かく いう 意味。 “かくいう”について

裏をかくの使い方!語源にかくされた正しい意味とは?

かく いう 意味

もくじ• 違和感の原因を探るため、恥の意味をネットで調べたら以下だった。 はぢ 【恥】 1,世の人に対し面目・名誉を失うこと。 自分の弱点についての引け目。 恥ずべき事柄を恥ずかしいと思う人間らしい心。 言葉の定義がいい加減、曖昧。 「面目、名誉を失う」とは、どういうことか。 それらを失う条件は何か。 名誉を失って、何か被害があったら恥をかいたとなるのか。 でも、被害を立証することなく「恥をかいた!」と感情に基づいて発言する人が、多いように思う。 恥の定義が曖昧な状況で、「恥をかかせるな!」と言われても、意味が曖昧なので、対応ができない。 具体的に何をすれば、恥をかいた状態を解消できるのか? 恥の意味が曖昧なのに、恥をかいた状態を解消させようとする。 このへんに、「恥をかかせるな!」を聴いて覚えた違和感の根源が、あるようだ。 すると、実は、恥をかいたと認定しているのは、恥をかいた本人であることがわかる。 確かに、本人以外の誰かが、恥をかかせるキッカケをつくったかもしれない。 でも、最終的に「恥をかいた」と認めるのは他ならぬ本人。 でも、当の本人が恥ずかしいと認定しなければ、恥ずかしくない。 同様に、周囲の人が、あなたを「恥ずかしくない」と認定したとしよう。 でも、当の本人が恥ずかしいと認定すれば、恥ずかしいことになる。 つまり、 恥をかくとは、本人の中に閉じた話と断定できる。 周囲の人は、キッカケを作ることができる。 でも、最終的に恥をかいたと認定する権限は、ない。 このことがわかれば、以下の言い回しはオカシイことに気づく。 「(誰かに)恥をかかされた」 この発言の主体の人は、勘違いしている。 自分に恥かかせることができるのは、自分だけなのに、恥をかかされたと言っている。 周囲が、自分に恥をかかせる。 こんな 思い込みを、手放そう。 すると、「恥をかかされた」という論理的に破綻した想いから、解放される。 この原則に気付こう。 気付けば、「恥をかかせるな!」と他人に言われても、大丈夫。 なんとも思わなくなる。 私はあなたに恥をかかせることは出来ません、と思って聞き流そう。 ルーク野村のメルマガの購読登録すると、 ルーク野村オリジナル曲のライブ動画を2曲フルコーラスでプレゼントします。 上記のYouTube動画は、プレゼントするライブ動画のダイジェスト版(5分弱の動画)で、プレゼント動画は、以下のオリジナル曲です。 永遠の29歳• 汝の敵を愛せよ オリジナル曲「汝の敵を愛せよ」の歌詞を、以下に紹介します。 あなたが 嫌いな人は 誰ですか 会社の上司ですか やつですか あなたが 嫌いな人は 誰ですか わがままばかりを言う あいつですか 嫌いな人は あなたの心の 奥底にある ゆがみを教えてくれる 心のゆがみを 取り去ると あなたのココロに やすらぎが訪れる 嫌いな人を 愛そう 汝の敵を 愛せよ 嫌いな人は、あなたのココロの奥底を映す鏡。 だから、嫌いな人には、自分のココロを映してくれてありがとう!と、感謝しましょう。 こんな突拍子もない想いでつくった、ルーク野村の第3弾シングル「 汝の敵を愛せよ」。

次の

「描く(えがく・かく)」の意味と使い方、「書く/画く」との違い

かく いう 意味

書く・描く・画くの意味と違い 「書く」「描く」「画く」は、どれも「かく」と読む点で共通しています。 これらは一見すると、意味においても同じように感じますが、実際の使われ方には違いがあります。 では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 今回は、「書く」「描く」「画く」の意味と違いについて解説していきましょう。 書くとは 「書く」の意味合いは、主に2つあります。 1つは「文字や符合をしるす」というもので、例えば書類に名前や電話番号を記入するといったことが、これにあたります。 もう1つの意味合いは、「文章を作る」というもので、こちらは日記をつける、本や小説、論文を著すといったことを指します。 1つ目の意味合いは、通常ペンなどを用いて自分の手で記入することを指しますが、2つ目の意味合いではそうした方法に限らず、文書作成ソフトや後述筆記といった方法も含まれます。 「書く」の「書」という字は、「筆」「集める」を表す象形から成っています。 そこから「(事物をあつめて)かく」という意味の漢字として成り立ちました。 「描く」や「画く」との違いについては、以下で見ていきましょう。 描くとは 「描く」とは、「絵や模様、図をえがく」という意味の言葉です。 通常文字や文章をしるす際には使われず、イラストやデザイン、設計図などを手がける際に使われます。 具体的には、「人物画を描く」「マンガを描く」「見取り図を描く」と言った具合に使われます。 ちなみに読み方は、「かく」と「えがく」の2つがあり、「えがく」の場合は「思い浮かべる」などの意味も加わります。 「描く」の「描」という字は、「手」「かたち」を表す象形から成っており、そこから「(もののかたちを手で)えがく」を意味する漢字として成り立ちました。 このように、「描く」は「絵や模様等をえがく」を意味する点が、「文字や文章をしるす」を意味する「書く」との違いになります。 画くとは 「画く」は、「描く」と同じ意味合いの言葉です。 やはり、「絵や模様などをえがく」ということを表しています。 「日本画を画く」「地図を画く」「グラフを画く」のように使われます。 こちらも「かく」のほかに「えがく」の読みがあり、その場合には「思い浮かべる」「想像してみる」といった意味合いが加わります。 例えば、「理想を画く」「夢に画いた光景」のような具合です。 「画く」の「画」という字は、「筆を手にして、交差する図をえがく」という象形でできており、そこから「かく」「えがく」を意味する漢字として成り立ちました。 このように、「画く」は「描く」と意味の違いはありませんが、実際にはあまり使われない表記となっています。 「画」は常用漢字表に「カク」という音読みはありますが、訓読みで「か(く)」とは読まないようになっているためです。

次の

人格(ジンカク)とは

かく いう 意味

[名]• 1 一点から出る二つのがつくる図形。 また、その開きの度合い。 「角の大きさ」• 2 四角なもの。 「ジャガイモを角に切る」• 3 断面が四角の長い材木や石材。 「三寸角」• 4 将棋の駒の一。 角行 かくぎょう。 5 動物のつの。 また、つので作った笛。 つのぶえ。 6 紋所の名。 角形を図案化したもの。 7 中国・日本音楽の階名の一。 の第3音。 8 の一。 東方の第一宿。 乙女座のを含む。 すぼし。 9 《 jiao》の補助通貨単位。 1角は1の10分の1。 チアオ。 10 《方形であるところから》あるいは。 1 指先やつめ、またはそれに似たもので物の表面を強くこする。 2 手やそれに似たものであたり一帯にある物を引き寄せたり押しのけたりする。 3 刃物を手前に引いて切り取る。 4 刃物を押し当てて細かく削りとる。 5 箸 はし などですばやく混ぜ合わせて粘液状の物にする。 6 犂 すき などで田畑を耕す。 7 あまり好ましくないものを表面にだす。 ㋐恥などを身に受ける。 ㋑涙や汗などをからだの外に出す。 ㋒いびきを立てる。 8 「…する」をののしっていう語。 9 琴などの弦をつめなどではじくようにする。 掻き鳴らす。 10 指先を物に食い込ませるようにしてつかまる。 とりすがる。 11 髪をくしけずる。 12 飯などを急いで食べる。 かっこむ。 13 手を振って合図する。

次の