脂肪 溶解 注射。 脂肪溶解注射(メソセラピー)について。

脂肪溶解注射(メソセラピー)について。

脂肪 溶解 注射

鼻のBNLS(脂肪溶解注射)とは 鼻尖(鼻先)に脂肪溶解注射(BNLS)をし、鼻の脂肪を溶かすことで少しずつ鼻を小さくする方法です。 鼻に脂肪があることによって鼻の皮膚が厚く、大きく見えたり丸く見える方に適しています。 ただし、人によっては鼻に脂肪が少なく、脂肪溶解注射をしても期待したほどの効果を得られない場合もございあす。 患者様のご希望や、鼻の状態によって1回に使用する本数は異なりますが、1回の施術で1~2本使用することがほとんどです。 個人差はありますが、1回の注射で大きな効果を得ることは難しいため、1~2週間ごとに3~5回の施術を行うのが効果的です。 基本的に、BNLSは脂肪細胞そのものを溶かすため、一度溶けた脂肪は元に戻ることはありませんが、暴飲暴食をするなど、急激な体重の増加が合った場合、溶けずに残っていた脂肪が膨張してしまうこともあります。 オペのように大きな効果が期待できる施術ではありませんが、鼻先の丸みが気になる、オペには抵抗があるという方にはおすすめの施術です。 ダウンタイム・完成までの期間 BNLS 脂肪溶解注射 のダウンタイムはほとんどありませんが、人によって腫れ、内出血、赤みが出る場合があります。 いずれも1週間程度で治まりますが、内出血が出た場合は消えるまでに2週間程度かかることもございます。 注入から3日~1週間程度で効果が表れ始めますが、1回の注射で効果を実感する方は少なく、1~2週間ごとに1回、計3~5回の注射が必要となります。 2週間に1度、計5回注射した場合は約3か月程度かかります。 ダウンタイム中に起こり得る症状 注入後は2~3日腫れ、赤みが出る場合がございます。 また、2週間程度内出血が残ることがありますが、メイクで隠せる程度です。 ダウンタイム・完成までの日数について ダウンタイムや完成までの日数や、症状の程度には個人差があります。 術後の経過によっては日数が前後する場合がございますので、こちらの日数はあくまで目安とお考えください。

次の

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは?効果・体験談も紹介|脂肪吸引の受け方ガイド

脂肪 溶解 注射

まぶたの脂肪溶解注射の効果 まずは、脂肪溶解注射とはどんなものなのか?そして、まぶたに打つ事でどんな効果があるのか?についてお話しします。 そもそも脂肪溶解注射って? 脂肪溶解注射とは、脂肪細胞の細胞膜を分解する効果のある薬液を注入する事で、脂肪細胞を徐々に減らしていく痩身治療です。 壊れた脂肪細胞から出た脂肪は吸収されるとともにすっきりとした見た目に変わっていきます。 そのため、 注射した部分を集中的に細くすることができ、、全身痩せには向きませんが、、ダイエットでも落としにくい部分痩せに効果を発揮します。 大掛かりな脂肪吸引や切開手術と違い、 痛みやダウンタイムが非常に少なく、気軽に受けられる治療として現在はとても需要が増えています。 少し前までは、脂肪溶解注射というと注入後はかなり腫れるため顔には向かないのがデメリットでしたが、 薬剤が改良されて炎症をおさえながら脂肪を溶かす事が可能になり、フェイスラインや頬・まぶたなどの腫れが心配されるような部位でも、安心して利用する事が出来るようになりました。 使用する薬剤はクリニックによって成分や配合が違いますが、現在は従来のメソセラピーの他に、韓国製のBNLSという薬剤を取り扱っているクリニックが増えてきています。 BNLSは脂肪分解効果や代謝作用のある数種類のメディカルハーブをブレンドして配合していて、体への悪影響などはもちろんなく、術後の腫れなども起こりにくいという点がメリットとなっています。 ほとんどが天然由来の成分なので、安心して注入を受ける事が出来ます。 まぶたに注射するとどんな効果がある? 脂肪溶解注射は、まぶたの厚い人、重い人の中でも特に皮下脂肪の多い人に効果的です。 さらにその奥の眼窩脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪)にまで効果があるため、 今までは切開しないと解消出来なかった厚ぼったいまぶたを注射のみである程度すっきりとさせる事が出来ます。 ただし、 メスで脂肪を切除するのとは違い、薬液で徐々に脂肪細胞を溶かして排出されやすくするという方法のため、効果が出るまでに時間や回数がかかります。 注入後は、1~3週間でまぶたがすっきりしてくるのを感じますが、一度の効果はわずななので3〜4回は注入を繰り返す必要があります。 効果に個人差はありますが、何度か繰り返していく事で目に覆い被さる脂肪が徐々に無くなっていき、厚ぼったいまぶたがすっきりして、二重の幅が広くなったり、目がぱっちりと大きくなったような印象になります。 通常の食事制限や運動などによる痩身では大きくなった脂肪細胞を小さくする効果しかないのですが、、脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを溶かしていくという事で、脂肪を蓄積する細胞自体が減少するため、リバウンドしにくいというメリットもあります。 自然とまぶたの脂肪を薄くしていく事が可能なので、大幅に体重の増加などが無ければ、そのままの目元をキープする事が出来るでしょう。 まぶたの脂肪溶解注射のメリット まぶたの脂肪溶解注射は、効果が持続する上にリスクの少ない、とてもメリットのある治療方法です。 顔に傷を付けずにまぶたの厚みを解消出来る 脂肪溶解注射のもっとも大きなメリットは、顔にメスを入れる必要が無いという事です。 切開をして脂肪を切除する方法は、傷跡がふさいだあとも白く切開の跡が残ります。 そこまでリスクを負いたくない、もっと気軽に出来る治療をしたい、という人に脂肪溶解注射はとても大きなメリットがあります。 その反面、切開を行って脂肪を直接除去する方法と比べれば必要な治療の回数も多く、効果を実感するまでには時間がかかったり、注射のみでどの程度まで目的とする目元に近づけられるかは明確に判断しにくいといったデメリットもあります。 周りにバレずに治療を出来る 脂肪溶解注射は、 注射後の腫れや内出血などのダウンタイムが短く、数日経過するとメイクで隠せる程度まで回復するので、周囲の目を気にせずに行う事が出来ます。 また、何度か注入を繰り返す事で徐々に効果が出てくるので、まるでダイエットでまぶたの脂肪が落ちたかのように自然にすっきりとさせる事が可能です。 そのため、急に目元が変わって周囲にバレてしまうのが嫌な人にもおすすめの方法です。 痛みを最小限に抑えられる メスを入れる方法に抵抗がある人は、傷跡だけでなく痛みの心配がある人も多いと思います。 脂肪溶解注射の痛みは、1〜2日まぶたがつっぱったり、筋肉痛のような鈍痛を感じることががありますが、大抵は我慢出来るくらいのものです。 注入する際の針を刺すときの痛みも、すこしチクッとする程度です。 クリニックによっては極細の注射針などを使ったり、あらかじめ冷却したり、麻酔クリームをつかったりして、痛みへの配慮をしている場合が多いです。 むくみの解消や肌の引き締めが出来る 脂肪溶解注射の効果は、脂肪を溶かして排出するだけではありません。 薬液に配合されたメディカルハーブなどの成分には、肌を引き締めたり、血行促進作用のあるものが含まれているので、同時にむくみ解消や肌の引き締めも期待出来ます。 普段から目元がむくみがちな人は、脂肪に加えてむくみが取れる事で、よりすっきりとしたまぶたになれるでしょう。 まぶたの脂肪溶解注射の注意点 脂肪溶解注射をまぶたに打つ際のメリットとデメリットをお話ししました。 治療後に後悔しないよう、治療上の注意点を事前にしっかり把握しておきましょう。 効果には個人差がある 脂肪溶解注射に含まれる薬液の脂肪分解効果がどれだけ出るかはかなり個人差があり、1回で効果を感じたという人も入れば、4〜5回繰り返しても思いどおりの効果を感じない人もいます。 目に見える効果が確実に欲しいという人は、結果に満足出来ない場合もある事を知っておきましょう。 そして、まぶたの厚みが脂肪よりも皮膚や眼輪筋の厚みにある場合は、注射をしても効果が少ないことがあります。。 しっかりとしたカウンセリングをしてくれる医師のもとで脂肪溶解注射が適しているのか診断をしてもらう事も大切です。 アレルギーのリスクがある これは稀なケースですが、脂肪溶解注射の薬液に配合されている薬剤や、数種類のメディカルハーブなどにアレルギーを起こす場合があります。 クリニックによって使っている成分は違いますが、主にくるみやセイヨウトチノキ、オキメグサなどの植物などが使用されています。 アレルギーが出てしまうと、注入後に強い赤みやかゆみを感じ、ダウンタイムも長くなります。 事前にパッチテストを受けるようにする事や、もともとアレルギーを持っている人はクリニックでアレルギーの申告をする必要があります。 腫れや内出血が長引く 脂肪溶解注射のダウンタイムは通常2〜3日でおさまりますが、内出血や炎症が強く出てしまった場合は10日程度腫れや赤みが目立つ事もあります。 これは、もともと個人差があるというのもありますが、使用している薬液によっても違ってきます。 脂肪分解効果の他に抗炎症作用などの薬液に配合している場合は、ダウンタイムが短くなる傾向にあります。 また、 あまりにも価格が安すぎる場合や、実績の無いクリニックでは安価にするために品質の低い薬液を使っている可能性もあります。 どのような薬液を使っているかもカウンセリングの際に質問して、しっかりした返答をしてくれるクリニックを選びましょう。 思いどおりの目元にならない 注射を打つだけなら誰にやってもらっても同じだろうと思いがちですが、思いどおりの仕上がりになるかは医師の判断によるところも大きいのです。 例えば、脂肪の厚いところに薬剤を多めに注入し、薄いところには注入を避けるなど、注入方法のコントロールによっても、仕上がりの目元の印象は大きく変わります。 また、自分では「もっともっと」と思い、注入を繰り返していると、まぶたの脂肪が減りすぎて皮膚がたるみ、貧相な目元になる事もあります。 脂肪溶解注射が向いているかは、その人のまぶたの状態、年齢や骨格などひとりひとりの目元を見て、医師が判断を下すものです。 経験が浅い医師に任せると、「まぶたが厚い人はすべて注射で改善する」とひとくくりにされてしまう事もあるので、たとえ注射であろうとも医師の実績はしっかり確認するようにしましょう。 まとめ まぶたの脂肪を溶かしてすっきりとさせる脂肪溶解注射についてお話ししました。 顔にメスを入れずに注射だけで終わる治療だけあって、手軽に行えるプチ整形のような感覚で人気がある治療方法です。 また、痛みやダウンタイムも少なく、周りの目を気にせずに受けられるのも大きな魅力です。 ただし、その効果は個人によって差がある事や、思いがけず腫れや内出血が長引く可能性がある事、そして思いどおりの目元になるかは医師の判断が大きく左右する事も覚えておいて下さい。 「注射だからどのクリニックでもいいや」と思わずに、しっかりカウンセリングを受けて腕の良い医師を選ぶようにしましょう。 目元の整形、くま治療の関連コンテンツ.

次の

脂肪吸引と脂肪溶解注射の違いとは?~簡単解説~

脂肪 溶解 注射

脂肪溶解注射 メソセラピー とは? 脂肪溶解注射は、薬剤を注入することで顔の血流やリンパの流れを改善し、脂肪の排出を促す目的の注射です。 日本で使われている注射の多くは、大豆や海藻など植物由来の成分が原料で腫れが少ないのが特徴。 最近では、FDA アメリカ食品医薬品局 で脂肪溶解の効果が認められた「デオキシコール酸」「フォスファチジルコリン PPC 」を含む注射も出てきています。 一応参考文献として、論文を貼っておきます。 it has shown moderate efficacy with appropriate patient selection and good patient satisfaction. 適切な患者選択と良好な患者満足度で中程度の有効性を示しています。 引用: 2つの成分をざっくり説明すると……• もう少しマニアックな話をすると、2008年イタリアの論文によれば、デオキシコール酸とフォスファチジルコリンの効果には差が見られなかったそう。 参考: 脂肪溶解注射って本当に効くんか?って話ですが、結論から言うと顔は効果を感じやすいと思います。 これは個人的な体験談ですが、脂肪溶解注射は体に使ってもあまり効果は感じませんでした。 でも、顔はもともとの脂肪が少ない分、注射だけでもフェイスラインがシュッとしました。 だから今回は自分でも効果を実感できた顔に使われる脂肪溶解注射に絞って解説していこうと! 脂肪溶解注射の種類と特徴を解説 おまたせしました! 日本のクリニックで使われている脂肪溶解注射の特徴について見ていきましょう。 取り扱っているクリニックと値段もちょこっと書いているので、気になった人は合わせてチェックを。 脂肪溶解注射はBNLSなしでは語れない! 主成分は、ヒバマタ 海藻 やペルシャグルミ くるみ などから抽出した植物成分。 肌に優しくて腫れが少ないのが特徴で、最も手軽に受けられる注射だと思います。 効果を実感できるのが最短3日と早いのも魅力。 ただし、植物成分が主体のBNLSは効果がマイルドです。 新たに開発されたBNLSneoは近年脂肪溶解の作用が認められたデオキシコール酸が配合されています。 最近は、BNLSneoの方を取り扱っているクリニックがほとんどです。 脂肪溶解注射が初めての人は、BNLSneoから挑戦してみるのがおすすめ。 デオキシコール酸の濃度が高いので、高い効果が期待できますが、その分腫れが大きくて痛みを伴う可能性が高いのも特徴です。 術後2〜3日は顔が腫れることがあるので、連休の時にやるのがおすすめ! 参考になりそうな術後のレポ動画を貼っておきます。 ちなみに、どこのサイトにも書いてなかったんですが、開発会社を調べたら韓国の会社でした。 元々、アメリカで開発された二重あごの治療薬で「カイベラ」というあるんですが、腫れや痛みが強いのが難点で日本では使われていません。 他にも色々と事情があるみたいだけど FatXはカイベラと同じ成分に抗炎症成分が配合されていて、痛みや腫れが軽減されています。 それでもやっぱり腫れるみたいなので、カイベラが恐ろしく感じられる。 カベリン カルベライン 製造国 韓国 有効成分 デオキシコール酸 0. デオキシコール酸の濃度は0. FatXよりも腫れは少ないので、もう少しお手軽にできると思います。 ただ、取り扱っているクリニックが少ないのは難点かもしれません。 LINE Fit 製造国 不明 有効成分 デオキシコール酸 取り扱い 新宿ラクル美容外科 1cc9,000円 LINE Fitに関しても、FatXと同様でデオキシコール酸が高濃度で配合されています。 正直、FatXと大きな違いはないんですが、強いて言うならLINE Fitは代謝促進の作用もあるところかな? LINE Fitは、デオキシコール酸に加えて代謝を促進させるフォルスコリンエキスも配合されているので、脂肪の排出もしやすいですよ〜という感じです。 トチの実やセイヨウクルミ、ヒバマタなどの植物由来から作られています。 聞いたことある植物だなと思ったら、BNLSと似ている。 デオキシコール酸などの有効成分は含まれていないけど、代謝を促進して脂肪の排出を自然に促す作用があります。 効果はマイルドだけど、痛みが少なくて腫れにくいのが特徴です。 アルフォコリン 製造国 韓国 有効成分 グリセロホスホコリン GPC 取り扱い 銀座TMクリニック 1cc1,000円 ルラ美容クリニック 10cc25,000円 アルフォコリンは、大豆由来の成分「グリセロホスホコリン」が配合された注射。 グリセロホスホコリンは、有効成分であるフォスファチジルコリンから脂肪酸成分を取り除いた新成分で、フォスファチジルコリンの注射よりも腫れや内出血を抑えることができます。 カタカナ多い デオキシコール酸が配合された注射よりも腫れや痛みは少なくて、値段もリーズナブルなのが特徴。 ちなみに、韓国ではGPC注射とも呼ばれています。 アディポトロフィン 製造国 スペイン 有効成分 植物成分 メディカルハーブ 取り扱い ルーチェ東京美容クリニック 1ヶ所13,000円 アリア六本木クリニック 1本11,000円 アディポトロフィンは、スペイン版のBNLSといわれている脂肪溶解注射です。 BNLSと同様、植物由来の成分でリンパの流れを改善して脂肪の排出を促します。 BNLSよりも値段は高いので、「だったらBNLSでいいのでは…?」と思ってしまうのは私だけ? スペイン産だから値段が高いのかもしれません。 フィラーも韓国産よりヨーロッパ産のほうが高いので。 ミケランジェロ 製造国 イタリア 有効成分 フォスファチジルコリン デオキシコール酸 取り扱い A CLINIC 1cc12,900円 アリア六本木クリニック 1本11,000円 ミケランジェロはFDAに認められている有効成分である、フォスファチジルコリンとデオキシコール酸をダブル配合している脂肪溶解注射。 脂肪細胞の数を減らす働きと、脂肪を乳化させて排出を促す働きの両方が期待できるという! ただ、有効成分の濃度については不明なので、やってみないとわからないのが本音です。 有効成分以外にも、カルニチンやカフェイン、リポ酸が入っているので代謝を促すダイエットサポートの働きもあります。 おすすめの脂肪溶解注射はどれ? ここまで色々と紹介してきましたけど、結局どれがおすすめなの?と聞かれたらこう答えるかな…?.

次の