唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 2020。 カネボウ『唇よ』のCMソング┃歌の曲名や歌手を調査!

カネボウ”I HOPE”新表明CM「唇よ、熱く君を語れ」カバーに想いあふれて

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 2020

カネボウ化粧品新CM【I HOPE. 】編の曲名や歌手は? 〖唇よ、熱く希望を語れ。 はこちらから。 ぜひご覧ください。 — KANEBO OFFICIAL kaneboofficial カネボウ化粧品新CM「I HOPE. カネボウ レディ80口紅CM。 現代版のコーラスアレンジしたみたい なんですがアカペラなのかな~。 もしかしたら渡辺真知子さんが歌っている なんて噂があったりなかったりと・・・ 実際に声を聞いてみたら全然ちがったので やっぱり別の方が歌っているようです。 すごく歌っている人が気になってツイッター とかでもめちゃくちゃ調べてたんですが わからなかったのでまた情報が入りましたら お伝えしますね。 ツイッターではみんな誰が歌っているか 知りたいとかいっぱいあがってましたが 中には渡辺真知子さん本人の歌が聞きたい という声がたくさんありました。 1980年に口紅のCMした時と同じ曲らしいんよね。 映像も相まってカッコええよ!良曲が時代を超えた瞬間を感じた。 私は渡辺真知子さんの大ファンです! 80年代のCMは知らないのですが。 現代版が観れて嬉しいです。 是非、渡辺真知子さんバージョンの 「唇よ、熱く君を語れ」も、お願いしまーす💋 — ブルーローズ 5OtPcCzt3ZAomCN この曲を聞いて懐かしいという方もいますが 若い人は初めて聞いたという人もいますよね。 渡辺真知子さんについて少しだけご紹介 しておきますね。 渡辺真知子さんは現在も歌手活動を されていてライブ活動もされているようです。 久しぶりに渡辺真知子さんの歌を聞いたら やっぱりすごかった! あらためてすごい歌手だな~と思いましたよ。 唇よ、熱く君を語れを聞いてみて! ここまで記事をご覧いただき ありがとうございます。 カネボウ新CMに流れている曲が誰の曲 なのかや歌っている歌手が気になったので 調べてみました。 唇よ、熱く君を語れがカネボウのCMで 現代版にアレンジされて流れているのを聞いて 40年前の曲とは思えないぐらい新鮮ですよね。 カネボウ化粧品新CM【I HOPE. 】編がテレビで 放送されていますので見る機会がある方は 唇よ、熱く君を語れに耳を傾けてみてください。 とっても素敵な曲なので! それでは最後までご覧いただき ありがとうございました。

次の

カネボウCMソング「唇よ熱く君を語れ」カバー曲歌うのは誰?原曲は渡辺真知子の名曲!

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 2020

うららかな80年代の始まり、二大化粧品メーカーの広告対決は、久々に(78年夏の「時間よ止まれ」「Mr. サマータイム」以来)両社CMソングが揃ってベスト10入りするという華やかな春を迎えた。 オリコンチャートでは週間最高4位、年間24位、TBSザ・ベストテンでは2位まで上昇した。 そして2週ほど遅れて発売されたのが、資生堂CM曲・竹内まりや「不思議なピーチパイ」。 オリコン週間最高3位、年間30位、ザ・ベストテンでもベスト3入りし、売上40万枚を記録した。 強調しておきたいのは、80年1月の時点では、渡辺真知子の方が竹内まりやより遥かに格上だったということだ。 デビュー曲「迷い道」(オリコン最高3位)を始め、「かもめが翔んだ日」(5位)「ブルー」(10位)と立て続けに大ヒットを飛ばし、安定感は抜群。 渡辺の方が1歳年下だが、デビューは1年早い。 さらに初期の渡辺の編曲を一手に引き受けていたのは、筒美京平の弟子筋にあたるヒットメーカー船山基紀だ。 そして彼女は、音楽活動のみの勝負に徹し、芸能人っぽいメディア露出を一切していない。 音楽一本道の実力派、ぜんぜん迷い道クネクネなんてしていない。 かたや、竹内まりやはというと、「ぽっと出の女子大生シンガー」というのが当時の世間の認識だった。 今でこそ名曲の誉れの高い〈作曲:林哲司〉の「セプテンバー」ですら、シングル盤としては売上10万枚、チャート最高39位止まり。 「不思議なピーチパイ」にしても〈詞:安井かずみ/曲:加藤和彦〉であり、彼女は出来合いの曲を歌う、カワイ子ちゃんシンガーでしかなかった。 資生堂の竹内まりや起用の狙いも、彼女の将来のミュージシャンとしての資質を予想して、なんてものではなく、単純に「話題の女子大生シンガーの曲で、光文社のJJ読者層をガッチリつかもう」くらいの軽いものだったろう。 おりしも1980年、音楽界はアイドル不在の時代に突入しようとしていた。 山口百恵はすでに数ヶ月後の引退が決まっており、ピンクレディー人気は消滅。 テレビは、それまで追いかけていた対象が一斉にいなくなってしまい、カメラを向ける相手を探していた(聖子はデビュー直前、明菜はもう少し後)。 そのため、竹内と新人賞を競った桑江知子をはじめ、越美晴、杏里、松原みき… など若手女性ミュージシャンが、アイドルの代わりをさせられており、竹内もその文脈で語られる一人に過ぎなかった。 事務所もレコード会社も、それを唯々諾々と受け入れてしまっていたし、幸か不幸か、「不思議なピーチパイ」の大ヒットによって、テレビを中心とした芸能チックな活動にさらに拍車がかかった。 まりやの迷い道クネクネは、山下達郎との結婚まで連なる道程だった。 (つづく) 2016.

次の

カネボウ”I HOPE”新表明CM「唇よ、熱く君を語れ」カバーに想いあふれて

唇 よ 熱く 君 を 語れ cm 2020

何かをしながらテレビがついているので ここくらいまでCMが流れてから気が付くのです。 始めて耳に入ったときは 「あれ、、なんか知ってる曲のような気がする」 くらい 記憶も薄かったのです。 何回か聞いていると 「知っている歌」と確信してきて 「懐かしい」ほかの記憶もついてきました。 歌って 歌そのもののほかに 昔のことが思い出されるんですよね。 具体的に「あの頃はこうだった」とは言えませんが 漠然と、、 何なのか調べたい、、、 でも すぐ忘れる 昨夜 お風呂に入っていた時にふと思い出したので調べました。 ああ そうだった そうだった う~~ちょうど40年年の前の歌でした。 古いですねえ、、 現在45歳以下の人は知らない歌ですねえ 渡辺真知子さんの歌は「かもめが翔(と)んだ日」のほうが有名です。 (多分) 「かもめが翔(と)んだ日」は 「懐かしい歌」系や「名曲」系で聴いたことがあるような、、、 これも 発売は1978年、もっと古い曲ですね。 なんと トリビア(古い?) 「唇よ 熱く君を語れ、渡辺真知子、1980年(昭和55年)」 は 「現在2020年」カネボウ化粧品のCMソングですが 「1980年」も カネボウのCMソングでした。 40年を経て同じ曲でCMです。 婆には懐かしい曲ですが 若い人はどう感じるのでしょうか はあ すっきりした.

次の