ランウェイ24 出演者。 『ランウェイ24』キャスト、あらすじ、相関図、ロケ地&空港の撮影場所!【朝比奈彩主演ドラマ】

夏ドラマ・2020年7月スタートの新ドラマまとめ一覧

ランウェイ24 出演者

脚本は奥山雄太さん、奥村徹也さん、保木本真也さんによるオリジナルストーリーです。 出演者• 朝比奈彩(井上桃子)• 犬飼貴丈(海野大介)• 白石隼也(香月徹也)• ko-dai Sonar Pocket (山村一郎)• 傳谷英里香(浅野あかり)• 蜂谷晏海(斎藤菜々子)• 猪野学(島崎翔一)• 長谷川朝晴(新開浩平)• 小倉久寛(淀川CEO) 主題歌.

次の

主な出演実績|エキストラの応募はプロダクション芸優へ!

ランウェイ24 出演者

パイロットだった亡き父に憧れ、念願の航空業界に就職した副操縦士の井上桃子(朝比奈彩)。 在りし日の父を知る上司の機長・新開浩平(長谷川朝晴)の指導のもと、夢のキャプテンになるためにPeachで日々、研鑽を積んでいる。 学生時代から交際している桃子の彼氏・海野大介(犬飼貴丈)も、桃子の夢を応援。 老舗和菓子店の跡継ぎで、一流の和菓子職人を目指し修業中の大介とは、夢を目標にお互いを支え合う仲だ。 ある日、桃子がフライト予定の便で乗客とのトラブルが発生。 LCCのシステムを知らない客が、機内持ち込み荷物の制限について文句を言ってきたのだ。 悪いことに相手は現役のプロレスラー。 「責任者を呼べ!」という要求に応じ、桃子は対応を試みるが…。 トラブルは他の乗客も巻き込み、一触即発の状態に発展!?その一部始終を、離れたところから見ている一人の男性、香月徹也(白石隼也)。 対応に追われる桃子は、その存在にまだ気づいていない…。 【第1話・ネタバレ解説】第1話は、井上桃子が副操縦士として活躍する始まりのストーリーだ。 桃子は、コミュニケーションを心掛けてお客様の搭乗手続きを手伝う。 そこに、プロレスラーの客がやってくる。 荷物に対してのトラブルであった。 プロレスラーの客は、不満を漏らす。 その場は収まったがしばらくして再び騒動が起きる。 プロレスラーは責任者を呼べと要求したのだ。 LCCのルールの不満を言い始める客に対して桃子は、丁寧に説明するが聞き入れない。 プロレスラーは女の操縦士が信用できないと言った。 しばらくしてキャプテンの新開がフォローをしに来る。 桃子は、必ず安全に送り届けると宣言した。 機体は無事に離陸して安全な空の旅となった。 機内では、プロレスラーは寒さに耐えきれずにいた。 その状況に気づいた乗客が自分の毛布を手渡した。 到着後にプロレスラーと出会う桃子。 プロレスラーの付き人は感謝を述べて去っていった。 その直後、桃子に「パイロット失格だ」という男性が現れた。 その男性は副操縦士の香月だった。 (男性40代) 【第2話・ネタバレ解説】ローコストキャリアが売りの航空会社Peachに、香月徹也が新しく副操縦士として入社してきた。 香月は、この会社のディスパッチャーである島崎の、いつでもそっけない態度をとることに腹をたてていた。 副操縦士の井上桃子もその一人だった。 ある日のフライト中のことでした。 一人の乗客が、胸をおさえて倒れこんでしまった。 関西空港へ引き返そうとしていたが、天候が急転していたのだ。 機長の新開浩平は、伊丹空港へまわろうとしていたが、ディスパッチャーは、関西空港を指示してきた。 桃子がその判断に疑問をもっていると、新開は島崎の事を語りはじめた。 島崎は、冷静な判断をいつでも、パイロットに伝えたいがために、わざとパイロットのみんなと距離をとるようにしているのだと桃子に教えた。 島崎の判断通りに関西空港に向かうと、薄暗かった空の色が明るく変化しはじめていた。 (男性40代) 【第3話・ネタバレ解説】仲間意識のない香月に桃子は不満爆発。 言い合いになっているその時小さな女の子がぶつかって来た。 CAあかりの姉の子ひかりで福岡の誕生日のお婆ちゃんの所に向かう途中だが飛行機に乗らないと駄々をこねているという。 何度も母に叱られスケッチブックを持って走りだし外国人の男性にぶつかってしまった。 桃子はそんなひかりに空を好きになってもらいたくその素晴らしさを伝えそして飛行機が嫌いではない事を知る。 そんな中母がお土産を買いに行っている間にひかりがいなくなった。 出発時間が迫る中桃子は諦めずに空港内を走り回った。 スカイデッキに行って見るとひかりがお婆ちゃんの為に絵を完成させていた。 ごねていた原因はちゃんと絵を仕上げたかったからだ。 そして遅れそうになったひかりをさっきの外国人の男性におぶってもらい何とか間に合う事が出来た。 ひかりからありがとうと書いた絵と桃子のようなパイロットになりたいという言葉を貰った桃子はもっと頑張る事を誓った。 そして淀川と意味深な話をしながら香月の方を見ている謎の男性は…。 (女性30代) 【第4話・ネタバレ解説】香月は、相変わらず愛想のない態度で桃子に接していたのである。 そんな香月が、前の航空会社で暴力沙汰をおこしていたと聞かされるのである。 そして、淀川CEOは、大手航空雑誌の取材対応を香月に頼むが、断られて桃子が、担当することになるのだ。 記者の木暮は、香月の事を知っていたのだ。 桃子は、木暮に香月の暴力事件の事について聞いてみると香月のかわいがっていた部下が、上司からパワハラに遭っていてそれを香月が、注意していたのだ。 そして、パワハラ上司と言い合いになり故意ではなくパワハラ上司が、階段から落ちてしまったのだ。 その事で暴力を振るったと思われた香月は、部下と一緒にこの件に関して呼び出しをされるのだ。 そして、パワハラ問題について尋ねられるとその部下は、パワハラは、無かったと嘘をつくのである。 その事に驚いた香月は、部下を問いただすとパワハラから助けてくれとは、言っていないしパイロットになりたいだけですと言い返されるのだ。 その事情を聞いた桃子は、香月に私たちは、裏切らないと伝えるのだ。 そして、木暮は、同僚たちと仲良さそうにしている香月をみて良い会社だなと声を掛けるのだ。 (女性40代) 【第7話・ネタバレ解説】菓子職人の父親の病気が原因で老舗菓子店を継ぐことになった大介との結婚か、機長となる夢を取るかを迫られた桃子は、パイロットへの夢を取り、大介との別れを決断する。 そんな中、ピーチに移籍してきた香月が、最年少での貴重昇格を果たす。 桃子は大介のことを忘れるためか、これまで以上にパイロットの勉強と業務に打ち込み、執拗に香月に指導を請うようになる。 桃子の失恋を知るあかりと山村は、香月に桃子が想いを寄せていると炊きつける。 二人にのせられた香月が、桃子と二人のコクピット内で気持ちに応えられないと話すと、桃子は香月に好きじゃないと断言する。 CA二人に担がれた香月は、飛んだピエロになる。 一方、大介は店を手伝ってくれる結婚相手を探し出し、見合いをセッティングする。 (男性50代) 【第9話・ネタバレ解説】桃子が退職届を提出した帰りに、大介の婚約者である優子に呼び止められた。 優子に大介に会ってほしいと言われ、桃子は大介の和菓子屋に出向いた。 そこで、桃子が悩んでいる表情を見て、大介は桃子に言った。 「空が桃子の居場所だと思ってた。 」その時は桃子はその言葉を素直に受け止められなかった。 翌日、桃子は実家にいる徹也に会うために東京に行く。 今回は乗客でPeach便に乗った。 飛行中に機体が大きく揺れ、高校生の女子一人がパニックを起こして飛行機から降ろしてほしいと言い出した。 桃子はパニックの状況を収めようと、機内の乗客に話をする。 シートベルト着用のサインが消えていることは、飛行機が絶対に安全であるというサインだと話した。 すると、女子生徒は落ち着きパニックは収まった。 無事に飛行機は成田空港に到着して、桃子は新開機長に話しかけられる。 桃子は「私の居場所はここにしかないみたいです。 」と機長に言って立ち去った。 その後、桃子は大介に電話をして感謝の言葉を述べた。 (女性50代).

次の

朝比奈彩 公式ブログ

ランウェイ24 出演者

パイロットだった亡き父に憧れ、念願の航空業界に就職した副操縦士の井上桃子(朝比奈彩)。 在りし日の父を知る上司の機長・新開浩平(長谷川朝晴)の指導のもと、夢のキャプテンになるためにPeachで日々、研鑽を積んでいる。 学生時代から交際している桃子の彼氏・海野大介(犬飼貴丈)も、桃子の夢を応援。 老舗和菓子店の跡継ぎで、一流の和菓子職人を目指し修業中の大介とは、夢を目標にお互いを支え合う仲だ。 ある日、桃子がフライト予定の便で乗客とのトラブルが発生。 LCCのシステムを知らない客が、機内持ち込み荷物の制限について文句を言ってきたのだ。 悪いことに相手は現役のプロレスラー。 「責任者を呼べ!」という要求に応じ、桃子は対応を試みるが…。 トラブルは他の乗客も巻き込み、一触即発の状態に発展!?その一部始終を、離れたところから見ている一人の男性、香月徹也(白石隼也)。 対応に追われる桃子は、その存在にまだ気づいていない…。 【第1話・ネタバレ解説】第1話は、井上桃子が副操縦士として活躍する始まりのストーリーだ。 桃子は、コミュニケーションを心掛けてお客様の搭乗手続きを手伝う。 そこに、プロレスラーの客がやってくる。 荷物に対してのトラブルであった。 プロレスラーの客は、不満を漏らす。 その場は収まったがしばらくして再び騒動が起きる。 プロレスラーは責任者を呼べと要求したのだ。 LCCのルールの不満を言い始める客に対して桃子は、丁寧に説明するが聞き入れない。 プロレスラーは女の操縦士が信用できないと言った。 しばらくしてキャプテンの新開がフォローをしに来る。 桃子は、必ず安全に送り届けると宣言した。 機体は無事に離陸して安全な空の旅となった。 機内では、プロレスラーは寒さに耐えきれずにいた。 その状況に気づいた乗客が自分の毛布を手渡した。 到着後にプロレスラーと出会う桃子。 プロレスラーの付き人は感謝を述べて去っていった。 その直後、桃子に「パイロット失格だ」という男性が現れた。 その男性は副操縦士の香月だった。 (男性40代) 【第2話・ネタバレ解説】ローコストキャリアが売りの航空会社Peachに、香月徹也が新しく副操縦士として入社してきた。 香月は、この会社のディスパッチャーである島崎の、いつでもそっけない態度をとることに腹をたてていた。 副操縦士の井上桃子もその一人だった。 ある日のフライト中のことでした。 一人の乗客が、胸をおさえて倒れこんでしまった。 関西空港へ引き返そうとしていたが、天候が急転していたのだ。 機長の新開浩平は、伊丹空港へまわろうとしていたが、ディスパッチャーは、関西空港を指示してきた。 桃子がその判断に疑問をもっていると、新開は島崎の事を語りはじめた。 島崎は、冷静な判断をいつでも、パイロットに伝えたいがために、わざとパイロットのみんなと距離をとるようにしているのだと桃子に教えた。 島崎の判断通りに関西空港に向かうと、薄暗かった空の色が明るく変化しはじめていた。 (男性40代) 【第3話・ネタバレ解説】仲間意識のない香月に桃子は不満爆発。 言い合いになっているその時小さな女の子がぶつかって来た。 CAあかりの姉の子ひかりで福岡の誕生日のお婆ちゃんの所に向かう途中だが飛行機に乗らないと駄々をこねているという。 何度も母に叱られスケッチブックを持って走りだし外国人の男性にぶつかってしまった。 桃子はそんなひかりに空を好きになってもらいたくその素晴らしさを伝えそして飛行機が嫌いではない事を知る。 そんな中母がお土産を買いに行っている間にひかりがいなくなった。 出発時間が迫る中桃子は諦めずに空港内を走り回った。 スカイデッキに行って見るとひかりがお婆ちゃんの為に絵を完成させていた。 ごねていた原因はちゃんと絵を仕上げたかったからだ。 そして遅れそうになったひかりをさっきの外国人の男性におぶってもらい何とか間に合う事が出来た。 ひかりからありがとうと書いた絵と桃子のようなパイロットになりたいという言葉を貰った桃子はもっと頑張る事を誓った。 そして淀川と意味深な話をしながら香月の方を見ている謎の男性は…。 (女性30代) 【第4話・ネタバレ解説】香月は、相変わらず愛想のない態度で桃子に接していたのである。 そんな香月が、前の航空会社で暴力沙汰をおこしていたと聞かされるのである。 そして、淀川CEOは、大手航空雑誌の取材対応を香月に頼むが、断られて桃子が、担当することになるのだ。 記者の木暮は、香月の事を知っていたのだ。 桃子は、木暮に香月の暴力事件の事について聞いてみると香月のかわいがっていた部下が、上司からパワハラに遭っていてそれを香月が、注意していたのだ。 そして、パワハラ上司と言い合いになり故意ではなくパワハラ上司が、階段から落ちてしまったのだ。 その事で暴力を振るったと思われた香月は、部下と一緒にこの件に関して呼び出しをされるのだ。 そして、パワハラ問題について尋ねられるとその部下は、パワハラは、無かったと嘘をつくのである。 その事に驚いた香月は、部下を問いただすとパワハラから助けてくれとは、言っていないしパイロットになりたいだけですと言い返されるのだ。 その事情を聞いた桃子は、香月に私たちは、裏切らないと伝えるのだ。 そして、木暮は、同僚たちと仲良さそうにしている香月をみて良い会社だなと声を掛けるのだ。 (女性40代) 【第7話・ネタバレ解説】菓子職人の父親の病気が原因で老舗菓子店を継ぐことになった大介との結婚か、機長となる夢を取るかを迫られた桃子は、パイロットへの夢を取り、大介との別れを決断する。 そんな中、ピーチに移籍してきた香月が、最年少での貴重昇格を果たす。 桃子は大介のことを忘れるためか、これまで以上にパイロットの勉強と業務に打ち込み、執拗に香月に指導を請うようになる。 桃子の失恋を知るあかりと山村は、香月に桃子が想いを寄せていると炊きつける。 二人にのせられた香月が、桃子と二人のコクピット内で気持ちに応えられないと話すと、桃子は香月に好きじゃないと断言する。 CA二人に担がれた香月は、飛んだピエロになる。 一方、大介は店を手伝ってくれる結婚相手を探し出し、見合いをセッティングする。 (男性50代) 【第9話・ネタバレ解説】桃子が退職届を提出した帰りに、大介の婚約者である優子に呼び止められた。 優子に大介に会ってほしいと言われ、桃子は大介の和菓子屋に出向いた。 そこで、桃子が悩んでいる表情を見て、大介は桃子に言った。 「空が桃子の居場所だと思ってた。 」その時は桃子はその言葉を素直に受け止められなかった。 翌日、桃子は実家にいる徹也に会うために東京に行く。 今回は乗客でPeach便に乗った。 飛行中に機体が大きく揺れ、高校生の女子一人がパニックを起こして飛行機から降ろしてほしいと言い出した。 桃子はパニックの状況を収めようと、機内の乗客に話をする。 シートベルト着用のサインが消えていることは、飛行機が絶対に安全であるというサインだと話した。 すると、女子生徒は落ち着きパニックは収まった。 無事に飛行機は成田空港に到着して、桃子は新開機長に話しかけられる。 桃子は「私の居場所はここにしかないみたいです。 」と機長に言って立ち去った。 その後、桃子は大介に電話をして感謝の言葉を述べた。 (女性50代).

次の