あんこ 冷凍保存。 主婦わざ

あんこの冷蔵,冷凍での保存方法は?その賞味期限とは?

あんこ 冷凍保存

甘くて美味しい『あんこ』。 和菓子にしたりお汁粉にしたりいろんなアレンジができて美味しいですよね。 時々無性にが食べたくなってスーパーであんこを買ってみたはいいものの、開けてみたら思いのほか量が多かった!という経験はありませんか? 1日では食べきれないのでついつい余らせてしまいがち。 「市販のあんこって日持ちしないの?」「どうしたら無駄にせずに使い切れるの?」と疑問に思わることもあるのではないでしょうか。 市販されているあんこを保存する場合、 未開封であれば常温保存ができますが、開封した場合は 冷蔵庫で2~3日、 冷凍であれば1~3ヶ月保存することができますよ。 今回はあんこの風味を損なわず、美味しく保存するコツや注意点などについてご紹介していきます!あんこのベストな保存法を知って、美味しいあんこを頂きましょう! あんこの賞味期限目安(参考)• 袋入りタイプ:メーカー等によっても異なりますが60日~3ヶ月(井村屋は6ヶ月~1年未満、御座候は3ヶ月が目安)• チューブ型タイプ:6ヶ月~1年未満• レトルトタイプ:1年~2年未満• 缶づめライプ:3年 パッケージやメーカーによっても賞味期限には大きく差がありますね。 これは 餡に含まれる糖質の割合によって賞味期限が異なるためなのです。 市販で味のついているあんこは、糖度がとても高く、また密封されているものですので上記のように長期保存がきくのです。 どの商品にも言えることは、 開封後は冷蔵・冷凍で保存すること。 商品に記載されている賞味期限は、未開封の状態の場合なのでご注意くださいね。 あんこの常温での保存方法 市販のあんこが未開封の場合はその商品の賞味期限を超えない限りで 風通しの良い冷暗所で保管するようにしましょう。 開封した後は 常温保存はできませんので、冷蔵・冷凍保存するようにしてくださいね。 あんこの冷蔵庫での日持ちと保存方法 あんこの冷蔵庫での賞味期限はどのくらい? 目安として、冷蔵庫保存する場合であれば 2~3日中には使い切るようにした方が無難です。 あんこの冷蔵庫での保存方法 あんこを冷蔵する際は調理した鍋や市販品の入れ物のまま保存せず、密封容器へ移し替える必要があります。 空気に触れるとあんこに含まれる水分が飛んでしまいパサパサと乾燥してしまい、あんこの質が落ちてしまうためです。 あんこが劣化するのを防ぐためにも 蓋付きの密閉容器に入れるようにして、冷蔵庫で保存します。 あんこの冷凍での賞味期限と保存方法 あんこの冷凍での賞味期限はどのくらい? 2~3日以内に使い切る予定がない場合には冷蔵保存ではなく、冷凍保存するようにします。 冷凍保存であれば、 1~3ヶ月程度日持ちさせることができます。 あんこの冷凍保存の方法 冷蔵保存の時と同様密封容器にいれて保存が基本ではありますが、冷凍の場合は使うときのことを考えて一工夫すると使うときにとても便利になります。 まず空気が入らないようにラップなどで包んだり1回分のあんこをジッパー付きの密封袋にいれます。 その際、 厚さ1cm程度になるよう薄く伸ばし、板チョコのように 割線を入れます。 そうすると使いたい分だけ 簡単に割って取り出すことができるのです。 とっても手軽にできて便利なのでぜひお試しくださいね。 あんこは色んな料理(おやつ)に加工すると思います。 おはぎ、今川焼、御座候なども冷凍すると1ヶ月程度日持ちします。 あわせて読みたい あんこの解凍方法 冷凍したあんこを使いたいときは、 冷蔵庫や室内で自然解凍させます。 その後、解凍したあんこを お鍋で加熱すれば、小豆の風味を復活させることができます。 解凍したあんこの水分が少なけばお鍋で加熱した際に焦げやすくなりますので気をつけてください。 電子レンジを使った解凍方法もありますが、均一に温まらないとあんこの風味が飛んでしまうので、できれば自然解凍後にお鍋で加熱するほうがオススメです。 あんこは腐らない?腐る?賞味期限切れも食べられる?• 酸っぱい匂いがする• パサパサとした食感である• あんこを食べたときに舌がピリピリする• ねっとり糸をひいている• 緑や白のカビが生えている あんこが腐ると上記のような状態になります。 甘いはずのあんこですが酸っぱい匂いがしたり水分が飛んでしまっているあんこであれば、パサパサとした食感になってしまいます。 本来あんこは甘くてしっとりしているものですので、違和感を感じれば無理して食べず、廃棄しましょう。 またあんこはセレウス菌という細菌が付着しやすい食べ物で、この細菌は加熱しても死滅しません。 糸を引いたりカビが生えているものは食中毒の原因です。 絶対に食べないようしましょう。 あんこが腐らないというのは嘘です。 あんこを口にして舌がピリピリしたら絶対に飲み込まないようにしましょう。 あんこの保存方法と保存期間まとめ 市販のあんこは未開封の場合であれば商品の賞味期限内は冷暗所で常温保存することができますが、開封したものであれば冷蔵保存・冷凍保存するようにします。 冷蔵の場合は2~3日中に使い切るようにして、それ以上保存したい場合は冷凍保存すること。 冷凍すれば、1~3ヶ月保存することができますよ。 自然解凍したあとにお鍋などで火を入れると風味が復活します。 あんころ餅やおはぎなどの和菓子を作ったり、パンに塗って食べたり、お汁に入れてお汁粉にしたりなど、さまざまなアレンジができる美味しいあんこ。 余ったあんこは保存方法を守って上手に保存し、美味しく活用してくださいね!.

次の

あんこの賞味期限はどれくらい?冷凍保存のポイントをご紹介!

あんこ 冷凍保存

あんこは小豆と砂糖で作られます。 砂糖に腐敗を防ぐ作用があるのはご存知ですか? 砂糖は、微生物の細胞の水分を奪い、活動を制御するため、天然の防腐剤ともいわれています。 その作用を利用した代表的な食べ物が、日持ちするジャムや、砂糖漬けのお菓子です。 しかし、砂糖の量が少ないと、しっかりと防腐剤の役割を果たしません。 あんこは、糖度がその目安になるのですが、糖度が60以上だと日持ちし、55以下になると、一気に日持ちが短くなります。 また、糖度が50を切ると、ほぼ防腐作用はなくなると言われています。 市販のあんこは冷蔵庫で十分持つ 市販のあんこの糖度は、流通の関係もあり、日持ちするように糖度が58〜62程度が主流になります。 また、市販のあんこは、糖度が高いだけでなく、防腐剤も含まれていることが多いので、冷蔵で保存しても、1ヶ月程度は、日持ちします。 保存の仕方は、袋で販売されている商品の場合は、使用する分だけ袋から出し、開封後の残りのあんこは、雑菌に触れるのを防ぐために袋に入れたまま、開け口を止めて保存します。 缶詰や、容器の場合は、そのままにしておくと傷みが進んでしまうので、清潔な容器へ移し替える必要があります。 その際には、あんこの表面に、空気が触れないようにラップを密着させてから蓋をすることがポイントです。 糖度が高い市販のあんこなら開封後でも冷蔵庫で1ヶ月くらいは持ちます。 手作りあんこや低糖・無糖あんこは冷凍すべき 手作りのあんこは、市販のあんこと比較して、雑菌に触れる機会も多く、防腐剤も入っていないため、糖度に関係なく、冷蔵保存では、数日で傷んでしまいます。 また、市販のあんこでも、低糖や、無糖のあんこは、防腐作用があまりないので、冷蔵保存では、日持ちしません。 手作りのあんこや、低糖・無糖のあんこのように、冷蔵保存では日持ちがしないあんこは冷凍することで、長期の保存が可能になります。 あんこを冷凍するには、酸化や、冷凍臭がつくのを防ぐためのポイントがあります。 こちらでは、あんこの冷凍と解凍の方法について紹介します。 あんこの冷凍の仕方 あんこを1回で使用する量に小分けにします。 分けたあんこをラップで挟み、1cmほどの厚さにしてから、空気が入らないように包みます。 さらにジップロック等に入れ、空気を抜き、平らにして冷凍します。 急速冷凍するために薄くすること、酸化や、冷凍臭を防ぐために、空気になるべく触れないようにすることがポイントです。 あんこの解凍の仕方 あんこの解凍方法は、室内や、冷蔵庫内で自然解凍することができます。 また、電子レンジでの解凍も可能ですが、自然解凍に比べると、風味が飛んだり、水分が飛んでしまったりする可能性があります。 あんこの保存期間は? あんこの保存期間を保存方法別に紹介します。 冷凍した場合 冷凍すれば市販・手作り等に関わらず半年以上持ちます。 半年も経つと風味が落ちますが、練り直すことで復活します。 あんこは開封後は翌日〜3日以内には食べ切らないといけないと書いてるサイトも多いですが、案外持つので安心してください。 私は親がおはぎのために使ったあんこの余りが冷蔵庫に保存してあるものを1ヶ月くらいかけてちょびちょび食べたことがありますがお腹を壊したことはありません。 ただし常温で置いておくなど保存状態が悪いと菌が繁殖して食中毒の原因になるのでなるべく食べる分だけ出して残りはすぐに冷蔵庫にしまいましょう。 冷凍したあんこを美味しく食べるレシピは?• ホットケーキミックスを記載の分量通りに溶き、蜂蜜を少々加えます。 フライパンが十分に温まったら、弱火にし、生地を直径10cmほどになるように流す。 表面がプツプツしてきたらひっくり返し、20秒ほど焼いて取り出す。 自然解凍しておいたあんことバターを挟み、完成! バターや、ホットケーキの生地に風味がついているので、あんこの冷凍臭が気になりにくい一品です。 冷凍臭の気にならないレシピを紹介しましたが、もし冷凍したあんこを使用する時に、冷凍臭が気になる場合は、練り直すと冷凍臭がなくなります。 手間はかかりますが、鍋に少量の水とあんこを一緒に入れて、練り直すだけで、冷凍前のあんこと殆ど変わらない状態になりますので、ぜひ試してみてください。 まとめ 関連ページ 私は油揚げの入ったお味噌汁が好きなので、スーパーで購入していました。 が、当時の油揚げは3枚入りで少し厚めのものが主流でしたから、表面に赤や青のカビが出たり、臭いが出たりして困ったあげくに捨てました。 それを後悔した私は油揚げを長持ちさせるための保存方法について調べました。 その結果をまとめたので紹介します! 卵はスーパーでは常温で売られていることが多いです。 でも家庭では冷蔵しますよね? そのことに気づいた私は、卵の正しい保存方法が分からなくなってしまいました。 そのとき私が調べた卵の保存方法を整理しました。 私はかなりチーズが好きで、どんな料理にもチーズを入れたりするので、常に冷蔵庫にはチーズがスタンバイしている状態です。 普段、コストコなどで売っている大袋のチーズが安くておいしく、コスパが良いので良く買っています。 しかし、チーズは保存状態をちゃんと管理していないと、食べきる前に青カビを発生させてしまい、見るも無残な状態にしてしまい困ったことになります。 大袋のチーズは2キロは入っているので、チーズ好きを豪語する私でも、油断した隙にカビらせてしまっているのです。 スーパーに行くと、豆腐が安売りしていて思わずたくさん買ってしまったりします。 しかし豆腐の賞味期限が予想以上に短くて、使い切れずに切れてしまうことも・・・・ 今回はそんな豆腐の保存方法をご紹介します。 海外在住が長かったときに、どーしても納豆が食べたくなりました。 海外では冷凍された納豆が売ってます。 ためしに買って食べてみると豆がゴワゴワして硬い・・・。 その思い出が強く残っていて、納豆は凍らせるものではない、と思い込んでいたのです。 しかし冷凍や解凍の方法が間違っていたことが分かりました。 ヨーグルトは朝ごはんやデザート、調味料などに、冷蔵庫には入ってる家庭が多いでしょう。 ですが一人暮らしをしている人などは大きいヨーグルトがあまってしまったりすると思います。 そこでヨーグルトの保存方法や、冷凍できるかどうかなどを調べましたのでお伝えしたいとおもいます。

次の

あんこは冷凍出来ますか?

あんこ 冷凍保存

あんこの保存方法|冷蔵庫使用のやり方と保存期間の目安 あんこの保存方法として、まず考えられるのが冷蔵庫ですよね。 冷蔵庫に保存する場合、あんこは保存容器に入れます。 保存期間の目安としては、1週間程度と思っています。 砂糖が多く入っているためジャムと同様に傷みにくいとは思います。 それでも、冷蔵保存に関しては、早めに食べきれる分だけにしています。 時間が経つにつれて、あんこの風味が落ちたらもったいありません。 できるだけ、早めに食べきるように心がけています。 あんこの保存方法|冷凍のやり方と保存期間の目安 あんこを長期的に保存しようと考えた場合、冷凍が便利です。 冷凍保存の場合は、使用するときのあんこの量をイメージしながら、小分けにラップします。 ラップを使用するときは、平らにしつつ、空気をできるだけ抜く方が美味しく冷凍できます。 ラップで小分けしたものは、ジップロック等に入れて二重にしておきます。 においうつりの防止になりますし、保存しやすくなります。 保存期間の目安は2か月程度と思っています。 あんこを食べるときは自然解凍で大丈夫です。 また、あんこの場合カチカチに凍るという感じではありません。 案外すぐに扱いやすいかたさになります。 パンにのせて小倉トーストにしたり、ヨーグルトに添えたりする感じならば、あんこの状況によっては冷凍のまま使ってしまっても大丈夫です。 あんこの保存時の注意点 あんこは冷凍してしまえば傷みにくいと思います。 それでも、保存状況によっては傷んでしまうこともあります。 においなどがおかしいと思ったら、保存期間に関係なく諦めることも大切です。 バターとあんこの小倉トーストは、美味しくてたまりません。 手作りあんこで甘さやかたさを調整して、たっぷりのあんこで食べると最高です。 ホットサンドでも美味しく食べられました、 今度は小倉トーストのフレンチトーストも挑戦したいなと思っています。 皆さんもせっかくのあんこを上手に活用してくださいね。

次の