マツダ cx30 値引き。 マツダ新型CX

マツダCX30展示会へ行き、そのまま商談に。試乗や価格、値引きや下取りは?

マツダ cx30 値引き

マツダCX-30のグレードの基本情報 CX-30のおすすめグレードを紹介する前に、 基本情報をまとめておきます。 ここでは、あえて分かりやすく大別していきます。 まず、マツダCX-30には2. 0Lガソリン・1. 8Lディーゼルターボ・新開発となるSKYACTIV-Xの3種類のエンジンが用意されています。 ガソリンのタイプ• 0Lガソリン(20S)• 8Lディーゼルターボ(XD)• SKYACTIV-X(X) 次にグレードのタイプを大別し、それぞれの特徴をカンタンにまとめます。 グレードのタイプ• 最上級グレードの「Lパッケージ」• 中間グレードの「プロアクティブ・ツーリングセレクション」• ベースグレードの「プロアクティブ」• 廉価グレードの20S Lパッケージ Lパッケージは最上級グレードです。 シートが本革仕様となり、内装色にはリッチブラウンが採用されるなど、 主にインテリアがグレードアップされています。 プロアクティブ・ツーリングセレクションとプロアクティブの違い 「プロアクティブ・ツーリングセレクション」と「プロアクティブ」の違いは運転席パワーシート、ステアリング&シートヒーターなど装備面の有無になります。 ツーリングセレクションの方が装備が充実していると覚えておけば問題ありません。 価格差はエンジンの種類を問わず、ベースグレードのプロアクティブに対しプロアクティブ・ツーリングセレクションが約12万円高に設定されています。 最廉価版の20Sについて 最廉価版の20Sはプロアクティブの22万円安に設定されていますが、オートエアコンや8. 8インチワイドモニターなど、主要装備は付いていて見世物グレード的な廉価版ではありません。 2WDと4WDについて すべてのグレードで4WDも選択可能(約24万円高)ですが、最低地上高が高く、 スタッドレスタイヤに履きかえれば大抵の雪道には対応できるので、SUVといえ必ず4WDを選ぶ必要はありません。 冬場の積雪量が多い地域やウィンタースポーツによく出かける、という方以外は軽量で燃費も良い2WD車でもよいでしょう。 ガソリン・ディーゼル・ SKYACTIV-Xエンジンの特徴と違い マツダCX-30に用意されるエンジンは2. 0Lガソリン、1. 8Lディーゼルターボ、2020年1月にデビューするSKYACTIV-X(圧縮着火式ガソリンエンジン)の3種類です。 ガソリンエンジン(20S) 2. 0LガソリンエンジンはスカイアクティブGと呼ばれ、 CX-30の中では低グレードに搭載されますが、単なる廉価版仕様ではありません。 高い圧縮比により低燃費と余裕のあるパワーを実現し、ノンターボならではのスムーズな高回転の伸びが特徴です。 ディーゼルエンジン(XD) 1. 8Lディーゼルターボは低回転から2. 5L車並みの力強いトルクを発生、それでいてディーゼルエンジンのネガであるノイズや振動は極力抑えられています。 WLTCモードでは19. 0Lガソリン、1. 8Lディーゼルターボはマツダ3に搭載されているものと同じですが、CX-30では増えた車重に対応するためギア比の見直しを行っているため、マツダ3と比較して動力性能で不満を感じることはありません。 SKYACTIV-X(X) 話題のSKYACTIV-Xエンジンですが、乱暴な言い方をすれば、 ガソリンとディーゼル、それぞれのメリットをミックスしたエンジンです。 従来のエンジンよりも、多くの空気を取り込んでぎゅっと圧縮し、より少ない燃料で燃焼させることで高い効率と低燃費を実現。 さらに、高回転域まで気持ちよく回るというスポーツ性も兼ね備えています。 マツダCX-30のおすすめグレードランキング 以上を踏まえ、マツダCX-30のおすすめグレードをランキング形式で紹介していきます。 全てのグレードが優れていますが、その上でベスト6に厳選してまとめました。 6位 X プロアクティブ• 5位 20S• 4位 20S Lパッケージ• 3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション• 2位 XD プロアクティブ• 1位 XD プロアクティブ・ツーリングセレクション 6位 X プロアクティブ• 価格:¥3,294,500• エンジン:SKYACTIV-Xエンジン 話題のSKYACTIV-Xエンジンを搭載したベースグレードとなります。 SKYACTIV-Xエンジンは発売が2020年1月からとなっています。 マツダ3に搭載されて年内にデビューする予定だったのですが、ジャーナリストを招いての先行試乗会において、パワーやフィーリングにやや辛い評価があったことを受け、仕様の見直しを行っています。 最大の変更点はレギュラーガソリン仕様からハイオク仕様へと変更されたことで、燃料費が高くなることから低燃費のメリットはやや薄れてしまいました。 価格はXプロアクティブで3,294,500円と、 XDの最上級グレードで本革仕様のXD Lパッケージより約22万円高いことを考えると割高な印象も受けます。 世界初のエンジンで燃費がよく高性能。 秘めたるポテンシャルはすさまじいものがありますが、不透明な部分もあり6位としました。 5位 20S• 価格:2,392,500(AT・MT共通)• エンジン:ガソリン 新型マツダCX-30のベースグレードとなるのが20Sです。 必要な装備は揃っていますが、パドルシフトやパワーリフトゲートが省略されるなど、プレミアムSUVと考えると少々さびしい部分は見られます。 また、前後ランプをふちどるシグネチャーLEDランプがないため、 詳しい方であれば廉価グレードであることが一目で判別できてしまうのが気になる方もいると思います。 予算が厳しい中でCX30を購入したい方には個人的におすすめしたいグレードですね。 4位 20S Lパッケージ• 価格:2,794,000(AT・MT共通)• エンジン:ガソリン 20Sの最上級グレードですが300万円を切る価格(FF仕様)で本革シートやLパッケージのみに用意されるリッチブラウンの内装色、フレームレスルームミラーが装備されます。 他社の2L級のSUVで本革仕様を選ぶと車体価格は300万円以上となるので、価格に対する満足度はかなり高いです。 最上級グレードでも割安感があり、ガソリンエンジンで装備が充実したCX-30に乗りたいという方におすすめです。 3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション• 価格:2,733,500円(AT・MT共通)• エンジン:ガソリン 価格と性能、そして装備のバランスが取れたグレードがガソリン車の20S プロアクティブ・ツーリングセレクションです。 Lパッケージとの差額は6万円ほど安くなっていて本革シートなどの豪華装備が不要という場合には、こちらをおすすめします。 2位 XD プロアクティブ• 価格:2,887,500円• エンジン:ディーゼル XDプロアクティブはディーゼルエンジンのベースグレードです。 ベースグレードといっても装備は充実し、まず不満は出ないレベルに仕上がっています。 マツダのディーゼルエンジンは低回転域から発揮される大排気量車並みのトルクによる走りの良さに加え低燃費、かつ軽油仕様によるランニングコストの安さが魅力です。 カタログ燃費もガソリンが15. ディーゼルエンジンはガソリンに比べ重量面で不利ですが、直進安定性の面ではプラスに作用するので長距離をゆったりとクルージングするSUV的なニーズにマッチしています。 車体価格も300万円以下(FF仕様)と、割安な点も評価できますね。 1位 XD プロアクティブ・ツーリングセレクション• 価格:300. 8500円• エンジン:ディーゼル XDプロアクティブの装備を充実させたグレードがプロアクティブ・ツーリングセレクション。 XD プロアクティブの12万円高となりますが、スーパーUVカット、IRカットガラスに運転席・助手席パワーシートとステアリング&シートヒーターなどを追加していますが価格差は抑えられているのでコストパフォーマンスが高いです。 さらにXD プロアクティブにでは装備されないCTS(クルージング&トラフィックサポート:渋滞走行中にステアリングアシストを行う)機能が追加されている点も見逃せません。 渋滞走行時のストレスが格段に解消される機能なので、都市部で通勤などに使用するユーザーには必需品となりますのでおすすめです。 全体のまとめ マツダCX-30のおすすめグレードをまとめると以下の通り。 6位 X プロアクティブ• 5位 20S• 4位 20S Lパッケージ• 3位 20S プロアクティブ・ツーリングセレクション• 2位 XD プロアクティブ• 1位 XD プロアクティブ・ツーリングセレクション ディーゼルエンジンを上位にしましたが、CX30はガソリン・ディーゼルともに甲乙つけがたい水準にあり、予算を押さえたい方はガソリン車、燃費と走りを重視するならディーゼル車を選ぶと良いでしょう。 また、価格と内容のバランスを考えると「ツーリングセレクション」がおすすめです。 どのグレードに乗っても外れはありません。 後は本記事を参考に、自分の目的に合わせてグレードを選んでみて下さい。 マツダCX-30をお得に買う方法をチェック! 優れたグレード構成のCX-30ですが、既に値引き事例があるのをご存じですか? マツダは値引きに厳しいといわれますが、SUVは競合が激しく値引きがしやすい側面があります。 CX-30についても基本的な情報を押さえれば、お得に買うことは可能です。 購入を検討する方は、以下の最新の値引き情報もチェックしておきましょう。

次の

【2020年】新型CX

マツダ cx30 値引き

マツダCX-30の最新値引き相場レポート 最初に、マツダCX-30の値引き難易度と、値引きの相場をまとめました。 最新相場は、ディーラーへの確認・webリサーチ・自動車愛好家等の情報源などから総合したうえでご紹介しています。 マツダCX-30最新値引き相場• 本体値引き 8万円• オプション値引き 7万円• 限界値引き 35万円• 値引き難易度 やや難しい 以上が、ディーラー調査も踏まえ確認できているマツダCX-30の相場です。 発売直後から、明らかに値引きは広がってきています。 マツダは、安易な値下げは現在は行なってはいません。 特に高級路線を目指し始めた今、下手な値引き交渉は嫌がられる可能性もあり、注意が必要です。 その上で、ここで解説するコツを用いて、限界値引きを引き出していきましょう。 CX-30の値引き推移• 2019年:10万円• 2020年2月:11万円• 2020年5月:15万円• 2020年6月:15万円 CX-30の値引きですが、徐々にしやすくなっているのが分かります。 データ的には「オプション値引き」で大きな額が出ており、ディーラー裁量が用意されている分、狙い目といえる状況です。 マツダ CX-30はオプション値引きがポイント 新車値引き交渉の際は、オプション値引き交渉を取り入れることが重要です。 今回のマツダCX-30のような新型車の場合、本体価値を下げないよう、ディーラーの販売員には「本体値引きをしないように」という指示が出ていると考えた方がよいでしょう。 値引きに身構えている相手に対し、過度な値引き交渉はご法度。 本体値引きがこれ以上、難しいと判断した段階で、オプション値引きに入った方がお得です。 オプション値引きはディーラー裁量権がある 本体値引きの難易度が高い分、オプション値引きへのガードは緩くなっていると思われます。 販売員も販売はしたいはずですから、本体値引きを抑えることができるのであれば、オプション値引きへの交渉にはのってくるはずです。 CX-30ではトータルで値引きを勝ち取ることを目標にしましょう。 下取りアップで安くマツダCX-30を買おう (出典: ) 新車値引きを考えるうえで、下取り車があれば有効な値引きの材料になります。 現在乗っている車を下取りに出して、マツダCX-30を購入するのならば、下取り金額が高くなれば、値引き額が増えるのと同じ効果になります。 値引きだけに一所懸命になって、下取り値引きがおろそかになっている人も少なくはありません。 しかし、ここに力を入れるとお得になります。 ディーラー下取りは安いので比較が必要 下取り車をどこに出すのかというと、ほとんどの人が、新車購入時にそのままディーラーに出すという調査結果があります。 しかし、なにも交渉しなければ、ディーラーの下取りは恐ろしく安い価格で下取られます。 そうならないためにも、下取りに出す前に、買取業車の下取り相場を確認しておきましょう。 下取り相場の確認はクイック査定を利用 下取り相場のチェックは、 「 ナビクル車査定」がよいでしょう。 他にはあまりない、45秒以内のクイック査定がありますので、査定相場をすぐに確認することができるという点がポイントです。 査定相場を掴んでおけば、あとはその相場情報を下取り時に提示するだけです。 うまくいけば、下取り価格を上昇させることができ、ダメでも買取相場の一番高い会社に買い取ってもらえばいいわけです。 この方法でしたら、損をすることはありません。 確認は無料で1分以内にできます。 忘れないうちに、済ませておきましょう。 <ナビクル車査定の公式サイト> マツダCX-30の値引きはどうやってやればいいの? マツダCX-30の値引きはどうやればよいのか?という方に向けて、カンタンにポイントをまとめておきます。 強気な態度よりも見込み客と思わせることが大切 新車購入時にあえて強気な態度でのぞむ人もいますが、 これはまったくの逆効果です。 大きな買い物において小手先は通用しません。 できぐ限り誠実に販売員に接し、 見込み客と思わせることが値引きの最短ルートになります。 SUV車はライバル車との競合がおすすめ 競争の激しいSUV試乗において、ライバル車との競合はとても効果的です。 CX-30のような新型車の成功の可否は、競合車と比較して、どれだけ販売実績を上げたかという実績であるという点にあります。 マツダCX-30の競合車は、トヨタC-HR、ホンダヴェゼル、スバルXV、三菱エクリプスクロスといった強力なライバル車が多く、狙い目です。 これらの競合車のリサーチ、および見積り等を入手し、CX-30の値引き交渉をしていきましょう。 マツダ同士の競合も有効 競合は他社でなくても構いません。 マツダ同士で競合させる方法もあります。 ただ、都道府県によっては、マツダはトヨタやホンダのように、販売チャネルがそこまで多くはありません。 そのため、地域のマツダ販売店を検索し、屋号違いの「マツダ」を探してください。 屋号に違いがあれば、それは同じ「マツダ」でも別法人ですので、競合は可能です。 まずライバル車と競合し、余裕があればマツダ同士でも競合させる流れがおすすめです。 マツダCX-30 のライバル車ランキング! (出典:) 以下では、マツダCX-30の強力な競合車をランキングで発表していきます。 競合車も人気車種・実力車種が勢ぞろいなので、特徴を押さえておきましょう。 4位 スバル XV まず、競合車として最初に名前が挙げられるのが、スバルXV。 マツダもスバルも、それぞれに根強い固定ファンがいて、一概に性能や価格のみで比較できない部分も、両社共にありますが、ここでは、車の「無党派層」の場合という位置付けで考えます。 単純なサイズ比較では、マツダCX-30がわずかに全長が短く、多少コンパクトです。 マニア層ではなく「無党派層」として値引き交渉に臨む場合「新型SUVが欲しいが予算が・・・」というところでスバルXVを提示するとよいでしょう。 3位 三菱 エクリプスクロス 三菱エクリプスクロスは、サイズ的にも価格的にも、そして雰囲気的にも、マツダCX-30とガチンコで勝負する車種になります。 サイズとしては、三菱エクリプスクロスの方がやや大きく、機械式タワーパーキングには入りきらない1685mmの全高です。 その点では、マツダCX-30の全高1540mmの方が、街乗りとしては重宝しますが、 SUVの迫力という点ではエクリプスクロスが上です。 価格帯が近ければ、値引きの引き出しも期待できますので、押さえておきたい車種です。 2位 ホンダ ヴェゼル 競合車2位からは、マツダの販売員としても対抗意識を強く持つ車がラインナップされます。 ホンダ ヴェゼルや、1位のトヨタ C-HRは、マツダがライバル視している車種であり、ターゲット層と設定しているユーザーです。 ライバル車との戦いは、マツダとしても負けられないため「内容次第ではCX-30」という状況で交渉に臨めばOKです。 1位 トヨタ C-HR 競合車1位は、トヨタC-HR。 マツダの販売担当者が口を揃え、または、報道でも名指しされているように、最大のライバルであり、壁であるのがC-HRとなります。 C-HRはこのクラスの中では、抜きん出た人気を誇り、2019年度での売り上げでは、月5000台ペースで販売実績が出ています。 マツダCX-30の当面の販売目標は、月間2500台とライバル車の約半分。 このクラスのライバルに太刀打ちするのは難しいですが「存在感を出すことが重要である」とマツダの販売担当者の方は力強く語っていました。 価格帯は233〜303万円とマツダCX-30とも近い価格です。 足元を見るような交渉は好ましくはありませんが、値引き交渉も立派な交渉です。 C-HRを利用し、マツダCX-30の限界値引きを引き出していきましょう。 マツダCX-30 の値引きのコツ マツダCX-30の値引きを引き出すためには、適切な値引き交渉の流れが存在します。 いきなり「値引きしてくれ」は、あまりにもマナー違反です。 クルマの購入をする意思を示し、その上でよい条件で購入したいことをさりげなく伝えていきましょう。 本体値引きとオプション値引きは分ける 値引き交渉の際、本体値引きとオプション値引きは分けて行いましょう。 本体とオプションを合算して値引き交渉を行ってしまうと、合算で値引き条件を出されて、それ以上は交渉ができなくなります。 本体値引きが終わった段階で、追加条件としてオプション値引きの交渉を行う方が、結果的にお得になる可能性があります。 別資本のマツダ販売店にも足を運ぶ 値引きや納期というのは、販売店によって異なる場合があります。 値引きは販売店の方針、ディーラーとの相性で決まる部分が大きく、例え値引きゼロを提示されても別資本の販売店に足を運ぶ価値があるでしょう。 MAZDA CX-30の価格とリセールバリュー 最後にマツダCX-30のリセールバリューをご紹介しておきます。 CX30には、以下のグレードがラインナップされています(価格は2WD・AT車で抜粋) SKYACTIV-G 2. 0(ガソリン) ・20S 2,392,500円 ・20S プロアクティブ 2,612,500円 ・20S プロアクティブ ツーリングセレクション 2,733,500円 ・20S Lパッケージ 2,794,000円 SKYACTIV-D 1. 重厚な走りを求める人は、ディーゼルでもいいですが、ガソリン車を選択しておく方が、リセール的にはいいと考えられます。 リセールバリューの高いカラー マツダCX-30のカラーラインナップは以下になります。 スノーフレイクホワイトパールマイカ• ジェットブラックマイカ• ディープクリスタルブルーマイカ• チタニウムフラッシュマイカ• ソニックシルバーメタリック• マシーングレープレミアムメタリック• ソウルレッドクリスタルメタリック• ポリメタルグレーメタリック この中で、リセールバリューが高いと予測されるカラーはク「ホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。 近年のマツダカラーの代名詞である 「ソウルレッド」は「最も美しい自動車カラー」と評されるほど、評価の高いカラーです。 カラーに悩んだら定番の白、黒、ソウルレッドを選択しておけば間違いありません。 マツダCX-30値引きレポート総まとめ!• マツダCX-30値引き難易度 難しい• 限界値引き 15万円• ライバル車はC-HR、ヴェゼル• 安く買うには下取りアップが大切 今回は、マツダの新型車CX-30の値引きレポートを解説していきました。 このマツダCX-30を値引きしてもらうのは、ハードルが高めです。 その意味でも今回ご紹介した「ナビクル」などで無料見積もりを取り、下取りアップをして安く買うのがもっとも確実な手段になるでしょう。

次の

2020年マツダCX

マツダ cx30 値引き

この記事の目次• 新型CX-30の最新目標値引き額と2020年6月の値引き動向 CX-30の6月の値引き動向は、若干引き締め傾向です。 CX-30の値引きは、車両本体から基本10万円前後、オプションサービスを含めて15万円超の値引きが一般的です。 現状ではオプションからの値引きを含めて25万円以上になれば特上の条件です。 以前のでは、19. 8万円、27. 9万円、12. 0万円、15. 0万円の値引きが報告されています。 CX-30の値引き交渉では、何も言わなければ値引き5~10万円程度となってしまうので、サイズ的に競合するスバルXVやトヨタC-HR、販売好調のホンダヴェゼルなどと競合させて値引きを引き出しましょう。 「XVも検討しているが、値引きが出るならCX-30を検討したい」とライバル車と迷っている事をアピールして、CX-30の値引き交渉をすると効果的です。 「マツダの値引きが渋くて予算に合いません。 何とか予算内に収める事は出来ませんか?」と相談してみましょう。 正規マツダディーラーよりも値引きしてくれるサブディーラーは多いです。 CX-30の車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。 今月(2020年6月)の車両からのが 16万円+オプション20万円からの値引き 4万円= 総値引き20万円が合格ラインになります。 絶対損したくない!下取り車の売り方 下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけCX-30が安く買えると言うことになります。 しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、 下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。 3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。 これはユーザーのお得感、満足感を満たすための セールステクニックが考えられます。 一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。 実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。 これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、 場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。 これは非常にもったいないです。 ディーラーの下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので 買取店の査定を受けておきましょう。 そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、 それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。 愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。 おすすめは下記の買取店です。 ネットでおおよその相場が分かります。 廃車の目安はグーネットやカーセンサーで下取り車に近い条件の車両が 20万円以下で売られていたら、その車両はほぼ廃車価格の仕入れです。 その場合、廃車業者に直接売った方が高くなる可能性が高いでしょう。 事故車や不動車も以下の廃車業者に売れます。 これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。 新型CX-30の値引きに適した交渉時期 一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月中旬~3月末までの年度末決算期」「6月7月のボーナス時期」「8月お盆明け~9月末の中間決算期」、「12月の年末商戦」、などがそうです。 この中で特に値引きが大きくなるのは 決算期です。 決算期にはディーラーでも 決算キャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。 この時期は 特別な値引きも珍しくありません。 もちろんボーナス時期もキャンペーンなどを展開して、CX-30の値引きが期待できる時期になります。 これらの時期に新車を買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう! CX-30の納期は?2020年6月現在 CX-30納期:1~2ヶ月 グレードによって異なりますが、CX-30の納期は1~2ヵ月前後の納車期間となっています。 競合車の設定とディーラーをリストアップ 新車の値引き交渉では、競合車を立てて「CX-30か、 どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。 CX-30の競合車は、トヨタのC-HR、RAV4、ハリアーや日産エクストレイル、ジューク、ホンダヴェゼル、スバルXVなどが挙げられます。 さらに、 マツダディーラーの別法人同士の競合を加えるとさらに効果的でしょう。 マツダ同士の競合なら、単純に金額での競争となるので「予算もあるので出来るだけ安く買いたい」と言って経営違いのマツダディーラーを周って競合させたいところです。 別経営のマツダディーラーは、同じ地域に複数ある場合と、越境して県が違えば基本会社も異なるので、マツダ同士で競合させる事が出来ます。 で法人を調べて別法人同士のディーラーで競合させましょう。 競合車やCX-30のマツダディーラーをリストアップしたら、各ディーラーを訪問します。 出来るだけ多くのディーラーと商談すれば「値引きしてでも売りたい!」と言う ノルマ達成が厳しい営業さんやディーラーに当たる確率が高くなり、CX-30の値引きを引き出しやすくなります。 また、下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。 以下おすすめの買取店です。 CX-30が本命かどうかは伏せておく• 他にも気になる車種があって迷っている、と伝える• 予算を聞かれても具体的な金額は言わない• 初回の商談は短時間でOK CX-30 2回目交渉 二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。 競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。 そうして出た条件をCX-30にぶつけて、値引きを引き出します。 基本は、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような 条件のぶつけ合いです。 そうして限界付近の値引き額を引き出します。 と言っても難しい話術や交渉の駆け引きは必要ありません。 どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す• 値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する• CX-30同士の競合はまだ控える• ボディコーティングやメンテナンスパックの利益率は高いので、それらを付けたらディーラーオプション値引きは20%以上を目指す CX-30のダメ押し交渉 二回目以降の交渉である程度CX-30から値引き額を引き出したら、 同士競合に切り替えます。 一例として以下のようにやってみても良いでしょう。 「自分はヴェゼルに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、CX-30にしようと言う事になりました。 でも自分はヴェゼルにまだ未練があります。 ヴェゼルを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のマツダでも商談しました。 (言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう) これをそれぞれのマツダディーラーやサブディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業さんに狙いを絞ったら、 ハンコを武器に最後の交渉です。 「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ドアバイザーをサービスしてください」などと、 数万円程度の無料サービスを要求すると良いでしょう。 また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。 それらが通った時、そして目標金額に到達して すべての条件に納得したらハンコを捺してCX-30を契約します。 ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる• ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)• 現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい• 任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる 下取り車を限界まで高く売る! 下取り車がある場合は、これまでの交渉で ディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。 そこで最後に 複数の買取店に査定してもらいます。 さらにディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにCX-30を安く買える事になります。 そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。 そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えます。 契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、 納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。 そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。 ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。 全国6000社以上の業者を対象に愛車が売れる、 です。 セルカの査定を1度受ければ、 6000社以上の買取店へ査定情報が送られます(個人情報なし)。 価格を提示する買取店は、他のお店と 買取金額を競う事になるので、高値での売却が可能です。 査定は最寄りの店舗か出張査定のいずれか1回で済むので、とても楽です。 1度だけ査定を受ければ、最大6000社以上の買取店や中古車販売店から価格提示を受けられます。 6000社以上もの買取店が入札するので、オークションならではの入札による価格上昇も楽しめて、さらに買取金額の上乗せが可能になるかもしれませんね。 ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。 下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る• それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功! 以上がCX-30を限界の底値で買うための方法です。 何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと、 簡単に数万円~数十万円以上CX-30を高く買ってしまう=損する事になります。 5年後の残価とCX-30の買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。 月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでCX-30を購入するケースが増えています。 上記はCX-30と同じマツダ車の見積もり書ですが、残価設定ローンで購入する場合の、3年と5年の月々の支払例です。 最近では、いろいろなところで聞くようになった「残価設定ローン」を利用しての新車購入方法ですが、意外とまだ間違った認識が広まっていることもあります。 まずは残価設定型クレジットを正しく理解するために、メリットとデメリットを見てじっくり検討していきましょう。 以下をご覧ください。 マツダのサイトにも出ていますね。 残価設定ローン終了の3年、又は5年後に新車に乗り換えやCX-30を返却するには、購入したディーラーへ返さなければならないと思っているユーザーは多いでしょう。 ディーラーへ返却だと、走行距離や内外装の状態が規定内であれば、当初設定された残価でディーラーが引き取る事になります。 これが規定外になると、ディーラーは残価で引き取れないので、ユーザーが別途清算金を用意する必要があります。 ただ、必ずしもディーラーへ返却する必要はありません。 ディーラー以外の買取店などへ売っても構わないのです。 CX-30のようなSUV車なら、ディーラーが残価で引き取れる距離や状態のCX-30なら、 買取店ならもっと高値で買取る事が可能です。 また、ディーラーへ返却すると規定外のため清算金が必要な場合でも、買取店へ売れば清算金が必要ないばかりか、残価よりも高く売れてお金が戻ってくるケースもあります。 ディーラーへ返却のみだと勿体ないので、買取店への売却も検討した方が良いでしょう。 残価設定ローンの途中でもCX-30が売れる! 残価設定ローンの契約中でも、CX-30を売る事が出来ます。 その場合も、ディーラーへ返却のみだけではなく、買取店等へCX-30を売る事が出来ます。 残価を含めた残債を一括返済する事になりますが、 事前に自分で現金を用意して返済して、名義を自分の物へ変更する、と言った作業も必要ありません。 買取店なら清算や名義変更の手続きを同時に無料で代行してくれます。 ですので、残価を含めた残債よりも高く買取店に売れれば、 差額を買取店から受け取れます。 反対に残債より買取額が低ければ、差額を追い金(清算金)として買取店に支払ってCX-30を売る事になります。 残クレ途中でCX-30を売るなら、残価を含めた残債とCX-30の買取金額を調べて、売却するかどうかを慎重に検討しましょう。 CX-30の残価設定ローンを売却時までシミュレーション CX-30 20Sプロアクティブに、9. 1万円のメーカーオプション、18. 8万円のディーラーオプションを付けて、5年の残価設定ローン(スカイプラン)で購入したとします。 4万円が手元に残る CX-30 20Sプロアクティブの5年後の残価設定額は、876,000円です。 月間の平均走行距離が1000㎞未満で内外装が規定内であれば、5年後にディーラーへ返却すると87. 6万円となり、追い金も発生しません。 しかし同程度のCX-30 20Sプロアクティブを買取店へ売却すれば、5年後の買取相場が122万円あるので、残価を差し引くと 34. 4万円が手元に残る計算となります。 34万円もあれば次の車の資金にも出来ますし、家族で旅行や美味しい物も食べられるでしょう! さらに残価設定ローンでCX-30を買うと、ディーラーは通常よりも多くCX-30の値引きが出来るようになります。 残価設定ローンでは、残価にも金利手数料が掛かるので、通常のローンよりも利息は多く払う事になります。 その分、ディーラーへ入るマージンも多くなるので、CX-30の値引き枠が広がる事になります。 残クレでCX-30を買うなら、このページを参考に大幅値引きを目指しましょう。 ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、 4年後の残価設定額は270万円でした。 ディーラーのみだとシミュレーションのように 30万円以上の損をしてしまうかもしれません。 残価設定クレジットに有利!高く売れるCX-30の新車購入条件は? CX-30の中でも、リセールバリューの高いグレードや人気のボディカラー、人気のオプションなどがあります。 残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されず、販売店にも寄りますがグレードにより一定の割合で決まっています。 リセールの低いカラーやグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もありますが、反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプション等が付いた状態なら、買取店の方が高くなります。 CX-30を売る時に高く売れる条件を紹介します。 どちらも同等のリセール割合が予想されますが、同じリセールなら、新車価格が安いグレードの方が初期費用が安く済み、売却時の損失額が少なく済みます。 スカイアクティブXは、車両価格が上がるためリセールでは他グレードより不利になります。 4WDもCX-5のリセールを見ると2WDより低いので、特別必要でなければ2WDの方がいいでしょう。 ボディカラーは、パールホワイトとブラックがプラス査定です。 気持ち下がってソウルレッドとマシーングレーが続きます。 多色と比べれば5年以内の売却で 10~15万円は高く売れるでしょう。 ただ、元までは取れないので、必要なければ無理に付ける必要はありません。 サンルーフはプラス査定が大きいので、スカイアクティブXを買うなら是非付ける事をおすすめします。 残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、CX-30を残価設定型プランで購入もあり! 残価設定ローンの一番のデメリットは、残価にも利息が掛かるので金利手数料が多くなる事です。 しかしメリットとして、 「CX-30の値引きが多くなる」「通常のローンよりも金利が低い」「ディーラーへ返却しないで買取店へ売ればお金が戻ってくる確率が高い」などがあります。 このメリットを生かして出来るだけ値引きを引き出してCX-30を購入して、売却時には買取店へ残価以上に高く売れば、月々の支払額が少ないメリットも合わせ、残価設定ローンでCX-30を購入するのもアリかもしれません。 注意したいのは、残価設定金額を大幅に下回ってしまう過走行や事故修復歴車になると、 売却時に残債の方が多くなる可能性が高いです。 なので距離を多く走る人やぶつけてしまう事が多い人には、残クレはおススメ出来ません。 残価設定ローンの仕組みを理解してメリットの方が大きければ、残クレ(スカイプラン)でCX-30を購入しても良いでしょうね。

次の