ライカq2 レビュー。 撮影画像 // ライカQ2 // ライカQ // フォトグラフィー

Leica Qレビュー。息を飲む瞬間は、日常にある。

ライカq2 レビュー

「気ままに機材レビュー」は、福島裕二が購入して仕事や作品撮りで使った写真関係の機材について、ざっくばらんにインプレッションを語るコーナーです。 第一回目は2019年3月に発売されて以来、人気爆発中のコンパクトデジタルカメラ「ライカQ2」。 ----- 今年の春にとある個人的な出来事があって、ライカM10とライカQ2を購入して、ライカデビューしました。 絶賛ライカ練習中です。 いや〜、めっちゃいいですよライカQ2。 普通の仕事で使っているニコンD5やZ7とは設定画面の言葉が違って、最初は戸惑っていたんですけど、慣れてくると唯一無二のスーパーカメラです。 専用設計の「ライカ ズミルックス f1. 」が、広角なのに歪まない。 レンズのキレがとにかく秀逸で、ライカじゃない感じです。 Q2という新ジャンルというか。 レンジファインダーではなくオートフォーカスなのでピント精度が高くて、最短撮影距離が16cmなのもいいですね。 顔にめちゃくちゃ寄っても変な歪み方はしない。 背景生かしの引きの絵でも、気持ちが寄っているような写真をストレートに具現化できるカメラです。 広角レンズなのに標準レンズみたいな撮り方ができるので、クロップ機能は一切使っていません。 4,730万画素という有効画素数は写真展でB0サイズに引き延ばすのに充分だし、防塵防滴というのも屋外でラフに使えるので安心です。 40mmで同じ仕様が出たらすぐ買っちゃいますね。 バッテリー込みで約718gと軽いので、片手で撮れるところもいいですね。 余った左手でライトを当てたり、スモークを焚いたりしています。 描写に関してはものすごくプレーンな印象です。 白飛びしないようにRAWでやや暗めに撮っておけば、現像は素直にすればいい。 高感度特性はニコンと比べるとやや落ちます。 実用の範囲はISO1600までで、それでも最後の手段という感じです。 基本的にはISO400までを使っています。 」を付けたライカM10、カールツアイスOtus 1. その日のニュアンス、モデルとの相性によって割合を変えています。 70万円前後と値段はややするものの、こんなにポートレートを撮っていて楽しいカメラはめったにないです。 ----- model:川口紗弥加.

次の

[PY] フォトヨドバシ LEICA Q2 実写レビュー

ライカq2 レビュー

「気ままに機材レビュー」は、福島裕二が購入して仕事や作品撮りで使った写真関係の機材について、ざっくばらんにインプレッションを語るコーナーです。 第一回目は2019年3月に発売されて以来、人気爆発中のコンパクトデジタルカメラ「ライカQ2」。 ----- 今年の春にとある個人的な出来事があって、ライカM10とライカQ2を購入して、ライカデビューしました。 絶賛ライカ練習中です。 いや〜、めっちゃいいですよライカQ2。 普通の仕事で使っているニコンD5やZ7とは設定画面の言葉が違って、最初は戸惑っていたんですけど、慣れてくると唯一無二のスーパーカメラです。 専用設計の「ライカ ズミルックス f1. 」が、広角なのに歪まない。 レンズのキレがとにかく秀逸で、ライカじゃない感じです。 Q2という新ジャンルというか。 レンジファインダーではなくオートフォーカスなのでピント精度が高くて、最短撮影距離が16cmなのもいいですね。 顔にめちゃくちゃ寄っても変な歪み方はしない。 背景生かしの引きの絵でも、気持ちが寄っているような写真をストレートに具現化できるカメラです。 広角レンズなのに標準レンズみたいな撮り方ができるので、クロップ機能は一切使っていません。 4,730万画素という有効画素数は写真展でB0サイズに引き延ばすのに充分だし、防塵防滴というのも屋外でラフに使えるので安心です。 40mmで同じ仕様が出たらすぐ買っちゃいますね。 バッテリー込みで約718gと軽いので、片手で撮れるところもいいですね。 余った左手でライトを当てたり、スモークを焚いたりしています。 描写に関してはものすごくプレーンな印象です。 白飛びしないようにRAWでやや暗めに撮っておけば、現像は素直にすればいい。 高感度特性はニコンと比べるとやや落ちます。 実用の範囲はISO1600までで、それでも最後の手段という感じです。 基本的にはISO400までを使っています。 」を付けたライカM10、カールツアイスOtus 1. その日のニュアンス、モデルとの相性によって割合を変えています。 70万円前後と値段はややするものの、こんなにポートレートを撮っていて楽しいカメラはめったにないです。 ----- model:川口紗弥加.

次の

「ライカQ2」 気ままに機材レビュー(1)|福島裕二 写真研究所|note

ライカq2 レビュー

本ページでは、ライカQ2が本当に良いカメラかどうかを実機写真、作例などを含めながら、使い勝手などを検証するレビュー記事である。 またライカQとの比較、ライカレンジファインダーカメラとの比較も行う。 2019年3月7日にライカQ2 コンパクトデジカメが発表された。 ライカQ2は2015年6月に発売されたから約4年ぶりのメジャーアップデートだ。 有効画素数4730万画素のフルサイズセンサー、ボディにセットされているレンズはライカQと同じ開放絞りf1. 7のライカ 28mm ズミルックスレンズであり、クロップ機能を使うと28mmレンズの他に35mm、50mm、75mm(new)の画角で撮影を行うことができる。 さらに、4K動画撮影に対応、防水 new でありライカQから比べると大きく性能アップとなった。 ライカQ2 レビューコンテンツ一覧• (2019年3月発売の新機種)• ライカQ2、ライカQとのスペック 比較 ライカ Q2 背面(筆者撮影) ライカQ2と前機種であるライカQ およびライカQ-P とのスペック比較は次の通り。 なお、2018年にライカQの外観が変更されたQ-Pが発売されているがQ-PとQはスペックは同一である。 ライカQ ライカQ2 発売日 2015年6月 2019年3月 価格 56万円 税別 65万円 税別 レンズ 28mm f1. 7 固定式 28mm f1. 7倍 0. ライカQ、および同じライカのレンジファインダーカメラMシリーズは有効画素数2400万画素のフルサイズセンサーが採用されていたがQ2は大幅に性能アップした4300万画素の新世代センサーが使われている。 フルサイズセンサー2400万画素センサーでも十分に高精細であったが、今回4300万画素になることによりQ2でクロップ撮影を行った際にも十分な画素を確保できるメリットは大きい。 しかし、そのメリットに対して画素数が大きくなるとそれだけ画像データサイズも大きくなり撮影データの保管のためのハードディスク容量が必要になるというデメリットもある。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、ベース感度 ISO 50を使える ISO感度がQのベース感度がISO 100に対して、Q2はベース感度 ISO 50になった。 7という明るいレンズを生かして昼間でも開放絞りで撮影できるというメリットは非常に大きい。 はベース感度ISO 200、、はベース感度ISO 100であったが高感度性能が失われることなくより低感度撮影できるようになったことは嬉しい。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、防塵防滴 いよいよライカにも塵防滴性能がやってきた。 、、など、過去のライカカメラはボディ、またはレンズが防水でないので雨の日に使いづらかった。 高価なカメラを水濡れで破損してしまうことを恐れて雨の日にカメラを持って出かけることはほぼなかったが、塵防滴のQ2は雨の日でも安心して使うことができる。 より撮影の幅が広がることが嬉しい。 また、4K撮影機能を使うことにより撮影後にクロップしてフルHD動画へ編集できるというメリットもある。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、バッテリー変更 ライカQ2でより容量の大きいバッテリーに変更された。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、FOTOS対応 スマホと連動してつかうFOTOSアプリ使用時により電池消費量が少ないBluetooth接続が使えるようになった。 無くなったボタンはDELETEボタンとISOボタンである。 ボタンが少なくなり、見た目がすっきりとした。 またアイピース右の視度調整ボタンがQ2では埋め込み式になり(押し込むことにより手前に飛び出て可能になる)、撮影時に不用意に動いてしまう恐れが減った。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、レンズの鏡筒が少し太くなった ライカQとライカQ2を比較するとレンズの太さ鏡筒が少しだけ太くなっている。 ライカに確認してみたところ、防水防滴対応にするためにOリング(オーリング)を組み込むために少しだけ鏡筒が太くなったとのこと。 防水防滴性能を組み込むためにかなり苦労したとライカのステファン・ダニエル氏が言っていた。 ライカQ2、Qを比較した主な違い、AF速度は同じ 2015年に始めてライカQに触れた時、十分AF速度は速いと思っていた。 今回Q2に触れてAF速度を確認したところ同様に早かった。 ライカQと比べてQ2のAF速度が速くなっているかどうかライカの方に聞いてみたところ、AF速度は同じとのことだった。 ライカQ2のAF速度はライカQのAF速度と同じ、一昔前の国産一眼レフのAF速度と比べると早いが最新の高速AFカメラと比べるとほんの少しだけ遅れがあるがライカQ2で街中スナップ撮影を行うには十分以上に高速なAF速度である。 税込み価格は量販店での販売価格約67万円(税込)程度である。 ライカQと比較すると実質価格は約5万円アップとなっているが画素数アップ、防塵防滴性能、4K動画撮影などの性能アップを考えると妥当な価格である。 ライカQ2は国産のコンパクトデジカメと比較すると約4~10倍もの値段である。 国産のコンパクトデジカメは廉価な品は数万円以下で購入可能、高級コンパクトカメラでも高くて15万円程度である。 ライカQ2は超高級コンパクトデジカメである。 なぜこんなにも値段が高いのだろうか? ライカは、さらに高額なボディだけで100万円もするレンジファインダーカメラを作っているメーカーだ。 その100万円もする高級レンジファインダーカメラと比べると実はライカQ2の65万円(税別)という値段は安いくらいである。 その理由を順に見ていこう。 ライカ Q2 発売日、納期 2019年3月8日現在、国内でのライカQ2の発売日は3月と公式発表されている。 3月9日にライカ社銀座店を訪問して納期を確認したところ、今予約すれば3月末までには入手できそうだとのことだった。 (2019年3月20日追記)3月30日にライカ銀座店を訪問して発売日を確認したところ3月23日(土)発売するとの話だった。 (3月20日)現在、飛行機に乗って日本に向かっているとのこと。 ライカが新型カメラを発売する際、購入予約が数日遅れただけで入手までに1~3ヶ月かかってしまうことはよくある。 もし、3月末の桜の季節に間に合わせたい、ゴールデンウィークに間に合わせたいとのことだったらすぐにライカQ2を予約しよう。 一番早く入手できるのはライカ直営店と思われるが定価販売のため、販売価格は約70万円となる。 ネット上の量販店で購入すると67万円程度、ポイント付与も考慮すると65万円程度で購入できるのでもし少しでも安くライカQ2を欲しい方はネット上のショップで購入予約を行おう。 ネット上のショップでのライカQ2最安値販売おすすめショップは次の通り。 ライカ Q2、ライカレンジファインダーとの違い ライカQ2を見て、ライカレンジファインダーM10-Pやを欲しいと思っていた方はQ2を買うべきか、レンジファインダーを買うべきか悩んでいるかも知れない。 筆者は、を使用しているが(資金に余裕があれば)ライカ Q2も欲しいと思っている。 今は2018年12月に購入したで十分以上に満足しているが、もしライカM10-Dの代わりにQ2を購入していたらと想像しながらライカQ2とライカ レンジファインダーカメラ(ここではM10-D)と比較する。 ライカ Q2のオートフォーカス機能が魅力 ライカQ2に一番期待することがオートフォーカス機能である。 ライカ M10-Dなどのレンジファインダーカメラでも十分素早くフォーカスできるが突然訪れたシャッターチャンスにフォーカスが間に合わずピンボケ撮影をしてしまうことがある。 Q2なら、超高速でAFできるのでスナップ撮影時にも正しく操作すれば被写体にピタリとフォーカスを合わせることができるのは良い写真を撮る確率を上げられるので大きな魅力だ。 7が付いたライカボディを70万円弱で購入できる。 ライカM10-Dで撮影可能なシステム一式を購入する場合、ボディだけで100万円、レンズを含めると少なくとも150万円前後はかかってしまう。 つまりライカQ2はM10-Dと比べると半額以下の費用でライカカメラを手に入れることができる。 なんと安いのだろうと思う。 しかも、Q2なら、クロップ機能を使うことにより35mm、50mm、75mmの画角で撮影を行うこともできる。 もしM10-Dで同様に28mm、35mm、50mm、75mmの各Summiluxレンズをそろえたとすると、その費用の差は次の通りである。 超ディスカウント価格である。 ライカレンジファインダーMシステムを購入すると、ついつい新しい交換レンズが欲しくなってしまう。 Mシステムと比べてQ2なら、新たなレンズを購入することもなく、最初にQ2を購入した70万円だけで数年間はライカでの撮影を楽しむことができる。 ライカは国産のデジカメと異なりモデルチェンジまでの期間が長く(今回もQからQ2へのモデルチェンジに約4年かかった)、国産デジカメのように購入した翌年には型落ちの古いカメラになってしまう罠も無い。 今Q2が発表されたばかりのこのタイミングはライカカメラを欲しいと思っていた方にとっては最高の購入タイミングである。 ライカ Q2は小型軽量 ライカQ2はレンズが付いたボディ一式の重量は717g バッテリー含む である。 4レンズの重さ335gを合計すると約1kgになる。 1kgでも国産のプロ用一眼レフ+標準ズームレンズと比べると半分以下の軽さであるが、Q2はさらに軽く、標準撮影重量はM10-Dの70%しかない。 M10-Dの場合さらに交換レンズも持ち運ぶとなると撮影重量は重くなってしまう。 その点Q2なら、レンズ付きボディーだけで撮影できるのでこれ以上重くなることは無い。 良い瞬間の写真を撮影できるかどうかに一番必要なことはいつもカメラを持ち歩くことである。 ライカQ2ならライカレンジファインダーと比べて小型軽量のため、いつどんな瞬間にも写真撮影を行うことができMシステム以上にきっと良い写真が撮れるはずだ。 ライカ Q2はマクロ撮影できる ライカQ2は、マクロモードにすれば最短撮影距離17cmまで被写体に近づいて撮影できる。 ライカレンジファインダーの一般的な撮影距離は0. 7mまたは1mである。 最短撮影距離が17cmまで短くなったことにより、例えばレストランでテーブルに座って目の前の食事を撮影することもできれば、道端に咲く花や草木も大きく印象的に撮影することができる。 Q2を使うことによりレンジファインダーでは撮影できなかった様々な被写体を撮影できるようになり写真のバリエーションが大きく広がることだろう。 ライカQ2は、マクロモードへの切り替えギミックが面白い。 レンズ根元のマクロモード切り替えスイッチを回すとレンズのフォーカス距離指標が少し前へ移動しマクロモード用の距離指標が出てくる。 国内のコンパクトカメラではコストの関係上絶対に実装できないと思われるユニークで撮影が楽しくなるギミックである。 ライカ Q2は動画撮影できる、4K動画も撮影できる ライカ レンジファインダーカメラはで動画撮影を行うことができたがそれ以降に発売されたレンジファインダーカメラでは動画撮影機能は省かれている。 ライカQ2なら動画撮影、4K動画撮影もできるの家族との大切な思い出や旅先の記憶をより鮮明な記憶として記録することができる。 とはいえ、筆者はM240で動画撮影を行ったことはM240を購入直後に試し撮りしただけであり普段使いで動画撮影を行うことは無い。 動画撮影なら、さっとポケットから取り出して行うスマホで撮影するのが便利だからである。 つまり、ライカQ2の動画撮影機能もそれほど使われることは無いだろうと筆者は思う。 ライカ Q2は防塵防滴 雨の日にもスナップ撮影を行いたいと思うことがある。 しかしM10-D、およびMシステムのレンズは原則防塵防滴対応ではないためレンズの水濡れ懸念のためなかなかカメラを外に持ち出すことができない。 ライカQ2なら安心して雨の日にもスナップ撮影を楽しむことができる。 とはいえ、プールで水に潜って水中撮影を行えるほどの防水性能はないので雨の日に多少水に濡れても大丈夫という保険程度に考えていた方が良いだろう。 大切なカメラだ、水に濡れてしまったら使用後にしっかりと外観の水分やチリを拭き取り、カビや汚れ防止のために防湿庫の中でしっかりと保管したい。 7という明るいライカレンズが付いておりライカらしい写真を撮ることができる。 ライカのカメラやレンズを集めることだけが趣味では無く、ライカで写真撮影を行うことが好きならライカQ2は欲しい1台である。 ライカQ2のボディは金属(マグネシウム合金)でできており、触った感覚は国産の巨大で重いデジタルカメラ、または小型軽量でプラスチック製のカメラなどと比べて、正にライカの感触である。 撮って良し、触って良し、ライカの魅力が詰まった、ライカをもっと好きになれるカメラ。 それがライカQ2だ。 ライカ Q2 作例 ネット上で、徐々にライカQ2作例画像が増えてきた。 そのうちのいくつかのサイトを紹介する。 1枚目の画像、最後の画像をクリックすると4730万画素の等倍画像を見ることができる。 等倍で見ても圧倒的に高解像度である。 開放絞りでこれほど綺麗に撮影できるとはライカQ2、素晴らしい。 ライカ Q2 公式サイト 関連リンク: ライカ Q2 レビュー コンテンツ• (2019年3月発売の新機種)• 【旧機種】 (2015年6月発売の旧機種) ライカ 購入ガイドメニュー• ライカ Q2 在庫、Q2 最安値比較、購入リンク.

次の