乳がん。 乳がんの進行とステージ

乳がんの進行とステージ

乳がん

から1~2cm離れたところで乳房を部分的に切除します。 乳房部分切除術はがんを確実に切除し、患者さんが美容的に満足できる乳房を残すことを目的に行います。 乳房部分切除術を受けられる条件については明確なものはなく、がんの大きさや位置、乳房の大きさ、本人の希望などにもよるので、手術を担当する医師とよく相談することが重要です。 しこりが大きい場合は、術前薬物療法によって腫瘍を縮小させてから手術を行います。 手術中では、切除したの断端(切り口)のがん細胞の有無を顕微鏡で調べて、確実にがんが切除できていることを確認する必要があります。 がんが手術前の予想よりもはるかに広がっている場合は、手術中に乳房を全部切除する乳房切除術に変更するか、もしくは、再手術で乳房切除術を行うこともあります。 通常、手術後に放射線照射を行い、残された乳房の中でのを防ぎます。 2)乳房切除術 乳房切除術後に、患者さん自身のおなかや背中などから採取した組織(自家組織)またはシリコンなどの人工物を用いて、新たに乳房をつくることを乳房再建といいます。 乳頭を形成することもできます。 再建の時期については乳がんの手術と同時に行う場合(一次再建)と、数カ月から数年後に行う場合(二次再建)とがあります。 は主に形成外科医が担当します。 従来は自家移植の場合にのみ公的医療保険が適用されていましたが、現在はシリコン・インプラントなどの人工物を使う場合にも、保険の適用が拡大されています。 しかし、現在でも、手術の内容や、病院によっては自費診療の場合があります。 まずは担当医に再建の希望を伝え、よく相談しましょう。 4)わきの下のリンパ節郭清(腋窩リンパ節郭清) がん細胞が最初に転移するリンパ節があり、これをセンチネル(見張り)リンパ節といいます(図7)。 このリンパ節を摘出し、顕微鏡で検査を行い、転移がみられなければ、これ以外のリンパ節を取り除く手術(リンパ節郭清)を省略しても、再発率に影響がないことがわかっています。 センチネルリンパ節転移が1個でも陽性の場合には、腋窩リンパ節郭清を行っているのが現時点でのです。 しかし、近年、術前の身体診察やなどの画像検査で腋窩リンパ節転移が陰性とされていた場合では、術後の薬物療法や放射線治療をしっかり行うことで、腋窩リンパ節郭清を省略できる可能性が報告されています。 これを受け、リンパ節におけるがんの転移の大きさによって、郭清をするかどうか、替わりに放射線治療をするかどうかを決める病院もあります。 長期的成績が出ていないため、いまだに慎重な判断が必要な状況です。 転移がある場合にリンパ節郭清をするかどうかは、手術後の治療方針との兼ね合いで決められる場合もありますので、詳しくは担当医にご質問ください。 乳がんの手術は、治療の範囲が乳腺とわきの下の周囲に限られているので、内臓の機能(呼吸や消化、排泄など)への影響はあまりなく、麻酔による影響からの回復や痛みの調節が落ち着けば、少ない安静期間で起き上がったり、立ち上がったりすることができるようになります。 手術当日の夕方にトイレまで歩けることもあります。 乳房や胸の筋肉を切除した場合などでは、治療した側の腕の運動をしばらく控え、安静を保つ必要があります。 手術直後には、手術の創(きず)から出る血液や体液などを排出するドレーンという管が体に付けられています。 創の状態が安定したら、管を抜きます。 抜糸(最近では抜糸を必要としない縫い方や抜糸が不要のテープ、医療用接着剤を使用する病院も多くなってきています)のころには、創そのものからの痛みはかなり治まっています。 治療した側の腕が上がらない、腕を回せない、腕がだるい、痛む、しびれる、腋の皮膚が突っ張るといった症状がみられることがあります。 リンパ節や脂肪組織、皮膚、筋肉など、切除した範囲が大きいとこれらの症状が起こりやすくなります。 胸の筋肉を切除した場合にはしばらく安静が必要ですが、必ずしも安静が必要でないときに、「腕を動かすと痛い」「違和感が気になる」といって動かさないでいると、肩や腕の関節や筋肉がこわばって動かしにくくなることがあります。 担当医に相談の上、段階的に運動を取り入れていきましょう。 指や手などの曲げ伸ばし運動から始め、手術後1週目ころからは、腕の横振り、前後振り運動、続いて、腕を背中に回したり、肩を回したりする運動など、無理のない範囲で少しずつ行います。 退院後どのように運動をしていけばよいのか、適切な方法を入院中に担当医や看護師に聞いておきましょう。 「」のページもご参照ください。 (2)腕や手がむくむ 手術でリンパ節を切除したり、リンパ節に放射線治療を行ったりしたあとに、腕や手がむくむことがあります。 むくみの前ぶれとして、手術をした側の腕や胸、肩、背中に重苦しさを自覚する場合が多いようです。 これはといって、リンパの流れが悪くなり、リンパ液が腕や手にたまった状態になっています。 こうしたむくみは手術のあとに起こることが多いのですが、しばらくたってからあらわれることもあります。 手のけがや細菌の感染をきっかけにむくみが強くなることもあります。 手術を受けた側の腕では、けがや虫刺され、やけどなどに注意し、重いものを長時間持たないようにしたほうがよいとされています。 しかし、あまり安静にしすぎるのもよくないとされていますので、適度に動かすようにしましょう。 痛みや腫れは自分で感じにくいこともあるので、意識して自分の目で見て確認するとよいでしょう。 また、皮膚の清潔と潤いを保つことも大切です。 リンパ浮腫があるときには、横になるときなどに腕や肩の位置が高くなるようにすると、むくみが軽くなることがあります。 リンパ浮腫の予防には、きつめのサポーターのような機能のある弾性スリーブやバンデージ()などのを着用したり、リンパの流れを改善するマッサージを行ったりすると、むくみや腫れの症状が改善することがあります。 検査のための採血や治療のための注射も、できる限り治療を受けた側と反対の腕で行います。 この他、日常生活の注意点や工夫、日常的に行えるリンパ浮腫対策を、退院前に担当医や看護師に確認しておきましょう。 急な腫れや、赤くなって熱を帯びている場合は、担当医に早めに診てもらいましょう。 「」「」のページもご参照ください。 (3)手術の傷あとが怖い、見るのがつらい 手術のあと、「傷あとが怖い」「見るのがつらい」「形が変わってショック」と感じられる患者さんは少なくありません。 手術の前に担当医から説明され、ある程度心の整理や覚悟があっても、実際に鏡の前で見るとつらい気持ちになるのは自然なことです。 おなかや手などの手術の傷と違い、やわらかい胸の手術の傷は凹凸や左右の違いなどが目立つ場合もあります。 また、乳房の大きい人では、左右のバランス感覚に変化が起こり、不安定な感じを覚えることがあります。 傷の色や形は、手術後少しずつ、周りの皮膚になじむようになってきます。 治療後間もない時期には、傷の状態も含めて医師などに診てもらうとよいでしょう。 看護師や担当医は手術後の経過について、豊富な経験をもっています。 あなたの気持ちや治療後の状態に応じた助言を受けることができるでしょう。 抜糸して腫れが治まり、痛みがなければ、担当医に相談の上、既製のパッドや補正下着などを上手に取り入れてみるのもよいかもしれません。 担当医や看護師などの医療スタッフに相談してみましょう。 こすれたり、ずれたりすることがないか、試着して体に合ったものを選びましょう。 もちろん、「見た目はほとんど気にならない、気にしない」とおっしゃり、特に何もしないで療養生活を送る人も少なくありません。 一方、乳房を元に近い形に再建する技術も進歩しています。 がんの手術後に続いて行われることもあります。 多くの場合は、手術後の傷の状態や、放射線治療など別の治療の影響が落ち着くのを待って行われ、皮膚や筋肉の一部を移植する、人工物を埋め込むなど、再建の方法を検討した上で手術が行われます。 放射線治療は、高エネルギーのX線や電子線を体の外から照射して行われます。 がん細胞を通過した放射線は、細胞の増殖を阻害し、がんを小さくする効果があります。 放射線治療は放射線照射を行った部分だけに効果を発揮する局所療法です。 乳がんでは、乳房部分切除術のあと、温存した乳房やリンパ節での再発の危険性を低くするために、放射線治療が行われることが多くなっています。 また、再発した場合に、がんの増殖や骨転移に伴う痛み、脳への転移による神経症状などを改善するために行われることもあります。 放射線を照射する範囲や量は、放射線治療を行う目的、病巣のある場所、病変の広さなどによって選択されます。 多くの場合、外来での治療が可能です。 は主に放射線のあたる部位にあらわれます。 治療中や治療終了直後に、皮膚が日焼けをしたように赤くなることがあるので、強くこすったり、かいたりしないようにします。 皮膚の赤みは治療終了後1週間から2週間でほとんど改善します。 治療後に皮膚が熱をもったり、黒ずんだりカサカサになることがありますが、多くは1年から2年で元に戻ります。 治療が終了して数カ月以内に遅れて出る副作用として、肺に炎症が起こることがあります。 咳(せき)や微熱が続くときは担当医に伝えるようにしましょう。 3.薬物療法 薬物療法には、「手術や他の治療を行ったあとにその効果を補う」「手術の前にがんを小さくする」「根治目的の手術が困難な進行がんや再発に対して、延命および生活の質を向上させる」などの目的があり、、リスクなどに応じて行われます。 どのような薬物をどのように組み合わせて治療を行うかは、がんの広がりや性質、の結果などによって検討されます。 その際、どの薬剤を使うかは「サブタイプ分類」により、がん細胞の特性に合わせた薬物療法が選択されます(表4)。 また、しこりの大きさやリンパ節転移の有無に加え、がん細胞の増殖に関わる要因から再発の危険を予測することができます。 そのため、再発の危険性が高い場合、より再発抑制効果の強い治療を行い、そのリスクの低減を図ります。 ルミナルA型は再発の危険性が低いため、化学療法をほとんど必要としないことが多くなっています。 卵巣機能が活発な女性では、主に卵巣から女性ホルモンが分泌(ぶんぴ)されています。 50歳前後で閉経を迎えたあとの女性では、卵巣からの女性ホルモンの分泌は停止し、そのかわりに副腎皮質から分泌される男性ホルモンを原料として、「アロマターゼ」と呼ばれる酵素の働きによって女性ホルモンがわずかに産生されます。 乳がんは「ホルモン受容体」(エストロゲン受容体[ER]とプロゲステロン受容体[PgR])のあるものとないものに分けることができます。 手術後に、ホルモン受容体のある乳がんかどうか、がんの組織を詳しく調べます。 「ホルモン受容体」のある乳がんでは、女性ホルモンががんの増殖に影響しているとされています。 内分泌(ホルモン)療法は女性ホルモンの分泌や働きを妨げることによって乳がんの増殖を抑える治療法で、ホルモン受容体のある乳がんであれば効果が期待できます。 内分泌療法には抗エストロゲン剤、選択的アロマターゼ阻害剤、LH-RHアゴニスト(黄体ホルモン放出ホルモン抑制剤)などが使われます。 乳がんの術後や転移性乳がんに用いられる抗エストロゲン剤は、女性ホルモンのエストロゲン受容体への結合を阻害します。 選択的アロマターゼ阻害剤の作用機序(薬理学の用語で、薬物が生体に作用する仕組み)は、閉経後の女性に対してアロマターゼの働きを抑え、女性ホルモンの産生を抑えます。 閉経前の女性の場合は、卵巣からの女性ホルモンの分泌を抑えるLH-RHアゴニスト(黄体ホルモン放出ホルモン抑制剤)を併用することがあります。 その他にも、プロゲステロン製剤などを使用する場合もあります。 治療の目的や使う薬の種類によって治療期間や効果の目安は変わりますが、手術後に行う場合は5年間から10年間の投与が目安となります。 副作用については、化学療法に比べて軽いといわれていますが、顔面の紅潮やほてり、のぼせ、発汗、動悸(どうき)などの更年期障害のような症状が出る場合もあります。 これらの症状の多くは治療を開始して数カ月から数年後には治まりますが、症状によっては使用するホルモン剤の種類を変更したり、症状を和らげる薬を投与したりすることもあります。 また薬剤によっては高脂血症、血栓症、骨粗しょう症のリスクが高まることが知られているので、そのようなリスクを少なくするための治療を併用することもあります。 薬剤 薬効分類名 投与方法 適応 特徴的な副作用 アロマターゼ阻害薬(非ステロイド性) アナストロゾール レトロゾール 経口 術前 術後 転移再発 閉経後が対象となります。 術前内分泌療法を行った場合、術後は術前に使われていた薬剤を続けます 骨粗しょう症、関節症状(関節痛、関節のこわばり)、脂質異常症など 心血管イベントの上昇も可能性が指摘されています アロマターゼ阻害薬(ステロイド性) エキセメスタン 経口 術前 術後 転移再発 閉経後が対象となります。 投与24時間以内に起こる急性期の吐き気、24時間から7日目くらいまでの間に起こる遅発性の吐き気、治療前に治療のことを考えて吐き気が出る予期性の吐き気があります。 点滴や内服の吐き気止めを組み合わせて、しっかり予防しながら治療を行っていきます。 一般的には抗がん剤投与後7日から10日で減り始め、10日目から14日目が最低値となり、3週間目くらいに回復していきます。 白血球の一成分である好中球が低下している時期に発熱を起こした場合(発熱性好中球減少症)、抗菌薬で治療を行ったり、場合によっては好中球を増やす薬の注射をしたりすることがあります。 免疫力が低下している時期の発熱は、危険な感染を見越した対処がなされます。 や血小板低下が高度に起こっている場合には輸血することがあります。 治療後2週目から3週目に急に抜け始めることが多いです。 眉毛やまつげも抜けることがあります。 脱毛の副作用が強い薬を使用する場合、あらかじめ、医療用かつら(ウィッグ)などを用意しておくことで、心の準備をしておくとよいでしょう。 それに伴ってホットフラッシュなどの更年期症状があらわれることがあります。 副作用は化学療法の種類によって異なるだけでなく、症状の程度は患者さんによる個人差が大きい場合もあります。 薬剤 薬効分類名 投与方法 適応 特徴的な副作用 トポイソメラーゼ阻害薬(アンスラサイクリン系) アドリアマイシン(ドキソルビシン塩酸塩) エピルビシン塩酸塩 静脈注射 術前 術後 転移再発 心筋障害、心不全、不整脈、急性骨髄性白血病(10年1. 緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。 緩和ケアでは、痛みや吐き気、食欲不振、だるさなど体の症状だけに限らず、気分の落ち込みや孤独感など心のつらさを軽くすること、また、自分らしい生活を送ることができるようにすることなど、患者さんのニーズに応じて幅広い対応をします。 そのためにも、治療や療養生活について不安なこと、わからないことなど、ご自身の思いを積極的に担当医に伝えましょう。 十分に話し、納得した上で治療を受けることが大切です。 痛みが強いときには、痛みの原因によって、医療用麻薬を含めた痛み止めを使ったり、痛みの原因となっているがんのある場所に対して放射線治療を行ったりして、つらさを和らげることができます。 詳しくはこちらの「」もご参照ください。 転移のある患者さんに対しては、痛みや骨折のリスクを減らす目的でビスフォスフォネート製剤やデノスマブといった薬剤が使われることがあります。 ビスフォスフォネート製剤やデノスマブの有害事象には顎骨壊死(がっこつえし)があり、口腔ケアを心がけ、衛生状態を良好に保つことが重要です。 投与前に歯科を受診することが必要です。 5.臨床試験 がんの治療は治療技術の進歩とともに変わっていきますが、その時点で得られている科学的な根拠から、最もよいと考えられる治療を「標準治療」と呼びます。 ただし、標準治療は必ずしも「完全な治療」というわけではありません。 新しい治療の有用性を科学的に検証する「臨床試験」によって、がんの治療をよりよいものにしていこうとする努力が世界各地で行われています。 臨床試験の結果から、現在標準とされている治療より、よい治療であることが証明されれば、新たな標準治療が生まれます。 現在の標準治療は、これまでに行われた臨床試験の積み重ねの中から生まれてきた治療法です。 現在行われている臨床試験で採用されている治療法は、将来の標準治療となりうる治療であり、治療の選択肢の1つであると言えます。 現在国内で行われている乳がんの患者さんを対象とした臨床試験(医師・研究者が実施する臨床試験、および製薬企業や医師が実施するの一部)に関しては、「」で、開発の段階別に分類された情報を閲覧することができます。

次の

乳がん 病気ブログ・テーマ

乳がん

身長164㎝開始時3ヶ月目6ヶ月目1年目1年6ヶ月2年目2年6ヶ月2年7ヶ月2年8ヶ月体重 kg 53. 551. 550. 249. 350. 250. 0 52. 351. 551. 8ウエスト cm 757067676868707070腹囲(おへそまわり)888178767777787778体脂肪 % 29. 2 26. 4 25. 1 24. 0 25. 1 24. 4 25. 8 25. 2 25. 0 皮下脂肪 % 26. 723. 923. 622. 522. 922. 223. 722. 722. 5体年齢 歳 605756575758525959体重は52kg前後をウロウロ・・・。 そんなに努力してない割には、ほぼ維持できているのでヨ... おしゃれぶったタイトルにしてますが、要は白髪隠さないと外に出られませんというお話ですw 4月7日の緊急事態宣言以来、今日は通院以外で初めての外出だったわけですが…。 もうね、白髪が凄すぎて帽子なしじゃ外出できないレベルなんですよ💦 退院してから初めて、2月28日に美容院に行ったのが最後です。 mille-rose-diary. com 2ヶ月も行ってなかったらそれはそれは大変なことになりますよ…。 そこで白髪隠しのために帽子を…というわけです。 帽子はいくつか持っていますが、今一番気に入ってるのがコレなので、今日はこのスタイルで出かけました。 白髪隠しw アニエスベーのセカンドライン『To… 最近の仕事の状況……相変わらず過酷😢8時出勤の19時半帰りの毎日。 だからといって仕事ができる訳じゃない。 私って仕事出来ない……出来てない……介護施設に働いていて利用者さんや家族さんとは関係を築けていると思う。 でも書類関係や実績とか細かい事はまだまだ。 人より短い人生の様に思う中でこんなに過酷でいいの?でも子供3人の学費がカナリかかってる現実。 共働きだけど、短大、私立の高校、中学の学費はカナリかかる。 『仕事を辞める』と思う事は多々あるけど、辞めれてない。 生きているのに…… ;・ェ・ 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

乳がん 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

乳がん

から1~2cm離れたところで乳房を部分的に切除します。 乳房部分切除術はがんを確実に切除し、患者さんが美容的に満足できる乳房を残すことを目的に行います。 乳房部分切除術を受けられる条件については明確なものはなく、がんの大きさや位置、乳房の大きさ、本人の希望などにもよるので、手術を担当する医師とよく相談することが重要です。 しこりが大きい場合は、術前薬物療法によって腫瘍を縮小させてから手術を行います。 手術中では、切除したの断端(切り口)のがん細胞の有無を顕微鏡で調べて、確実にがんが切除できていることを確認する必要があります。 がんが手術前の予想よりもはるかに広がっている場合は、手術中に乳房を全部切除する乳房切除術に変更するか、もしくは、再手術で乳房切除術を行うこともあります。 通常、手術後に放射線照射を行い、残された乳房の中でのを防ぎます。 2)乳房切除術 乳房切除術後に、患者さん自身のおなかや背中などから採取した組織(自家組織)またはシリコンなどの人工物を用いて、新たに乳房をつくることを乳房再建といいます。 乳頭を形成することもできます。 再建の時期については乳がんの手術と同時に行う場合(一次再建)と、数カ月から数年後に行う場合(二次再建)とがあります。 は主に形成外科医が担当します。 従来は自家移植の場合にのみ公的医療保険が適用されていましたが、現在はシリコン・インプラントなどの人工物を使う場合にも、保険の適用が拡大されています。 しかし、現在でも、手術の内容や、病院によっては自費診療の場合があります。 まずは担当医に再建の希望を伝え、よく相談しましょう。 4)わきの下のリンパ節郭清(腋窩リンパ節郭清) がん細胞が最初に転移するリンパ節があり、これをセンチネル(見張り)リンパ節といいます(図7)。 このリンパ節を摘出し、顕微鏡で検査を行い、転移がみられなければ、これ以外のリンパ節を取り除く手術(リンパ節郭清)を省略しても、再発率に影響がないことがわかっています。 センチネルリンパ節転移が1個でも陽性の場合には、腋窩リンパ節郭清を行っているのが現時点でのです。 しかし、近年、術前の身体診察やなどの画像検査で腋窩リンパ節転移が陰性とされていた場合では、術後の薬物療法や放射線治療をしっかり行うことで、腋窩リンパ節郭清を省略できる可能性が報告されています。 これを受け、リンパ節におけるがんの転移の大きさによって、郭清をするかどうか、替わりに放射線治療をするかどうかを決める病院もあります。 長期的成績が出ていないため、いまだに慎重な判断が必要な状況です。 転移がある場合にリンパ節郭清をするかどうかは、手術後の治療方針との兼ね合いで決められる場合もありますので、詳しくは担当医にご質問ください。 乳がんの手術は、治療の範囲が乳腺とわきの下の周囲に限られているので、内臓の機能(呼吸や消化、排泄など)への影響はあまりなく、麻酔による影響からの回復や痛みの調節が落ち着けば、少ない安静期間で起き上がったり、立ち上がったりすることができるようになります。 手術当日の夕方にトイレまで歩けることもあります。 乳房や胸の筋肉を切除した場合などでは、治療した側の腕の運動をしばらく控え、安静を保つ必要があります。 手術直後には、手術の創(きず)から出る血液や体液などを排出するドレーンという管が体に付けられています。 創の状態が安定したら、管を抜きます。 抜糸(最近では抜糸を必要としない縫い方や抜糸が不要のテープ、医療用接着剤を使用する病院も多くなってきています)のころには、創そのものからの痛みはかなり治まっています。 治療した側の腕が上がらない、腕を回せない、腕がだるい、痛む、しびれる、腋の皮膚が突っ張るといった症状がみられることがあります。 リンパ節や脂肪組織、皮膚、筋肉など、切除した範囲が大きいとこれらの症状が起こりやすくなります。 胸の筋肉を切除した場合にはしばらく安静が必要ですが、必ずしも安静が必要でないときに、「腕を動かすと痛い」「違和感が気になる」といって動かさないでいると、肩や腕の関節や筋肉がこわばって動かしにくくなることがあります。 担当医に相談の上、段階的に運動を取り入れていきましょう。 指や手などの曲げ伸ばし運動から始め、手術後1週目ころからは、腕の横振り、前後振り運動、続いて、腕を背中に回したり、肩を回したりする運動など、無理のない範囲で少しずつ行います。 退院後どのように運動をしていけばよいのか、適切な方法を入院中に担当医や看護師に聞いておきましょう。 「」のページもご参照ください。 (2)腕や手がむくむ 手術でリンパ節を切除したり、リンパ節に放射線治療を行ったりしたあとに、腕や手がむくむことがあります。 むくみの前ぶれとして、手術をした側の腕や胸、肩、背中に重苦しさを自覚する場合が多いようです。 これはといって、リンパの流れが悪くなり、リンパ液が腕や手にたまった状態になっています。 こうしたむくみは手術のあとに起こることが多いのですが、しばらくたってからあらわれることもあります。 手のけがや細菌の感染をきっかけにむくみが強くなることもあります。 手術を受けた側の腕では、けがや虫刺され、やけどなどに注意し、重いものを長時間持たないようにしたほうがよいとされています。 しかし、あまり安静にしすぎるのもよくないとされていますので、適度に動かすようにしましょう。 痛みや腫れは自分で感じにくいこともあるので、意識して自分の目で見て確認するとよいでしょう。 また、皮膚の清潔と潤いを保つことも大切です。 リンパ浮腫があるときには、横になるときなどに腕や肩の位置が高くなるようにすると、むくみが軽くなることがあります。 リンパ浮腫の予防には、きつめのサポーターのような機能のある弾性スリーブやバンデージ()などのを着用したり、リンパの流れを改善するマッサージを行ったりすると、むくみや腫れの症状が改善することがあります。 検査のための採血や治療のための注射も、できる限り治療を受けた側と反対の腕で行います。 この他、日常生活の注意点や工夫、日常的に行えるリンパ浮腫対策を、退院前に担当医や看護師に確認しておきましょう。 急な腫れや、赤くなって熱を帯びている場合は、担当医に早めに診てもらいましょう。 「」「」のページもご参照ください。 (3)手術の傷あとが怖い、見るのがつらい 手術のあと、「傷あとが怖い」「見るのがつらい」「形が変わってショック」と感じられる患者さんは少なくありません。 手術の前に担当医から説明され、ある程度心の整理や覚悟があっても、実際に鏡の前で見るとつらい気持ちになるのは自然なことです。 おなかや手などの手術の傷と違い、やわらかい胸の手術の傷は凹凸や左右の違いなどが目立つ場合もあります。 また、乳房の大きい人では、左右のバランス感覚に変化が起こり、不安定な感じを覚えることがあります。 傷の色や形は、手術後少しずつ、周りの皮膚になじむようになってきます。 治療後間もない時期には、傷の状態も含めて医師などに診てもらうとよいでしょう。 看護師や担当医は手術後の経過について、豊富な経験をもっています。 あなたの気持ちや治療後の状態に応じた助言を受けることができるでしょう。 抜糸して腫れが治まり、痛みがなければ、担当医に相談の上、既製のパッドや補正下着などを上手に取り入れてみるのもよいかもしれません。 担当医や看護師などの医療スタッフに相談してみましょう。 こすれたり、ずれたりすることがないか、試着して体に合ったものを選びましょう。 もちろん、「見た目はほとんど気にならない、気にしない」とおっしゃり、特に何もしないで療養生活を送る人も少なくありません。 一方、乳房を元に近い形に再建する技術も進歩しています。 がんの手術後に続いて行われることもあります。 多くの場合は、手術後の傷の状態や、放射線治療など別の治療の影響が落ち着くのを待って行われ、皮膚や筋肉の一部を移植する、人工物を埋め込むなど、再建の方法を検討した上で手術が行われます。 放射線治療は、高エネルギーのX線や電子線を体の外から照射して行われます。 がん細胞を通過した放射線は、細胞の増殖を阻害し、がんを小さくする効果があります。 放射線治療は放射線照射を行った部分だけに効果を発揮する局所療法です。 乳がんでは、乳房部分切除術のあと、温存した乳房やリンパ節での再発の危険性を低くするために、放射線治療が行われることが多くなっています。 また、再発した場合に、がんの増殖や骨転移に伴う痛み、脳への転移による神経症状などを改善するために行われることもあります。 放射線を照射する範囲や量は、放射線治療を行う目的、病巣のある場所、病変の広さなどによって選択されます。 多くの場合、外来での治療が可能です。 は主に放射線のあたる部位にあらわれます。 治療中や治療終了直後に、皮膚が日焼けをしたように赤くなることがあるので、強くこすったり、かいたりしないようにします。 皮膚の赤みは治療終了後1週間から2週間でほとんど改善します。 治療後に皮膚が熱をもったり、黒ずんだりカサカサになることがありますが、多くは1年から2年で元に戻ります。 治療が終了して数カ月以内に遅れて出る副作用として、肺に炎症が起こることがあります。 咳(せき)や微熱が続くときは担当医に伝えるようにしましょう。 3.薬物療法 薬物療法には、「手術や他の治療を行ったあとにその効果を補う」「手術の前にがんを小さくする」「根治目的の手術が困難な進行がんや再発に対して、延命および生活の質を向上させる」などの目的があり、、リスクなどに応じて行われます。 どのような薬物をどのように組み合わせて治療を行うかは、がんの広がりや性質、の結果などによって検討されます。 その際、どの薬剤を使うかは「サブタイプ分類」により、がん細胞の特性に合わせた薬物療法が選択されます(表4)。 また、しこりの大きさやリンパ節転移の有無に加え、がん細胞の増殖に関わる要因から再発の危険を予測することができます。 そのため、再発の危険性が高い場合、より再発抑制効果の強い治療を行い、そのリスクの低減を図ります。 ルミナルA型は再発の危険性が低いため、化学療法をほとんど必要としないことが多くなっています。 卵巣機能が活発な女性では、主に卵巣から女性ホルモンが分泌(ぶんぴ)されています。 50歳前後で閉経を迎えたあとの女性では、卵巣からの女性ホルモンの分泌は停止し、そのかわりに副腎皮質から分泌される男性ホルモンを原料として、「アロマターゼ」と呼ばれる酵素の働きによって女性ホルモンがわずかに産生されます。 乳がんは「ホルモン受容体」(エストロゲン受容体[ER]とプロゲステロン受容体[PgR])のあるものとないものに分けることができます。 手術後に、ホルモン受容体のある乳がんかどうか、がんの組織を詳しく調べます。 「ホルモン受容体」のある乳がんでは、女性ホルモンががんの増殖に影響しているとされています。 内分泌(ホルモン)療法は女性ホルモンの分泌や働きを妨げることによって乳がんの増殖を抑える治療法で、ホルモン受容体のある乳がんであれば効果が期待できます。 内分泌療法には抗エストロゲン剤、選択的アロマターゼ阻害剤、LH-RHアゴニスト(黄体ホルモン放出ホルモン抑制剤)などが使われます。 乳がんの術後や転移性乳がんに用いられる抗エストロゲン剤は、女性ホルモンのエストロゲン受容体への結合を阻害します。 選択的アロマターゼ阻害剤の作用機序(薬理学の用語で、薬物が生体に作用する仕組み)は、閉経後の女性に対してアロマターゼの働きを抑え、女性ホルモンの産生を抑えます。 閉経前の女性の場合は、卵巣からの女性ホルモンの分泌を抑えるLH-RHアゴニスト(黄体ホルモン放出ホルモン抑制剤)を併用することがあります。 その他にも、プロゲステロン製剤などを使用する場合もあります。 治療の目的や使う薬の種類によって治療期間や効果の目安は変わりますが、手術後に行う場合は5年間から10年間の投与が目安となります。 副作用については、化学療法に比べて軽いといわれていますが、顔面の紅潮やほてり、のぼせ、発汗、動悸(どうき)などの更年期障害のような症状が出る場合もあります。 これらの症状の多くは治療を開始して数カ月から数年後には治まりますが、症状によっては使用するホルモン剤の種類を変更したり、症状を和らげる薬を投与したりすることもあります。 また薬剤によっては高脂血症、血栓症、骨粗しょう症のリスクが高まることが知られているので、そのようなリスクを少なくするための治療を併用することもあります。 薬剤 薬効分類名 投与方法 適応 特徴的な副作用 アロマターゼ阻害薬(非ステロイド性) アナストロゾール レトロゾール 経口 術前 術後 転移再発 閉経後が対象となります。 術前内分泌療法を行った場合、術後は術前に使われていた薬剤を続けます 骨粗しょう症、関節症状(関節痛、関節のこわばり)、脂質異常症など 心血管イベントの上昇も可能性が指摘されています アロマターゼ阻害薬(ステロイド性) エキセメスタン 経口 術前 術後 転移再発 閉経後が対象となります。 投与24時間以内に起こる急性期の吐き気、24時間から7日目くらいまでの間に起こる遅発性の吐き気、治療前に治療のことを考えて吐き気が出る予期性の吐き気があります。 点滴や内服の吐き気止めを組み合わせて、しっかり予防しながら治療を行っていきます。 一般的には抗がん剤投与後7日から10日で減り始め、10日目から14日目が最低値となり、3週間目くらいに回復していきます。 白血球の一成分である好中球が低下している時期に発熱を起こした場合(発熱性好中球減少症)、抗菌薬で治療を行ったり、場合によっては好中球を増やす薬の注射をしたりすることがあります。 免疫力が低下している時期の発熱は、危険な感染を見越した対処がなされます。 や血小板低下が高度に起こっている場合には輸血することがあります。 治療後2週目から3週目に急に抜け始めることが多いです。 眉毛やまつげも抜けることがあります。 脱毛の副作用が強い薬を使用する場合、あらかじめ、医療用かつら(ウィッグ)などを用意しておくことで、心の準備をしておくとよいでしょう。 それに伴ってホットフラッシュなどの更年期症状があらわれることがあります。 副作用は化学療法の種類によって異なるだけでなく、症状の程度は患者さんによる個人差が大きい場合もあります。 薬剤 薬効分類名 投与方法 適応 特徴的な副作用 トポイソメラーゼ阻害薬(アンスラサイクリン系) アドリアマイシン(ドキソルビシン塩酸塩) エピルビシン塩酸塩 静脈注射 術前 術後 転移再発 心筋障害、心不全、不整脈、急性骨髄性白血病(10年1. 緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。 緩和ケアでは、痛みや吐き気、食欲不振、だるさなど体の症状だけに限らず、気分の落ち込みや孤独感など心のつらさを軽くすること、また、自分らしい生活を送ることができるようにすることなど、患者さんのニーズに応じて幅広い対応をします。 そのためにも、治療や療養生活について不安なこと、わからないことなど、ご自身の思いを積極的に担当医に伝えましょう。 十分に話し、納得した上で治療を受けることが大切です。 痛みが強いときには、痛みの原因によって、医療用麻薬を含めた痛み止めを使ったり、痛みの原因となっているがんのある場所に対して放射線治療を行ったりして、つらさを和らげることができます。 詳しくはこちらの「」もご参照ください。 転移のある患者さんに対しては、痛みや骨折のリスクを減らす目的でビスフォスフォネート製剤やデノスマブといった薬剤が使われることがあります。 ビスフォスフォネート製剤やデノスマブの有害事象には顎骨壊死(がっこつえし)があり、口腔ケアを心がけ、衛生状態を良好に保つことが重要です。 投与前に歯科を受診することが必要です。 5.臨床試験 がんの治療は治療技術の進歩とともに変わっていきますが、その時点で得られている科学的な根拠から、最もよいと考えられる治療を「標準治療」と呼びます。 ただし、標準治療は必ずしも「完全な治療」というわけではありません。 新しい治療の有用性を科学的に検証する「臨床試験」によって、がんの治療をよりよいものにしていこうとする努力が世界各地で行われています。 臨床試験の結果から、現在標準とされている治療より、よい治療であることが証明されれば、新たな標準治療が生まれます。 現在の標準治療は、これまでに行われた臨床試験の積み重ねの中から生まれてきた治療法です。 現在行われている臨床試験で採用されている治療法は、将来の標準治療となりうる治療であり、治療の選択肢の1つであると言えます。 現在国内で行われている乳がんの患者さんを対象とした臨床試験(医師・研究者が実施する臨床試験、および製薬企業や医師が実施するの一部)に関しては、「」で、開発の段階別に分類された情報を閲覧することができます。

次の