パタポン 2 攻略。 こむポン

ビジュアルが綺麗に生まれ変わったPS4®『パタポン2 ドンチャカ♪』本日配信! 価格はお手頃1,650円(税込)!

パタポン 2 攻略

クラス レアポン 対応元素記号 名前の元ネタ 入手先 装備 装備 装備 マスク HP ヒットポイント 体力 Crit Ratio クリティカル率 Damage 攻撃力 KB Ratio ノックバック 吹き飛ばし 率 Attack Speed 攻撃速度 Cnc Ratio よろめき発生率 resist Ignite 着火抵抗率 Ignite Ratio 着火発生率 resist Freeze 氷結抵抗率 Freeze Ratio 氷結発生率 resist Sleep 睡眠抵抗率 Sleep Ratio 睡眠発生率• ?の項目は手持ちに該当の物が無く、未確認の物です。 クセのない平均的な性格のやりポン。 能力は低いので序盤~中盤までが活躍どころ。 よろめき率もそこそこ高め。 クセのない平均的な性格のたてポン。 能力は低いので序盤~中盤までが活躍どころ。 クセのない平均的な性格のゆみポン。 能力は低いので序盤~中盤までが活躍どころ。 シルバ 愛馬を駆りたてるその姿は まるで無人の野を行くがごとし! クセのない平均的な性格のきばポン。 能力は低いので序盤~中盤までが活躍どころ。 クリティカルも高め。 クセのない平均的な性格のでかポン。 攻撃力は高めだが、燃えやすいので状態異常には注意。 リズム感があまり無く、ドクロマークが出ることも。 ただ攻撃は良く避けるのでボス戦の生存率は高い。 序盤で全滅負けが多いなら1度入れてみよう。 リズム感があまり無く、ドクロマークが良く出る。 力はあるが勝手な行動をして「おっちんだ!」りすることも多々ある。 ノックバック無効。 ほとんど攻撃しないムテッペキ専用パタポン• 別名・我らが守護神。 全滅が多いなら是非。 ただしその分の攻撃力を補えるよう工夫を。 非常に攻撃重視。 リズム感があまり無く、ドクロマークが良く出る。 ほぼ突撃しかしないので「おっちんだ!」しやすい。 しかしリズム感は良く、ヒーローモードになりやすい。 自分勝手な行動が多いが、敵が眠るので使い勝手はいい。 ただ避けずに直撃をもらうこともしばしば。 やられにくく相手を凍らせてくれることが多いが、勝手な行動をすることも多い。 ほとんどヒーローモード状態になりっぱなし。 体力は低いが頼りになる。 攻撃力は低く見えるが、ヒーローモードでの手数が圧倒的なので実質は倍以上の力を持つ。 ラドドンよりもヒーローモードになりやすい。 モリウッソーなのに着火が得意。 ボス系、特にのお供にどうぞ。 ノックバック無効。 武器のおかげでこむポン中最強の攻撃力を誇るが、余り攻撃しない。 ヒーローモードに入る確率も決して悪くはないので、入れておけば生存率は上昇するだろう。 大カミの鎌は現在入手方法不明。 通常攻撃ダメージ軽減最大、着火無効。 クリティカルも高い。 よく敵を凍らせてくれ、使い勝手も良い。 雷ダメージ軽減大。 使い勝手もいい。 カーメン系の隕石対策に。 ステータス自体はいい。 だけど攻撃スピードが遅いので、あまり攻撃できないのが玉にキズ。 氷を中心に様々な状態異常が使える。 使い勝手も良く、砦などのカーメン戦向き。 装備はいいが、そこまでヒーローモードに入らないので活かせてないような。 実は左右で腕が違うので攻撃力倍化じゃない。 相手を凍結させやすく、攻撃力も高いので使い勝手はいい。 だがセレンほどヒーローモードになりやすくもないので、微妙な感じがしないでもない。 ヒーローモードになりやすく非常にオススメ。 アートムに劣らない強さ。 入手もカッチンドンガ戦なので、早いうちに入手してスタメンにすると楽。 アートム 伝説にも記された最強の戦士! パタポンの中のパタポン! そのあまりの強さに 誰もが酔いしれ 恐怖すると言う….

次の

パタポン2ドンチャカ攻略マップ付き

パタポン 2 攻略

を参考にして、重要アイテムを取り逃さないよう肝に銘じておこう。 体験版からしか入手できない防具を取っておくかどうか• では 本来1つしか手に入らない強力な武具が2つ以上手に入ることがある。 ただしそれには「該当する武具を入手しないで進める必要がある」という問題もあるため、序盤で手に入れると2つ無理だが・・・でも前半での戦力増強が少し厳しくなる。 カッチンドンガを倒すこと自体も高難度なので、どうするかは先に決めておこう。 ちなみに後半からでないと活躍の難しい種族の武器は入手する必要がないので、2つ入手しておいた方がいい。 というか 武器が2つ必要なろぼポンの武具は必ず2つ取ること!でないと後で本気で後悔する。 レアポンにするより数を増やしておこう。 とにかく大勢いれば、赤信号だって突き進めるのがパタポンだ。 まずを増やそう。 ステージ3「じゃじゃジャングルを探索せよ」でご先祖さまから入手できる。 序盤は敵の攻撃を防げない チャカチャカの歌がない ので、とにかくいると便利。 は余裕があるときでいいが、もちろんできれば6体つくっておきたい。 最初から3体はいるので増やせるなら限界までやっておこう。 ステージ6「ウッソー森のカーメン砦」を攻略しがつくれるようになったら最優先で増やす。 攻撃の要になる種族で、最後まで最前線で使える。 狩りにも便利なので必須の種族だろう。 はやりポンをピョピョ ウサギ&上方面 にすれば作製できるようになる。 序盤は神様 プレーヤー の好みに合わせて増やそう。 フィーバーできるならアイテムの入手にも役立つ。 序盤はノーマルでも充分いける…というか、やろうとすれば ラストまでノーマルでも行けなくもない。 そのため基本的には趣味の範囲 攻略が楽になる程度 なので、好きなようにレアポンを派生させて構わない。 「やりポン」は基本的にピョピョ ウサギ&上方面 に派生してもブヒョッコ ブタ&下方面 に派生してもいい。 できれば両方に派生して、真ん中のメニョッキ 樹木 にも派生できると選択肢が増えて楽になるかも。 「たてポン」はブヒョッコ 豚というか下方面 に派生させると安定する。 「ゆみポン」は上下どちらにするかで方針が大きく変わる。 上や真ん中だと状態異常のエキスパート、下方面だと攻撃の要になれる。 1匹ごとに良く考えて育てていこう。 ちなみに中途半端に真ん中辺りを派生していくと総合的にも強くなったり、最終的にゆみポンの弱点を消せるレアポンに出会えるかも…しれない。 お好みで。 「きばポン」はやりポンの派生タイプらしく、最初はどちらに伸ばしても安定しやすい。 でも突進の威力を活かしたいなら下方面への派生をオススメする。 逆に前線を近づけさせないような妨害・足止め戦略を取りたいなら、上~中央に派生すると状態異常や吹き飛ばしなどが出来るようになりオススメ。 持っておいた方がいい武具 狩りステージ が出たら、そこのペッコラを倒して「あかない箱」入手。 そうすると出現するに行き「ポンパタの歌」を手に入れておく。 意外に忘れられがちだが、入手すると今後の冒険が非常に楽になるので必須。 パタポン関連 育てた方がいいパタポン• でもどれを使ってもクリアできないことは無いので、お好みで育てていっても全然かまわない。 「・」を育てておくと、遠くからの殲滅や素材入手にとても役立つ。 もちろん最後までガッチリ使える。 「&たてポン」でじっくり進めれば、負けなど存在しないも同然。 必須!と言えるような機会は減ったかもしれないが、粘り強く初心者向けで使いやすい。 攻撃力不足で根気はいるけど、とにかくパタポンを死なせたくない人に向いている。 ただしボス系の捕食には注意。 ポンパタ回避!• 「」はどこでもとりあえず活躍できる。 状態異常の確率も高いのでボスにも効果的。 色々と平均的な感じ。 ・は使いこなすのと素材の入手が難しいが、育てられればとても強い。 「でかポン」は近接攻撃力なら最強。 その高い体力と一撃の強さで前線で猛威をふるう。 ただし防御力はたてポンに及ばないし、行動は遅いので使いこなすには技量が必要。 「めがポン」は遠距離の鬼。 体力がほんと低いのが難点だが、風が味方で死にさえしなければ強力な移動砲台なので、使えるなら育ててみてもいい。 中盤の真ん中~最後辺り• はたてポンをカノッコ 下方面から横に進むと出現 に進化させて入手できる。 最初はブッシュ・シュシュの鍛冶か、パーチクからしか素材が手に入らないため満足に活躍できるのは後半の方。 はやりポンをサバラ 究極種。 上の方へ進化を続け、チクとコッペンに進化させると出現 にすることで出現する。 早ければこの辺りで出現させることはできるが、まだ素材や武器が足りないので無視の方向で。 はゆみポンをコッペン とりあえず上~中間辺りの方に進化させていけば見つかる にさせれば記憶が手に入る。 中盤最後のをクリアすれば種がてに入るので一応投入は出来る。 ただ、強い杖がないと全くと言っていいほど役に立たないので、装備に神系やハテン系などの究極武具か、最悪でも轟~の杖があることを確認してから投入しよう。 創った方がいいレアポン• 何よりもボスから素材アイテムを入手しやすくするため、よろめき率の高い 木のヤツでピョピョ+ブヒョッコから派生 を育てておくと良い。 やりポンで作っておけばボスへの安定した迎撃+素材の獲得に、ゆみポンで作っておけば素材獲得などに加えて「シュババッサを装備したヒーロー」も猛威を振るうことができる。 他はお好みで。 ただし火に弱いため、対カーメン戦ではピンチになりやすいことは覚えておこう。 とりあえずを持ってると総じてダメージが高く、安定して戦えるのでオススメ。 ただし眠りやすいので、いくつかのステージが劇的な難易度になりかねないことに注意。 たてポンで 羊っぽいやつ を作って、氷の盾 着火無効 を持たせることができれば安定した防御力を期待できる。 無理ならブヒョッコのレベルを上げて「ブヒョンク」辺りにしておいても充分活躍できるので、今後の戦力UPを期待するか今のレアポンのレベルを優先するかはよく考えること。 最終的には一匹あるといい。 終盤がかなり楽になる 素材はパン・ぱかポンで入手。 持っておいた方がいい武具• ミースリル、アダマンマンの在庫に余裕があるならヒーローがメインで使う物ぐらいは是非作っておくと良い。 で、とっても美味しい狩り 違う ができる。 詳しいことは該当ページとに書いてあるが、ポンパタやチャカチャカなどを利用してろぼメンタワーを壊さずにろぼメンだけを倒し続けてきばポンで回収しまくると、強力な武器が山ほど手に入る。 ただしあまり大量に手に入れすぎるとゲームがフリーズする可能性もある 参照 ので、ある程度 5列くらい? 入手したらクリアするように。 余談だが、カッチンドンガを利用して「ハテンの杖」を複数手に入れられれば、まほポンを使う時に恐ろしいほどのパワーを発揮できる。 それまでは入手しないように我慢しよう。 幸いそんなにすぐ使わないといけないほど投入が早い種族ではない。 関連 入手した方がいい.

次の

パタポン2ドンチャカ攻略マップ付き 武器

パタポン 2 攻略

最近はひたすらパラゲト行ってる。 なんか一人でやってるのにみんなでやってるようでボッチな私には楽しいです。 とりあえずまず報告。 前々回手に入れたハテンの槌が強い! ヒーローしか入れないパラゲトは、ヒーロー四人で行く特別なミッション。 制限時間付きでボスを倒さないといけなかったり、カーメンの砦に行かなきゃいけないからとにかく攻撃力がないとまずクリアできない。 そんな悩みを解決してくれるのがこの武器! でかポン自体が攻撃速度が遅いけど、ヒーローモードになれば一定間隔でダメージを与えてくれるので問題なし。 最近通販番組見たせいかな。 急に通販みたいになったぞ それとも疲れてるのかな。 ええい!やってられるか! 通販番組の真似事なんてやめだやめ! 話を元に戻します。 先ほど言ったようにパラゲトは制限時間が存在するので生半可な装備では時間切れで失敗してしまいます。 そこでさっき勧めたハテンの槌が大活躍するんだけど、他のヒーローたち( 通称こむポン)も結構強い。 その中でも特におすすめが シルバ[きばポン] ドドンガ戦への卵で入手。 安定のきばポン!普通ののきばポンだと大抵自分が無理な突撃をさせるから死にかけているけど、こむポンは自分で勝手に判断してよけてくれるから結構生き残りやすい。 死んでもそのうち復活するから気にしなくてもいい。 手に入るのも早い。 モリぶー[やりポン] センチュラ戦への卵で入手。 上と同じく手に入れやすい。 初期から持ってるやりポンより攻撃力があるしヒーローモードにもなりやすいから使いやすい。 ラドドン[きばポン] フアラマタラ戦への卵で入手 特攻隊長。 きばポンなので攻撃力も高くヒーローモードによくなってくれるのでとてもダメージを与えてくれる。 問題はきばポンなのでぎりぎりまで近づいてから攻撃すれば一番ダメージが稼げる(かもしれない)のに攻撃範囲に敵が入るとすぐに攻撃し始めるので、言う事をあまり聞いてくれない。 ネオジャ[とりポン] ゴルル戦への卵で入手 (おそらく)最初に見ることになる味方のとりポン。 空を飛んでいるのでカーメン族の攻撃は当たりにくく、攻撃力もなかなか。 攻撃時にはやり(モリ?)を3本も投げるのでやりよりは当たりやすい。 ヒーローモードは貫通するモリを投げるみたい(あんまり見たことない)。 問題は同時期に取れる他のヒーローに比べて少し弱い。 また、ヒーローモードになかなかなってくれないのでヒーローモードになりやすいヒーローと比べると火力が心もとない。 [ろぼポン] フェニッチ戦への卵で入手。 めちゃくちゃ強い。 説明文には、『子供の心を持つ優しい彼』と書いてあるが全く優しくない。 というか凶暴。 とにかくヒーローモードに入る。 そのヒーローモードが強すぎる。 1回の攻撃で100以上のダメージを与えてくれる。 それがとんでもない勢いで繰り出されているから秒間500以上のダメージを与えくれる。 こいつがいるだけでほとんどのボスは倒せるんじゃないかな? 今は自分のヒーロー(でかポン ハテンの槌持ち)とラドドン、ネオジャ、のパーティーで基本的に攻略しました。 たまにメンバーを変えるときはネオジャをほかのヒーローに変えてます。 今のところ、大の突貫大作戦が難しかったかな。 最後の塔の所で自分のヒーローが永遠に氷漬けにされるから… 今回はここまで!じゃあね! sora8442.

次の