ミナ ペルホネン 展。 Exhibition|ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナ ペルホネン 展

森 洋服の森 設立当初から2020年春夏コレクションまでの25年分の服 400着以上を展示。 流行に左右されない服・時の経過によっても色あせない服、というミナの哲学が詰まっているところ。 当時可愛すぎて似合わないと思い込んでたミナの服。 今なら似合う気がするのは、大人になったというよりミナの哲学に共感するからだろう。 フィンランド語でペルホネンは蝶を意味する 種 アイデアと試み Shell house 簡素で心地よい宿 ものづくりの哲学・アイデア・過去現在未来の試みの紹介。 洋服だけでなく、家具や食器を展開しているミナ。 ライフスタイルを提供するブランドになっている。 ここの展示はとても考えさせられたし心に刺さった。 私にはこいうい思いの詰まった物を所有してるのだろうか…。 私の人生に寄り添った物を大事にしてるだろうか…。 そういった物を大事にしたい。 そして私を象徴するような物を育てていきたい。 空 25years せめて100年つづくブランド、という皆川明さんの思いが詰まった今回の展示。 つづくというのは時間の継続だけでなく、人や思いや物すべてが、つづく・つながる・つらなる・手を組む・そして循環して連鎖して物事はつづいていく。 この展示を見てミナを初めて知った時の懐かしい気持ちが蘇ってきた。 ミナの洋服や物はひとつも持っていないけど、なぜか思い入れが強いブランド。 この展示で気付かされた、信念を持って続ける、ということ。 アイデアの種を撒いてそして芽吹かせていこう。 そして憧れのタンバリンの食器を使ってみたいからcallにいこうと思う。 2020年1月某日.

次の

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナ ペルホネン 展

森 洋服の森 設立当初から2020年春夏コレクションまでの25年分の服 400着以上を展示。 流行に左右されない服・時の経過によっても色あせない服、というミナの哲学が詰まっているところ。 当時可愛すぎて似合わないと思い込んでたミナの服。 今なら似合う気がするのは、大人になったというよりミナの哲学に共感するからだろう。 フィンランド語でペルホネンは蝶を意味する 種 アイデアと試み Shell house 簡素で心地よい宿 ものづくりの哲学・アイデア・過去現在未来の試みの紹介。 洋服だけでなく、家具や食器を展開しているミナ。 ライフスタイルを提供するブランドになっている。 ここの展示はとても考えさせられたし心に刺さった。 私にはこいうい思いの詰まった物を所有してるのだろうか…。 私の人生に寄り添った物を大事にしてるだろうか…。 そういった物を大事にしたい。 そして私を象徴するような物を育てていきたい。 空 25years せめて100年つづくブランド、という皆川明さんの思いが詰まった今回の展示。 つづくというのは時間の継続だけでなく、人や思いや物すべてが、つづく・つながる・つらなる・手を組む・そして循環して連鎖して物事はつづいていく。 この展示を見てミナを初めて知った時の懐かしい気持ちが蘇ってきた。 ミナの洋服や物はひとつも持っていないけど、なぜか思い入れが強いブランド。 この展示で気付かされた、信念を持って続ける、ということ。 アイデアの種を撒いてそして芽吹かせていこう。 そして憧れのタンバリンの食器を使ってみたいからcallにいこうと思う。 2020年1月某日.

次の

特別展 ミナ ペルホネン / 皆川明 つづくmina perhonen / minagawa akira TSUZUKU

ミナ ペルホネン 展

森 洋服の森 設立当初から2020年春夏コレクションまでの25年分の服 400着以上を展示。 流行に左右されない服・時の経過によっても色あせない服、というミナの哲学が詰まっているところ。 当時可愛すぎて似合わないと思い込んでたミナの服。 今なら似合う気がするのは、大人になったというよりミナの哲学に共感するからだろう。 フィンランド語でペルホネンは蝶を意味する 種 アイデアと試み Shell house 簡素で心地よい宿 ものづくりの哲学・アイデア・過去現在未来の試みの紹介。 洋服だけでなく、家具や食器を展開しているミナ。 ライフスタイルを提供するブランドになっている。 ここの展示はとても考えさせられたし心に刺さった。 私にはこいうい思いの詰まった物を所有してるのだろうか…。 私の人生に寄り添った物を大事にしてるだろうか…。 そういった物を大事にしたい。 そして私を象徴するような物を育てていきたい。 空 25years せめて100年つづくブランド、という皆川明さんの思いが詰まった今回の展示。 つづくというのは時間の継続だけでなく、人や思いや物すべてが、つづく・つながる・つらなる・手を組む・そして循環して連鎖して物事はつづいていく。 この展示を見てミナを初めて知った時の懐かしい気持ちが蘇ってきた。 ミナの洋服や物はひとつも持っていないけど、なぜか思い入れが強いブランド。 この展示で気付かされた、信念を持って続ける、ということ。 アイデアの種を撒いてそして芽吹かせていこう。 そして憧れのタンバリンの食器を使ってみたいからcallにいこうと思う。 2020年1月某日.

次の