同軸 ケーブル 延長。 同軸ケーブル 延長 コネクタの販売特集【通販モノタロウ】

BSアンテナの同軸ケーブルの延長

同軸 ケーブル 延長

テレビがみれない。 まずは見れる環境を整えよう 自分の部屋や、リビングとなる部屋などでテレビを視聴したいと思ったことはありませんが。 このコラムを読んでいる人のなかには、今まさにそう思っている人もいらっしゃるでしょう。 テレビをみたいと思ってもそこにテレビの配線をつなげる場所がなければ、テレビを視聴することすらできません。 もし、部屋でテレビを見たいと思われる場合はまず、見れる環境を整えることから始めましょう。 テレビが見れない環境と整え方 テレビが見れない部屋にテレビを設置したい場合は、まず、テレビを見れる環境を整えることからはじめましょう。 この項目ではテレビがみれない環境とそれを克服する環境の整え方について見ていきます。 テレビが見れないときの考えられる状況 〇アンテナコードが足りない 〇アンテナコードを差し込む場所がない 〇そもそもコンセントを差し込む場所すらない テレビが見れるように環境を整えるには 〇アンテナコードを長いものに替える 〇アンテナコードなどをつなぎ合わせる 〇若干コードが短い場合は置き場所を考える これらを駆使して、部屋でテレビを見れるようにしましょう。 テレビの配線を延長する方法 有線のテレビで線が届かない、繋ぐ場所がない場合はテレビの配線を延長して持って行きたい部屋に配置することが多いです。 もし、テレビを配線しにくい環境の部屋でテレビを見たい場合は、テレビの配線を延長し、部屋に配置するのが手っ取り早い解決方法でしょう。 この章ではテレビの配線を延長する方法についてご紹介します。 そんなときは複数の線をつなぎ合わせて線を伸ばしてみてはいかがでしょうか。 複数の同じコードをつなぎ合わせることでテレビの線を延長することが可能です。 つなぎ方は以下を参考にして線を延長させてくださいね。 いるもの 〇中継プラグ 〇アンテナケーブル 手順は簡単で、アンテナケーブルを中継プラグを使ってつなぎ合わせ、テレビを置きたい部屋まで引っ張ってくるだけです。 長いアンテナケーブルを利用する 中継プラグを使ってアンテナケーブルを伸ばせばテレビが見れない部屋でもテレビをみることができます。 しかし、複数の線を繋ぎ合わせるのはちょっと……。 と思われる人もなかにはいらっしゃるでしょう。 そんなときは長いアンテナケーブルを使い、1本で事足りるようにしてみてくださいね。 ちなみに長いアンテナケーブルとは以下の長さがあります。 一度、通販サイトや家電量販店などを覗いてみてくださいね。 富士パーツ商会 地上波デジタル対応 S4CFB 4Cアンテナケーブル 長いケーブルではありませんが、ケーブル同士をつなぐ中継プラグです。 家に複数ケーブルがある場合は利用してみるといいでしょう。 テレビの線を延長するときに注意すること 有線テレビの線を延長するときは線を伸ばすか、長いケーブルを利用するしかありませんが、テレビの線を延長するときに 壁に沿うようにつなげる テレビの線を延長するときは壁に沿うようにつなげるようにしましょう。 たとえば部屋の中央を横断するようにケーブルをつないでしまうと、足が引っかかってケガをしてしまうことがあります。 また無理につなげてしまうと線が断線してしまい、ケーブルが壊れてしまうことも。 なるべく人の往来の邪魔にならない壁沿いへ線を配置することをおすすめします。 部屋をまたぐ場合も注意 違う部屋にテレビを配置する場合は、当然、ケーブルも部屋をまたぐ形で配置することになるでしょう。 この場合、部屋の戸を常時開けっ放しにしておかなければいけませんので、そちらも考慮しましょう。 無理に閉めてしまうとケーブルが断線してしまう原因になります。 開けっ放しはちょっと……。 そう思われる場合は、部屋の入口にカーテンをつけるなどの工夫をしましょう。 無理なテレビの線の延長をしない テレビの線を延長するうえでおすすめしないのは、同軸のケーブルをよじり、テレビの線を延長することです。 芯の部分が折れやすく、しかもテレビの受信障害が起きやすくなります。 延長すると画質が悪くなるって本当? テレビの線の延長で気になることのひとつといえば、テレビの画質。 何個も繋ぎ合わせるとテレビの画質が悪くなるのではと心配される人もいるでしょう。 確かにアナログテレビの頃であれば直接映像信号を送っていたため、テレビの線を延長しただけでも画質が悪くなりやすかったです。 しかし今の地上デジタル放送、いわゆる地デジに移行すると信号はデジタル化されたため、ノイズにも強くなりました。 よってテレビ線を延長しても、今までと変わらない画質でテレビを見ることができます。 ただし受信レベルが悪ければ映像が途切れることもあるため注意しましょう。 画質の悪さはテレビの線の延長のせいではない? たとえば、テレビの線を延長したときに、前みていたテレビの画質よりも悪くなってしまったときはありませんか。 しかし前述したとおり、地上デジタル放送はテレビの線を延長しただけでは画質が悪くなりにくいです。 もしテレビの線を延長して画質が悪くなった場合は、テレビの線の延長のほかにも以下の項目も確認してみましょう。 〇接続端子がきちんと指定の場所に繋がっているか。 抜けていないか 〇受信レベルの確認。 電波は悪い場合は、ブースターなどを利用してみる 〇部屋にテレビが複数台ないか。 ひとつの分配器で複数のテレビをつないでいると分配される電波が弱くなる こちらの詳しいことは「」でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。 コードが絡まる。 そんなときは無線化にしてみては 有線のテレビの線を延長する場合、コードを伸ばしたり、場合によっては部屋をまたいで配線しなければいけません。 そんなわずらわしさを心配される人は思い切ってテレビを無線化するのも手段です。 無線化とは、無線LANやワイヤレステレビチューナーなどをつかったテレビのこと。 これらであれば、アンテナケーブルをつけないとテレビがみれないといった面倒くささはありません。 線もかさばらないので、絡まったり、断線してしまったりなどの配線トラブルを避けることもできるのです。 テレビを無線化するには テレビを無線化するには以下のものを用意をして設定や操作をしなければいけません。 テレビを無線化したいときは以下のものを参考に用意してみてください。 〇無線LAN(無線LANが使える環境へ整える) 〇無線LANに対応した機器(ルーターなど) 〇DLNA再生ができるテレビ テレビの無線化の詳しい説明は「」でもしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まとめ 有線のテレビをテレビが配線できない部屋にもっていきたい、ギリギリ配線できる場所まで届かない場合は、テレビの線を延長してみましょう。 しかしテレビの線を延長して配線をおこなうといっても、配線の仕方によってはわずらわしさを感じたりすることもあります。 その場合は、思い切ってテレビを無線化にしてみてはいかがでしょうか。 テレビを無線化すれば最小限に線をつなげればいいので、線同士が絡まったり、断線してテレビが見れなくなったりということが少なくなります。 なお無線化には無線LANなどが使える環境を整える必要があります。 環境が整っていない場合は一度業者に相談してみてくださいね。 アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2019年3月21日に加筆・修正しています).

次の

BSアンテナの同軸ケーブルの延長

同軸 ケーブル 延長

同軸ケーブルの正式名称は、発泡ポリエチレン絶縁ビニルシース同軸ケーブルである。 英語では(COAXIAL CABLE - コアキシャルケーブル )と呼ばれている。 高周波の多重伝送に適しており、VHFやUHF、BSの信号の周波数である、70MHzから2,000MHzの高周波信号の伝送が効率的である。 主に電気通信用として使用される通信ケーブルであり、断面は円形状となる。 テレビとチューナー装置の接続、ネットワークケーブル用など、幅広い用途で利用されている。 同軸ケーブルは、高周波伝送における損失が少ないだけでなく、施工性が良く、接続や中継が容易、直流電力を重畳できるといった利点により、画像信号線として幅広く利用されている。 同軸ケーブルのTV伝送線としての利用 壁に設置されたテレビアウトレットから、テレビ本体に同軸ケーブルを接続する場合は、S-4C-FBを選定するのが良い。 「S」はCS放送までの高周波を伝送できるケーブルで、壁アウトレットと離れた場所にテレビを設置する場合でも、減衰を小さく抑えられる。 BS放送やCS放送を受信している場合、同軸ケーブルの種類に注意を要する。 「5C-FB」は、比較的周波数の低い「BS放送」を伝送できるが、より高い周波数の「CS放送」を伝送できない。 同軸ケーブルの種類に伝送できる放送の種類が違うため、同軸ケーブルを購入する場合は注意を要する。 ここでは、代表的な同軸ケーブルの受信電波と、減衰量を一覧表として記載する。 同軸ケーブルの種類と標準減衰量 同軸ケーブルでテレビ画像を伝送する場合、周波数帯域と敷設距離に応じて減衰が発生する。 減衰は、高周波を伝送するほど大きくなるため、地上デジタルの帯域よりも、CS放送の帯域が大きいという特徴がある。 今後広く普及することが予想される「4K放送」や「8K放送」は、CS放送よりも高周波な帯域を利用して伝送することになっており、さらに厳しい周波数計算が求められる。 太い径の同軸ケーブルを用いて減衰を抑制する設計手法では限界があり、複数のブースターを挿入する方法が合理的となる。 下記の表は、1mあたりの標準減衰量[dB]を表としたものである。 高周波帯域ほど減衰量が大きくなることがわかる。 名称 UHF 470MHz UHF 770MHz BS 1300MHz CS 2000MHz 4K 2681MHz 8K 3224MHz 3C-2V 0. 28 0. 37 - - - - 5C-2V 0. 20 0. 29 - - - - 7C-2V 0. 15 0. 20 - - - - 3C-FV 0. 24 0. 33 - - - - 5C-FV 0. 15 0. 21 - - - - 5C-FB 0. 14 0. 19 0. 27 - - - 7C-FB 0. 10 0. 14 0. 20 - - - S-4C-FB 0. 18 0. 24 0. 32 0. 41 0. 49 0. 54 S-5C-FB 0. 15 0. 19 0. 26 0. 34 0. 41 0. 46 S-7C-FB 0. 11 0. 14 0. 19 0. 25 0. 31 0. 35 高周波帯域における減衰 同軸ケーブルに限らず、高周波伝送の場合は周波数が高いほど減衰の割合が大きくなる。 VHFとBSを比較した場合、90MHz帯の付近を使用するVHFの電波よりも、1,300MHz帯付近を使用するBSの電波の減衰が大きい。 衛星放送を受信する場合、信号の減衰が大きくなる。 長距離の伝送を行う計画では、サイズの大きな同軸ケーブルを使用したり、高発泡ポリエチレンの製品を採用するなどし、減衰を低く抑えた計画としなければならない。 4K放送・8K放送への対応 「2K放送」と呼ばれるフルハイビジョンの上位規格として、2K放送の4倍の画素で表現する「4K放送」や、16倍の画素数で表現する「8K放送」への対応が求められている。 東京オリンピックやパラリンピックの中継放送は、4K・8K放送の実用化を前提としており、公共施設や宿泊施設のほか、一部マンションなどでも、4K・8K放送に対応した共聴設備が求められるものと考えられている。 200万画素程度の表現で十分だった情報量が、4K放送で800万画素、8K放送で3,300万画素にまで拡充されることになり、65インチや100インチといった大型モニターに投影しても、違和感のない高画質な画像が楽しめる。 既に、BS放送やCS放送によって、実用化されている範囲の周波数帯域が専有されている。 テレビ放送に利用されている周波数帯域を拡幅し、3,224MHzという高い周波帯域を利用することで、4K8K放送に対応する。 高周波帯域では、同軸ケーブルや分配器、直列ユニットによる減衰がさらに大きくなるため、より効率的な配線設計や、ブースターの挿入が必要となる。 アンテナ、混合器、ブースター、分配器などはCS放送まで対応しているが、新たな規格となる4K8Kの帯域の信号は通過できない。 同軸ケーブルを除くほとんどの機器が再利用できず、交換が必要とされている。 同軸ケーブルについては、最新のS-5C-FBやS-7C-FBなどを用いてあれば、ケーブルに際立った劣化がない限り伝送できる。 長期利用により劣化が進んでいる同軸ケーブルであれば、減衰も大きくなることが予想され、交換が必要となる可能性がある。 同軸ケーブルの構造 テレビ受信用同軸ケーブルは、銅心線を発泡ポリエチレンで絶縁し、アルミ箔テープで巻き、外周を筒状の銅編組という網状の導体で覆い、外側をビニルシースで包むという構造になる。 高周波伝送において、伝送する信号は内部導体と外部導体の間を通過していくことになり、外部導体が編組だけでは信号が漏洩する。 これを避けるため、アルミ箔テープと銅編組によってシールドを構成し、外部への信号流出を避け、かつ外部からの雑音による悪影響を低減させて、高い品質が確保できるように構成されている。 同軸ケーブルは、可とう性を確保するため、内部導体は比較的細い単線が用いられており、外部導体は編組線が用いられている。 編組だけでは漏話特性が悪化するため、編組にアルミテープを巻き付けたり、編組を何重にも重ねて特性向上を図っている。 同軸ケーブルの記号と種類 同軸ケーブルは、記号によって性能が定められている。 S-5C-FBという表記から、同軸ケーブルの仕様を説明する。 未対応は無表記• 5 : 網線直径をmmで示す。 3・4・5・7・10• F : 発泡ポリエチレンを示す。 「2」ポリエチレン 「HF」高発泡ポリエチレン• B : アルミ箔テープ付銅編組を示す。 「V」編組一重 「W」編組二重 「T」編組三重 同軸ケーブルの種類と用途 ビルやマンションに敷設するテレビ共同聴視用の同軸ケーブルは、S-5C-FBまたはS-7C-FBの2種類を活用した設計を基本とする。 屋上に共同受信用アンテナを設置し、UHFやBS、CSを混合し、1軸方式で計画する。 最も近い場所にあるEPSにブースターを設けて信号を増幅し、移行は大きな減衰が発生しないように配線計画を行う。 長距離敷設による減衰が大きい場合は、S-7C-FBやS-10C-FBといった太いサイズのケーブルを選定すると良い。 幹線は7Cや10Cといった太い幹線となるが、分岐配線は減衰に問題がない範囲で、S-5C-FBやS-4C-FBなどの細いケーブルを用いてコストバランスを調整すると良い。 全て高品位な同軸ケーブルを設置しても、画質が良くなることはない。 S-7C-FBは、S-5C-FBと比べて標準減衰量が小さく、長距離敷設においてもテレビ信号の品質を高く維持できる。 しかし、ケーブル単価が4倍程度違うため、あまり多用するとコストが大幅に高くなる。 さらにケーブル外径が太くなり、可とう性が悪く曲がりづらいために施工性が悪くなる。 テレビの信号は、受信点から送信局までの距離や、アンテナの性能にも左右され、受信した時点で画質は決定している。 この受信点で得られた画質を、さらなる劣化を伴わずに受像機まで伝送するのが重要であるが、適切な位置にブースターを設置すれば、同軸ケーブルを高品質な製品にしなくても、十分な受信強度を確保できる。 テレビアウトレット~テレビ本体間の同軸ケーブル選定 壁に設置されているテレビ端子から、テレビ機器やチューナーには、市販の同軸ケーブルを使用して接続する。 オフィスビルやマンションなどでは、幹線ケーブルとしてS-7C-FBやS-10C-FBが使用されているが、テレビ端子からテレビ機器までの間は距離が短い上、テレビ本体に接続が可能なケーブルサイズとしなけれはならないため、幹線で使用するような太いサイズの同軸ケーブルは適していない。 テレビ端子からテレビ機器までの配線は、S-4C-FB同軸ケーブルを使用すると良い。 3m~5m程度であれば、径の小さな同軸ケーブルであっても大きく減衰することない。 テレビアウトレットからテレビ端子までの距離は、10m程度までが推奨されているが、テレビ端子での受信電波が良好であれば、より長い距離でも伝送できる。 同軸ケーブルと接栓の接続 同軸ケーブルを電気機器に接続するために、端部にコネクタが取り付けられる。 一般的なテレビでは、同軸ケーブルから直接心線を取り出して挿し込むことでも受像できるが、心線を痛めたり、ノイズの原因となるため、接続部をコネクタ化するのを基本とする。 同軸ケーブルの端部をコネクタ化するためには、「接栓」と呼ばれる部品を使用する。 接栓とは、同軸ケーブルの端部コネクタである。 ストレートタイプと呼ばれるワンタッチ接続式の接栓や、F型と呼ばれるネジ式接栓を使用し、同軸ケーブルの端末処理を行なう。 4C用、5C用など、同軸ケーブルのサイズによって規格が違っている。 市販されているテレビ用の同軸ケーブルであれば、ケーブルに接栓が付属しているものを購入すれば良いが、同軸ケーブルと接栓を単独で購入し、電線を加工して自作することでも良い。 接栓付を自ら取り付ける場合、内部導体と外部導体が短絡していないか、強度が不足していないか十分に確認しなければならない。 F型コネクタの特徴と加工方法 F型コネクタは、テレビ用に普及している同軸ケーブル用コネクタで、接続部分が「ねじ切り」され回転して固定するタイプと「ねじ切り」されておらず差し込むだけの製品に分類されている。 ねじ切りされた固定金物が付属していない製品は、差し込むだけで接続できるため取り扱いが容易であるが、張力で簡単に外れてしまうため、据え置き型のテレビへの接続には不安が残る。 固定金物がねじ切りされており、テレビに固定可能なタイプを使用するのが望ましい。 F型コネクタには、心線をそのまま使用するタイプと「コンタクトピン」と呼ばれる、芯線に被せて耐久性や耐候性を高めたタイプがある。 心線をそのまま使用するタイプのF型コネクタでは、同軸ケーブルの被覆を剥がし、コネクタを被せ、心線を中心で揃え、飛び出した部分を切断するだけという簡易な構造である。 コネクタピンは同軸ケーブルの心線がそのまま使用されるため、コネクタ自身の伝送性能は定義されない。 性能だけであれば、同軸ケーブルをそのままテレビの受像装置に差し込んでいるのとほぼ変わらない。 コンタクトピンを使用するタイプでは、心線にコンタクトピンを被せて、専用の圧着工具で固定するという手順が増える。 屋外で使用する防水コネクタでは、コンタクトピンを使用して心線を腐食から保護している。 BNCコネクタ 「Biyonet」と呼ばれるロック方式を採用したコネクタで「BNCコネクタ」と呼ばれる。 「 Bayonet Neill Concelman 」の略称で、国内では「バイヨネット」「バヨネット」「バイオネット」など、メーカーによって呼称が若干違うが、同じ製品を示して呼ばれる。 数百回に及ぶ着脱にも耐えられる耐久性を持っているため、測定機器の接続コネクタとして普及している。 ネジ止めをせず、差し込むだけでロックされる簡易機構となる。 電気設備用途では、オーディオ機器のほか、アナログ監視カメラの映像伝送用として、同軸ケーブルにBNCコネクタを接続して使用する。 ケーブル同士を接続する場合には、BNC中継コネクタを用いると便利である。 ITV用SPDやアレスタなど、避雷器のコネクタにもBNCコネクタが広く使われている。 BNCコネクタを設けた同軸ケーブルを、省略して「BNCケーブル」と呼ぶことがある。 同軸ケーブルの延長 同軸ケーブルは、高周波伝送を主体に行なうための電線であり、VVFケーブルといった強電線のように、重ね合わせてカシメるような接続方法はできない。 伝送障害を引き起こし、正常な伝送が不可能となる。 同軸ケーブル同士を接続して延長する場合、接続するケーブル端末に接栓端子を取付け、接栓同士を「中継接栓」で接続すれば、同軸ケーブルの延長が可能である。 ネジ式のF型接栓を設けてねじ込めば、一定の張力にも耐えられる。 接栓の締め付けは、電力ケーブルや電線管のように、レンチの工具で強く締め付けてはならない。 変形して外れてしまったり、破損するおそれがある。 接栓や中継器によって、若干の減衰が発生する。 多数の接続点を設けると、減衰の増大や強度の低下を引き起こすので、ケーブルはできるだけ切断せずに敷設できる計画とすべきである。 同軸ケーブルは、雨が当たる部分での接続は避けるべきであるが、やむを得ず雨が当たる屋外で同軸ケーブル同士を接続する場合、防水接栓を用い、自己融着テープと呼ばれる防水性能に特化したテープを巻いて、水の侵入を防止する。 同軸ケーブル内部は編組構造となっているため、水が侵入すると奥深くまで浸透し、編組を腐食させてケーブルが著しく劣化するので、水の侵入は厳しく制限しなければならない。 最も水の侵入のおそれが高い、アンテナ部分の接栓接続では、防水接栓の上に自己融着テープを巻き、更にビニールテープを上から巻くという工法が用いられている。 同軸ケーブルによる監視カメラ映像の伝送 建築設備分野では、テレビのほか、ITV監視カメラの映像伝送に同軸ケーブルを使用する。 近年はLANケーブルを用いたネットワークカメラが主流であるが、業務用アナログカメラの映像伝送を計画する場合、映像伝送線として同軸ケーブルを使用する。 ネットワークカメラの場合はLANケーブルが使われるが、LANケーブルの特性上、100mを超過するケーブル敷設はデータの伝送エラーを引き起こすので、リピーターを多段接続して伝送する。 同軸ケーブルで計画する場合は、ケーブル径を太くすることで伝送距離を伸ばせる。 通常、200mまでは「3C-2V」、500mまでの長距離伝送であれば「5C-2V」が選定される。 よほど大規模な敷地を持つ建築物でない限り「5C-2V」の同軸ケーブルを選定すれば、映像伝送に問題が発生することはほぼない。 同軸ケーブルに電源も重畳する「ワンケーブル」方式のカメラであれば、同軸ケーブルにカメラ電源も同時に乗せられるので、カメラ本体に別途電源を供給する必要もなく、良好な施工性を確保できる。 ネットワークカメラで使用するLANケーブルであれば「PoE」と呼ばれる技術がこれに相当する。 HD-TVI規格 近年では「HD-TVI」と呼ばれる、同軸ケーブルを用いたアナログ方式のまま、HD監視カメラを使用する新規格が普及しつつある。 従来のアナログカメラを高画質なHDカメラに移行する場合、LANケーブルを引き直して、ネットワークカメラに交換するのが一般的であるが、ケーブル敷設は施工的に難しい事が多く、一式の交換は困難である。 HD-TVIでは、同軸ケーブルをそのまま利用し、カメラとレコーダーを交換すれば、アナログ方式のままにHDカメラ画像を伝送できる。 各種同軸ケーブルの名称と特徴 同軸ケーブルは、その用途に応じて多種多様な製品が開発されており、無線用、高周波機器の接続用として使われる一般ケーブルから、トンネルや地下道でも電波を受信できるように敷設する漏洩同軸ケーブルなど、数多くの製品がある。 ポリエチレン絶縁高周波同軸ケーブル 無線受信用や、電力線搬送用給電線に使用されている一般的な同軸ケーブルで「3C-2V」「5C-2V」といった名称で呼ばれている。 無線送受信、高周波機器の内部接続配線に使用されるケーブルで、外部雑音に強く、安定した特性を持っている。 5AF同軸ケーブル CATV用に開発された同軸ケーブルで、絶縁体に高発泡プラスチックを使用し、外部導体にアルミシースが使われている。 非常に低損失であり、強度が大きく軽量、外部誘導が小さいなど、多くの利点がある。 FL同軸ケーブル TV共聴用の同軸ケーブルとして使用される。 発泡ポリエチレンを絶縁体に使用し、外部導体にラミネートアルミテープを使用した同軸ケーブルである。 絶縁体として採用されている発泡ポリエチレンは、気泡の均一性によりVSWRが小さく、ゴースト発生を抑制できる。 外部誘導に強く、損失が小さいという特長がある。 HFL同軸ケーブル 外部導体にラミネートアルミテープを使用した同軸ケーブルで、発泡ポリエチレン絶縁ケーブル(FL同軸ケーブル)よりも減衰量が小さいという特徴がある。 主に、衛星放送の受信用として使用されることを前提とし、衛星放送の受信帯域の減衰を低減している。 優れた減衰特性を持っており、かつ外部からの誘導に強い、吸湿性がないため長期間の使用に耐えるなど、数多くの特長がある。 内部導体を高発泡PEFの絶縁体で包含し、黒色PEのシースで保護された構造となっており、屋外で使用できる。 漏洩同軸ケーブル LCX( Leaky Coaxial cable )とも呼ばれ、信号をケーブル周囲に漏洩させることで、ケーブル近辺で電波を受信できる。 ケーブル近辺でのみ電波を受信できるという性質から、トンネルなど電波が届きにくい場所に敷設することで、信号を伝搬する用途に適している。 トンネル内でラジオ電波を受信したり、地下鉄で携帯電話を使用したりということが可能になる。 漏洩同軸ケーブルは、同軸ケーブルの外部導体にスロットと呼ばれる孔を設け、同軸ケーブル内部を伝搬する電波をケーブル外部に輻射させるよう構成されている。 ケーブル表面の汚れが電界に影響しにくく、空気環境の悪い場所でも十分な電界強度を保つため、同軸ケーブルの保守が容易である。 平行二線の漏洩線路と比較して、電界変動が少なく安定した電界を供給できる。 漏洩同軸ケーブルを使用したLANも構築可能で、一般的な無線LANでは、電波が不必要なエリアにまで到達し、情報セキュリティの観点から難があるが、漏洩同軸ケーブルを利用することで、通信エリアを限定し不必要なエリアに電波を漏らさず、屈曲した細長い空間での安定した通信が実現できる。 VSWR(電圧定在波比)とは VSWR(電圧定在波比)は、高周波信号が回路上で反射する度合いを、1以上の数値で示している。 アンテナに発生した信号を同軸ケーブルで取り出す場合、どれだけ効率良く信号を伝送できるかを示す指標である。 VSWR値が「1」であれば、全く反射のない理想的な伝送路という。 高周波信号を伝送する場合、VSWRができる限り1に近いことが望まれる。 定在波とは 定在波は、給電線に含まれる進行波と反射波を合成している。 信号を伝送する場合、送信機から進行波と呼ばれる順方向の電流が流れるが、インピーダンスの不一致があると、送信機側に電流が戻ってしまい、反射波となる。 反射波が大きい場合、給電先に正規の電流が流れないことがある。 送信側に電流が戻ってしまう事象もあり、品質の低下につながる。 同軸ケーブルの場合、急激な屈折、接続不良により反射が発生し、信号の伝送不良の発生につながるので、施工にも注意が必要である。 同軸ケーブルを用いたLAN 現在のLAN構築は、LANケーブル(UTPケーブル)を用いたシステムが一般的であるが、10BASE2や10BASE5といった通信規格では、同軸ケーブルを用いて伝送することが定められており、同軸ケーブルによる伝送が一般的に行われていた。 10BASE2、10BASE5どちらも、伝送速度10Mbpsという、現在では低速規格に分類されるが、10BASE5ではケーブル長500mまで対応可能とされており、比較的長距離を中継装置なしで伝送できる規格である。 情報通信用の同軸ケーブルは、テレビ伝送と違い非常に太い同軸ケーブルが用いられ、かつ「バス方式」と呼ばれる一筆書きのネットワークを構築する必要があり、ネットワーク機器が1台でも故障すると、ネットワーク全体が停止するというものである。 TLCの特徴 既存のテレビ用同軸ケーブルを利用してネットワークを構築する技術として、TLCと呼ばれる技術がある。 コンセント回路を用いた「PLC」と類似しているが、TLCは同軸ケーブルが使われ、同軸モデムを接続してネットワークを構築する。 既存のテレビインフラとして敷設されている同軸ケーブルを活用することで、新たにLANケーブルを敷設することなく、早期にネットワーク構築が可能という利点があり、有線方式なので無線と比較して安定した伝送が可能とされている。 同軸ケーブルはシールドされているため高い漏話特性を持ち、10BASE2や10BASE5のような古い規格と違い、100BASE-TXという速度が得られ、かつPoE技術の利用も可能なため監視カメラの接続も可能である。

次の

同軸ケーブル 延長 コネクタの販売特集【通販モノタロウ】

同軸 ケーブル 延長

A ベストアンサー 20メーターが30メーターでも、全然問題有りません! BSアンテナ用の同軸ケーブルで、S-4C-FB または、S-5C-FB の同軸を 使ってください。 4C の方が、細くて扱いやすいです。 20メーターなら、S-4C-FB 型で、両側にF 型接線が付いた完成品も売って いると思います。 完成品の場合、当然BSアンテナ側が防水接線です。 20メーターより長くなる場合、5C 型の方が減衰が少なく有利では有ります。 また、どちらにしても、ステップルを強く打ち過ぎないように、注意して下さい。 家の中に引き込む場合も、雨水の浸入に気をつけましょう。 ケーブルの長さは問題有りませんが、それより心配なのが、BSアンテナの 取り付けです。 地上放送もデジタルになって有る程度シビアに成ってきましたが、衛星 放送の場合は、もっとシビアでほとんどピンポイントです。 周りの衛星アンテナの向きを良く見て頑張ってください。 決して出来ない事では有りません。 付属していた15mのケーブルを使用しないと30mは必要のようで す やはり、同軸ケーブルを足して使うのは無理ですか? 2. 買いなおす場合、同軸ケーブルの名称とか規格は何になりますか?汎 用もありますか?(検索のキーワードも良くわかりません) 3. 安く購入したいのですが、ホームセンターよりもネット販売のほうが 安いでしょうか 安く購入する方法がございましたら教えて下さい よろしくお願い致します Q 最近、自分専用のパソコンを購入しました。 早速テレビのアンテナ 線 をつないで、テレビ録画などをしようとしましたが、アンテナを接続する場所 壁に埋め込まれているやつ がなくて困っています。 私の家には、接続できる箇所が、3箇所あり、自分の部屋にはありません。 なので、となりの部屋から取ろうと思ったのですが、隣お部屋は親の部屋で、すでに親 2人共 が分配して使っている為、自分のを入れると画質が劣化するので無理との事。 隣の隣の部屋の分も、すでに姉・兄のパソコンで分配されています。 なので、少々遠くて、線の取り回しをするのが面倒ですが、そうしようと思っています。 ですが、その部屋から、自分の部屋のPCまで繋ごうとすると、約10m~20mのアンテナ線にしないと届きません。 これだと、画質はやっぱり落ちるものなのでしょうか? 自分なりに考えたのは、 1 長ければその分抵抗がふえて、画質はわるくなる。 2 でも、実際壁の向こうに長い線で、外につながっているんだろうから、長さはあまり関係ないのかな? など思っていますが、実際どうなのでしょうか。 もし画質がおちるなら、20mのアンテナ線を繋いだ場合、どれぐらい劣化しますか? 目に見えるほど落ちるものなのか、数値上落ちるが分からないor若干落ちるが、保存版などを録画しない限り どうせ見たらすぐ消すのだからあまり神経質にはなりません は問題ないのか。 また、このように近くに室内アンテナがない場合の他の対策があったりするのでしょうか? そういったのがあれば、それも検討してみたいと思っています。 最近、自分専用のパソコンを購入しました。 早速テレビのアンテナ 線 をつないで、テレビ録画などをしようとしましたが、アンテナを接続する場所 壁に埋め込まれているやつ がなくて困っています。 私の家には、接続できる箇所が、3箇所あり、自分の部屋にはありません。 なので、となりの部屋から取ろうと思ったのですが、隣お部屋は親の部屋で、すでに親 2人共 が分配して使っている為、自分のを入れると画質が劣化するので無理との事。 隣の隣の部屋の分も、すでに姉・兄のパソコンで分配されています。 Q 壁からテレビのアンテナ線が出て来ています。 御存知と思いますが、表皮が黒くて、中には白い半透明のプラスチックが通っています。 径が6~8ミリくらいで芯には1ミリくらいの銅線が通っています。 ところが、壁から50センチくらいの長さでちぎれていて、テレビ側に差し込むための端子が付いていません。 テレビは数メートル離れた隣部屋にあります。 このアンテナ線を延長してテレビに接続したいのですが、アンテナ線同士を接続する器具はあるのでしょうか?分配器というのはまた別のものなんですか? アンテナ線や端子、接続器は100円ショップに売ってませんか? 電話線 モジュラー線 やそれを接続する器具は100円ショップに売ってるので、テレビのアンテナ線はどうかと思ったものですから・・・。 よろしくお願いします。 Q テレビのアンテナ線を分配して延長しようと思います。 今は部屋にアンテナから直接きている線 画像参照 をテレビに繋いで視聴しております。 となりの部屋にもテレビを配置したいので、この線が2つ必要になります。 今後こちらの部屋のテレビも地デジ液晶に変更するつもりです。 「基本的に電気信号が弱い場合を除いては、このままの構成で問題なく視聴できますでしょうか ?」 はい。 そのとおりです。 ただ、パラボラアンテナが有る場合、(BSやCS)アンテナ側へ電源供給しているので、その部分は後から考えて良いでしょう。 写真の簡易型ですと、手間は少し楽になりますよ。 地デジは単に従来からのUHF放送電波で空きが多い高い方のチャンネル帯域電波を利用しています。 従来のアナログで13~63ch(でしたっけ??)の部分で、地域によりますが、おおむね30ch以上の帯域ですから、とりあえず気にしないで試してみてください。 いろんな条件で地デジが見えない時でも、ムダになるパーツは無いのでご安心下さい。 (もし、地デジが見れない時や、BSやCSの問題点が有る時には、その時点で対策、質問してください、あ、数日後にお礼の欄から 追加質問でもオッケーです。 「基本的に電気信号が弱い場合を除いては、このままの構成で問題なく視聴できますでしょうか ?」 はい。 そのとおりです。 ただ、パラボラアンテナが有る場合、(BSやCS)アンテナ側へ電源供給しているので、その部分は後から考えて良いでしょう。 A ベストアンサー BSアンテナから、直接居間のブルーレイに繋がっている、とします。 2分配器は、「両方向通電型」を選びます、余計な心配が要らなくなります。 当然、BS CS 対応品ですから、F 型接線タイプです。 amazon. 今繋がっているアンテナ線は、S-5C-FB タイプと思いますので、 購入するアンテナ線も S-5C-FB か、S-4C-FB タイプを選びます。 S-4C-FB タイプなら、「加工済み」の線も売られています。 S-4C-FB タイプの方が、若干細くて扱いは、し易いです。 長さも、15~20m 程度でしょうから、問題有りません。 ただ、加工済みの場合は、お部屋に線を通す穴が、ちょっと大きくなりますね。 でも、通せる隙間があれば、「加工済み」を選びましょう。 さて、 今有るアンテナ線を、軒下で切って、そこに2分配器を入れますが、 アンテナ線が、ステップル等で、固定されている場合、線に余裕が 出ませんから、F接線の加工が、ちょっとやり難いと思います。 e-secchi. anaroguma. シールド線 網線 は、カットで構いません。 注意点は、「芯線を長くし過ぎない」事です。 BSデジタル放送は、2分配程度なら、分配するだけで十分視聴が出来ると思いますが、 万一、ブロックノイズが出ましたら、先ずは、「BSアンテナの方向」の再点検が 必要かも知れません。 素人の方がアンテナを動かすと、「大変な事」に成るかも知れませんよ 笑 つまり、映らなくなります! ベストな方向は、ピンポイントです。 方向に狂いが無ければ、2分配程度ですから、「ラインブースター」で、補えます。 まあ、ノイズが出たら、「先ずは、これ」でも構いませんね。 amazon. 頑張って、やって見て下さい。 難しそうでも、やってみると、思ったより、簡単です。 アンテナ方向の点検は、「電気屋さん」、が良いと思いますよ 笑 BSアンテナから、直接居間のブルーレイに繋がっている、とします。 2分配器は、「両方向通電型」を選びます、余計な心配が要らなくなります。 当然、BS CS 対応品ですから、F 型接線タイプです。 amazon. A ベストアンサー 壁に断熱材が入っている場合はチェーンやひもはなかなか落ちていかないですね。 こういうときは、壁の真上の天井裏まで入ることができればスケールを差し込んでいきます。 まず配線を出したいところの壁を開口します。 それから天井裏に入り上からスケールを差し込んでいきます。 このときぼろぼろでもう使わないようなスケールがあれば、先っぽの引っかかる部分を切り取って使うと入りやすいです。 壁を開口したところを誰かに覗いてもらっておきスケールが出てきたらそのスケールにケーブルを縛ってもらい上から引き上げます。 ケーブルを縛るときは途中で引っかからないようにします。 また、壁の開口から天井に向かって差し込んだ方が通りやすい場合もあります。 この場合線は天井裏から部屋へ通していくことになります。 逆向きに通したい場合、ケーブルの代わりに比較的強いひもをくくりつけ、先にひもを通すとどちら向きにでも通せます。 Q 先日「BS放送受信不良について(アンテナ交換?)」で質問させていただいたものです。 BS電源電圧を確認していったところ,屋根の上でケーブル同士をつないでいる箇所があり,そこが腐食しており,電源供給ができていないことが原因でした。 仮接続するとBSアンテナレベルは45程度になり,とりあえず視聴できています。 (アンテナ交換しなくても見れてます) 今回の質問ですが,屋根上でのケーブル同士の接続方法についてです。 今回,腐食していたものを見てみると,芯線同士の接続はどうだったか分からないのですが(ポロッと取れて落ちてしまったので),シールド線はよじって繋げているだけでした。 また接続部分はビニールテープみたいなテープでグルグル巻きにされていました。 テープを取ると中は緑色に錆びていました。 質問ですが,現在仮接続している線はどのような処理をしておけばよいのかご教授いただけないでしょうか? 線同士は半田付け,接続部分は(水に強い?)テープで巻こうかなと思っていますが。。。 また腐食していた部分ですが,従来の接続は正しいのでしょうか,それとも手抜きされている可能性はあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。 先日「BS放送受信不良について(アンテナ交換?)」で質問させていただいたものです。 BS電源電圧を確認していったところ,屋根の上でケーブル同士をつないでいる箇所があり,そこが腐食しており,電源供給ができていないことが原因でした。 仮接続するとBSアンテナレベルは45程度になり,とりあえず視聴できています。 (アンテナ交換しなくても見れてます) 今回の質問ですが,屋根上でのケーブル同士の接続方法についてです。 今回,腐食していたものを見てみると,芯線同士の接続はどうだっ... A ベストアンサー 電気工事の経験はありませんが 電気については多少知っている者です. e-secchi. html 多少変わったくらいでは,ロスが増える程度で, 現在見られているならあまり気にしなくてもいいとは 思いますが... 引っ張り力がかかるようでしたらその点もご注意下さい. 耐え切れないと千切れたりします. 防水処理には「自己融着テープ」がオススメです. 重ね巻きすると自身同士が触れている箇所が くっついて一体化します. 粘着在材ではないので時間が経ってもはがれません. monotaro. 親しい電気屋さんがいるなら分けてもらっても... ただ、ケーブルとテープの間は長い間には 水が染みたりすると思いますので, 接合部から長めに... 10cmくらい巻いておくと いいです. いずれにせよ家庭向けで何十年も放ったらかしで持つものでは ありませんから定期的なチェックは要るでしょう. 外せる部品にしておくと,異常があった時に切り分けられるという メリットがあります. 正しくはネジで締め付けたり、圧着工具でつぶして 押し付けたりするのですが... あえて断言は避けますが,個人的には手抜きといっていいと思います. 先の紹介した部品もそのような構造になっています. 電気工事の経験はありませんが 電気については多少知っている者です. e-secchi. html 多少変わったくらいでは,ロスが増える程度で, 現在見られているならあまり気にしなくてもいいとは 思いますが... 引っ張り力がかかるようでしたらその点もご注意下さい. 耐え切れないと千切れた...

次の