ドラゴンナイト 意味。 Dragon Nightの歌詞解釈を教えてください。わけがわかりません。先日、SEK...

ドラゴンアゲート

ドラゴンナイト 意味

Dragon Nightの歌詞解釈を教えてください。 わけがわかりません。 先日、SEKAI NO OWARIの大ファンである友人に「私が好きそうな曲ある? 」と聞くと「この曲良いよ!聞いてみてよ!絶対セカオワはまるよ!」と言われDragon nightと言う曲を聴いてみました。 1度流しで聞いてみたのですが、歌詞が全く分からず最終的には歌詞を見ながら曲を聞いて10回20回。 それでもわけがわかりません。 質問が多々あるのでそれも交えて教えていただけると光栄です。 ずっと朝の世界が夜になる日だったのに、太陽が遊びに来ちゃそれは朝ですよね? (家族と会議した結果、金環日食の類かなにかって事を言いたかったんじゃないかと言う事で収まったのですが・・・何か関係があるのでしょうか?) あと、その日は休戦の日と言うのはわかったのですが、何故最後には終戦しているのでしょうか? 何故踊ったら終戦になるの? 踊ることでそれぞれの正義が調和されてハッピーエンドへいっ!って事で良いんでしょうか・・・? グラッチュレイションはハナモゲラな感じでOKなんでしょうか?何か意味がある言葉なら教えて欲しいです。 ムーンライト、スターリースカイ、ファイアーバードが急に出てきたのは何故でしょうか? ただ単にファンタジー要素を強めたかっただけ? それとも散々言っている「彼」がこの中にいるかな。 歌詞を抜きにすれば曲調はかなり私の好みど直球なのですが、このCDを買ったらインスト曲も入っていますか?? 音楽サイトとかで単品で買えたりします? それと、ネットでいくつか調べているうちに「ドラゲナイ」って言葉を見て不覚にも笑ってしまいました。 私にもそう聞こえます。 申し訳ありません。 ドラゲナイ=dragon nightですよね? 友人がメールで「何してるのー?」と送られて来たので「今セカオワのドラゲナイきいてるよ!」と返信すると「は?」と怒り気味に返ってきました。 これはセカオワファンには禁句なんですか? 普通に考えると確かに歌詞の意味が難しいですね。 あくまでも個人の解釈ですので参考までに! 『今宵は百万年に一度太陽が夜に遊びに訪れる日 』 百万年に一度・・まず訪れる事がないであろう日 未だに争いが絶えないこの世界を皮肉っいる 太陽・・・・自軍 夜・・・・・敵軍 の例えだと思います。 なので 今宵はまず訪れる事がないであろう日に太陽 自軍 が夜 敵軍 の所に遊びに行く日 次に 『今宵、僕たちの戦いは「終わる」んだ』 は、 今宵だけは僕たちの戦いは終わった事にしよう!という意味ではないでしょうか?なので終戦ではなく、停戦かな? グラッチュレーションは 「コングラッチュレイション」の「コン」を略しただけだと思います。 なので 『ドラゴンナイト 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう コングラッチュレイション、グラッチュレイション、グラッチュレイション 今宵、僕たちの戦いは「終わる」んだ』 は、 ドラゴンナイト今宵、僕たち 自軍と敵軍 は あんなに憎しみ合い戦い、傷つけ合っていたけど停戦し、大義を忘れ祝杯をあげれば 友達のように仲良く歌えるじゃないか!よかったじゃないか。 よかったじゃないか。 よかったじゃないか。 今宵だけは戦いはひとまず停戦としよう! 次 『ドラゴンナイト 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう ムーンライト、スターリースカイ、ファイアーバード 』 ムーンライト・・・月の下 スターリースカイ・・星空 ファイアーバード・・直訳では火の鳥になりますが歌詞の流れから考えると「たいまつ」と考える方がいいかな? ドラゴンナイト 今宵僕たちは友達のように歌うだろう 月の下で 歌うだろう 星空の下で 歌うだろう たいまつの元で 歌うだろう まとめると 争いが絶えないこの世界で貴方は正義を掲げて戦うけどその行動は彼を傷つけているかもわからないんだよ!それでいいのかい?彼を傷つけているその行動は正しいのかい?正しければ彼を傷つけていいのかい?そもそも正しいなんて何を根拠に言っているんだい?この世界では人それぞれ価値観があるのだから善と悪なんて決めれないのでは?なら今宵だけは大義を忘れ祝杯をあげようよ!ほら、不思議だろ?あんなに争い合っていたのに友達のように肩を組み歌い合えるじゃないか?よかったじゃないか。 よかったじゃないか。 よかったじゃないか。 こんな感じかな? 最後に『ドラゲナイ』は元々『ドラゴンナイト』と歌っているのに『ドラゲナイ』と聞こえるから、あまりセカイノオワリを良く思ってない人がディスったのが始まりなので、セカイノオワリのファンにとっては好ましく思わないのでしょう。 しかし深瀬さんは寛容な人みたいですから、そこまで気にしてないのでは?現に自信のTwitterに「ドラゲナイ!」って呟いてましたからね。 この歌詞は実は2人いると思うんですよ。 1番と2番。 歌詞が微妙に違うのはそれだと思う。 百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日に住んでる側の僕と、 百万年に一度太陽が夜に遊びに訪れる日に住んでる側の僕。 最初はずっと昼みたいに明るくて、次がずっと夜みたいに暗い側。 これ別に両者の性格ではなくて、お互いに反対の常識や環境に暮らしている という事だと思う。 100万年に一度しか変わらないくらいの常識をお互い持ってるんだよね。 まあ、常識を固定観念としてもいいかも知れない。 で、反対なので、日頃は嫌いあって、傷つけあうことになるんだけど、 100万年に一度ぐらいの改革をするつもりで、相手の環境や常識を体験する日がDragon Nightなんだよね。 体験するというのは、実際に昼しかない場所の太陽が沈んだり、夜しかない場所に太陽が来たりするから、お互い相手の環境になるってことね。 そうすると、相手の環境を経験して、お互いの立場を理解した。 それで、一緒に踊れたり、歌ったり出来たんだよ。 まとめると、自分の常識とか固定観念とか立場とかね、色々あると思うし、それを変えるのは難しい。 だけど、100万年に一度くらいの変化のつもりで、相手の立場や常識を理解してみよう。 そうしたら、仲良くなれるんじゃないか?というメッセージだと思う。

次の

ドラゴンアゲート

ドラゴンナイト 意味

Dragon Night(英語版) 出典 2014年10月15日に発売された、SEKAI NO OWARIの7枚目シングル 「Dragon Night(ドラゴンナイト)」 この曲はSEKAI NO OWARIの曲の中でも、人気の曲で カラオケでもよく歌われており、最近のライブでも必ず歌われるという、 セカオワ定番の曲と なっています。 さて、この「Dragon Night」を作詞作曲した、ボーカルのFukaseは、 どのような気持ちを 込めて歌詞を作ったのでしょうか。 自分なりに歌詞を紐といていきたいと思います。 Dragon Night 作詞作曲 Fukase 今日は100万年に一度、太陽が沈んでいって、夜がやってくる日なんだよ。 戦いはまだ続いてて、終わりが見えてこないけど、 今日だけは戦いを中断して、祝杯をあげようじゃないか。 人にはみんな、それぞれ自分自身のプライドや性格があって、十人十色という言葉が あるように、 いろいろな性格を持った人たちがいる。 だから、もちろん性格が気に入らなかったり して言い争いになったり、喧嘩してしまうことはあると思うけど、 それは 仕方のないことなんじゃないかな。 でも、自分が嫌いな人の性格だって、その人なりの理由が必ずあると思うんだ。 今日はそんなこと一切忘れて、友達になって歌おうじゃないか。 今日だけ、ぼくたちは友達のように踊るんだよ。 今日は100万年に一度だけ、太陽が沈まずに夜になっても照らし続けている日なんだ。 だから戦いはまだ続くけど、今日だけは休戦して照らし続ける太陽を 眺めていようじゃないか。 人にはみんなそれぞれ、正義というものがあって、正義を守るために戦争をしたり 言い争いをしたりしてしまうのは、正直仕方ないのかもしれない。 でも自分自身の正義が、きっと周りの人たちを傷付けているのかもしれないよね。 だから今日だけは、みんな友達のように歌って踊ろうじゃないか。 そしてもうこれ以上、戦争や言い争いをするのをやめようじゃないか。 終わりにしようじゃないか。 まとめ 歌詞の中に「百万年に一度太陽が沈んで夜が訪れる日」や 「百万年に一度太陽が夜に遊びに訪れる日」とありますが、 実際にそんな日が来ることはなく、あくまで例え話なんだということも なんとなくわかってきました。 (もしかしたら世界中のどこかに太陽が全く落ちない国はあるかもしれないですが、 太陽が沈んで夜がやってくるのは、ほとんどの国で当たり前のように ありますからね) ここで表しているのは、今起こっている戦いをやめれば、みんなが嫌な思いをしないで 仲良く暮らして、当たり前のように夜がやってきて、ぐっすり眠れる日がくるんだ、 というような思いが歌詞に込められているのではないかと思います。 今まさにヨーロッパやシリアなどでテロが起こっています。 歌詞にあるように、人間はみんなそれぞれ、プライドやその人の長所、短所があって 中には人の短所を批判したり喧嘩して、相手を傷つけてしまったりしまうことも あるでしょうし、 自分の正義を守るために、人の命を奪って しまうことも現実に起きています。 そんなテロや争いをなくして、世界中のみんなが平和に生きていけるような 世の中にしていきたいんだ、 という思いがこの歌詞に込められているのではないか、と 分析していきながら感じました。 今までなんとなく歌詞を見ていた人 そこまで歌詞の内容を考えずにカラオケで 歌っていた人 自分になりにどんな想いで歌詞にしたのか考えてみた人 いろいろな人が いるかと思いますが、 あまり歌詞の意味を考えていなかった人は、 今回の記事を読んでから、 もう一度じっくり歌詞を見てみると、 作詞したFukaseがどんな想いで歌詞を書いたのかが わかってくるかもしれないですし、 今以上に「Dragon Night」の曲を好きになると思います。 世界中にはいろいろな考えや思想、国によって文化が違ったりします。 日本は宗教の自由がありますが、他の国だとそうでない国もあったりします。 それは仕方のないことだとは思いますし、理想と現実を切り離すことは難しいかも しれません。 でも、先ほども書きましたが、 この世の中から争いごとをなくして、世界中の誰もが 平和で安全に生活していけることを願いたいものです。 SEKAI NO OWARI 価格: 750円 セカオワのこちらの記事もよく読まれています。 SEKAI NO OWARI プロフィール Fukase 本名:深瀬 慧(ふかせさとし) 担当:ボーカル、ギター 趣味:自転車、酒 Nakajin 本名:中島 真一(なかじましんいち) 担当:ボーカル、コーラス、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ピアノ、キーボード、シンセサイザー、ブルースハーブ、サウンドプロデュース 好きな食べ物:ラーメン Saori 本名:藤崎 彩織(ふじさきさおり) 担当:ボーカル、コーラス、ピアノ、キーボード、アコーディオン、シンセサイザー 大阪府で1986年に生まれて、現在29歳です。 趣味:読書(好きな作家は村上春樹、三島由紀夫).

次の

ドラゴンナイト

ドラゴンナイト 意味

SPONSORED LINK ドラゴンナイトとは ドラゴンナイトは、2014年10月15日に発売されたSEKAI NO OWARIのメジャー7枚目のシングルです。 この曲は、2年ほど前にボーカルの深瀬さんが、高校の同級生との飲み会に行く途中にメロディーが浮かんだそうです。 そしてその後、深瀬さんがプールで歩いている時に 「ドラゴンナイト」というフレーズが浮かんできて、そのドラゴンナイトというフレーズを広げていき、ドラゴンナイトの歌詞が誕生しました。 またこの時深瀬さんは、 どういうナイトにしようかなと考えたとき、なんとなくいいナイトにしようという思いがあったそうです。 収録曲• Dragon Nigh• MAGIC• Love the warz — rearranged — ライブCD(初回限定特典) ドラゴンナイトの初回限定盤には、炎と森のカーニバル-スターランド編のライブCDがついてきます! 個人的には、初回限定盤Aがおすすめです! スターライトパレードやRPGが収録されている他、なんといっても幻の命が収録されていますからね! 幻の命に関しては、で紹介しています。 ライブCD 「炎と森のカーニバル-スターランド編-Selected LIVE CD Version A」 (初回限定盤Aのみ)• スターライトパレード• Love the warz• ファンタジー• スノーマジックファンタジー• Death Disco• 青い太陽• 幻の命• RPG• 炎と森のカーニバル 「炎と森のカーニバル-スターランド編-Selected LIVE CD Version B」 (初回限定盤Bのみ)• 眠り姫• 虹色の戦争• Never Ending World• 生物学的幻想曲• ピエロ• 銀河街の悪夢• yume• 深い森• Fight Music ドラゴンナイトの動画やPVについて スノーマジックファンタジー、炎と森のカーニバル、スターライトパレードなど、これまでセカオワは新曲を出すとPVをYouTubeに公開してきました。 そこで、ドラゴンナイトのPVをYouTubeで検索してみると、セカオワがテレビ出演したときの動画は出てきますが、 ドラゴンナイトのPVは出てきません。 なぜなのか、それはドラゴンナイトの制作時期に関係しています。 ドラゴンナイト制作時期 ドラゴンナイトの構想は、セカオワが2013年に富士急ハイランドで開催したライブ「炎と森のカーニバル」開催時からありました。 このライブが終わった後に、シングル「スノーマジックファンタジー」「炎と森のカーニバル」が発表されます。 シングル「炎と森のカーニバル」が発表された頃、セカオワの全国ライブツアー「炎と森のカーニバル-スターランド編-」 が始まりました。 そして、この年の秋にはセカオワのワンマンライブ「TOKYO FANTASY」が開催されました。 このように、セカオワはライブや新曲発表など精力的に活動してることがわかりますね。 ドラゴンナイトのPVはあるのか さて本題ですが、 ドラゴンナイトのPVはありません! 推測になりますが 、PVがないのはセカオワが多忙すぎてPV撮影をする時間がとれなかったからではないでしょうか。 と言うのも、何故PVがないのかについては語られていません。 なので、上記の理由を踏まえたうえでこのような結論になりました! ・・・セカオワ働きすぎ! ドラゴンナイトの歌詞の意味は? ドラゴンナイトの誕生については冒頭に書きましたが、ドラゴンナイトの歌詞が持つ意味、また深瀬さんはどういう意図をもって作った曲なのでしょうか。 ドラゴンナイトの歌詞はクリスマス休戦が元ネタ? クリスマス休戦とは、1914年第一次世界大戦時の12月24日に、ドイツ軍とイギリス軍がクリスマスを祝うために、一時停戦したという出来事です。 また、この停戦時に両軍の戦死者の合同埋葬式が行われたり、サッカーの親善試合や記念撮影も行われていたそうです。 ドラゴンナイトの歌詞にあるフレーズを考えると、ドラゴンナイトの歌詞の意味とはこの出来事を指しているようにも思えます。 ドラゴンナイトの歌詞の意味を考える ドラゴンナイトの歌詞の意味に関して、上記のクリスマス休戦説や、イスラム国がどうのこうのという説があるようですが、結論から書くと ドラゴンナイトの歌詞の意味は明かされていません! セカオワのインタビューで、深瀬さんは歌詞に関してはあまり口外したくはないようで、内緒だと答えています。 また、彩織さんはドラゴンナイトの歌詞がすごく気に入ったそうです。 あるときに、この歌詞を作るに至った大元の話を深瀬さんがしゃべっているのを聞いた彩織さん。 それは歌詞を見ただけではわからない話だそうで、 この部分を今後の演出で少し見せようかなと彩織さんはインタビューで話していました。 彩織さんがいう、今後の演出とはライブのことだと思うのですが、ドラゴンナイト発売直前に開催した、ライブ「TOKYO FANTASY」にてこの部分が明かされているのか、それとも今後のライブで披露されるのかは定かではありませんが、そういう意味でもセカオワのライブが楽しみになりますね! 結論 ドラゴンナイトの歌詞の意味ですが、公式には明かされていません。 ただ、聞いた人がクリスマス休戦やイスラム国のことを歌っているのだと思ったのであれば、それはそれで正解だと思います。 どう解釈するかそれは人それぞれですからね! ドラゴンナイトは衣装にも注目! セカオワのドラゴンナイトの印象といえば、• ドラゲナイ• トランシーバーマイク• モッズコート ですね! そこで、個人的に特に気になるアイテム「モッズコート」について調べました! モッズコートとは モッズコート(M51 )とは、1950年代に採用された米軍の極寒防寒着の51年型モデルのこと。 上の画像が、その51年型モデルです。 1990年代までは、「モッズパーカ」や「シェルパーカ」とも呼ばれていました。 現在では、 ミリタリー風コート=モッズコートという意味で使われていることが多いようです。 セカオワ ドラゴンナイトの影響で人気沸騰中のモッズコート セカオワのドラゴンナイトが注目されるにつれて、セカオワの衣装がかっこいい!と評判になり、洋服店にモッズコートの問い合わせが急増したとか! 私もセカオワが着てるようなモッズコートが欲しかったんですが、友人が先にモッズコートを買ってしまいお揃いもあれなんで、泣く泣く断念しました・・・ なにやら、店舗によってはモッズコートは品薄になっているようで・・・ セカオワ人気おそるべし! モッズコートの種類 せっかくモッズコートを買うなら、ドラゴンナイトの衣装のようなモッズコートが欲しいですよね! モッズコートには2種類の種類があり、それぞれの特徴を紹介します。 モッズコート M-51• 米軍が1950年代に採用した極寒防寒着• 51年型モデル• 現在では、米軍でも製造されていないため入手困難• ドラマ「 踊る大捜査線」で青島刑事(織田裕二)が着ていた、モッズコートもこのM-51タイプになります モッズコート M-65• 1965年に登場• 機能性とデザイン性に優れたモッズコート• オールシーズン対応の全天候型で、現在では世界各国の軍隊で採用されています• 現在、店頭に並んでいるモッズコートは「M-65」をベースにデザインされています• セカオワの衣装で採用されているのも、M-65タイプのモッズコートです 最後に 「ドラゲナイ」ですが、これは深瀬さんの「ドラゴンナイト」の発音が良すぎてそう聞こえたことが由来しています。 私は、ドラゲナイの使い方がよくわかりません・・・ 深瀬さん自身もドラゲナイをどう使うかわかっていない様子。 使い方なんて、誰もわかってないドラゲナイ! amazon: タワレコ: 私の大好きなアーティスト「世界の終わり」 その中でも、一番好きな曲がこの「幻の命」 四、五年前だ 最近、アスティとくしまでセカオワのライブがあって、チケットまで買ってたんですが、諸事情で行くことがで SEKAI NO OWARIを代表する曲といえば、ドラゲナイこと「ドラゴンナイト」もしくは「RPG」 今まで何度か取り上げてきたセカオワネタですが、セカオワ関連の記事としては4記事目となる今回は、世界の 来春から使用される、高校の音楽の教科書にセカオワの「RPG」が掲載されることがわかりました! 前回紹介したスターライトパレードに続き、セカオワの曲について書いていきたいと思います。 今回紹 今回も、セカオワの楽曲を紹介していきます。 今回紹介するのは、JR東日本「JR SKISKI」• アーカイブ• カテゴリー• 134• 108•

次の