はらだいこ。 はらだいこシリーズとは (ハラダイコシリーズとは) [単語記事]

はらだいこ

はらだいこ

特性 効果 めんえき どく状態にならない。 あついしぼう ほのお、こおりタイプの技で 受けるダメージを半減する。 隠 くいしんぼう HPが最大の半分以下の時、 きのみを使う。 HP・攻撃・特防が高く、重火力アタッカーとして運用されます。 極端に低い素早さのため、素早さが低い方から攻撃できるようになる トリックルームとの相性も良いポケモンです。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 5位に入っています。 特性について• めんえきは、どく・もうどく状態にならない特性です。 カビゴンの特性はどれも、登場時にアナウンスが出ません。 そのため、特性が判別するまではカビゴンにどくどくを撃ちにくいですが、めんえきの採用率はかなり低めです。 シーズン5の採用率は 1. あついしぼうは、炎と氷の被ダメージを半減する特性です。 耐性が増える優秀な特性であり、くいしんぼう型以外では、こちらが選ばれることが多いです。 シーズン5の採用率は 66. くいしんぼうは、HPが最大の半分以下になったときにきのみを使う特性です。 はらだいことの相性が良く、 混乱実+ リサイクルで、何度も回復するという戦法もあります。 また、キョダイマックス型でもこちらの特性が採用されています。 シーズン5の採用率は 32. あくび+まもる+たべのこし型 苦手な相手は あくびで流し、HPが減っても まもると たべのこしで回復するカビゴンです。 一撃必殺の じわれも覚えるため、催眠を防ぎながら早めに倒すことが求められます。 くいしんぼう型 特性 くいしんぼうにより、回復実を使うことで耐久力を増すカビゴンです。 キョダイサイセイできのみを拾ってくる型が主流ですが、ダイマックスせずにリサイクルを使ってきのみを再利用する型も存在します。 積み型 のろいや はらだいこで能力を上げ、突破力を増すカビゴンです。 特性や回復方法はさまざまで、特性くいしんぼうの場合は フィラのみなどですが、特性あついしぼうの場合は オボンのみだったり、ねむる+ カゴのみで回復する場合もあります。 とつげきチョッキ型 元々高い特防を とつげきチョッキでさらに上げ、特殊アタッカーにめっぽう強くしたカビゴンです。 状態異常対策に からげんきを覚えていることがあります。 対策 カビゴンの強さは、 少ない弱点と 高い特殊耐久、 特性と積み技がかみあっていることで成り立っています。 さらに、覚える技も豊富にあります。 突破力のないポケモンでは、積みの起点にされてしまい、要塞化したカビゴンに手も足も出無くなってしまいます。 ここでは、なるべく多くの型のカビゴンに対応できる対策を、紹介します。 やけど状態にする おにびや かえんだまトリックでカビゴンをやけど状態にすれば、物理技のダメージが半減するため、汎用的で有効な対策だと思います。 特性や技で能力変化を無効化 相手の能力変化を無効化する特性 てんねんを持ったヌオーやナマコブシであれば、耐久力も高いので、カビゴンの攻撃を受けきることが可能です。 他にも、 くろいきりや クリアスモッグといった技で、相手の能力変化を元に戻すことができます。 変化技を封じる あくびやのろいを使ってくるカビゴンに対しては、ちょうはつで変化技を封じることが有効です。 とつげきチョッキ型のカビゴンとは、殴り合いを制する必要があります。 高火力の格闘ポケモン ルカリオや ローブシンであればタイプ的に有利であり、防御の低いカビゴンを一撃で倒すことも可能です。 高耐久のポケモン しんかのきせき持ちの サニーゴや、 アーマーガア、 ナットレイなら、ノーマル技を無効や半減で受けられるため、カビゴンの攻撃を耐えながら戦うことができます。 ただし一撃必殺や炎技を覚えている場合もあります。 はたきおとす カビゴンの きのみや たべのこしを はたきおとすで使えなくすれば、リサイクルやキョダイサイセイで拾ってくることはできません。 また、はたきおとすのダメージで、きのみが発動するHPになったとしても、はたきおとすの効果が優先されるため、きのみが発動することはありません。 データから持ち物を予測する シーズン5では、カビゴンの持ち物は、多い順に、 たべのこし 29. 採用率4位から10位までが、何らかのきのみです、 たべのこしが発動しない場合、きのみを持っている可能性が高いと言えます。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っており、 あついしぼうカビゴンは私のパーティ相手によく出てきます。 炎ポケモンでのカビゴンの対策は、基本的にはかくとう技を使えるポケモンや、おにびでやけどにすることが多いです。 弱点保険ウインディ カビゴンがじしんを使ってくれば、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトで倒します。 2段階上昇ようきウインディのインファイトで、B振りカビゴンを確定1発になります。 先制で おにびを使うのも有効です。 エースバーンのとびひざげり ようきエースバーンのとびひざげりで、B振りカビゴンを確定2発 60. 1~71. とびひざげり読みでゴーストタイプに交代されることもよくあるので、様子見で みがわりを使うこともできます。 鉢巻ヒヒダルマ こだわりハチマキ持ちの、ようきヒヒダルマのばかぢからで、B振りカビゴンを乱数1発 94. 5〜111. おわりに 圧倒的な特殊耐久を持つカビゴン。 特殊ポケモンだけで挑むと、悲惨な目に遭います。 パーティは物理と特殊をバランスよく組んでおきたいですね。

次の

【はらだいこリザードン 考察】

はらだいこ

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイカビゴンの型紹介!①はらだいこ②のろい③のろいねむカゴ④とうせんぼうTOD【カビゴン育成論】

はらだいこ

マリルリのはらだいことオボンの実とHP努力値。 いくつか質問します すみません。 マリルリにはらだいこを覚えさせ、オボンの実を もたせた場合、HPに252振るのはダメだという 書き込みを見ました。 偶数にすべきだと。 偶数にすべきとはどういうことでしょうか? HPが奇数の場合だと、はらだいこを使っても 2分の1以下にならないということですか? たとえばHPが201だったら、はらだいこを使った場合 切り上げでHP151になるんですか? そしてオボンは発動しないと。 244や248では偶数にならないんでしょうか? 4n、2nという言葉の意味もわかりません。 HP努力値252振ると実数値207になるという 書き込みを見ました。 ということはHPのVの無ぶりマリルリは実数値144? これに努力値228(実数値57)足したらHP実数値201の 奇数になるんですが。 どうしてもわからない・・。 補足テンプレ太鼓マリルリ 意地っ張りH228 A252 B12 D12 S4 オボンの回復量が最大になる4nかつ太鼓時にオボンが発動できる2nの中で総合耐久値が最も高くなる配分 らしいですがなぜでしょうか。 これはHPのV前提ですか? 228よりもっと振っても偶数になる気が。 4nと2nの意味もわかってないです。 まず, >たとえばHPが201だったら、~ の件ですが,はらだいこでHPが5割削れます。 問題はこの5割が小数点以下切り捨てだということです。 これがHPを偶数にすべき理由です。 次, 努力値を4で割れば実数値の増分になるというのは間違った情報です。 正確にはこれには「レベル100では」という但し書きがつきます。 他のレベルでは通用しません。 また育成論において目覚めるパワーやその他特殊な条件がない限り個体値はVであるというのが前提です。 わざわざ妥協することを前提に書くような人はいません。 ここで,レベル50において努力値と実数値の関係はどうなっているのかということですが,以下の式をみれば分かります。 攻撃などその他のステータスは違う式なのでそれは自分で調べてください。 式をみると,努力値を4で割っています。 これが努力値を4で割ると実数値になるということの根拠です。 しかし気をつけなければいけないのは,そのあとにレベルをかけてさらに100で割っているという点です。 結果として努力値を8で割ったものがレベル50における実数値の増分になります。 では努力値228はレベル50においていくつになるのか。 5 割りきれません。 ステータス計算において少数点以下は切り捨てられます。 すなわち0. 5は切り捨てられて増分は28になり,無駄だらけの調整に見えるかもしれません。 5 実はここにも切り捨てられていた0. 5が存在します。 この0. 5と努力値分の0. 5が足しあわされて1になると小数点じゃなくなるので切り捨てられず残るようになります。 いわゆる「4振り」の意味もここにあります。 努力値だけでみると無駄があるように見えたものが個体値と合わせてみると無駄のない調整であったと分かりましたね。 248や244振りでもHPは偶数(この場合共に206)になります。 ただし,先述の通り個体値と切り捨てとの関係上248振りは無駄を孕んでいますので,効率がいいのは244振りということになります(個体値が奇数の場合のみ)。 ではなぜ228なのか。 それは補足にしっかりと書いてあります。 >オボンの回復量が最大になる4nかつ太鼓時にオボンが発動できる2nの中で総合耐久値が最も高くなる配分 という部分です。 なので4の倍数になるようにします。 つぎに一番最初に説明したようにはらだいこでオボンが発動できる偶数(すなわち2の倍数)になるようにします(まあ4の倍数なら必ず2の倍数ですが)。 問題は最後の部分です。 「総合耐久値が最も高くなる」とはどういう意味なのか。 総合耐久とは物理特殊両方の耐久の合計のことですが,難しいことはさておきどういう条件で最も高くなるのかということを考えます。 マリルリはHPの種族値が防御や特防に比べて高いので,HPを少し減らしてその分を防御や特防に努力値を振ったほうが総合耐久値が高くなるということです。 計算は省略しますが補足のテンプレ調整で防御と特防はともに102になり,総合耐久値が最大値をとる条件であるHP=防御+特防を満たします。 2nや4nなどの表現におけるnは自然数を表します。 数学でよくある表記法です。 2nは2とnの積ですから2の倍数という意味です。 同じく4nは4の倍数。 ポケモンでよくある16n-1というのは16の倍数から1を引いた数という意味になります。 詳しい説明ありがとうございます。 他の攻撃などは計算式が違うんですか?のってる場所教えてほしいです。 ベスアンにしますね。 >HPが奇数の場合だと、はらだいこを使っても2分の1以下にならないということですか? >たとえばHPが201だったら、はらだいこを使った場合切り上げでHP151になるんですか? >HP200ではらだいこを使うとHP150になってオボンの実発動するということですか? まず腹太鼓はHPの半分 切り捨て を削る、オボンはHPが半分以下で発動です。 >マリルリのHPの個体値によってもかわってくるんじゃないんですか? >HPがVと仮定した場合ですか? HPはV前提です。 そんな32通りに場合分けしてあったら読みにくいでしょう。 勿論持ってるマリルリのHPがVでないなら自分で調整する必要があります。 >努力値248や244では偶数にならないのですか? >244や248では偶数にならないんでしょうか? 244でも偶数です。 これはまた別の理屈で228の方がよいとされています。 また248でも偶数ですが、244振りと体力の値が変わらないので248振る意味がないです。 >HP努力値252振ると実数値207になるという書き込みを見ました。 >ということはHPのVの無ぶりマリルリは実数値144? >これに努力値228(実数値57)足したらHP実数値201の 違います。 ステータスの計算式を見直してください。 恐らくレベル100の計算式とレベル50の計算式を混合しています。 その育成論はレベル50で計算しています。 nについては他の質問があるので割愛します。 それと改行はエンターを使いましょうか。

次の