グレーター 立命。 <懐かしの立命館>歌い継がれてきた愛唱歌―立命館大学寮歌

立命館大学パンサーズ

グレーター 立命

創成期 [ ] 立命館大学は、に関西で5番目に創部した。 関西学生リーグでは、1948年の以来戦後2番目の創部であった。 創部当初はの河川敷で練習をしていた。 また、当時は新入生が毎年5人ほどしか入らず、野球用ユニフォームをエンジ色に塗り替えたり、鴨川にボールが入っては練習を中断するなど現在のような恵まれた状態ではなかった。 練習に11人来ることすら珍しかったという。 1953年のリーグ戦では現在のライバル校であるに0-132という記録的大差で敗れる等、創部以来関西学生リーグでも常に下位をさまよい、、に敗れ、二部リーグに降格するまで(から入替戦開始)18年間で12回最下位を経験している。 には神山グラウンド(現在はに売却)に練習場を確保し、サッカー部などと共同利用したが、満足のいく練習ができなかった。 1970年代の低迷 [ ] 二部に降格したに北区にグラウンドを移転し、同時にようやく部室が与えられた。 には関西学生1部リーグに復帰したが、にに敗れ、再び2部降格の屈辱を味わう。 に原谷グラウンドに移転し、同年との定期戦を開始した。 このころ、大学を挙げての強化が始まった。 関西制覇への道 [ ] にがヘッドコーチに就任し、仁ノ岡体制のもと指導者強化が行われた。 このころ大学内でもアメフト人気が高まり、1学年で20人を超す部員数になった。 にはグレーターズという名称をパンサーズに変更し、関学、京大に勝つチーム作りに着手する。 には、ヘルメットのデキャルを「 R」マークからのロゴを模した足型を象ったマークに変更した。 この年、から初勝利をおさめる。 には仁ノ岡が総監督に退き、平井が監督に昇格する。 春のでに勝利するが、秋のシーズンでは関学・京大に僅差で敗れる。 初の関西制覇 ・3強時代到来 [ ] アクロスウイングとクインススタジアム クインススタジアム地下には、「木瓜原遺跡」が完全保存されている(立命館大学 びわこ・くさつキャンパス)。 練習拠点を立命館大学(BKC)に移転した。 当時、多くの学生は衣笠キャンパスに在籍しておりアクセスは厳しくなるものの、BKCに設けられたクインススタジアム等の設備が抜群であることから移転を決断したと言われている。 秋のシーズンでは、2年生QBやLBを擁し、京大にはTDこそ奪えなかったものの5本FGを決めて競り勝ち、関学には一度逆転を許すもののQB東野からWR芝原へのロングパスをきっかけにRB中野がTD。 逆転勝利を飾る。 そして、最終戦の京産大戦に勝利し、7戦全勝で創部41年目で悲願のリーグ初優勝を果たした。 初出場となったでもを僅差で破り学生日本一に輝いた。 には、最終節にと優勝をかけて全勝対決する。 立命は残り2分を切ってからの最後のシリーズで、自陣深くから敵陣2ヤードまで侵攻するが、その後を制して日本一に輝き 「鉄のカーテン」と異名をとった京都大学の堅守の前に、TDを挙げられず7-3で敗北する(2位)。 この試合は「」に肖り「」としてファンに語り継がれている。 には、京都大学・と6勝1敗で並び3校同時優勝となり、甲子園ボウル出場を賭けたプレーオフに突入する。 準決勝の関学戦には勝利したものの、決勝の京大戦には東野の負傷もあり敗れる。 この年には併せてユニフォームをマイナーチェンジして、を廃し、とのみとした。 には下馬評は高かったものの、関学に敗れ2位に、は全勝で3回目のリーグ制覇を達成し、甲子園ボウルでは法政大学を破り2回目の学生日本一となるが、ではリクルートシーガルズ(現)に敗れる。 1990年代中盤の関学・京大・立命の優勝争いは「」と呼ばれ、実力が接近した3強の戦いはリーグ戦を大いに盛り上げた。 ショットガン攻撃の導入 [ ] 1999年のシーズンは、前年の主力であるQB川嵜、LB小西等が残り優勝候補に目せられるが、関学に惨敗して優勝を逃がした(2位)。 翌に提携校であるオクラホマ大学にコーチが1年間留学し、そのノウハウを基に同年全米一に輝いたオクラホマスタイルのショットガンを導入した。 ショットガン攻撃にあわせて1年生QBをスターターに抜擢したが、2000年は京大・関学ともに敗北し3位に、2001年は京大には雪辱したものの関学には6-10で3連敗を喫する(2位)。 現在 [ ] 、がに退き、2001年よりに就任したが指揮を執るようになった。 QBが率いる立命のショットガン攻撃はシーズン序盤から威力を発揮し、での最終試合となった戦を48-14で圧勝し、4年ぶりの出場を掴み取る。 では古豪を一蹴して3度目の学生日本一に、そして、ではを破り初の日本一に輝く。 は、QB、WR等前年度の主力が多く残り、連覇が有力視されたシーズンだった。 第6節まで危なげなく勝ち上がり優勝を決めたが、最終節の関学戦は前半に先制されリードを許す苦しい戦いとなった。 後半地力で勝る立命は、4Q終盤に同点に追いつき、最後はK岸野のFGで勝利を決め、2年連続のリーグ全勝優勝を達成した。 では法政に圧勝し、でも社会人のオンワードスカイラークス(後の)を寄せ付けずに快勝、2年連続の日本一に輝いた。 ライスボウル連覇はの2連覇 1985-1986)、の3連覇 1988-1990)に次ぐ快挙である。 にはリーグ戦でに敗れ自力優勝の可能性がなくなったと思われたが、次節で関学がにまさかの惨敗を喫し、立命の自力優勝が復活した。 関学、立命ともに最終戦を勝利し、両校優勝となる。 そして関学、立命はでまで持ち込む死闘を演じ、24-21で立命が勝利し、3年連続の出場を決める。 甲子園ボウルではに前半苦戦するものの、後半地力を発揮し、38-17で勝利。 3連覇を達成した。 甲子園ボウル3年連続優勝は、1988-1990年の以来であり、、日本大学に次いで3校目の3連覇達成校となった。 しかし、では松下電工インパルス(現)に敗れ、3年連続の日本一を逃がす。 、前評判では決して高くなかった立命は、リーグ戦で一戦毎にチームが成長する。 初の最終節全勝対決となった戦では、QB池野が負傷退場するものの、控えQB渋井が実力を発揮。 守備も同点を狙った2点コンバージョンを阻止し、17-15で勝利した。 この結果、立命は、ですら未達成のリーグ4連覇を達成した。 リーグ戦4年連続優勝は、の34年連続優勝 1948-1982 以来の2度目の快挙であり、立命は黄金期を迎えつつある。 しかし、4連覇を狙ったではに14-17で敗れた。 も第6節までは順調に勝ち上がり、2年連続で関学と最終節に全勝で対決した立命は、終始試合を押し気味に進めるものの、ファンブルを誘ったボールを敵チームにエンドゾーン内でカバーされTDを献上し、さらに自陣深くからのパントのスナップが大きく後ろにそれセイフティーとなる等のミスが響き、2点差関学に及ばずリーグ戦5連覇はならなかった。 翌年も同様に関学とのリーグ戦全勝対決になったが28-31で敗れた。 は、古橋ヘッドコーチ自ら「最弱」と評するチーム状態であったが、関西リーグを全勝して3年ぶりの優勝を果たし、甲子園ボウル、ライスボウルも勝ち抜いて3年ぶりの日本一に輝いた。 、古橋ヘッドコーチが退任し、コーチがヘッドコーチに昇格して指揮を執る新体制に移行した。 、秋のリーグ戦で、・と共に3校同率優勝となったが、プレーオフの後、甲子園ボウルの西日本代表としての出場を決定(2年ぶり8度目)。 その後、甲子園ボウルにて、東日本代表のを48対21で下し、7度目の優勝を決めた。 しかし、2年ぶりの出場となったライスボウルにおいては、社会人代表のに0対24で敗れた。 チーム強化への取組み [ ] リクルート戦略 [ ] 立命のリクルート戦略を語る上で欠かすことが出来ないのは、1987年に第1期生が入学したスポーツ推薦による入学制度である。 現在では多くの大学が導入している制度であるが、立命はその先鞭をつけた形となった。 従来の推薦入試では、当該競技で優秀な選手を選抜し入学させるのが普通であるが、立命では、競技未経験者にも門戸を広げたのが特徴である。 この制度を利用して、アメリカンフットボール経験者以外に、高校時代にラグビー、バスケットボール、野球、相撲等の部活動を行っていたアメリカンフットボール未経験者が入学し、(特に野球経験者は甲子園出場経験者も入部するため、高校野球と甲子園ボウルで甲子園の土を踏む選手も少なくない。 )大きな成果を挙げている。 また、付属校である、にアメリカンフットボール部が設置され、と同様に、付属校からのアメフト経験者の入部が近年増加している。 近年の立命の主力選手の多くは大産大附属高出身者である。 施設の拡充 [ ] での練習施設は国内屈指の規模である。 元々、天然芝・夜間照明完備のクインススタジアム、専用ロッカー、ウエイトトレーニング施設が充実していたが、他の体育会と共用するものも多かった。 しかし、2007年9月にグラウンドグリーンフィールドとアスリートクラブハウスが完成して専用設備が充実した。 BKCグリーンフィールドは、グラウンド1面をアメリカンフットボール部専用として使用できる。 (もう一面はラグビー部専用)。 アスリートクラブハウスは最新のトレーニング機器を数多くそろえ、、アイシングルームなども備えている。 オクラホマ大学との提携 [ ] 現在、立命は Division I-A・所属のオクラホマ大学Sooners()と提携関係にある。 2000年に橋詰コーチが1年間留学した(その年オクラホマ大学は全米一に輝いた)のをきっかけに、毎年コーチ陣がオクラホマ大学を訪問し、交流を深めている。 近年は春に一部選手が短期留学をするようになっている。 NFLとの提携 [ ] 立命館大学はプロスポーツビジネスに関する講義を開講するために、プロフットボール団体であると協定を結んでいる。 2006年には、スポーツ推薦の一部として「NFL選手養成コース」を設置し、立命からNFL選手を輩出するプログラムが開始され、1期生2名が入学した。 同コース入学者は1回生時にオクラホマ大学の春季キャンプに、2・3回生時にはのキャンプに参加することになっている。 サプライヤー契約 [ ] 立命館大学パンサーズは、スポーツ用品メーカーとパートナーシップを結んでいる。 同様の契約を結んでいる大学のクラブとしては、(にと提携、からはアシックスに変更)などがある。 ファンサービス [ ] ヘッドコーチ就任以降、のファンサービスを見習い、ファンサービスの拡充に力を入れている。 にで行われた第6節関大戦終了後、選手たちがスタンドに上がり、LBの木下恵一郎が、「関学戦も見に来てください」と言う声を皮切りに立命ファンに、最終節関学戦への招待状(関学戦の会場、開催日、選手コメントなどが封入)を手渡した。 2006年の第6節関大戦終了後には、同様に最終節の関学戦に向けての選手コメントを添えたミニチュアヘルメットがファンに配られた。 また、2005年以降、春季にで行われた交流試合終了後にも、選手とファンの交流イベントが行われている。 過去に在籍した選手(ポジション/在籍年度・卒業後の所属) [ ]• 関西学生リーグDIV. 1 優勝12回 1994・1996・1998・2002-2005・2008・2010・2015・2017・2019• 東西大学王座決定戦 出場7回 1994・1998・2002-2005・2008 ・優勝6回 1994年 立命館大学 24-22 1998年 立命館大学 25-17 法政大学 2002年 立命館大学 51-14 2003年 立命館大学 61- 6 法政大学 2004年 立命館大学 38-17 法政大学 2005年 立命館大学 14-17 法政大学 2008年 立命館大学 19- 8 法政大学• 甲子園ボウル• 全日本大学アメリカンフットボール選手権大会・決勝戦:出場2回 2010・2015 ・優勝2回 2010年 立命館大学 48-21 2015年 立命館大学 28-27 早稲田大学• 日本選手権・ 出場7回 1994・1998・2002-2004・2008・2010・2015 ・優勝3回 1994年度 立命館大学 14-16 1998年度 立命館大学 16-30 2002年度 立命館大学 36-13 2003年度 立命館大学 28-16 2004年度 立命館大学 7-26 松下電工インパルス 2008年度 立命館大学 17-13 2010年度 立命館大学 0-24 2015年度 立命館大学 19-22• 西日本学生王座決定戦・ 出場2回 1999・2001 ・優勝2回 1999年 立命館大学 78- 0 九州大学 2001年 立命館大学 105-0 久留米大学 定期戦・交流戦 [ ] 定期戦 [ ]• 対東海大学 1983年開始 通算成績 立命館15勝 東海11勝 交流戦 [ ]• 長浜ひょうたんボウル…毎年ホストチームとして出場• …出場9回。 通算成績は4勝5敗。 1992年 立命館大学 17-21 東海大学(定期戦) 1993年 立命館大学 16-14 1995年 立命館大学 21-30 1996年 立命館大学 10-27 法政大学 1998年 立命館大学 13-27 法政大学 1999年 立命館大学 31-21 日本大学 2003年 立命館大学 77-28 2004年 立命館大学 25-22 2005年 立命館大学 14-33 アサヒビールシルバースター• …出場6回。 通算成績は1勝5敗。 1995年 立命館大学/ 0-5 / 1996年 立命館大学/ 6-45 京都大学/ 1997年 立命館大学/スタンフォード大学 13-14 京都大学/ 1998年 立命館大学/ 13-0 / 1999年 立命館大学/ 10-13 京都大学/陸軍士官学校 2000年 立命館大学/ 0-38 関西学院大学/スタンフォード大学 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

立命館大学メンネルコールOB会伝言板

グレーター 立命

立命人であれば知っている歌。 その、哀愁をおびたメロディは、そっと、心をなぐさめてくれる。 それが寮歌です。 (注1) 寮歌をこう語る人もいます。 「立命館大学寮歌は寮生のためだけの歌ではない。 故郷はそれぞれ違えども、一つ学び舎に共に勉学に勤しむ立命館全ての学生の思いを表した」愛唱歌である。 (注2) 以前、史資料センター HPで寮歌を紹介しました。 (注3) HP では寮歌について「現在の学生にはあまり歌われなくなりましたが、かつて多くの先輩たちが学び舎のそこ、ここで、・・・当時を懐かしみ、同胞であることを心に刻むために歌われる歌」と紹介しました。 今回は、その寮歌に関係し記憶に残しておきたいことを、書き留めて置く事にしました。 写真 1 1950 年代の広小路キャンパス 写真 2 1950年代の衣笠キャンパス 寮歌は前口上から始まる 前口上(巻頭言ともいう)と言えば旧制第七高等学校造士館第十四回記念祭歌「北辰斜に」(現在の鹿児島大学)などが有名ですが、立命館大学寮歌にも前口上 (注4) はあります。 寮歌の前口上は寮祭のときなどに寮生の気持ちを一つにするため寮長がリズムをつけて述べるものです。 前口上と寮歌はよく寮歌祭やコンパの最後に歌われることが多かったようです。 また、一人静かに口すさむ寮生もいました。 この前口上は、各寮祭や仲間、クラスコンパの雰囲気に合わせてアドリブで即興的に変えて述べられました。 そのことが寮生だけでなく学生たちの愛唱歌として浸透していったのかも知れません。 立命館大学寮歌 (前口上) 大路下鴨 集い歩きし宮人の 春菜摘みつ 美しき鴨の流の育て はぐくみし 出町南北寮 (注5) 学びては思わざれば即ち (全員で「くらし」) 思いて学ばざれば即ち (全員で「あやうし」) 衣笠 吉田の山並みも 霞にぬれて花とさく いざ、歌わんかな立命館大学寮歌 1( Ains) 2 Zwei 3 Drei (寮歌) 一、夕月淡く梨花白く 春宵(しゅんしょう)花の香をこめて 都塵(とじん)治まる一時や 眉若き子等相集い 希望の光を一にして 厚き四年を契りたり 厚き四年を契りたり 二、柴扉(さいひ)を排せば暁に (注6) 君は川流(せんりゅう)我は薪(まき) 他郷憂(う)しと云うなかれ 椎の葉陰に相倚(よ)りて 手をとり友と語らえば 春は四年に尽きぬべし 春は四年に尽きぬべし 三、秋陽落ちて野は寒く たどる帰り路暗くとも 我待つ寮の灯は赤く 朔風天にどよむとも 来る日思えばあかあかと 希望は燃ゆる胸の灯や 希望は燃ゆる胸の灯や 四、学びの道は遠けれど 暮るるに早き春の日や 春風秋雨巡り来て 今此の丘を去らんとす ああ我が友よ我が丘よ いつかえりみん想い出ぞ いつかえりみん想い出ぞ 写真 3 憩う寮生たち 写真 4 机を並べて勉強する寮生 寮歌の誕生 先輩たちから歌い継がれてきた愛唱歌には、誕生がはっきりしなくても名歌として残っていることがままあります。 この立命館大学寮歌もその1つでしょう。 作詞作曲不詳とされ一度も作詞者、作曲者の名が登場した資料はありません。 そこで、史資料センターに残されている資料と証言でその謎に迫まってみました。 写真 5 1950 年頃の学生生活 寮歌はいつごろ創られた 結論からいいますと、いまだはっきりしませんでしたが、大まかに次のようなことが分かってきました。 寮歌がつくられた時期は 1950年から 1951年迄の間ではないかと考えられます。 史資料センターには 1952(昭和 27)年度『経済学部卒業アルバム』( 1951年 11月 20日 編集後記)が保存されています。 この卒業アルバムに寮歌( 1番、 4番)が紹介されています。 史資料センターに現存する資料の中で、最も古く寮歌について紹介されたものです。 このアルバムの編集後記には 1951年 11月 20日と記されていることから既にできていたと考えられます。 それ以前の資料には現在、寮歌について書かれたものは見つかっていませんので、ほぼこの時期と考えていいのではないでしょうか。 写真 6 1952 年度 卒業アルバム この時期( 1950年代)は、現在も歌い継がれている応援歌や愛唱歌が数々創られています。 応援歌(グレーター立命)や大学エール、学生歌(かがやける明日をのぞみて)( 60周年記念歌)が創られました。 この背景には、学友会や大学の動静がありました。 1950 (昭和 25)年、立命館大学応援団は学友会の中央パートとして認められます。 同時に学友会は、学生みんなで歌える応援歌をつくろうと応援団に持ち掛け一般公募します。 (注7) こうしてできたのが現在の応援歌(グレーター立命)と大学エールです。 同じ時期、大学は急激に増える地方出身の志願者のため学寮を急速に増えていきます。 (注8) そこでみんなで歌える寮歌を創りたいと学生達が自発的に考えても不思議ではありません。 誰が作ったの(作詞者、作曲者は?) 2004年 8月頃、百年史編纂室(現在は史資料センター)の調査記録 (注9) によれば、一旦は JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会) (注10) に登録されていることがわかりました。 その時は、作詞者 A、作曲者 B として登録されていましたが、現在は抹消され作詞者・作曲者不詳とされています。 その理由は、作詞者、作曲者の登録根拠(例えば、楽譜等)が調査時点( 2004年 8月)で現存していないことから抹消されているとのことでした。 逆に、根拠があれば JASRACへの再登録ができると、調査記録に記されています。 作詞、作曲不詳というのは、全くわからないということではなく、「詳しくわからない」ということです。 寮歌は歌い継がれていった 当時、立命館大学の学生数は、 1949(昭和 24)年は 5,330人でしたが、 1955(昭和 30)年には 10,296人と急増していました。 また、立命館大学への京都府外志願者比率が、 1951年 35%でしたが 1952年には 55%と過半数以上が他府県の出身者となりました。 こうした地方志願者の急増を背景に、大学は学生寮を急速に増しました。 当然、寮生の数は 1950年代以降、急増していきました。 それまでは、出町南寮( 1939年)と吉田寮( 1941年)だけでしたが、 1950年代には衣笠寮( 1950年)、出町北寮( 1953年)、春菜寮( 1951年)、百万遍寮( 1954年)、下鴨寮( 1954年)と毎年のように寮が造られていきました。 戦前の学寮は少なく、寮歌も存在しませんでしたし、 また戦後、大学側が寮歌を公募した資料も見つかりませんので、寮歌は学生達の中から自発的に誕生し、寮生や応援団によって歌い継がれていったものと考えられます。 また、広瀬淡窓の詩を 1部取り込んだ美しい詩と数々の映画音楽を手がけた B氏の美しいメロディーは「心をなぐさめてくれる歌」と評されるほど親しみやすい曲だからかかも知れません。 こうしたことが、学寮の廃止された現在でも愛唱歌として歌われている要因ではないでしょうか。 寮歌が何時創られ、作詞者・作曲者は誰か、と調査してきました。 その結果、ほぼ推察ができるところまで追跡できましたが、学生達の中から自然発生的に生まれた寮歌であれば、作詞・作曲不詳としているのも立命館大学らしいのかもしれません。 写真 7 1950 年代の広小路キャンパス 次回は立命健児の歌、山城節をご紹介します。 2019年7月30日 立命館 史資料センター 調査研究員 齋藤重 (注 1)パンフレット学園祭参加『応援の夕べ』では、寮歌・・・立命人であれば、誰でも口ずさむ、このメロディ。 そっと、皆様の心を慰めてくれる歌と紹介しています。 現在は、「 Cheering Festival 応援の夕べ」として行われています。 (注 2) 元理事長は立命館大学寮歌扁額除幕式典の挨拶のなかで、「立命館大学寮歌は寮生のためだけの歌ではない。 それは、故郷がそれぞれ違えども、一つ学び舎で共に勉学に勤しむ立命館学園全ての学生の思いを表した愛唱歌である」と述べています。 (「校友会ニュース」 2004年 07年 15日) (注 3)立命館史資料センター HP 学園史資料から 「立命館大学学生歌」と「寮歌」を紹介しています。 (注 4)寮歌を歌う前に述べる前口上は、伝統的に寮長に引き継がれ寮長が述べることが慣例でした。 現代では残っていませんが、元寮生の記憶をたどって掘り起こしました。 (注 5)この前口上は、それぞれの寮の実情に合わせたオリジナルな口上を述べ、みんなの気持ちを高揚させました。 この口上は出町南寮、出町北寮の寮生たちに伝わった口上ですので、この HPを読まれた方にはちょっと違うと思われる方もおられるでしょう。 (注 6)二番は、広瀬淡窓の漢詩 「桂林荘雑詠(けいりんそうざつえい)諸生に示す四首」(七言絶句)の 1詩の意味を歌詞にしたといわれています。 広瀬淡窓は( 1782年~ 1856年)江戸末期の儒者。 豊後日田(大分県日田市)に塾舎「咸宜園」(かんぎえん)を建て、塾生の中から高野長英、大村益次郎らを排出しました。 また、淡窓の養子広瀬青邨(青村)(ひろせせいそん) 3代目塾長は私塾立命館の賓師(ひんし、現在の教授)とし熟生の教育にもあたりました。 この橋本氏の論文では立命館大学の学寮(寄宿舎)だけでなく旧制立命館中学校の寄宿舎、日満高等工科学校の寄宿舎にもふれており、立命館の学寮の変遷がよくまとまっている。 (注 9) 2004年 8月、当時百年史編纂室(現在の史資料センター)と総務課は協力して、寮歌のみならず校歌、応援歌など学園歌の著作権について、 JASRACの協力を得て調査した。 その中で、今迄ほとんど何も分からなかった立命館大学寮歌の作詞者名、作曲者名を JASRACから知らされた (注 10) JASRACとは一般社団法人日本音楽著作権協会といい音楽の作詞者、作曲者の著作権を守っている。 詳しくは同協会の HP作品データベースを参照ください。 現在、 JASRACでの立命館大学寮歌についての登録状況は次のようになっています。 作品コード 095-8986-4 作品名 立命館大学寮歌 著作権利者 不詳 作詞 不詳 作曲 JASRAC への信託状況 不明 さらに、演奏、出版、貸与、ビデオ、映画、広告、ゲーム、放送、配信、カラオケなどに対する著作権は JASRACでは管理されていません。 173• 101• 100• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 114• 113• 116• 115• 118• 117• 119• 120• 121• 122• 123• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 140• 141• 138• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 153• 152• 151• 154• 155• 156• 157• 160• 158• 161• 165• 164• 162• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 178• 177• 179• 180• 181• 182• 184• 183• 186• 185• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197• 198• 199• 200• 201• 202• 203• 204• 205• 206• 207• 208• 209• 210• 211• 212• 213• 214• 215• 216• 217• 218• 219• 220• 221• 222• 223• 224• 225• 226• 227• 228• 229• 230.

次の

GO!FIGHT!GO,PANTHERS!!的 応援の手引き

グレーター 立命

立命館大学関係映像 立命館関係映像 YouTube等に掲載 パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP <NEW!! > パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP 静岡県校友会撮影 パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP 新潟県校友会撮影 東北海道校友会撮影 パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP 校友会本部撮影 パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP 広報課撮影 APU NEWS撮影 東北海道校友会撮影 校友会本部撮影 パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP パンサーズ私設応援団"グレーターズ"HP 校友会本部撮影 校友会本部撮影 RBC制作 (rtvインタビュー) 立命館大学アメフト番組 フーズハウス?リッツハウス! 制作 立命館大学アメフト番組 フーズハウス?リッツハウス! 制作 <2015. 30 富士山女子駅伝> 校友会本部撮影 校友会本部撮影 <2015. 13 甲子園ボウル> 校友会本部撮影 <2015. 9 立命館大学学園祭2015制作> <2015. 22 パンサーズ関学戦> <2015. 13 硬式野球明治神宮野球大会1回戦:東北福祉大学戦> 校友会本部撮影 <2015. 3 硬式野球明治神宮野球大会関西代表決定戦:奈良学園大学戦> <201510. 25 女子駅伝・杜の都駅伝> 校友会本部撮影 <201510. 22 プロ野球ドラフト会議> <201510. 11 オール立命館校友大会2015> 新潟県校友会撮影 <2015. 13 女子陸上競技部インカレ総合優勝> <2015. 27 大阪いばらきキャンパス開設> <2015. 7 東京校友大会> <2014. 28 第55回CHEERING FESTIVAL> <2014. 23 第2回富士山女子駅伝> <2014. 23 アメフット関学戦> <2014. 16 秋季立同3回戦> <2014. 11 全日本大学野球選手権大会・1回戦> <2014. 27 関西学生野球春季リーグプレーオフ>.

次の