三井住友カード ana。 ANAカード|クレジットカードの三井住友カード

ANAカードマイレージ移行コース変更のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カード ana

スポンサーリンク 年会費割引制度の改変内容 にて以下のようにアナウンスされています。 現在、「マイ・ペイすリボ」をご登録いただき、年に1回以上カードをご利用になれば年会費が無料または半額となる特典がございますが、2021年2月年会費お支払い分からは、特典の条件が変更となります。 年会費の割引制度が無くなるわけではありませんが、年会費割引が適用される条件が変わるということです。 条件変更開始月 年会費請求月: 2021年2月お支払い分より まだ1年以上ありますが(2019年11月時点)、保有してる各カードの利用状況などから今後どのように運用していくか考えておく必要があると思います。 優遇条件の変更について 年会費割引の優遇が適用される条件が以下のように変わります。 改定 前 「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、 年1回以上の利用がある 改定 後 「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、 年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある (毎月のお支払い・臨時のお支払い) 今までは、「マイ・ペイすリボ」に登録して年に1回以上の利用があれば、リボ払いの発生有無に関わらず年会費が割引になっていました。 しかし制度改定後は、「マイ・ペイすリボ」に登録して 年に1回以上のリボ払い手数料の発生が年会費割引の条件となります。 「マイ・ペイすリボ」とは ところで三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」について、簡単に紹介しておきます。 「マイ・ペイすリボ」は、「1回払い」を自動的に「リボ払い」にするサービスのこと。 「マイ・ペイすリボ」は「マイペース」をもじった造語だと思いますが、その名の通り、毎月の支払い上限額を自分で決めて自分の支払える範囲内で返済していけるものです。 一方で、毎月の支払い上限額は自分で設定できることから、数十万円といった金額や限度額ピッタリなど高めに設定しておいて実質的に全て1回払いの範囲に収めることで、「マイ・ペイすリボ」を利用してはいるが、実際には「リボ払い手数料が発生しない、実質的な1回払い」とするやり方が可能でした。 そうすると、このやり方だとリボ払い手数料の発生は無くなるが、年会費割引の優遇は受けることができたわけです。 今回の改定では年会費割引の条件に「年1回以上のリボ払い手数料の支払い」が加わるため、年会費割引の優遇を受けるにはこのリボ払い手数料の実績をしっかりと管理していくことが必要です。 年会費割引の例 以下はANAカードとヒルトンゴールドカードにおける、年会費割引の例です。 それから、方も多いと思いますが「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の1,274円。 この2枚だけで5,124円の年会費割引を受けてますから、丸々支払うのは個人的には少しもったいない気もします。 「ヒルトンゴールドカード」単体でも5,500円の割引額になっています。 ですのでこのカードでは大丈夫なのですが、問題になるのは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」と「ヒルトンゴールドカード」の2枚。 そのため、利用のあった月は支払い上限を1ヶ月間だけ臨時で変更して、リボ払い手数料を年に1回以上は発生させるといった運用が必要になりそうです。 いつリボ払い手数料を発生させたのか、などはしっかりと管理するようにしていきましょう。 まとめ 「マイ・ペイすリボ」によるクレジットカード年会費の割引制度の改定内容についてまとめました。 これまでは、「マイ・ペイすリボ」に登録して年に1回以上の利用があれば、リボ払いの発生有無に関わらず年会費が割引になっていましたが、制度改定後は、「マイ・ペイすリボ」に登録して 年に1回以上のリボ払い手数料の発生が年会費割引の条件となります。 そのため、年会費割引の優遇を受けるためには、利用のあった月は支払い上限を1ヶ月間だけ臨時で変更して、リボ払い手数料を年に1回以上は発生させるといった運用が必要になりそうです。 関連記事.

次の

三井住友ANAゴールドカードのVポイント(旧ワールドプレゼント)をANAマイルに交換する方法とマイル交換率を解説【2020年版】

三井住友カード ana

この記事では、三井住友ANAカードで貯まるポイント『Vポイント(旧ワールドプレゼント)』のANAマイル交換ルートとマイル交換率を解説します。 Vポイントの中でもポイントの種類(ANAマイル移行可能ポイント、通常ポイント)が分類されており、ポイント種類によりANAマイル交換率が異なりますので、ポイント種類ごとのANAマイル交換率を整理してからANAマイル交換ルートを解説します。 VポイントをANAマイルに交換するルートは以下の3つが存在しますので、それぞれについて解説します。 交換手順• Vポイント(通常ポイント)をGポイントに移行(等価)• GポイントをJRキューポに移行(等価)• JRキューポを永久不滅ポイントに移行(等価)• みずほマイレージクラブANAカードは、UC/セゾンの永久不滅ポイントを特別なレートでANAマイルに交換できる特典が付いています。 移行所要期間は最短で24日 三井住友VISAの通常ポイントからANAマイルへは最短24日で交換可能です。 手続きもPCやスマホから簡単に申請することができます。 Vポイント(通常ポイント)からGポイントへの移行は即日• GポイントからJRキューボへの移行は2日• JRキューボから永久不滅ポイントへの移行は2日• 一方でnimocaルートは九州や北海道に設置されている交換機を利用する必要がありますので、九州や北海道にある交換機が近くにない人は非常に不便です。 JQみずほルートの交換手続きについては、別途、下記の記事に詳しく記載していますので、こちらの記事もご確認下さい。 みずほマイレージクラブANAカード• 年会費永年無料• みずほ銀行のキャッシュカードとクレジットカードの一体型カード。 クレジットカードの発行条件としてみずほ銀行に口座を解説する必要がある。 クレジットカード利用で貯まるポイントは、UCカードの永久不滅ポイント。 カードの特典に、永久不滅ポイントを高レート(交換率70%)で交換できる特典がある• 取引状況に応じて、みずほATM/イオン銀行ATMの時間外手数料が無料• 取引状況に応じて、コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)の利用手数料/時間外手数料が月4回まで無料 JQ カードセゾン/JRキューポの特徴|JQみずほルート JQカードセゾンはクレジットの利用で「JRキューポ」というポイントが貯まります。 JQ CARD セゾン• JRキューポは、2017年7月登場した新しいポイントサービス。 JR九州の3つのポイントが統合されて誕生したポイントサービス。 ポイントサイトのGポイントと等価交換が可能• JQ CARDはJR九州が発行しているカードで、計5種類のカードがある。 ここで紹介しているのは、5種類の中の1つ、「JQ CARDセゾン」。 このカードは、セゾンの永久不滅ポイントとJRキューボの相互交換が可能。 この結果、Gポイント=JRキューポ=永久不滅ポイントが等価で交換するルートが開かれました。 年会費は初年度無料。 2年後以降は年1回のカード利用で無料、カード利用がない場合は、1,250円(税抜)の年会費が発生。 JQみずほルートを利用するにはポイントサイトのGポイントの会員登録は必須 Gポイントは、VポイントとJRキューボに交換が可能なポイントサイトとなりますので、とても重要な役割を果たしていますので、必ず会員登録しておきましょう!.

次の

ANAカードマイレージ移行コース変更のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カード ana

が、どのカードも弱点として言えることは、 年会費が高い という点でしょう(ANA VISA Suicaはまだ安いかもですが)。 年会費が気になって、なかなかマイルがたまるクレジットカードに踏み出せない人も現実にいると思います。 それから、 ポイントって有効期限あってなかなか貯まらないよって人もいるでしょう。 今回の記事は、年会費無料でANAマイルを貯めれる高還元クレジットカードを紹介します。 ANAマイル還元率は先ほどのクレジットカードたちよりも少し劣る 最大1. メインカードにできる一枚です。 このクレジットカードはかなり優秀なので、真のスペックを総整理しておきます。 エブリプラスの年会費・還元率・ポイント有効期限等の基本スペック まずはこのカードの基本事項です。 発行会社 三井住友VISA 国際ブランド VISA 年会費 無料 基本還元率 0. 毎月の支払い額は「2万円」等の金額を設定し、残額は翌月以降の支払いになります。 そして、その残額には金利が発生するタイプのクレジットカードです。 金利??? って聞くと、逃げたくなる方もいると思いますが、毎月支払額は増額して、全額支払いをして金利0円にすることも可能ですので安心してください。 そしてポイント還元率は0. 1,000円のカード利用につき、ワールドプレゼントポイントが1ポイント付与 となっています。 このポイントは楽天スーパーポイントやWAONに1ポイント=5円相当の価値で移行できます。 なので、1,000円の支払いにつき、5円相当の還元。 つまり還元率が0. ここまでは基本事項についての確認です。 ここからが、このカードの細かなスペックの紹介です。 しっかり理解してくださいね。 ワールドプレゼントポイントを3倍にする方法「マイ・ペイすリボの増額」 基本スペックのところで書きましたが、ワールドプレゼントポイントは1,000円につき1ポイント付与されます。 そして、このポイントは 1ポイント=5円の価値として、商品券や電子マネー等に交換できます。 基本還元率が0. 実は、この ワールドプレゼントポイントを3倍にする方法があります。 つまり、1000円につき3ポイント付与で 還元率1. そんなこと簡単にできるの???って思うかもしれませんが、全然難しくありません。 実は、このクレジットカードはリボ払い専用カード(三井住友VISAではリボ払いを「マイ・ペイすリボ」と言います)なのですが、毎月の支払い額は自分で増額できます。 増額して、全額払うこともできます。 全額支払いをすればリボ払い専用カードですが、金利は1円もかかりません。 が、 金利が1円でも発生するとポイントが3倍になるんです。 それがエブリプラスの最大の特徴です。 金利が500円発生してもポイントは3倍。 金利が3円発生してもポイントは3倍。 そんなクレジットカードなんです。 逆に言うと、金利の発生がないと還元率は0. つまり 支払いの金利をできるだけ少なくして、ポイントを3倍にするのが一番お得ということになります。 極端な例で言うと、金利が1円でもポイントは3倍です。 【重要】金利をできるだけ少なくする裏技 金利を数円程度に抑えて、ポイント3倍にする方法は是非マスターしましょう。 これは、「エブリプラス」だけではなく、三井住友VISAカード全般に利用できる方法です。 ANA VISAカードなんかも同様の方法が利用可能です。 上記記事はANA VISA ワイドゴールドカードで「 金利をできるだけ少なくする裏技 」を紹介していますが、これも三井住友VISAカードなので、エブリプラスでもやり方はまったく同じです。 しっかりマスターしましょう。 ポイント3倍は大きいですよ。 10万円のカード決済で0. 支払う金利は10円程度増えるだけで、1,000円相当のポイントが追加でもらえてしまいます。 ものすごくお得なので、是非とも「 金利をできるだけ少なくする裏技」はマスターして下さい。 これだけで、ポイント3倍ですからね。 ワールドプレゼントポイントは前年度の利用額に応じたボーナスポイントが付与される 上記の「マイ・ペイすリボ払いでボーナスポイント3倍」以外にも、実はボーナスポイントをもらう方法が存在しています。 前年度のカード利用額に応じて、ボーナスポイントが付与される制度があるんです。 ステージは前年度の利用金額に応じて下記のように3ランク用意されています。 この時点で、 年会費無料のクレジットカードの中では最高レベルのクレジットカードと言っていいでしょう。 できるだけ、このカードに決済を集中させるのが、還元率を上げるコツですね。 代表的なところで言うと、下記があります。 というのがエブリプラスの最高還元率です。 この時点で、 年会費無料のクレジットカードの中では最高レベルのクレジットカードと言っていいでしょう。 できるだけ、このカードに決済を集中させるのが、還元率を上げるコツですね。 ちなみにANAマイルには1ワールドポイント=3マイルで交換できるので、 エブリプラスのANAマイル還元率は最大で0. 3ポイント付与)。 実は、ここまでの話で、すでに年会費無料のANAマイルが貯まるクレジットカードでは最高水準です。 年会費無料で1%近いANAマイル還元のクレジットカードですからね。 が、後述する方法を利用すると ANAマイル還元率は1. (注)ワールドプレゼントポイントはANAカードに関しては1ポイント=5マイルor 10マイルでANAマイルに移行できます。 ANAカード以外の三井住友VISAカードに関しては、1ポイント=3マイルにしか移行できません。 その前に、まずポイントを 1ポイント=5円で 現金として銀行振り込みする方法を整理しておきます。 楽天スーパーポイントやヨドバシカメラゴールドポイントよりも、同じ還元率なら現金がいいですよね。 現金ならどこでも利用できますし。 現金にしたい場合は、ポイント交換先で「Gポイント」を選んで移行してください。 は非常に有名なポイント交換サイトです。 各種ポイントを現金やマイルに交換可能にするサイトです。 上記の通り、200ワールドポイントを1,000Gポイントにできます。 Gポイントの価値は1ポイント=1円です。 そして、Gポイントは 各種銀行に現金として振り込みができます。 つまり、ワールドプレゼントポイントは Gポイントを経由することにより、 1ポイント=5円で現金化することができます。 貯まったポイントを現金化できるクレジットカードは少ないので、大きな魅力ですね。 ただし、一個弱点があります。 1,000円振り込みをすると、100円取られます。 この手数料は1回の換金毎に定額なので、ポイントはまとめて一気に振り込みした方がお得です。 小まめに振り込むと損します。 手数料を取られるのが嫌な人は、楽天スーパーポイント等にすることも検討しましょう。 (注)Gポイントの代わりにPeXというポイント交換サイトに移行しても、銀行振り込みでポイントを現金化することが可能です。 PeXは手数料が50~200円です。 ワールドプレゼントポイントはPeX経由で、ANAマイルにできる。 ソラチカカード併用で、最大ANAマイル還元率1. ここまでの話しで、慣れた陸マイラーならわかると思います。 の活用ですね。 ソラチカカード&ソラチカルートとは?? ANAマイルを貯めている陸マイラー全員が所有している脅威のクレジットカードです。 この特徴をフル活用するのが陸マイラーです。 所有しているポイントは、どんどんメトロポイントに交換。 そしてソラチカカードでANAマイルにする。 これが王道です。 このカードを持っていると、Gポイントを最終的には 交換レート0. 81倍でANAマイルにすることが可能になります。 Gポイントからメトロポイントへは、一旦LINEポイントを経由することで移行が可能です。 では、整理ましょう。 ワールドプレゼントポイントは• 直接ANAマイルにすると1ポイント=3マイル• Gポイント経由だと1ポイント=5Gポイント=4. 81) にできるんです。 全然違うんですよね。 交換レートが。 3マイルになるか、4. 05マイルになるかですからね。 つまり、 エブリプラスのANAマイル最大還元率は、ワールドプレゼント0. 05= 1. これがANAマイルを貯めるには必須です。 この方法をフル活用すると還元率は1. この2,160円は陸マイラーとしてANAマイルを効率よく貯めるための必須経費と割り切って下さい。 個人的には年会費3万円だったとしても、絶対に持つクレジットカードです。 エブリプラスのANAマイルへの交換レートを0. エブリプラスとソラチカカードの2枚持ちで、ANAマイル還元率は0. 年間40万円のカード決済をするには人なら、約1,500ANAマイルが追加されるので、年会費2,160円はカバーできるでしょう。 そもそも、ソラチカカードを保有していると、毎年継続ボーナスマイルが1000マイルもらえるので、年会費2,160円払っても全然損はしていないレベルだと思います。 ソラチカカードは魔法のカードで、年間30万ANAマイル貯まることも可能になるクレジットカードです。 ANAマイルを貯めている人で、ソラチカカードを持っていない人、ポイントサイトを活用していない人は下記記事を是非読んでみて下さい。 ワールドプレゼントポイントの有効期限無期限にする裏技 さて、最後にワールドプレゼントポイントの有効期限を無期限にする方法を紹介します。 実は、 ワールドプレゼントポイントとGポイントの相互交換が可能になったんです。 交換レートは、どちら向きも同じです。 つまり、ワールドポイントを一度Gポイントに移行して、再度ワールドポイントに移行すれば、そのポイントは新規獲得ポイント扱いになるため、有効期限がその時点から2年になります。 ぐるぐる回せば、ポイント有効期限は無期限になりますね。 相互交換が等価でできるポイントには、こんな裏技が出現します。 まとめ 三井住友VISA「 エブリプラス」は非常に優秀な 年会費無料のクレジットカードです。 注意点は リボ払い専用カードであることです。 毎月の返済時に、返済額を増額し、金利を10円程度にしながら、ポイントを3倍にできます。 そして、前年度の利用額に応じたボーナスポイントも加算されます。 現金還元率はPeX経由で最大1. ANAマイル還元率は最大0. ソラチカカードと併用すればANAマイル還元率は最大1. 現金派の方にも、ANAマイルを貯めている人にもオススメのクレジットカードです。 年会費を安く済ませたい方でANAマイルを貯めたい人は、このカードで決定ですね。 ポイントサイトで1万ポイント近くになる瞬間もあるカードなので、高ポイントのときに是非発行してみて下さい。 ANAカードは、有償でANAに登場する際にフライトマイルがもらえたら、提携店でマイルが倍になったりもするので、個人的には1枚は持っておく方がいいと感じています。 スイカにするか、ゴールドにするかですが、節約派はスイカ。 補償やカードラウンジの利用も考えるならゴールドというのが基本的な考えですかね。 あと年間300万円以上決済するならゴールドカードの還元率が1. いずれにせよ、エブリプラスは持っておいて全然損しません。 いつも楽しく読ませていただいております。 現在アメックスゴールドのプロパーカードをメインカードとして使っていますが、アメックス決済できない場合の為に今年の1月よりサブカードとしてANA VISA Suica を使っています。 後々はANA VISA ワイドゴールドカードに変更しようと 思っていましたが、 このすけすけさんのエブリプラスカードの記事を読ませていただいて、このカードもありなのかな?とも思い始めました。 実際、ワイドゴールドかエブリプラス、どちらかに変えた方がいいのか?変えるとしたらどのタイミングで変えたらいいのか? それか今のままANA VISA Suicaを使い続けるか? アドバイスいただけないでしょうか? よろしくお願いします。

次の