈り物として、両親よりすばらしい賜物 能力・伸びる力・生きる力 を備えられています。 それらの賜物を全面的に開発するとき、子どもは、その人にもっともふさわしい人格へと成長いたします。 ・3歳から6歳までの幼児教育にとって基本的なことは、たくましい基礎体力、自分で考え判断する力、心豊かな情操、共に生きる愛の心を育てることにあります。 神に造られ愛されている事に感謝し、命を大切にし、たくましく生きていく子ども b. 人の話を正しく聞いて、自分でよく考え、自分で判断し行動できる主体性のある子ども c. 週に一度English Dayがあります。 週に一度、専任の体操講師の指導があります。 食べ物を感謝し、なんでも食べて健康な身体が育まれますように… めぐみ幼稚園には広い芝生の園庭があり、毎日子ども達は伸び伸びと遊んでいます。 また、近隣には湯川公園があり、春はお散歩やおたまじゃくし捕り、夏は森林浴、秋は落ち葉やどんぐり拾い、冬はそりすべり等で楽しく遊んでいます。 園の畑では、じゃがいもやトマト、とうもろこし、枝豆、たまねぎ、人参、かぼちゃ等様々な作物を子ども達と育て、秋には収穫を行います。 他にも恵まれた環境をいかし、子ども達が様々な活動や体験が出来るよう計画しています。 是非、めぐみ幼稚園に見学にいらしてください。 お待ちしています。 3〜5歳児は異年齢混合クラスを生活の場として、思いやりの心や、成長への憧れの心を培い、更には、年齢別のさまざまな活動を通して、同学年の友達と活動する楽しさ、充実感を体験します。 週一回の体操教室、畑での種まきや収穫、地域との交流 施設訪問など を通して身体を十分に使い体験を通して豊かな心を育みます。 緑豊かな「なかよし公園」が隣にあり、四季折々、草木や小鳥たちが優しく子ども達を見守ってくれています。 祈る心、感謝する心、まわりの人も自分も大切にする心、人の役に立つことを喜べる心などを大切に育み、一人ひとりが、神様に創られた素晴らしい『自分』と出会うことができるよう、子どもたちの気持ちにいつも寄り添いながら、ご家族皆様とともに子どもたちの成長を見守るこども園であり続けたいと願っています。 大麻で最初に開園した幼稚園です。 勉強ができても、うまく人と関われない学生や大人が増えているようです。 人を信じ、人を思いやる「心」が育つ教育を目指しています。 また、自分を信じ、未来を信じる心によって挑戦したり、工夫したりする姿勢をはぐくむため、遊びの時間を大切にしています。 子供達が自発的に挑戦したり、工夫したりすることができるよう、励ましたり、援助する保育をしています。 地域と交流を深め、人を信じ人を思いやる心を育んでいます。 一人一人の個性が輝き、一人一人が大切にされ、一人一人を尊重しあう子供達を共に育てて行きたいと願っています。 園児に自然体験、生活体験、人とかかわる体験を実践し、生きる力を身につけ、人間性豊かに生活していくためには幼児期の生活がどうあるべきか考えながら一人一人を指導しております。 園児の発達ににふさわしい体験・経験を通し、音楽表現、体育表現で感性・持続性を養うことができるよう指導しております。 そんな主体的な子どもを育てたいと考えます。 子どもたちには、自ら育ち上がろうとする力があります。 私たちは、その「育ちのプロセス」を確実に歩んでいけるように「待つ」ことを基本に教育・保育を紡ぎます。 それぞれのペースでそれぞれの興味関心に基づいて遊ぶことを許されながら、夢中になって取り組める環境こそ「子どもが子どもらしく生きる」ために必要です。 ひとりひとりの個性がのびのびと発揮できるのが、あけぼのの教育・保育です。 「自分達で創り出す保育活動」 『好きこそものの上手なれ』との言葉通り、人間は主体的に物事に取り組む時に備わった力量を遺憾なく発揮できるようになります。 日々の保育プログラムは、子ども達のその時期の興味関心やアイディアによって設定され、展開されていきます。 運動会等の行事は、子ども達がやりたい事を企画し、子ども達自身で必要なものを作り出し、当日も用具の出し入れや競技の紹介をするなど、運営も子ども達自身が関わっていきます。 「ダイナミックな遊びの展開」 感受性豊かな乳幼児期だからこそ、子ども時代にしか出来ない経験を存分にさせてあげたいと強く願います。 その為に、充実した室内外の遊び環境を整え、戸外遊びの充実、地域の自然環境を活かした豊富な園外保育体験プログラムを実践しています。 「チーム保育によるきめ細やかな心の寄り添い」 1クラスに2人以上の担任を配置し、きめ細かな子どもの心への寄り添いを実践しています。 「動物とのふれあい」 園庭はアヒルが歩き、保育室ではカメや魚などたくさんの生き物を飼育しています。 身近に生き物がいることは、子どもの心の情操を豊かにします。 明るく整った環境の中で明朗活発な子どもの育成をはかる。 手作り遊具でファンタジーの世界を大切にし、調和のとれた発達を目指す。 父母と一体となり、協力して幼稚園、家庭を含めた教育的環境を充実する。 地域の実情に即し小学校との連携の上に地域の教育センターとなる。 本園では、一人ひとりがその子らしく育って行けるように縦割保育を行っています。 ・自然と愛と美の環境できちんと心が届く教育 縦割保育で何よりも大切なことは教師の心のあり様です。 子ども達の鋭い感覚は、いつも教師や仲間の内側を見ています。 安定した暖かな受容で深い人間愛を学び、相手を受け入れること、そして自分も受け入れてもらうことで、すべての活動を自分の力に変えていきます。 その為にひとつひとつの遊具は手作り、自家菜園、収穫した大豆による手作りみそは給食に、羊の飼育を通して感謝する心を育み、触る、見る、食べる、聞く、育てるなどすべてのプロセスは感性を養い生きる力につながっています。 ・体力づくりで自分の可能性を発見し、意欲のめばえを育む。

次の