レインボー シックス シージ 壁紙。 「レインボーシックス シージ」の必要動作環境

レインボーシックス シージ:プロリーグから学ぶ小技と戦術「Evil Geniuses vs Team Reciprocity」

レインボー シックス シージ 壁紙

Contents• メインウェポンやガジェット、固有アビリティの性能を詳しく解説しています。 おすすめロードアウトや立ち回りも紹介しています。 0(2位) MP5K(サブマシンガン) MP5K(サブマシンガン) ダメージ 連射速度 機動力 装弾数 DPS 30 800 50 30 400. 0(15位) WAMAIのサブウェポン D-40(ハンドガン) D-40(ハンドガン) ダメージ 連射速度 機動力 装弾数 DPS 78 — 45 6 — P12(ハンドガン) P12(ハンドガン) ダメージ 連射速度 機動力 装弾数 DPS 44 — 45 15 — WAMAIのガジェット 感知アラーム ガジェット 性能 敵が接近するとアラームが作動するセンサー 展開型シールド ガジェット 性能 しゃがみ状態で全ての攻撃を防ぐ展開型シールド WAMAIの固有アビリティ MAG-NETシステム アビリティ 性能 MAG-NETシステムは投擲して使用する粘着性のガジェットで、壁などの表面に貼り付いて待機する。 そこで敵の発射体を引きつけ、自爆してその発射体を破壊するというのがこのシステムの機能だ。 Wamaiはこれによって攻撃側のグレネードや発射体を無力化できるだけでなく、戦略的な配置によってそうした発射体を敵に向かわせることもできる。 WAMAIの解説 隙なし最強防衛オペレーター WAMAI(ワマイ)はYear4Season4に追加された防衛オペレーターで、MAG-NETシステムを投擲して設置しておくことで、攻撃側の投擲物を吸収し発動場所を変更することができます。 WAMAIのアビリティを比較するならJAGER(イェーガー)との比較になると思いますが、JAGERのADSは相手の投擲物を完全に無効化するのに対して、MAG-NETシステムは吸収してその場で発動させるという能力になっています。 つまりADSのように防衛場所付近に設置しても意味がなく、あくまで「そこなら発動しても大丈夫」という場所に設置しなければいけません。 またフラググレネードやEMPグレネードを吸収することはできますが、起爆はちゃんとしてしまうため、同じ場所に複数個固めて設置するのはナンセンスと言えるでしょう。 MAG-NETシステムがADSに明確に優っている点は、CAPITAO(カピタオ)のクロスボウを吸収することが可能な点です。 CAPITAOのタクティカルクロスボウはADSには無効化されず、WAMAIが実装されるまでは防御不可の投擲物として活躍していて猛威を奮っていましたが、MAG-NETシステムで影響が少ない場所で起爆させることが可能なため、初めての有効な防衛手段と言えるでしょう。 また設置場所の汎用性もADSに優っている点と言えるでしょう。 JAGERは自身の手が届く範囲にしか設置できないのに対して、WAMAIはVALKYRIE(ヴァルキリー)のブラックアイのように、適当な壁や床に投げて接着させることができるため、手軽に素早く好きなところに設置できます。 相手の思いもよらない場所に設置して、逆に相手に影響を与えることができるのも面白い点ですね。 ロードアウトも最強格 WAMAIのメインウェポン「AUG A2」は、IQ(アイキュー)が所持していたアサルトライフルで、防衛オペレーターのメインウェポンの中でDPS2位を誇り、ロングレンジでも安定して戦闘を行うことができます。 またガジェットもMAG-NETシステムと相性がよい展開型シールドを所持しているため、防衛地点の強化には欠かせないオペレーターと言えるでしょう。 ハンドガンの「D-40」も口径が大きく、大きめの穴を簡単に開けることができるため簡単な工事ならできるのも嬉しい点です。 」 ケニアの漁師の家に生まれたフラハは、サメを狩ったり、ラム群島の海底で宝を集めたりしながら子供時代を過ごした。 そしてすぐ、彼が仲間たちよりもずっと長く水中に潜っていられることが明らかになる。 そしてケニア海軍に入隊した彼は、その後の特殊船舶部隊でも、自身の特技を活かすことになる。 彼のフリーダイブ技術は多くの成功に結びついて、次々と記録を塗り替えていき、瞬く間に海軍上層部および世界中の科学コミュニティの注目を集めた。 その後、彼はナイトヘイヴンに加わる。 これは任務時間の削減と、次なるダイブ地点へ向かうための個人船の提供を約束されたからであった。 言葉を交わしても、そこに伴われるはずの意味が曖昧になる[…]驚いたことに、私は彼との対話を通じて新鮮な気持ちになることができた。 次々と抽象的な概念から抽象的な概念へと話題を変えていく自由連想には、純粋性が孕まれている。 フラハもまた、他者が会話の流れを掴み損なっているとそれを感じ取っているようだ。 私がふわふわと覚束ない気持ちになっていると、彼はすぐに笑顔を浮かべて話題を変える。 そうして私たちが、人間の思考の限界を超えてしまったわけではないのだと安心させてくれる[…]私はもっと柔軟なものの考え方をするべきなのだろうか… そんな風に問いかけたくなり、そして同時に、そうした場合、私はどんな人間になるのだろうと考えさせられる[…] 空き時間を無酸素状態で過ごしている人物から投げかけられたその実存的疑問は、私たちが普段考えることとは大きく異なっている。 そして、こうした事柄に対してフラハほどの感受性を持たないであろう私は、そこに価値を見出せるとは思えない。 彼の特異なアプローチは、既存の戦略とは全く異なるものを生み出していく。 三次元空間を水平方向だけでなく垂直方向にも概念化するフラハの能力は、特に強迫症的なこだわりを持つ操縦士にしか見たことのないものだ。 彼に対して感じた存在の深みのようなものは、今フラハに対して感じているものと同じだ。 だが多くの人にとってスピリチュアリティというものが、それぞれの人格における賛美すべき部分を補強するのに対し、彼らのそれは真逆に働いている。 フラハの生はスピリチュアリティのためにあり、無酸素状態は彼が抱えている依存の一部なのだ[…] 私はコンサルタントとして常に中立であろうとしている。 フラハは才能あるオペレーターであり、優れた技術と知性を持ち、予想がつかない。 周囲を安心させるその能力は貴重なものだ。 しかし彼には計り知れない部分があり、誰にも把握することができない。 浮上前にダイバーの体内へ消えていく窒素のように、フラハの本質は掴むことができないのだ。 彼を定義することは彼を制限することであり、それはきっと彼が何よりも嫌うことだろう。 — DR.

次の

レインボーシックスシージ【R6S】ファンアート集 #4「White Noise」スケッチやネタ・面白画像など

レインボー シックス シージ 壁紙

『Rainbow Six Siege()』の競技シーンではシーズン11後半戦が進行中です。 前回の「BDS対Chaos」の試合分析に引き続き、今回も競技シーンのマッププールに加わったばかりの「テーマパーク」における、プロチームの小技や戦術をチェックしていきたいと思います。 VOID EDGEセットの迷彩効果 Evil Geniuses vs. Team Reciprocity — Theme Park — Rainbow Six Pro League — Season XI — NA NAリージョンのプロリーグ・シーズン11から、最新の試合である「 Evil Geniuses(EG)対 Team Reciprocity(REC)」の一戦を見ていきます。 試合自体は6-6で 引き分け。 どちらも防衛を4つ、攻撃を2つ取っていました。 まず全体的に気になったのがREC側の服装です。 攻撃・防衛ともに、全員が最新のシーズン迷彩である「 VOID EDGEセット」でユニフォームを固めていました。 EG側も Modiggaや SpadesがVOID EDGE迷彩だったようです。 迷彩と聞いて思い出すのが、イヤー3シーズン4「オペレーション・ウインドバスティオン」で販売されたシーズン迷彩です。 この「ウインドバスティオン」バンドルは 実際に迷彩効果があると話題になり、当時のプロリーグではチーム全員がこの服装で固めている試合も見られました。 しかしシージのようなゲームでは、視認性が極端に悪いアイテムは競技性を損なうと判断されたのか、現在ESL公式戦では 使用禁止となっています。 (国内外を問わず、大会で使えないスキンなどについての情報は、各大会の開催企業のルールブックをご参照ください。 ) より さて、「VOID EDGEセット」には迷彩効果があるのでしょうか。 他の試合を確認してみると、RECは前節の eUnitedとの試合でも LaXinG以外がこの服装でした。 また他のチームをうかがうと、「シックス・インビテーショナル2020」の優勝チーム Spacestation Gamingも、前節は3人が、今節は全員が「VOID EDGEセット」でした。 果たして効果はいかに このシーズン限定セットはまとめて買っても5000R6クレジット以上しますが、迷彩効果について検証してみたいという方は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。 競技シーンではレギュレーションの変更によって将来的に使用できなくなる可能性があるため、大会への参加を検討している方々はその点ご留意ください。 1階武器庫・謁見室について 「最も防衛有利」と言われている一方で、前節EUでの「 BDS対 Chaos」の試合では、BDSはこの武器庫・謁見室を一度もピックしませんでした。 キャスターの KiXSTArは「ここを守るのが苦手だという人もいるのは知ってる」と賛否両論あることに触れつつ、「ここ(武器庫・謁見室)がもっとも守りやすく、もっとも理想的なボム位置だ」と私見を述べていました。 どのボム位置がもっとも防衛有利かについては、まだまだ議論が続きそうです。 試合ではRECが3rdピックに使用していました。 EG側は2階を確保し、突き下げを行い、さらに1階E側の補強壁を開けるところまでは成功しましたが、W側のトイレなどに隠れていた遊撃に戦力を削られて詰めの段階がうまくいかず、最終的に時間が足りなくなってラウンドを落としていました。 攻防の小技紹介 防衛側の小技。 宿舎の壊せない机を活用し、コントロール室をロングでチェックするというもの。 マップの反対側から撃たれ、初見の相手は戸惑うこと請け合いです。 こちらは攻撃の小技。 2階オフィスから1階武器庫への突き下げポジで、武器庫内のこもりやすい場所を露出させられます。 こちらは1階守りの射線。 バレルルームからアーケード側の階段を下りてくる敵を捉えられます。 カフェ側が入りにくいこともあってか、 攻撃側は今のところ、ほとんどがE側に人数をかけた形になっています。 壁の足元に穴を開けたり、ドア付近に Mozzie(モジー)のペストランチャーを置いたりしておくと、多少なり時間稼ぎができそうです。 また、1階N側を防衛する場合は、やはり階段付近のトイレからのミリ見が強いようです。 ヴァルカメ・ポジション nvKがIQで発見したヴァルカメ(サイト内)。 王冠のような構造物の先端にくっついています。 いろいろと試してみたところ、ツノの場所は異なりますが、窓縁まで密着してから、奥にある建物の爪のような部分にサイトを合わせて投げるのが最も簡単でした。 研究所・倉庫を1階で広く守る戦い方 前回「BDS対Chaos」の試合では、「2階の有効な突き下げポジに攻撃側がアクセスしやすく、防衛側が守りにくい」という評価が下ったこのボム位置ですが、RECは 謁見室まで広がって迎え撃つという形を見せていました。 これなら2階から突き下げて拠点にこもっている敵を削ろうとしても、1階に降りてから遊撃への対処を強いる形にできます。 ドラゴン階段前に堂々とアーマーパネルを張り、横の壁を補強しています。 キャスター陣は「カジュアルで見るやつだ」と苦笑していましたが、目的が研究所守りのための時間稼ぎとなると、攻撃するEG側もやや戸惑った模様。 防衛側としては、たとえ少しずつラインを下げられても、バレルルームや研究所の奥から重要な進行ルートをロングで押さえられるようです。 研究所から謁見室への道をチェックする射線 2階については、 Goyo(ゴヨ)に頼って中央廊下を軸に広く守りながら戦う形がよく見られるようになってきました。 一方で1階についてですが、「武器庫・謁見室」は手順は踏めても時間が足りなくなってしまう展開が目立ち、また「研究所・倉庫」についてはまだまだ多くのバリエーションを開拓する余地がありそうです。 みなさんもテーマパークの効果的な攻め方や守り方など、BANオペレーターのパターンも含めて、自分たちなりの戦略を考案してみてください。 『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

次の

レインボーシックス シージ:プロリーグから学ぶ小技と戦術「Evil Geniuses vs Team Reciprocity」

レインボー シックス シージ 壁紙

例に漏れず、BANDITのショックワイヤー、KAIDのエレクトロクロウで設置を防げる。 MUTEのジャマーでも起爆を阻止可能だ。 また、MAESTROのイービルアイのほか、A. なお、起爆途中にBANDITのショックワイヤーで妨害(通称「餅つき」)をされると、3つのペレットをすべて消費しきれないため、壊せる補強壁の範囲が狭くなる。 一方、KAIDのエレクトロクロウを用いた餅つきは、A. Aアクアブリーチャーの起爆による爆風でエレクトロクロウの電流が流れる前に壊されてしまうようだ。 壁全面をブリーチングで破壊しなくとも、殺人孔としてなど、シーンに適したサイズをブリーチングするのもありかもしれない。 よってカウンターとして、近接攻撃かフラググレネード、FUZE、KALI、ASH、ZOFIAの爆発系固有ガジェットで壊せる。 TWITCHのショックドローン、THATCHERのEMPグレネードを使用すると、数秒間動作を停止できる。 また、効果範囲に入ると起動音が発生するので、起動音が接近アラームがわりとしても重宝する。 これにより、起動音により接近していることを気づけなおかつ相手はスプリントができず動作が遅い状況なので、決め撃ちで敵を処理することも容易だろう。 防衛では、重要なポイントをより強固に守りやすくなるだろう。 設置してあとは好きに動き回ればいいし、かなり使い勝手が良い、非常に強力なポテンシャルが秘められているのではないだろうか。 『レインボーシックス シージ』ファミ通. com 特設サイト• Y5S2• Y5S1• Y4S4• esports• インタビュー• ゲーム情報• Y4S2• Y4S1• トピックス• Y4S3• Six Major Raleigh 2019• プロリーグ結果まとめ•

次の