配信中に死亡。 インスタで飲酒運転の生配信中に事故、妹が死亡 遺体を映し生放送継続

【動画】赤飯を生配信中に喉に詰まらせ死亡か!?sola Channelのその後は??

配信中に死亡

6月22日、北海道登別市の中学1年の男子生徒が自宅アパートの敷地内で死亡しました。 自殺したとみられていて、男子生徒の母親は「いじめによるものだ」と訴えています。 登別市で6月25日午後から開かれた告別式。 祭壇には22日に自ら命をたった男子中学生の遺影がありました。 工藤虎太郎さん、13歳。 登別市立鷲別中学校の1年生で、サッカー部に所属していました。 葬儀には、工藤さんの写真や生前つづった手紙がたくさん飾られていました。 中には中学生になる自分にしたためたものも。 1年後の自分にあてた手紙:「1年後のこたろうへ 中学校での生活ガンバ!」 筆跡からも工藤さんの希望がうかがえます。 母親のゆき美さんが葬儀場で取材に応じました。 工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「(当日は)お風呂に入って行こうとしていた。 気落ちしている様子はなかった」 工藤さんは22日午前8時ごろ登校のため自宅の道営住宅を出ましたが、約30分後敷地内で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認されました。 死因は全身打撲などで飛び降り自殺したと見られています。 工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「(顔は)涙や鼻水でぐちゃぐちゃ。 泣きながら落ちたんだな」 遺書はなく、当初は理由も分かりませんでした。 しかし警察から手渡された虎太郎さんのスマートフォンに、ゆき美さんがいままで知らなかった事実が残されていました。 工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「部活を休むのであれば筋トレを30分やれ、それを動画で送れと…」 スマートフォンにサッカー部員から筋トレを強要されるやりとりなどがあり、ゆき美さんはいじめがあったと受けとめています。 工藤虎太郎さんの母親 ゆき美さん:「心ない一言を言った人は『言った覚えがない』これが一番問題」 ゆき美さんは、登別市教育委員会にいじめがあったかどうかの調査を依頼。 登別市教委は「母親の主張は承知している。 事実かどうか慎重に見極める」とし、全校生徒約290人に記名式でアンケート調査をしています。

次の

有毒な虫を食べた男性が「ライブ配信中」に死亡、フォロワーを増やそうとした可能性

配信中に死亡

少女は事故後も配信を継続し、「ごめんね」などと言いながら、頭部を半分失った妹の死体を撮影。 発表によるとアメリカ・カリフォルニア州で7月21日、オブドリア・サンチェス容疑者(Obdulia Sanchez)容疑者は、飲酒した状態で車を運転し、インスタグラムの生放送をしていたということです。 しかし車の進路がずれ、それを戻そうと過剰にハンドルを補正したためか、オブドリア・サンチェス容疑者の運転する車は車道を外れて横転しました。 後部座席に座っていた妹のジャクリーン・サンチェス(Jacqueline)さんは、事故の衝撃で窓から外に放り出されて死亡。 また同乗していたもう1人の10代の少女も重傷を負ったということです。 運転していたオブドリア・サンチェス容疑者に大きなケガはなく、事故後もインスタグラムの生配信を継続。 妹は血まみれで、頭部のおでこあたりから大きく裂けて顔のほぼ半分を失っていることから即死は一目瞭然でしたが、オブドリア・サンチェス容疑者はスマホで妹の遺体や頭部をアップで映しながら「私は妹を愛している」「起きてよジャクリーン!起きてよジャクリーン!」と顔をペチペチ叩くなどしています。 そして、自撮りをしながら「妹を殺しちゃった。 刑務所に行くことになるだろうけど、もうどうでもいい」「妹よ安らかに」などと話し、頭部を大きく破損した妹の顔周辺に何度もキスするなどしました。 オブドリア・サンチェス容疑者が配信した動画は事故から19時間が経った時点で削除されておらず、その後知人によりFacebookに転載された動画は、約70万回再生されました。 当該動画は、当記事内の最下部・事故現場の地図の下に掲載しています。 この事故についてアメリカでは大変な炎上騒動となっており、インターネット上では姉のオブドリア・サンチェス容疑者への非難の声が多数投稿されています。

次の

動画配信中に男性が富士山で滑落か「あっ、滑る」と最後に

配信中に死亡

アメリカでまた銃による事故が起こってしまった。 失われたのは13歳という未来ある少年の命。 しかも事故の様子はインスタグラムでライブ配信されており、多くの友人がその瞬間、映像を目にしていたのだ。 今月10日の夜10時過ぎ、米ジョージア州アトランタ在住のシャニークア・スティーヴンスさんは自宅で「ブン」という音を聞いた。 「それが何の音なのかはわからなかったが、何か悪い予感がした」というシャニークアさんは、娘と一緒に音がした2階に上がり、息子の部屋の戸を開けようとした。 しかし部屋は中から鍵がかかっており、呼んでも反応がない。 必死で戸を蹴破って中に入ると、その目に飛び込んできたのは血の海に横たわる息子マラカイ君(13)の姿だった。 「ママ、携帯電話の電源を切って!」 娘の泣き叫ぶ声を聞き、マラカイ君の携帯電話を手にすると、その部屋の様子がインスタグラムでライブ配信されていることに気が付いた。 慌てて電源を切ったものの、自宅にはライブで事の一部始終を見ていた近所の友人40~50人ほどが続々と集まり始めた。 その後、マラカイ君はグレーディ・メモリアル・ホスピタルに救急搬送されたものの病院で死亡が確認された。 『11alive. com』によると、マラカイ君は友人と会話しながら銃をいじっていたが、突然暴発し頭部に被弾。 そのまま床に崩れ落ちたということだ。

次の