紅白歌合戦 出演者 予想。 紅白歌合戦2019の出演者一覧から司会者とゲスト審査員の発表日や放送時間まで徹底調査

NHK紅白歌合戦2019出演者予想!ジャニーズ枠や韓国歌手はどうなる?

紅白歌合戦 出演者 予想

紅白歌合戦完全マニュアル 紅白歌合戦完全マニュアル Sorry,Japanese Only. このページはいち紅白ファンが作成しているものです。 最終更新日:2020年1月7日 あなたは 人目の訪問者です。 (97. 19〜) 第70回紅白歌合戦歌手別視聴率 1 嵐 40. 第70回(令和元年) 優勝:白 特別賞 ビートたけし 「浅草キッド」 味わい深い歌声とたけしさんの人生が重なる感動のステージでした。 歌の力は歌唱力だけではないことを証明してくれました。 MVP 該当者なし 敢闘賞 MISIA 「アイノカタチメドレー」 初のトリを見事に締める圧巻の歌声を披露してくれました。 菅田将暉 「まちがいさがし」 魂がこもった熱い歌声をしっかりと聴かせてくれました。 歌唱賞 Little Glee Monster 「ECHO」 ラグビーW杯の感動がよみがえる渾身の歌唱でした。 King Gnu 「白日」 心に響く熱唱と心地よいサウンドが見事でした。 演技・演出賞 Foorin 「パプリカ -紅白スペシャルバージョン-」 日本中が元気になるパフォーマンスでした。 氷川きよし 「紅白限界突破スペシャルメドレー」 いつもとは一味も二味も違う迫力のステージでした。 新人賞 LiSA 「紅蓮華」 抜群の歌唱力で初の大舞台を飾ってくれました。 Official髭男dism 「Pretender」 安定した歌声でいい歌を聴かせてくれました。 紅白歌合戦に関するビデオの貸与やダビングに関するご依頼はすべてお断りしております。 番組へのご意見・ご要望は直接NHKへお願いします。

次の

『NHK紅白歌合戦』、初出場アーティストは誰に? 2019年の活躍ぶりから予想

紅白歌合戦 出演者 予想

年の瀬が近づいてくると毎年注目を集めるのが、大晦日の風物詩『NHK紅白歌合戦』の出場者についての話題だ。 昨今はサプライズ度の高いアーティストが出場者に選ばれることが多く、特に初出場アーティストへの注目度は毎年高まっている。 昨年の放送では、地元である徳島県の大塚国際美術館で「Lemon」を披露した米津玄師が大きな話題となった。 ここ数年で目覚ましいものがあるのが、ロックバンド/シンガーの初出場の増加だ。 先に記したように、昨年の初出場アーティストにもロック畑のアーティストが数多く肩を並べている。 もちろん、今年も『紅白』初出場に期待したいロックアーティストが数多く活躍した。 まず注目したいのが、連続テレビ小説『なつぞら』のオープニングテーマを担当したスピッツだ。 バンドキャリア初の朝ドラ主題歌となった「優しいあの子」は、スピッツの新たな代表曲といっても過言ではない、優しく美しい旋律と歌詞が印象的な楽曲。 通算100作目となった朝ドラの主題歌としても注目度が高く、老若男女問わず広く届く楽曲となっている。 満を持して『紅白』に出場する可能性も大いに考えられるだろう。 他には、今年俳優としてのみならず、歌手としても大きな飛躍を遂げた菅田将暉が初出場するのではという予想も各所で浮上している。 石崎ひゅーい、あいみょんといったアーティストとのコラボレーションも精力的に行い、知名度のみならず確かな実力を着実に身に着けている菅田の初出場には是非期待したい。 ロックシーンからの『紅白』初出場に注目するなら、2019年に目覚ましい活躍を見せた数々の若手バンドの存在は外せないだろう。 まず注目しておきたいのが、今年1月にリリースされたメジャー初のアルバム『Sympa』が驚異的なヒットを見せ、一躍スターダムを駆け上がったKing Gnu。 自身初のドラマ主題歌「白日」がストリーミング&ダウンロードで同時1位を記録したりと、令和の新たな音楽シーン最前線のバンドと言っていいだろう。 また、今年活躍したバンドといえばOfficial髭男dismの存在は外せない。 インディーズリリースでありながらドラマ主題歌に大抜擢された「ノーダウト」をきっかけにその名を轟かせるようになったヒゲダン。 2018年のメジャーデビューを機に活動の幅をさらに広げ、今年5月にリリースされた自身初の映画主題歌「Pretender」の各種ストリーミングサービスでの再生回数は過去最速で1億回を突破。 間違いなく今年を代表する大ヒット曲となった。 GREEN APPLEや、昨年8月からスタートした生放送番組『テンゴちゃん』(NHK総合)への出演でも話題となったヤバイTシャツ屋さん、岡崎体育など、かねてより『紅白』出場を熱望されていた若手アーティストがNHK関連の番組に出演していたのも今年印象的だった出来事のひとつだ。

次の

紅白2018出演者予想!発表日、司会者は?曲目・曲順も

紅白歌合戦 出演者 予想

紅白歌合戦2019の白組出演者予想! 昨年2018年の白組出演者は以下のとおりでした。 嵐(10)• 五木ひろし(48)• EXILE(12)• 郷ひろみ(31)• Suchmos(初)• 三代目 J Soul Brothers(7)• 純烈(初)• SEKAI NO OWARI(5)• Sexy Zone(6)• DA PUMP(6)• 氷川きよし(19)• 福山雅治(11)• Hey! Say! JUMP(2)• 星野源(4)• 三浦大知(2)• 三山ひろし(4)• 山内惠介(4)• ゆず(9)• YOSHIKI feat. HYDE(初)• 米津玄師(初) この中から何組かが落選して、 違うアーティストが出演する訳です。 この中から2019年は落選と予想されるのは Suchmos・純烈・DA PUMPあたりでしょうか。 2019年は2018年ほどの目立った活躍はありません。 特に純烈はスキャンダルの印象が強く、 2019年は落選すると思います。 逆に2019年も当選するであろうアーティストは 嵐・五木ひろしさん・氷川きよしさん。 紅白歌合戦には安定して出場している印象です。 2019年は令和初の紅白歌合戦ということで、 元号ソングで話題をさらったゴールデンボンバーが 返り咲く可能性が高いと思います。 以前は紅白歌合戦の常連だったものの、 近年は出場していなかったポルノグラフィティも 2019年はメジャーデビュー20周年ですから 返り咲くのではないかと予想しています。 初出場となりそうなのは菅田将暉さん。 2019年は歌手としても精力的に活動しています。 菅田将暉さんが歌手活動を始める キッカケともなった米津玄師さんは 2018年の初出場で注目を集めました。 2019年も人気でいえば当選しそうですが、 米津玄師さんが辞退する可能性もありそうです。 白組として、もしくは企画枠で出場しそうなのは 手塚翔太(田中圭)さん。 2019年話題になったドラマ 『あなたの番です』の劇中歌で話題になりました。 ジャニー喜多川氏の逝去によって ジャニーズ枠が減少すると噂されていますが、 2019年は追悼企画が行われる可能性もあり 2018年同様多くのジャニーズタレントが出場すると予想。 嵐は確定だと思いますが、 気になるのは他のグループです。 Say! JUMPは 2019年も引き続き出場しそう。 2018年に比べると露出の減ったSexy Zoneは微妙なライン。 2019年前半の推されっぷりからは ジャニーズJr. の出場も有り得るかと思っていましたが、 スキャンダルによってその可能性はかなり下がりました。 ただ、ジャニー喜多川氏追悼企画として 謹慎中のメンバーを除いたジャニーズJr. が 出場するというのは有り得ると思います。 紅白歌合戦2019の紅組出演者予想! 昨年2018年の紅組出演者は以下のとおり。 aiko(13)• あいみょん(初)• いきものがかり(10)• 石川さゆり(41)• AKB48(11)• 丘みどり(2)• 欅坂46(3)• 坂本冬美(30)• 島津亜矢(5)• Superfly(3)• DAOKO(初)• 天童よしみ(23)• TWICE(2)• 西野カナ(9)• 乃木坂46(4)• Perfume(11)• 松田聖子(22)• 松任谷由実(3)• MISIA(3)• 水森かおり(16)• Little Glee Monster(2) 2019年も引き続き当選となりそうなのは やっぱりあいみょんさん! 2019年もリリースが続き、人気も安定しています。 紅白常連のいきものがかり・Perfumeも 2019年も引き続き当選と予想。 石川さゆりさんや坂本冬美さんは 若い世代にも馴染みのある演歌歌手なので やはり2019年も引き続き出場ではないでしょうか。 西野カナさんは無期限活動休止中のため 2019年の紅白歌合戦への出場はないでしょう。 48系のアイドルグループは NGT48騒動が記憶に新しいです。 まったく出場しないということはないでしょうが、 多くのグループを出すとも考えにくいので 2019年もAKB48のみと予想。 坂道グループは欅坂46・乃木坂46に加え、 2019年は日向坂46が初出場となる可能性も高そうです。 いずれも日本人メンバーも含むグループですしね。 ただ、2019年は日本と韓国の関係が 戦後最悪とも言われる状況に陥っています。 政治と文化は別と言いますが、 出場させればNHKに抗議の声も寄せられることになるでしょう。 近年K-POPアーティストは 毎年のように紅白歌合戦に出場しています。 しかし2012年の紅白歌合戦には K-POPアーティストは1組も出場していません。 韓流人気がなかった訳ではなく、 少女時代やBIGBANG、2PMなど 日本でも活躍したグループは多かったです。 K-POPアーティストの紅白出場を 予想している記事も多くありました。 しかし出演者が発表されると K-POPグループは一切無し。 NHKは関係ないと言っていましたが、 領土問題による関係悪化が理由と噂されました。 2019年の日韓関係は 2012年よりも悪化していると感じますので、 2019年もK-POPアーティストの出場はないかもしれません。 ただ、2012年も賛否両論巻き起こり 韓国メディアからの反発もありました。 出しても出さなくても騒動になるのなら、 1組くらいは出すという判断も有り得ますね。 関連記事•

次の