平均 賃金 計算 エクセル。 平均賃金の計算例|社長のための労働相談マニュアル

給付基礎日額計算方法

平均 賃金 計算 エクセル

助成金の計算方法 助成金額は次の手順で計算します。 1で求めた金額に、休業協定で定めた休業手当の支給率を掛ける• 3に休業手当を支払った延べ日数・時間を掛ける *H31年度分が確定していない場合はH30年度分を利用して計算します。 この計算方法がわかりにくい場合は、「 」という記事内に簡単に計算できるエクセルシートがあるので、それを使って試算してみてください。 雇用調整助成金の助成額を3つのモデルケースで紹介 ここではよりわかりやすくするために、雇用保険被保険者数を8人・年間の所定労働日数を265日に固定し、1人1日当たり助成額目安は2020年4月1日以降の最大助成率である10分の9を使って計算しています。 (3月31日までは3分の2助成) 【モデルケース1】 前年度の賃金総額が1,500万円の企業さまの場合(正社員が少なくアルバイトが多い場合) モデルケース3の内訳• 前年度1年間の雇用保険料の算定基礎となる賃金総額:3,500万円• 前年度1年間の1ヶ月平均の雇用保険被保険者数:8人• 前年度の年間所定労働日数:265日 上記で計算すると、平均賃金は16,509円になります。 正社員の割合が多い場合だと平均賃金が高くなるために、どのような支給率でも助成金額の上限を超える計算となりました。 雇用調整助成金はアルバイトやパートの割合が多い企業さまだと低くなる傾向がありますので注意してください。 従業員を1日休ませた時にいくらの助成金額が出るかを把握した次は、実際にいくら休業手当を支払うか(支給割合)についても決定する必要があります。 雇用調整助成金の休業手当の金額を決める方法は? 休業手当については、平均賃金の60%以上を支払わなければいけないと定められています。 (労働基準法第26条) 平均賃金の計算方法は• 原則1を用いて計算し、月給以外の人については1、2のどちらか高い方が平均賃金となります。 (目安として3ヶ月労働日数が54日以下の場合2の方が高くなります。 弊社がおすすめする2つの計算方法から、どのように休業手当の金額を決めるべきなのかを紹介しますので参考にしてください。 基本給30万円+諸手当5万円で直近3ヶ月で105万円支払った従業員の場合 基本給が30万円で残業手当や営業手当などで5万円ほど支給し、毎月35万円(3ヶ月で105万円)の給与を得ていた従業員をこの部分でモデルケースとして採用します。 休業手当のルール 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上を支給することが唯一のルールです。 最低ラインの金額をクリアしていれば、どのような金額に設定にしてもよいということで、多くの企業では、休業手当の算出に基本給を用いて計算されています。 固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法1は、「固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 従業員側の理解のしやすさ、給与計算担当の管理のしやすさがこの計算方法のメリットで、 変動的に支払われる賃金• 実残業手当• 業績給• 歩合給• 指名手当…など このように業績や結果によって毎月変動する金額は、休業手当の計算に含めないというルールにすることでわかりやすさを重視することができます。 ただ、毎月のお給料で上記変動部分の割合が大きな会社さまの場合は、固定的に支払われる賃金をベースにして計算すると従業員の立場からは不公平に感じやすいので注意すべきでしょう。 変動的に支払われる賃金が多い会社さまにおすすめなのが、 3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法2は、「3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 業績給や歩合などの割合が多い従業員を多く抱える会社、重要なポストにいる従業員の給与の中で変動的に支払われる賃金の割合が高い会社におすすめの計算方法です。 このような傾向が強い会社では固定的に支払われる賃金を基準にせずに過去3ヶ月の平均賃金を用いた計算をする方法がよいでしょう。 基本給20万円+歩合給のような給与設定の場合は、• 1ヶ月前、45万円(基本給20万円+歩合給25万円)• 2ヶ月前、20万円(基本給20万円+歩合給0万円)• 3ヶ月前、40万円(基本給20万円+歩合給20万円) 合計105万円の給料の場合、最初に求めた通り平均賃金は11,667円となり、この金額を基準として支給率を掛けて休業手当を計算するという方法です。 変動的な手当が多い企業などは、この計算方法を採用することで従業員の不平を減らすことができますので、総合的な判断を行ってください。 雇用調整助成金の休業手当の支給割合は変更できないのか? 新型コロナウィルスの影響はまだどこまで続くかわかりませんし、経営状況が時間とともに刻々と変わっていくという場合もあるでしょう。 そうなると気になるのが、雇用調整助成金の休業手当の支給割合を変更できないのかということ。 休業手当の支給割合 給与の締め日ごとに休業協定を締結し、休業手当の支給割合を変更することができます。 初月は80%支給して1ヶ月毎に70%、60%と変更させても問題ありませんので、経営状況や社会情勢に合わせて調整してください。 (注、新たな休業協定が必要です。 ) 給与計算期間ごとに計画を提出する必要があるので、そこで休業手当の支給割合を変更することができます。 雇用調整助成金の休業手当の金額の決め方の記事まとめ この記事では新型コロナウィルス関連で雇用調整助成金を利用する場合に、どのように支給割合や金額を決めるべきかということについて解説してきました。 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上なので、これを上回ればどのような金額を設定しても問題ありません。

次の

【Excel】時間の計算がうまくできない!給与計算で必須となるエクセルのテクニック

平均 賃金 計算 エクセル

助成金の計算方法 助成金額は次の手順で計算します。 1で求めた金額に、休業協定で定めた休業手当の支給率を掛ける• 3に休業手当を支払った延べ日数・時間を掛ける *H31年度分が確定していない場合はH30年度分を利用して計算します。 この計算方法がわかりにくい場合は、「 」という記事内に簡単に計算できるエクセルシートがあるので、それを使って試算してみてください。 雇用調整助成金の助成額を3つのモデルケースで紹介 ここではよりわかりやすくするために、雇用保険被保険者数を8人・年間の所定労働日数を265日に固定し、1人1日当たり助成額目安は2020年4月1日以降の最大助成率である10分の9を使って計算しています。 (3月31日までは3分の2助成) 【モデルケース1】 前年度の賃金総額が1,500万円の企業さまの場合(正社員が少なくアルバイトが多い場合) モデルケース3の内訳• 前年度1年間の雇用保険料の算定基礎となる賃金総額:3,500万円• 前年度1年間の1ヶ月平均の雇用保険被保険者数:8人• 前年度の年間所定労働日数:265日 上記で計算すると、平均賃金は16,509円になります。 正社員の割合が多い場合だと平均賃金が高くなるために、どのような支給率でも助成金額の上限を超える計算となりました。 雇用調整助成金はアルバイトやパートの割合が多い企業さまだと低くなる傾向がありますので注意してください。 従業員を1日休ませた時にいくらの助成金額が出るかを把握した次は、実際にいくら休業手当を支払うか(支給割合)についても決定する必要があります。 雇用調整助成金の休業手当の金額を決める方法は? 休業手当については、平均賃金の60%以上を支払わなければいけないと定められています。 (労働基準法第26条) 平均賃金の計算方法は• 原則1を用いて計算し、月給以外の人については1、2のどちらか高い方が平均賃金となります。 (目安として3ヶ月労働日数が54日以下の場合2の方が高くなります。 弊社がおすすめする2つの計算方法から、どのように休業手当の金額を決めるべきなのかを紹介しますので参考にしてください。 基本給30万円+諸手当5万円で直近3ヶ月で105万円支払った従業員の場合 基本給が30万円で残業手当や営業手当などで5万円ほど支給し、毎月35万円(3ヶ月で105万円)の給与を得ていた従業員をこの部分でモデルケースとして採用します。 休業手当のルール 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上を支給することが唯一のルールです。 最低ラインの金額をクリアしていれば、どのような金額に設定にしてもよいということで、多くの企業では、休業手当の算出に基本給を用いて計算されています。 固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法1は、「固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 従業員側の理解のしやすさ、給与計算担当の管理のしやすさがこの計算方法のメリットで、 変動的に支払われる賃金• 実残業手当• 業績給• 歩合給• 指名手当…など このように業績や結果によって毎月変動する金額は、休業手当の計算に含めないというルールにすることでわかりやすさを重視することができます。 ただ、毎月のお給料で上記変動部分の割合が大きな会社さまの場合は、固定的に支払われる賃金をベースにして計算すると従業員の立場からは不公平に感じやすいので注意すべきでしょう。 変動的に支払われる賃金が多い会社さまにおすすめなのが、 3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法2は、「3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 業績給や歩合などの割合が多い従業員を多く抱える会社、重要なポストにいる従業員の給与の中で変動的に支払われる賃金の割合が高い会社におすすめの計算方法です。 このような傾向が強い会社では固定的に支払われる賃金を基準にせずに過去3ヶ月の平均賃金を用いた計算をする方法がよいでしょう。 基本給20万円+歩合給のような給与設定の場合は、• 1ヶ月前、45万円(基本給20万円+歩合給25万円)• 2ヶ月前、20万円(基本給20万円+歩合給0万円)• 3ヶ月前、40万円(基本給20万円+歩合給20万円) 合計105万円の給料の場合、最初に求めた通り平均賃金は11,667円となり、この金額を基準として支給率を掛けて休業手当を計算するという方法です。 変動的な手当が多い企業などは、この計算方法を採用することで従業員の不平を減らすことができますので、総合的な判断を行ってください。 雇用調整助成金の休業手当の支給割合は変更できないのか? 新型コロナウィルスの影響はまだどこまで続くかわかりませんし、経営状況が時間とともに刻々と変わっていくという場合もあるでしょう。 そうなると気になるのが、雇用調整助成金の休業手当の支給割合を変更できないのかということ。 休業手当の支給割合 給与の締め日ごとに休業協定を締結し、休業手当の支給割合を変更することができます。 初月は80%支給して1ヶ月毎に70%、60%と変更させても問題ありませんので、経営状況や社会情勢に合わせて調整してください。 (注、新たな休業協定が必要です。 ) 給与計算期間ごとに計画を提出する必要があるので、そこで休業手当の支給割合を変更することができます。 雇用調整助成金の休業手当の金額の決め方の記事まとめ この記事では新型コロナウィルス関連で雇用調整助成金を利用する場合に、どのように支給割合や金額を決めるべきかということについて解説してきました。 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上なので、これを上回ればどのような金額を設定しても問題ありません。

次の

Excel(エクセル)で時給計算や給与計算をする方法|時給×時間を正しく表示する

平均 賃金 計算 エクセル

「オートSUM」シリーズ(この記事は第7回です)• 加重平均とは「重み」が異なることを考慮した平均のことです• 目次 問題文のあとに簡単な操作方法を解説していますが、静止画では、わかりにくいと思いますので、最後に動画を載せています。 ぜひご覧ください。 1.加重平均の「重み」とは何か 問題 Aさん、Bさん、Cさんの財布にはそれぞれ紙幣が10枚、5枚、3枚入っています。 3人の「枚数の平均」を求めることは 適切といえるか。 いっぱんに、平均を求めると、そのラインより多い部分と少ない部分の合計は同じになります。 AさんがBさんに1枚渡し、AさんがCさんに3枚渡せば、3人とも「6枚」となります。 つまり、平均とは、 超えている部分で、不足している部分をちょうど補うことができるラインを求めているのです。 この考え方は、3人の持っている紙幣の価値がすべて同じであれば正しいです。 (2)平均を求める意味があるのか? しかし、例えば、Aさんの紙幣が千円札で、Bさん、Cさんの紙幣が一万円札だった場合、この大小関係はおかしいです。 Aさんのお金で、Bさん、Cさんの足りない部分を補うという考え方も間違いです。 そして、「平均6 枚」という答えは何の意味もありません。 千円札と万札では1 枚の価値が違います。 種類が異なるもの同士で不足を補うことはできないので、単純に平均を求めてはいけません。 価値が異なる場合はその価値を数値化して、 掛け算してから平均を求めます。 これを「 重み」といいます。 次の表を用いて、平均点を求めなさい。 解説 審査員が2人しかいなくて、9点と10点であれば、9と10を足して2で割って、平均を真ん中の9. 5点にすればよいです。 しかし、審査員が10人いて、10点を付けた人が多ければ、100点満点に近くなるわけですから、平均は、真ん中の9. 5点より大きくなるはずです。 9点と10点の比率によって平均は変わります。 10点を付けた人が多ければ10点に近づき、逆に、9点の人が多ければ9点に近づきます。 このように、人数や偏りなどの比率を考えない、単純な平均を「 単純平均」または算術平均または相加平均といい、比率を考えた平均を「 加重平均」といいます。 また、このときの比率を「 比重(ウェイト)」といいます。 人数をかけて合計点を求めます。 合計は97点です。 10人で割って9. 7点です。 3.絶対に平均をたしてはいけない 問題 次の2つの問題をExcelで計算しなさい。 (1)次の表は7月1日から7月3日に何ページ読書をしたかを表している。 3日間で、1日平均何ページ読書をしたか計算しなさい。 (2)次の表は8月から10月に1日平均何ページ読書をしたかを表している。 3か月間で、1日平均何ページ読書をしたか計算しなさい。 解説 3日間のページ数があって、1日当たりの平均を出すのであれば、これは単純平均です。 3つをたして3でわるだけです(AVERAGE関数でもよい)。 次は、月の平均です。 この場合、足して3で割ってはいけません。 8月は1か月間のページ数を31日で割っています。 このように平均にはそれぞれ重みがあります。 重みの違う 平均値を単純に足したり、さらにその平均を出すような計算をしてはいけません。 8月と10月は31日、9月は30日しかありません。 3か月間で考えると、22ページ、24ページ、23ページの個数が異なります。 平均を用いて、さらに平均を求めるときは、比重が異なるので加重平均にしなければなりません。 日数をかけてから計算します。 3か月の合計ページ数を、合計日数で割ります。 4.データの偏りと加重平均 問題 10人の審査員が10点満点で、9点または10点を付けるとき、次の表を用いて加重平均を求めなさい。 解説 10人の審査員が9点または10点を付けるとき、その人数の組み合わせは、表のとおり11通りあります。 加重平均を求めます。 9点が10人、10点が0人で合計を求めて10で割ります。 A列を固定した複合参照です。 オートフィルをします。 これで完成です。 10点の人が多くなると平均点は上がっていきます。 5人ずつの場合、9. 5点になり、9点と10点の単純平均と同じです。 このように比率が同じ、つまり、偏りがない場合は、加重平均と単純平均は同じになります。 5.平均の平均は加重平均である 問題 次の表から3つの学校の小学生の平均身長を求めたい。 これ以外に必要なデータは何か、述べなさい。 また、そのデータがあった場合の計算式を入力しなさい。 解説 いくつかのグループの平均があって、これを合わせた平均を求めるときには、必ず加重平均にします。 加重平均はそれぞれのグループの数量が必要です。 ところで各学校の平均値は、それぞれの生徒数で割り算して求めていることは明らかです。 したがって、必要なデータは生徒数です。 そこで、例えば、生徒数がこのような場合に加重平均を求めてみましょう。 掛け算をして合計を求めます。 生徒数と身長の合計を求めます。 割り算をして平均を求めます。 平均137センチです。 6.数量が多すぎて分からない場合に数量を推定する方法 問題 3つの袋A、B、Cにメダルが大量に入っている。 袋自体の重さを除く総重量と、袋から10枚取り出したときの重さを計量したら、次のようになった。 3つの袋を1つにまとめたとき、メダル1枚の重さは平均何gと考えられるか。 解説 3つの袋の総重量は13660gです。 これを3で割ると1袋の平均重量が出ます。 単純平均です。 しかし1枚あたりの場合は枚数が必要です。 加重平均を求めるには数量が必要です。 しかし、数量が多すぎて数えられないときは、一部をサンプルとして抜き出して数量を推定することができます。 サンプルの枚数と重さを量って比例計算します(参考:)。 310枚であると考えられます。 オートフィルをします。 これでそれぞれの枚数が出ます。 重量の合計が13660gで、枚数が約590枚です。 重量を枚数で割ります。 これで完成です。 1枚平均23. 1gとなります。 7.ポイントに換算する(GPA) 問題 1000点満点の確認テストを13回実施した。 このスコアを、換算表に従ってポイントに換算する。 (1)テスト1回あたりの平均ポイント数を求めなさい。 (2)第11回~13回は試験時間が2倍であった。 第1回~10回を1単位、第11回から13回を2単位としたとき、単位数あたりの平均ポイント数を求めなさい。 設問(1) それぞれのスコアからポイントにします。 このポイントを数えます。 4ポイントが3回、3ポイントが2回、1ポイントが8回です。 加重平均を求めます。 掛け算をします。 回数とポイント数の合計を求めます。 13回のテストで26ポイントです。 平均は2ポイントです。 設問(2) 時間数や分量が2倍になると、これを2回分としてカウントすることがあり、これを1単位、2単位、・・・と数えることがあります。 テストは1回であっても、その重要度から2回分のテストを受けたものとしてカウントします。 11回から13回を2単位としてカウントすると、4ポイントが4単位、3ポイントが4単位、1ポイントが8単位になります。 16単位で26ポイントなので、1単位当たりの加重平均は2. 25ポイントになります。 8.SUMをSUMでわる 問題 各小学校の平均身長と生徒数が次の表のとおりであるとき、4つの小学校を合わせたときの平均身長を求めなさい。 解説 平均から平均を求めるときは必ず加重平均です。 いったん平均から合計を求めて、それを割り算することで平均を求めます。 各学校の平均身長に人数をかけます。 これで各学校の身長の合計になります。 4つの合計を出します(オートSUM)。 これで合計を合計で割ります。 これで完成です。 この割り算を1つの式にすることもできます。 身長の総合計を出します。 このSUMの部分をコピーします。 スラッシュを入力した後に、貼り付けます。 後ろの範囲をC列に直します。 これで完成です。 9.移動平均について 加重平均と移動平均は全く違う概念です。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

次の