ドコモ 光 速度 変更。 ドコモ光の回線速度が遅い原因と解決する方法

ドコモ光を100M→1Gに変更、nifty v6プラス接続完了

ドコモ 光 速度 変更

ただし、すでに「IPoE接続方式」や「v6プラス」といった環境を整えているにもかかわらず、ドコモ光の速度に不満を感じている人もいるかもしれません。 そうした場合、他社の回線に乗り換えることも検討しましょう。 他社回線であれば、NURO光がおすすめです。 NURO光は、NTTが利用していない光ファイバーを利用した、独自回線でサービスを提供しています。 よって、回線が混雑しにくいと言われています。 また、NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」は、ドコモ光の基本プラン「ドコモ光 1ギガ」と比べ、下りの最大通信速度が2倍です。 プラン名 最大通信速度 NURO 光 G2V 上り1Gbps 下り2Gbps ドコモ光 1ギガ 上り・下り共に 1Gbps 速度に不満があって乗り換えるなら、NURO光を検討してはいかがでしょうか。 G2Vプランに申し込むなら、NURO光公式特設ページのキャンペーンを利用しましょう。 公式特設ページから申し込むと、オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックを受け取ることができますよ。 ドコモ光の速度は本当に遅い?利用者の実測値をもとに解説 ドコモ光には、基本プランの1ギガと、2020年4月より提供が開始された10ギガ、2つの速度プランがあります。 「ドコモ光 1ギガ」の最大通信速度は、上り・下りともに1Gbpsです。 ただし、これはあくまで最大速度であり、契約プロバイダ、接続機器、使用状況や時間帯などによって、実際の速度は変わってきます。 ここでは、まず、実際にドコモ光を利用している人たちの実測値を見ていきましょう。 プロバイダ別に見るドコモ光の実測値 ドコモ光の利用者の声を、Twitterで探ってみました。 プロバイダによって速度に違いはあるのでしょうか。 新居のネット工事完了。 9Mbps!よく知らんけど「v6プラス」ってのになったらしいが、そいつのおかげかな?もっと速い環境もあるみたいだけど、今までは調子が良くて80Mbps、前のマンションだと19時になると7Mbpsという、DAZN観ると常にグルグルで目が回ってしまう環境に比べればね。 — hoss bollocks38 まずは「GMOとくとくBB」利用者の声です。 「v6プラス」という接続サービスを手に入れたことで、快適な速度を手に入れたようですね。 「v6プラス」を備えることで、速度アップが実現できそうだということがわかりました。 「GMOとくとくBB」ユーザーと比べると、速度が落ちるようです。 「TNC」は「v6プラス」に対応していません。 以上から、通信速度にプロバイダの性能が関わっているということが言えそうですね。 時間帯別に見るドコモ光の実測値 では、利用する時間帯は、ドコモ光の速度に影響するのでしょうか。 朝(0時〜6時)、午前中(6時〜12時)、午後(12時〜18時)、夜(18時〜0時)に分けて、ドコモ光の利用者の実測値を見ていきましょう。 まずは、朝(0時〜6時)における実測値です。 利用者は早朝の4時51分に速度を計測しています。 早朝は比較的利用する人が少ないので、通信が混雑していないのかもしれません。 次は、午前中(6時〜12時)の実測値を紹介します。 ドコモ光、朝一発目。 利用者は、他の時間帯より速度がよいと感じているようですね。 では、昼過ぎの午後(12時〜18時)ではどうでしょうか。 混雑する時間帯と言われるお昼で「55Mbps」は安定している速度のようですね。 最後に、週末の実測値を見てみましょう。 利用者は「89Mbps」で「上出来」だと言っているので、ふだんはもっと速度が落ちるのかもしれません。 以上から、ドコモ光ユーザー自身も、時間帯によって通信速度に差が出ることを実感しているようです。 地域別に見るドコモ光の実測値 ここまで、プロバイダ別、時間帯別の通信速度を見てきました。 では、地域によって速度に差は出るのでしょうか? まずは、北海道のドコモ光ユーザーによる実測値です。 北海道東川町 ドコモ光の測定結果 ping値: 39. 67ms ダウンロード 下り 速度: 111. 07Mbps アップロード 上り 速度: 107. 23Mbps」、下り「111. 07Mbps」が出ています。 では、東北・福島県はどうでしょうか。 0ms ダウンロード速度: 322. 07Mbps 非常に速い アップロード速度: 383. 11Mbps」、下り「322. 07Mbps」です。 安定して300Mbpsが出ているようで、かなり快適なインターネット環境だとわかります。 続いて、首都・東京の通信速度を見てみましょう。 ドコモ光GMOv6平均速度です。 ドコモ光側からの指定サイト計測 契約数日で解約しました!ドコモ光側からは二桁で十分と言われ。 群馬ではダメでしたねー。 東京もギリ3桁なので2桁が基本的だと思います。 33Mbps」、下り「101. 85Mbps」ですね。 北海道や福島県よりも低い数値なので、地方よりも首都圏のほうが速度が快適とは一概に言えなさそうです。 大阪府のユーザーが速度を計測したところ、上り「91. 68Mbps」、下り「51. 91Mbps」が出ました。 大阪府堺市西区 ドコモ光の測定結果 ping値: 44. 48ms ダウンロード 下り 速度: 51. 91Mbps アップロード 上り 速度: 91. 最後に、福岡県のドコモ光ユーザーの実測値を見てみましょう。 福岡戻ってきたので、ドコモ光 — りくどう rikudou1985 なんと、上り「547. 58Mbps」、下り「409. 61Mbps」という数値が出たようです。 かなり快適なインターネット環境ですね。 以上のことから、地域による速度の差はあまりなさそうだと想像できます。 しいて言えば、大都市は地方に比べて混雑が発生しやすく、速度が落ちてしまうのではないでしょうか。 もちろん、今回の調査結果は、時間帯や接続環境など、利用地域以外の要因もかかわっているので、そのまま参考にはできません。 中には、利用者自身ではどうしようもない要因も含まれていそうです。 ただし、契約プロバイダを変える方法であれば、ドコモ光ユーザーでも簡単に対策できるでしょう。 次に、快適なインターネット環境を実現する、ドコモ光のプロバイダについて見ていきます。 ドコモ光の速度はプロバイダによって変わる!IPoE接続方式かどうか確かめよう ここでは、ドコモ光で快適なインターネット環境を実現するための、プロバイダ選びのポイントを紹介します。 ドコモ光のプロバイダは、タイプAとタイプBという2つの料金プランに分かれています。 料金プラン タイプA タイプB 戸建ての月額料金 5,200円 5,400円 マンションの月額料金 4,000円 4,200円 戸建てもマンションも、タイプAの月額料金は、タイプBよりも200円安いことがわかりますね。 では、プロバイダの性能はどうでしょうか。 先ほどのTwitter調査からもわかるように、快適な速度を手に入れるためには、プロバイダは「v6プラス」という接続サービスを備えているほうがよいようです。 本記事では、プロバイダを性能で選ぶ際は、次の2つを満たしているものをおすすめします。 「IPoE接続方式」であること• 「v6プラス」接続サービスが利用できること それぞれ、くわしく見ていきましょう。 ドコモ光のプロバイダは「IPoE接続方式」と「v6プラス」を備えているものを選ぶ ドコモ光のプロバイダを選ぶなら、「IPoE接続方式」であること、「v6プラス」接続サービスが利用できることが大事です。 「IPoE接続」は、従来の「PPPoE接続」と比べてシンプルにインターネットへ接続できます。 また、接続設備も大容量なので、安定した通信環境を実現できます。 「IPoE接続」なら、混雑した時間帯や、大都市でも、スムーズにインターネットを楽しむことができるでしょう。 また、「v6プラス」とは、快適なインターネット接続を実現するためのサービスです。 「GMOとくとくBB」の公式サイトによると、通常、フレッツ光ネクストの通信速度は、下り最大100~200Mbpsに制限されているということです。 しかし、「v6プラス」を導入することで、より高速な通信が可能になります。 また、「v6プラス」で接続すれば、混雑を回避しやすいIPv6通信だけでなく、従来のIPv4通信にしか対応していないページも「IPoE接続方式」で閲覧できます。 ドコモ光のプロバイダ24社の性能を比較 ドコモ光のプロバイダは、タイプAとタイプBを合わせると、全部で24社あります。 では、タイプBはどうでしょうか。 ここで、もう一度、タイプAとタイプBの月額料金を比較してみましょう。 ドコモ光 1ギガ タイプA タイプB 戸建ての月額料金 5,200円 5,400円 マンションの月額料金 4,000円 4,200円 タイプAの月額料金は、タイプBよりも200円安いので、同じ性能で選ぶならタイプAのプロバイダがよいですね。 ドコモ光で快適なインターネット環境を実現したいなら、この14社から選ぶといいでしょう。 中でも、「GMOとくとくBB」なら、キャッシュバックやdポイント付与といった特典を受け取れます。 「GMOとくとくBB」公式サイトのキャンペーンは次の通りです。 回線の混雑状況• インターネット接続環境• 端末のメモリ不足 それぞれ見ていきましょう。 回線が混雑している曜日・時間帯である可能性 曜日や時間帯などによって混雑が発生することがあります。 アクセスしているウェブサイトが混雑している場合も、回線速度が遅くなるでしょう。 このような場合は、しばらく待って再度アクセスしてみてください。 それでも速度が改善しなければ、機器の接続環境に原因があるかもしれません。 インターネットの接続環境に問題がある可能性 曜日や時間帯、閲覧サイトなどが原因とは考えづらい場合、インターネットの接続環境に原因があるかもしれません。 まずは、使用しているLANケーブルの規格をチェックしましょう。 「ドコモ光1ギガ」の最大通信速度に対応していない可能性があります。 1Gbps対応(1000BASE-T)なのは、「CAT5e(カテゴリー5e)」以上の規格です。 LANケーブルの表示を確認してみましょう。 無線LAN通信を利用しているなら、無線LANルーターや端末の規格を確認してください。 「ドコモ光 1ギガ」であれば「IEEE802. 11n」以降の規格のものを利用すると、速度が改善するかもしれません。 パソコンやスマホなどの端末がメモリ不足である可能性 使用しているパソコンやスマホなどの端末が、メモリ不足である可能性もあります。 空き容量を確認し、メモリを増設したり、データをクラウド上に移したりすれば、速度が改善するかもしれません。 不要な常駐プログラムや、複数のアプリを同時に起動している場合も、速度が遅くなることがあります。 このような場合は、プログラムやソフトを閉じることで速度が改善する可能性があります。 ドコモ光の速度が改善しなければ他社回線への乗り換えを検討する プロバイダやインターネット環境を見直しても、速度が改善しないこともあり得ます。 そんなときは、他社の光回線に乗り換えるのも手です。 他社回線であれば、NURO光がおすすめです。 NURO光は、NTTが利用していない光ファイバーを利用した、独自回線でサービスを提供しています。 よって、回線が混雑しにくいと言われています。 また、NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」は、ドコモ光の基本プラン「ドコモ光 1ギガ」と比べ、下りの最大通信速度が2倍です。 速度に不満があって乗り換えるなら、NURO光を検討してはいかがでしょうか。 また、「NURO 光 G2V」の月額料金は4,743円です。 「ドコモ光 1ギガ」だと、マンションプランよりは高くなりますが、戸建てだとNURO光が安いですね。 ドコモ光 1ギガ タイプA タイプB 戸建ての月額料金 5,200円 5,400円 マンションの月額料金 4,000円 4,200円 通信速度と料金をあわせて考えても、NURO光への乗り換えは一考する価値があるのではないでしょうか。 NURO光に乗り換えるなら公式特設ページから申し込もう 「NURO 光 G2V」へ乗り換えるなら、NURO光公式特設ページから申し込むといいでしょう。 NURO光公式特設ページで申し込むと、オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。 他にも、基本工事費40,000円が実質無料になったり、So-net設定サポートが1回無料になったりします。 一度、公式特設ページをのぞいてみましょう。 ドコモ光からNURO光に乗り換える時の注意点 ドコモ光からNURO光に乗り換える場合、いくつか注意点があります。 具体的には次の5つです。 ひかり電話の番号が使用できなくなる 2. 解約月の月額料金は日割り請求されない 3. プロバイダの解約要否は各自で確認する 4. NTT東日本の月額利用料割引は終了される 5. ドコモ光パックの割引は廃止となる まず、ひかり電話を利用している場合、そのまま解約すると電話番号が使えなくなる場合があります。 NTT東西が提供する関連サービスも自動契約解除になるので、解約前にNTTへ問い合わせましょう。 また、解約月の「ドコモ光」の基本使用料は日割り計算されません。 1ヵ月分の基本使用料が請求されるので、費用を用意しておきましょう。 「プロバイダがセットになったプラン」を契約しているなら、光回線とプロバイダの解約方法が異なるので注意が必要です。 光回線を解約すると、プロバイダは以下いずれかの変更が行われます。 旧プロバイダが自動解約となる• 有料プランへ変更となる• 無料プランへ変更となる なお、プロバイダ単独で契約してるなら、解約は各プロバイダに直接申し込む必要があります。 さらに、NTT東日本の月額利用料割引を適用していた場合、解約月で割引は終了です。 翌月からは割引が適用されないので注意しましょう。 ドコモ光パックを利用していた場合も、割引は廃止となります。 ただし、シェアグループ内に携帯電話回線の1回線以上を「ドコモ光」をセットで契約していれば、割引額の変更になる場合もあります。 まとめ ここまで、ドコモ光の速度を改善する方法について、紹介してきました。 快適なインターネット環境を実現するには、プロバイダ選びが重要です。 ドコモ光のプロバイダは、以下の4つを満たすものを選びましょう。 ・月額料金の安いタイプAであること ・「IPoE接続方式」であること ・「v6プラス」接続サービスが利用できること ・キャッシュバック特典を受け取れること 本記事がすすめるプロバイダは「GMOとくとくBB」です。 「GMOとくとくBB」のサイトから申し込めば、最大20,000円のキャッシュバックが受け取れる他、2,000ptのdポイントも付与されます。 ただし、すでに「IPoE接続方式」や「v6プラス」といった環境を整えているにもかかわらず、ドコモ光の速度に不満を感じている人もいるかもしれません。 そうした場合、他社の回線に乗り換えることも検討しましょう。 他社回線であれば、NURO光がおすすめです。 NURO光は、NTTが利用していない光ファイバーを利用した、独自回線でサービスを提供しています。 よって、回線が混雑しにくいと言われています。 また、NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」は、ドコモ光の基本プラン「ドコモ光 1ギガ」と比べ、下りの最大通信速度が2倍です。 速度に不満があって乗り換えるなら、NURO光を検討してはいかがでしょうか。 G2Vプランに申し込むなら、NURO光公式特設ページのキャンペーンを利用しましょう。 公式特設ページから申し込むと、オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックを受け取ることができますよ。

次の

ドコモ光の最大速度の変更手続きってあるの?速度が遅い時の改善策|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ 光 速度 変更

気になる月額料金をずばり解説します。 実際には、お客様のご利用環境や回線状況により、低下する場合があります。 月額料金が格安! インターネットに必須のプロバイダ料もコミコミの月額料金。 マンションにお住まいの方 月額 4,000円(税抜)~• 実際には、お客様のご利用環境や回線状況により、低下する場合があります。 更新後を含む契約期間内での解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかります。 ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。 「ドコモ光」の契約期間とペア回線(「ドコモ光」と対になる携帯電話回線)の契約期間は別々に取り扱われます。 それぞれの契約期間が異なる場合、ペア回線の契約期間満了時に「ドコモ光」を解約した場合には、「ドコモ光」の解約金が発生します。 実際には、お客様のご利用環境や回線状況により、低下する場合があります。 更新後を含む契約期間内での解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、戸建タイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかります。 ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月はかかりません。 「ドコモ光」の契約期間とペア回線(「ドコモ光」と対になる携帯電話回線)の契約期間は別々に取り扱われます。 それぞれの契約期間が異なる場合、ペア回線の契約期間満了時に「ドコモ光」を解約した場合には、「ドコモ光」の解約金が発生します。 お支払いの種類 内容 請求書によるお支払い 請求書は毎月15日頃お客様宅にお届けし、お支払い期限は毎月末日となります。 なお、お支払いには弊社窓口、金融機関、コンビニエンスストアなどがご利用いただけます。 口座振替によるお支払い お客様の預金口座から毎月自動的にご利用料金をお支払いいただく方法です。 口座振替をご希望の場合は別途手続きが必要です。 クレジットカードによるお支払い 毎月のご利用料金等をお客様指定のクレジットカードでお支払いいただけます。 お支払日はお客様がご指定の各クレジットカード会社の規約に基づいた指定日のお支払いとなります。 クレジットカード支払いをご希望の場合は別途手続きが必要です。 「初期工事費」は、現在ご利用のインターネットや実際の工事内容によって料金が変化。 さらに、新規費用がお得になる特典もご用意!• 新規 お申込みの方• 光コラボから 切替の方 (事業者変更)• 最大速度1Gpbsは技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の通信速度は、お客様のご利用環境や回線の混雑状況、マンションの場合は該当建物の伝送方式などによって、大幅に低下する場合があります。 最大速度1Gpbsは技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の通信速度は、お客様のご利用環境や回線の混雑状況、マンションの場合は該当建物の伝送方式などによって、大幅に低下する場合があります。

次の

【ドコモ光が遅い】速度が遅くなる7つの原因と改善方法を解説!

ドコモ 光 速度 変更

@niftyからドコモ光を契約すると、WiFiルーターが無料レンタルできたり、20,000円のキャッシュバックがもらえる特典がついてくる人気のプロバイダです。 月額料金が安い ドコモ光のプロバイダ全24社、すべてが同じ月額料金ではなく「タイプA」と「タイプB」にわけられていて、 niftyは月額料金が安いタイプAのグループに入っています。 戸建て マンション タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 タイプAとタイプBの違いは200円程度ですが、チリも積もれば山となり2年間の契約期間の差額は4,800円にもなりますので、タイプAのプロバイダを選べばほぼ1ヶ月分の月額料金分が節約できると思ってよいでしょう。 プロバイダ キャッシュバック金額 オプション加入時 nifty 20,000円 - GMOとくとくBB 5,500円 最大20,000円 ぷらら 15,000円 - OCN 15,000円 - DTI 10,000円 15,000円 さらにスゴいのが、一般的に他社からの乗り換え(事業者変更・転用)の場合だとキャッシュバックが減らされてしまうものなのですが、@niftyは新規登録でも他社からの乗り換えでも変わらず20,000円のキャッシュバックがもらえます。 またキャッシュバックをもらうためにオプション加入を条件にしているプロバイダがある中、@niftyは無条件で20,000円のキャッシュバックがもらえるので、キャッシュバック目的の方におすすめのプロバイダです。 実は プロバイダのインターネットの接続方式によって、通信速度に差がでることがあります。 現在はIPv6という接続方式が主流になっていて、どのプロバイダもその接続方式にしています。 @niftyもv6プラス接続方式なので通信速度は速くなりやすいプロバイダです。 さらに、@niftyではWi-Fiルーターの無料レンタルも実施しています。 Wi-Fiルーターがレンタルできるプロバイダはドコモ光の中で10社もあるので、そこまでメリットは感じませんが、レンタルできるWi-Fiルーター(WRC-1167GST2H)を自分で買うとなると5,000円~10,000円はかかりますし、通常は月額500円の有料サービスなので間違いなくお得感はあります。 Wi-Fiルーターの速度は無料レンタルのわりに最大867メガと十分速いので、初期費用を安くおさえたい方には@niftyがおすすめです。 光回線の開通工事のあと、ご自身でパソコンを設定する自信がない方はサービスをつかってみてはいかがでしょうか。 遠隔操作で設定してくれる「リモートサポート」 電話や遠隔操作でパソコンやスマホのトラブルを解決してくれるサービス(月額500円)が1回だけ無料でつかえます。 ただし利用時間が10分を過ぎると追加料金が発生しますので使いどころが難しく、ネット回線の設定をして欲しい人には向いていません。 無料でネット環境の設定をしてほしい方は、次に紹介する『訪問サービス』がおすすめです。 パソコンを設定を代行してくれる「訪問サービス」 パソコンに詳しい専門スタッフが、ネット接続や機器の設定を代わりにやってくれる「訪問サービス」が1回だけ無料で使えます。 専門スタッフが設定してくれるのはパソコン・スマホやプリンターなどの機器だけじゃなく、セキュリティソフトをパソコンにいれてくれたり、インターネットに関することなら基本的にはなんでもやってくれます。 また他の v6プラス接続をしているプロバイダ同士をくらべても通信速度に大きな差はでません。 niftyでv6プラスにしても遅いんだね。 30Mでは遅いって。 某氏のところでは200Mとか出てるのに・・・ —?? ヘルメット?? さすがに200Mbps出ている人と比べてみると30Mbpsは遅いと感じるかもしれませんが、これくらいの通信速度であれば満足する方も多いはずです。 しかし下の人の3. 74Mbpsしか通信速度がでていないとなると、ネット検索や動画を見るときにストレスに感じる人もいるはずです。 検索してページが表示されるのが遅かったり、動画を観ると止まったりする可能性が高いです。 このようにネットを 快適に使える通信速度が出ているのに遅いと感じる人もいれば、本当に通信速度がでていなくて遅いと感じている人もいます。 ネット上の声では@niftyの通信速度は遅いという意見が多いですが、利用環境や用途によっても通信速度は変わります。 他のv6プラス接続を採用しているプロバイダでも遅いという意見は必ずでます。 実際に使ってみないとどれくらいの通信速度でネットが使えるかはわかりません。 @niftyだけが遅いということはないので、全ての評判を鵜呑みにはせず、あくまでも参考程度にしてください。 建物や使っている利用時帯などによって通信速度が遅くなることがあるんです。 通信速度が遅くなる原因 ・マンションタイプは通信速度が遅くなりやすい ・マンションがVDSL配線だと遅くなる ・夜にネットを使うと通信速度が遅くなる ・通信障害が発生する 特にネットを使う時間帯が通信速度の遅くなる原因になることが多くなっていて、 夜間の21時~23時が通信速度が遅くなるピークの時間帯になっています。 参考までにドコモ光のプロバイダのキャッシュバックの受け取り期間の比較データを用意しましたので、キャッシュバック目的でプロバイダを選びをしている方は参考にしてみてください。 プロバイダ 受け取りまでの期間 GMOとくとくBB 4ヶ月後 ぷらら 4ヶ月後 DTI 6ヶ月後 nifty 12ヶ月後 キャッシュバックがもらえるプロバイダの中でも、@niftyは最長の受け取り期間ですが、キャッシュバックが同じ金額の『GMOとくとくBB』は4ヶ月で受け取れます。 もらい忘れが心配な方は、受け取り期間が短い『GMOとくとくBB』などのプロバイダを選ぶとよいでしょう。 ドコモ光のおすすめプロバイダ @niftyの5つメリットの中で僕がとくに魅力を感じているのは「20,000円のキャッシュバック」ですが、キャッシュバックがもらえるまで1年かかってしまうところがデメリットに思えます。 それに比べ、@niftyと同じ20,000円キャッシュバックの『GMOとくとくBB』は、オプション加入が条件とはいえ、4ヶ月で受け取れるのですから便利であることに間違いありません。 さらに、GMOとくとくBBはプロバイダの中で無料レンタルのWi-Fiルーターの性能がいちばん優れているので、速度を重視している方にもおすすめしたいプロバイダです。 プロバイダ 最大速度 メーカー 型番 GMO とくとくBB 1733Mbps BUFFALO製 WXR- 1750DHP2 1733Mbps NEC製 Aterm WG1900HP2 1733Mbps ELECOM製 WRC-2533GST2 nifty 867Mbps ELECOM製 WRC-1167GST2H GMOとくとくBBは、2019年のオリコン顧客満足度ランキングで1位を獲得した経歴もありますし、ドコモ光の中でいちばん選ばれているプロバイダが『GMOとくとくBB』なのも事実です。 以上の理由から、キャッシュバック・無料レンタルのWi-Fiルーター目的で@niftyの契約を検討している方には、満足度が高い『GMOとくとくBB』をおすすめいたします。 ただこれから新しくドコモ光に申し込む人やフレッツ光からドコモ光へ切り替える方であればGMOとくとくBBを選ぶことをおススメします。

次の