ご理解いただきありがとう。 「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

ご理解いただきありがとう

この記事の目次• ご理解いただきありがとうございます の意味 「ご理解いただきありがとうございます」は「理解してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「理解してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご理解」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 理解 = 理解すること• すると「ご理解いただきありがとうございます」の意味は… 「理解してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご理解いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご理解いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご理解いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「理解」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「理解」に謙譲語「お・ご」で 「ご理解」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご理解いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご理解いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご理解いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、「理解してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご理解いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 またこのたびの納期遅延に際して ご理解いただき厚くお礼申し上げます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「ご了承」「恐縮」などを使うと丁寧 またお詫びシーンでは「ご理解」よりも「ご了承=納得すること」とするほうがベター。 さらに「お礼」よりは「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 また納期に関しまして ご了承いただき大変恐れ入ります。 ご留意ください。 「ご理解いただき vs ご理解くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご理解いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご理解くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご理解いただく=理解していただく」なのか「ご理解くださる=理解してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご理解いただきありがとうございます」「 ご理解くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご理解 くださいますようお願い致します」 「ご理解 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導 くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご理解」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご理解いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご理解」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 謝罪・依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご理解」 お礼シーンだけじゃない「ご理解」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「理解してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 具体的にはたとえば、休業の案内メールをするとき。 -ビジネスメール例文- 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたび、店舗リニューアルにともない下記の期間を休業とさせて頂きます。 いろいろな「ご理解」の例文 あとは以下のような例文を使ってもよいでしょう。 例文「ご理解くださいますようお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるようお願いします」• 例文「ご理解のほどお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご理解いただければ幸いです」 意味は「理解してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご理解いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらいたいと思います」• 例文「ご理解いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらえたらと思います」 「ご理解いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするにどれも「理解してね!よろしく」という意味なのです。 ・「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり「いただく」と同じ ・「存じる」は「思う」の謙譲語 ・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+願望「~たい」 ・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご理解くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご理解くださいますよう お願いいたします」「ご理解くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご理解くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご理解」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご理解〜」 「大変恐縮ではございますがご理解〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご理解〜」 「大変恐れ入りますがご理解〜」 「たびたび恐れ入りますがご理解〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご理解〜」 「大変お手数ではございますがご理解〜」•

次の

「ご理解に感謝します」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご理解いただきありがとう

「ご了承」の使い方と例文 「ご了承ください」は目上の相手に使える尊敬語 「ご了承ください」は先ほども説明したように、尊敬語の「ご」と「承諾する」を意味する「了承」で成り立っている 目上の相手に仕える尊敬語です。 「ご了承ください」は、「 そうかご理解いただき、受け入れてください」というような意味合いのある言葉です。 「ご了承ください」は、まだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して 相手に納得・了解を得るというような場面に使用します。 ご了承ください」を単体で使うと一方的に相手に承諾することを強要するようなニュアンスになる可能性があるため、目上の相手や取引先などに対して使う場合は、「 ご了承願います」「 ご了承くださいますようお願い申し上げます」といった丁寧な表現が適しています。 口語だけではなく、メールやビジネス文書などでもよく使われる表現なので覚えておきたい言い回しです。 例文 「落選の理由についてはお問合せいただいてもお答えいたしかねますのでご了承ください」 「誠に勝手ながら〇月〇日~〇月〇日まで臨時休業とさせてただきます。 ご了承ください」 「イメージ画像となりますので実物と異なる場合があります、ご了承ください」 「地域によっては放送時間が異なりますのでご了承ください」 「先着順でのお渡しになりますのでご了承ください」 「ご了承願います」は承諾をお願いするときに使う 「ご了承願います」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「願う」+丁寧語「ます」で成り立っており、 承諾をお願いするという場面で使用する言い回しです。 何かをするさいに、 事前に相手に了承を得たいという場面でお願いする言葉です。 「~ということを先に理解しておいてほしいです」というようなニュアンスです。 「 ご了承のほどお願い申し上げます」「 よろしくご了承ください」というような言い回しもあります。 例文 「数量限定となりますので、予定枚数を終了次第、販売終了になりますことをご了承願います」 「天候によってはスケジュールを変更させていただきますので、ご了承願います」 「物語を盛り上げる為に実話より誇張している場面もありますが、ご了承願います」 「イベント事態中止にさせていただく場合もございますのでご了承のほどお願い申し上げます」 「付け合わせの野菜は日によって異なりますのでよろしくご了承ください」 「予めご了承ください」は前もって承諾してもらう時に使う 「予めご了承ください」は、「 あらかじめごりょうしょうください」と読みます。 「予め」は、「 事に備えて・前もって」という意味のある言葉です。 つまり、「予めご了承ください」は、「ご了承ください」は まだ始まっていないことに理解や納得を求める言葉で、「 前もって理解しておいてください」というようなニュアンスのある言葉ということになります。 「まだ始まっていない」という部分を強調したいときは、「予め」をつけて表現するのが良いでしょう。 例文 「終了予定時刻は変更になる場合がございますので、予めご了承ください」 「場所によっては激しく水しぶきがかかる場合がありますので、予めご了承ください」 「色はランダムとなります、ご自分で選択することはできませんので予めご了承ください」 「ご了承くださいますようお願いします」は丁寧にお願いする 「ご了承いただきますよう」は 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+「〜するように」の丁寧な表現「ますよう」で成り立っています。 相手に要望や申し入れを理解してもらえるよう丁寧にお願いをする場面で使用するのが「ご了承くださいますようお願いします」という言い回しです。 「ご了承いただき」をより丁寧にした表現になります。 例文 「弊社は〇日までお休みをいただきます為、返信がおくれる可能性がございます。 ご了承お願い申しあげます」 「お席に限りがございますので、お待ちいただく可能性があります。 予めご了承くださいますようお願い申し上げます」 「出演メンバーの変更がある場合がございます、ご了承くださいますようお願いも申し上げます」 「ご了承いただけますか」はさらに丁寧な表現 「ご了承いただけますか」は、尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 事前に相手に了承を得たいときの言い回しとして、かなり丁寧な言い回しにな表現になります。 「ご了承いただけますか」は、「ください」「願います」などのように一方的ではない「いただけますか」と相手に聞いていることから、より丁寧で相手に寄り添った表現となります。 「いただけますか」だと、ニュアンス上断られてしまう場合があるので「承諾してもらわなければならない」というような場面では「願います」を使用するほうが無難です。 例文 「先日相談させていただいた件、ご了承いただけますか」 「イベントの日程についてですが、下記の理由により変更をお願いしたく存じます。 ご了承いただけますか」 「弊社で話し合った結果は添付した資料の通りです。 ご了承いただけますか」 「ご了承いただきありがとうございます」は承諾してもらったことへの感謝 「ご了承いただきありがとうございます」は、 承諾してもらったことへの感謝の気持ちを伝える時に使用される言い回しです。 「ご了承いただき」は、 尊敬語「ご」+「了承」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 」 「ご了承いただき」は「 目上の人から承諾してもらった」という意味です。 つまり、「ご了承いただきありがとうございます」は 目上の相手や顧客から承諾を得た際に使用する言葉です。 目上の人などビジネスシーンで口語にかぎらずメールでも使用できる言い回しです。 例文 「閉店時間の変更にご了承いただき、ありがとうございました」 「この度は、私たちの撮影にご了承いただきありがとうございます」 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご了承いただきありがとうございます」 「了承いたしました」は自分が承諾したときに使う 「了承いたしました」は 自分が承諾したときに使用する言葉です。 相手の依頼や申し出に対して「理解しました・受け入れます」と自分が承諾することを「了承いたしました」と言います。 目上の人などビジネスシーンでは「承知いたしました」や「かしこまりました」を使用するほが無難です。 丁寧な言葉で言い換えていても、ニュアンスによっては使用できない場面がある言い回しもあるということをよく頭にいれておきましょう。 例文 「明後日の懇親会は、現地集合ですね。 「 ご理解」は、「~をすることを理解ください」というように、 始まっていることに対して理解・許しをもらうというニュアンスが強いです。 「 ご容赦」は 謝罪をするような場面で、相手にゆるしてもらうといった意味で使用される言葉です。 「ご容赦」の意味は「許すこと、許容すること」 「ご容赦」は「 ごようしゃ」と読みます。 「ご容赦」は、 「容赦」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「容赦」は「許すこと、許容する」という意味で、「ご容赦ください」は「 過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 「 ご容赦」には、 相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 例文 「数々のご無礼をどうか、ご容赦ください」 「予定開始時刻を変更することになりましたのでご容赦ください」 「場合によっては返金ができませんのでご容赦ください」 「ご理解」の意味は「内容を飲み込む」 「ご理解」は、「 ごりかい」と読みます。 「ご理解」は、「理解」という言葉に接頭語の「ご」をつけた丁寧な言葉です。 「理解」には「 物事のどおりがわかること・意味・内容を正しく判断する」という意味があります。 つまりご理解は、「内容を飲み込む・理解する」ということを丁寧に言い表した言葉ということです。 例文 「こちらの勝手な都合にも関わらず、ご理解いただきまして誠にありがとうございます」 「本日、道路の修繕工事をおこないます。 利用者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解をご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」 「以下の日程でシステムメンテナンスを実地いたします。 「ご了承」と比較して「ご了解」は、「 理解してください」という意味合いがあるとい点で違いがあります。 「ご承知」は、「 相手の要求を聞き入れる」というニュアンスのある言葉であり、一方の「ご承諾」は「 相手の要求を積極的にひきうける」というニュアンスの違いがあります。 「ご了解」の意味は「相手の事情を汲んだ上で、強く納得し認めること」 「ご了解」は、 「理解」という言葉に 接頭語の「ご」を付けた言葉です。 「了」は、音読みでは「リョウ」、訓読みでは「おわる・さとる」と読みます。 「了」は、「終わりになる」「明らか」「はっきりとさとる」ことを意味しています。 「解」は、音読みでは「カイ」、訓読みでは「とく・ほどく」と読みます。 「解」は、「与えられた問題に対する答え」「意味をとき明かす」ことを意味しています。 「了解」は「 物事の内容や事情を知り、納得すること」「理解すること」といった意味で、多く使用します。 「了解」は、「理解」とほぼ同じ意味で使いますが、「 理解してそれを認める」といったニュアンスも含まれます。 例文 「交通状況によりお時間が前後する可能性がありますのでご理解ください」 「片側通行にご理解いただきましてありがとうございます、お陰様で無事に工事を終えることができました」 「このプロジェクトを成功させるためにも多くのお客様にご理科いただきたいです」 「ご承知」の意味は「相手の要求・依頼を知ること・聞き入れること 「ご承知」は、 「承知」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 相手に自分の申し入れを理解してほしい・受け入れてほしいといた場合に「ご承知」という言葉を使用します。 例文 「ご承知の通り、こちらの店舗は先月より改装工事を行っています」 「ご使用前に必ず取り扱い説明書をお読みいただくことをご承知おき願いたいです。 」 「閉店30分前をラストオーダーとさせていただくことをご承知ください」 「ご承諾」の意味は「相手の要求・依頼などを聞いて、積極的に引き受けること」 「ご承諾」は、「 ごしょうだく」と読みます。 「ご承諾」は、 「承諾」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「承諾」は、「 相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」をいい、「 積極的に引き受ける」というニュアンスが含まれている言葉です。 「ご承諾」は 依頼を引き受けてもらう場面、特に取引や契約を結ぶ際において使われることが多いです。 例文 「こちらの契約内容にご承諾いただけましたら、契約書にサインをお願いいたします」 「お嬢さまとの結婚にご承諾いただきたいです!」 「お客様のご承諾をいただいた上で、作業をさせていただいております」.

次の

「平素より/平素は」とは?意味と使い方を知る

ご理解いただきありがとう

それでは1つ目の「ご了承いただき」の使い方を紹介します。 「ご了承いただき」は事情をくんで納得してほしいときに使用します。 「この度は急な発注ルート変更の件、ご了承いただき誠にありがとうございます」というように、こちら側に事情があり、約束とは違う内容を納得してもらったときに使えます。 (例)「既存デザインの件ですが、新しい区画で検証するためには、あと30メートルほど高さを低くしないといけません。 法律で決められており、私も検証したところ、やはりそのような結果でした。 申し上げにくいのですが、このままですと検査クリアは難しいです。 どうぞご了承ください。 」 「事情をくんで認めてほしい」「理解したうえで納得してほしい、」「お願いを了解してほしい」のように先方には伝わりますね。 急な発注ルートが変更になり納期が遅れた際や、違う業者を経由してしまうことになったとき。 検査基準クリアのためなど、こちらの非や、マイナスな状況の申し出を相談したい際に使います。 お客様や目上の人から了承を得たい場合に使用します。 例えば、家電の商品購入やスマホの契約を交わす際に、店員から事前に説明を受けることはありませんか? 「保障期間の対象日は、最終日の営業時間内までとなります。 あらかじめご了承いただきますようお願いします」このようなセリフ、言われたことはありませんでしたか。 保障受付にも期日はあるので、顧客が購入する際には特約や条件を納得してもらいます。 そのためには、あらかじめ「ご了承いただく」ことが必要なのです。 例えば、目上の人から何かするための許可や、承認をもらった状態を説明するために「ご了承いただき」を使用します。 社長のご了承はいただきましたので、明日から各人進めてください」 他にも、有給申請をするとき緊張しながら上長に相談し、有給使用の許可を得たとします。 そうなると同じ部署のチームメンバーにはお休みすることを伝えなければなりません。 課長からは、既にご了承をいただいています」というように自分が目上の人から許可をもらった状況を説明できます。 「ご了承いただき」は目上の人に対して使う謙譲語の表現もできるのです。 3つのポイントから「ご了承いただき」の例が分かりましたね。 それでは次の章では、メール文章・ビジネスメールにおける「ご了承いただき」の例をご紹介します。 メールにおける「ご了承いただき」を使った文例と意味 「ご了承いただき」を使った書き出しの挨拶 「ご了承いただき」を使った書き出しの挨拶例をご紹介します。 「ご了承いただき」は主に、目上の人・取引先から承認や許可が欲しいときに、相談や謝罪、お礼のシーンで使われます。 (例)「誠に勝手ながら、12月29日~1月3日、弊社では年末年始の休暇をいただきます。 休業中はご不便をおかけします。 皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます」 相手にも都合があってのビジネス界です。 場合によっては、状況や相手に応じて、理解してほしい事態を一方的に伝えることのないようにしましょう。 「何卒」をつけたり「幸いです」をつけて印象を柔らかくしてもよいでしょう。 (例)「何卒、ご了承いただければ幸いです」 「ご了承いただき」を使ったお詫びの気持ち 最後に3つ目の「ご了承いただき」を使った感謝の気持ち例をご紹介します。 「ご了承いただきありがとうございます」と表記することで「事情をくんでもらい、納得し、承認してくれて、ありがとうございます」という意味・表現になります。 そして、感謝の気持ちの文章ですから、会社として配慮してもらったことへのお礼・嬉しい気持ち・助かりましたという気持ちも添えるとポイントは高くなります。 発注された商品の納期が間に合わず、納期を延長してもらったときのメール返信。 (例)「この度は災害による納遅延のため、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 遅延事情にお気遣いいただき、そしてご了承いただきありがとうございます。 おかげさまでルート確保ができ、緊急事態を乗り越えられました」 失礼のないように「ご了承いただき」を使用するには?どうしても目上の人に納得してもらわなければならない案件がある状況は、誰しもが経験したことがありますよね。 そんな苦悩を解決するためには、できるだけ失礼のないように言いたいものです。 やはり、お願いを理解してもらいたいという申し出は、目上の人にはしない方が無難ではあります。 ですが、せめて失礼のないように言いたい気持ちも分かります。 そういう場合は「どうかご了承いただけますようお願い申し上げます」「ご了承いただければ幸いです」という言い回しにすると、丁寧な印象になります。 午前中はエレベーターが使用不可となります。 どうかご了承いただけますようお願い申し上げます」 「ご了承いただき」のより丁寧な言い換えは? では、「ご了承いただき」より丁寧な言い換え表現は、どのようなものなのでしょうか?丁寧ながらも失礼がなく、会話でも使えるのは「ご了承くださいようお願い申し上げます」という表現でした。 さらに丁寧に表現するためには、「ご了承を賜りますようお願い申し上げます」があたるでしょう。 お願いを申し上げる関係になりますので、自身を謙譲しつつ先方に伝えることができます。 しかし、現代社会では、丁寧すぎるとも捉えられる状況もありますので、こちらはシチュエーションに応じて使い分けましょう。 (例)「納品まで2日ほどのご猶予をいただけませんでしょうか。 ご無理を申し上げますが、ご了承を賜りますようお願い申し上げます」 「ご了承いただき」の類似語は? では「ご了承いただき」の類似語はいかがでしょうか。 「ご了承いただき」はこれから起こる事変に対して、相手側に許可を得たいときに使用します。 他に似たような言葉で「ご理解いただく」「ご容赦いただく」があたります。 しかし、この2つには注意することがあります。 「ご理解いただく」は「何卒ご理解ください」のように使用しますが、これは物事が変化してしまった状況を理解してほしいときに使用します。 主に事後に使用します。 そして「ご容赦いただく」は、「ご容赦ください」と使うことが多いでしょう。 相手に謝罪の意を表しつつ、起きてしまった事変に対して許してほしいときに使用します。 ビジネスでは進んでいる案件も突然変更になることもしばしばあります。 その時々の状況に応じて言葉を使いこなしていきましょう。 了承と快諾・了解の違い 快諾の意味はこころよく聞き入れること 「ご了承いただき」に似ているニュアンスの「快諾」は、ビジネスシーンでも頻繁に聞きます。 「快諾」を使った表現である「ご快諾ありがとうございます」「ご快諾いただきました」などはメールでも会話でもよく出てきます。 この「快諾」という言葉の意味は「快く聞き入れる・引き受ける」であり、前向きな言葉なのです。 (例)「先日ご依頼申し上げた件、ご快諾いただき、誠にありがとうございます」このように、聞き入れる・引き受けるという意味が込まれているのです。 プロジェクトが順調に進んでいるときに使用したい言葉です。 「引き受けてくれてありがとう」と伝えたいときには「ご快諾いただきまして、謹んでお礼申し上げます」が、より丁寧で誠意が伝わってきます。 了解の意味ははっきりと理解すること こちらも「ご了承いただき」と似ている言葉です。 相手の意見を聞き、思わず「了解!」「分かりました」と返事をしたくなる瞬間はありませんか。 しかし、言葉を放った後に、「分かりました」をもうちょっと丁寧に言いたいな…とふと疑問に思いますよね。 では「了解」は使ってはいけないの?と思う方は要注意です。 「了解」の本来の意味は、「内容・意味をはっきり理解する」ということです。 「了解」自体には尊敬の意味はありませんし、相手から何かをお願いされ、その返事として「了解」を使用すると、「はっきり理解しました」と捉えられます。 先方が自分より目上の人の場合、「分かりました」をビジネスっぽく言うことによって、相手と対等な社会人であると示すことができれば自分自身も安心しませんか。 その場合は「かしこまりました」「承知しました」を使うとよいでしょう。 「かしこまりました」「承知しました」は次の章で解説します。 「ご了承いただき」の用例も分かり、ほっと落ち着いたところで復習をしましょう。 「了承」は相手の事情を納得すること、承ること。 「快諾」は快く聞き入れる・引き受けること。 「了解」は相手の意見をはっきり理解しましたという意味です。 (例)「申し訳ございません。 明日午前は外出で社内にはいません。 14時にご来社くださいますよう、ご了承いただければ幸いです」「お時間の件、承知しました」「ご快諾いただき、ありがとうございます」 お願いの気持ちは敬語で表現しましょう 言葉の意味を知ることで、言葉の使いまわしの幅が広がっていきます。 会話でもすっと敬語が出てきたり、メール文章もさくさく打てるようになると、それだけでデキる大人に見えポイントが高いです。 筆者も日々言葉の勉強中です。 日本語は難しいし、表現がたくさんありますが、それも日本語のいいところだと思います。 多様な表現があるからこそ、状況にぴったり合った言葉で表現できることで、周りからの共感を得られやすくなります。 そんな日本語の語彙力を高めて、ビジネスシーンでも言葉に詰まらない、敬語に困らない社会人になれるよう応援しています!•

次の