ひなた ミリオン。 CHALLENGE FOR GLOW

木下ひなたとは (キノシタヒナタとは) [単語記事]

ひなた ミリオン

概要 [ ] 『 シリーズ』にはシリーズに登場する13人のアイドルの他、本作新キャラクター37人と「シアターデイズ」で追加されたキャラクター2人の計52人が登場する。 またがプレイヤーのサポート役として登場する他、青羽美咲が「シアターデイズ」の劇場事務員(プレイヤーのサポート役)として登場する。 公式サイトのアイドル紹介欄では、アイドルの自己紹介の試聴やサインの閲覧が可能で、更に本作で新たに登場したキャラクターは、表情ラフを見ることも出来る。 本作に新たに追加された37人のアイドル達は MILLIONSTARS(以下「シアター組」と記載)と呼ばれ 、 765PRO ALLSTARS、以下「AS組」と記載 と合わせた50人は 765 MILLIONSTARSと呼ばれる。 登場人物が先輩と後輩を合わせて50人としたことについて、アイドルマスターの総合プロデューサーは次の様に説明している。 なぜ『アイドルマスター』は毎回キャラクターをたくさん出すのか、ということにも繋がるのですが、「好みは人によって違う」ということに尽きます。 それは「765プロ」の先輩たちにしろ『シンデレラガールズ』にしろ同じです。 『ミリオンライブ!』では、50人ぐらいいれば誰かひとりは自分の好みのキャラクターを見つけられるんじゃないかと(笑)。 最初にキャラクターの設定を深堀して作っていた中で50人はひとつの区切りだと考えていました。 — アイドルマスター 総合プロデューサー 坂上陽三、THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZIN vol. そして実際にゲーム内で文化祭やスポーツ大会、運動会などテーマとしたイベントやガシャが登場した。 キャラクターはセンターの天海春香を中心軸として作られキャラクターの年齢や性格をバランスよく配置させていった、しかし春香を中心に毎回50人のキャラクターを動かすのは難しい、既存キャラクターと新キャラクターを分けないと苦労すると言う事でAS組、シアター組の枠組みが作られた。 シアター組にも中心となるキャラクターが必要と言う事で最後の48、49、50キャラクター目として春日未来、最上静香、伊吹翼が作られた。 キャラクターの命名のルールは高速道路のジャンクションや駅名などが使われたがパターンが少ないことで後半に作られたキャラクターは当てはまらないのが多い。 MILLIONSTARS [ ] 一覧 [ ]• イメージカラーの欄でソートすると元の順序に戻る。 アイドル名で各アイドル詳細に転送される。 「属性」は『ミリオンライブ!』での区分、「タイプ」は『シアターデイズ』での区分。 特技は歌うことで、好きなものは。 アイドルに対する憧れを強く抱いた明るくまっすぐな女の子。 友達にアイドルのライブに誘われたことがきっかけでアイドルへの憧れを抱き、部活動を辞めてアイドルの世界へ飛び込んできた。 何事にもポジティブで、ドジな上に時々暴走しかけることもあるが、彼女のひたむきに頑張る姿は周囲の人を元気にさせるなど、アイドルに相応しい素質を持っている。 乙女ストーム! ではリーダーに抜擢され、勢いで引き受けた。 名前の春日はアーケード版のキャラクターと同じ戦艦ルールが適応されており原点回帰で作られた、またセンターキャラの天海春香から春の字が、未来はミリオンライブから『ミライ』を取り未来となった。 漫画『ミリオンライブ!』 主人公の1人。 ・・・と4つの部活動を掛け持ちしていた(第1話)が、静香との出会いをきっかけにゲームと同様部活を辞めて765プロ50人目のアイドルとして活動していくことになる。 漫画『Blooming Clover』 最上静香・伊吹翼と共にユニット「 シグナル」に所属。 特技は天気を当てることで、好きな人はおばあちゃん。 765プロダクションの社長にスカウトされ田舎からしてきた女の子。 独特なのある喋り方をする。 彼女の純粋でまっすぐな性格と、そののんびりとした雰囲気に多くの人が癒されている。 時より実家から送られてくる新鮮なは事務所のメンバーなどにも大好評。 私服の胸のアップリケ はひなた自身が取り付けたもの、頭の形がりんごモチーフという事で当初はりんごのアップリケだったが出身地が誤解される恐れがあるとしてネコのアップリケと変更になった。 特技はで、好みは。 好みであるパンクロッカーを志していたが、手違いでアイドルプロダクションに入所してしまった女の子。 ロックに限らず音楽全般に情を注いでおり、慣れないアイドル業に戸惑いながらも、やるからには全力で頑張る真剣さを持っているが、アイドルらしい可愛い衣装などの可愛いものは苦手で、口調もどこかサバサバしている。 プロフィールでは「ジュリア」は本名だとしている が、実際は「ジュリア」はで本名は明かされていない。 特技は一晩寝ると元気になることで、好きな人は友達とアイドル仲間。 『シアターデイズ』では好きなものにが追加された。 普段はメガネとお下げで落ち着いた雰囲気だが 、努力や根性を大切にしている真面目で体育会系の女の子。 「自分に向いていない」と言われるとやる気がより湧いてくるようで、努力は報われると信じ、「努力を続ける」という才能を見出したプロデューサーに応えるべく、日々研鑽を積んでいる。 ペットのハリ子とをとても愛している。 作られた経緯はアイドルマスターシリーズのディレクターから正統派アイドルを出せと要望された為。 後半になってから作られたキャラクターでみんなが悩んで停滞した場面で一喝し物語を動かすキャラクターが珍しい事からリーダー気質、責任感のある人物から努力家で熱血なのようなキャラクターとなった。 特技はで、好きな食べ物は。 どんなことにも真剣に取り組む真面目で礼儀正しい女の子。 幼いころから舞台に興味があり、中学・高校で演劇に励んできたことをきっかけにアイドルを志した。 学校では委員長を任されているなど優等生タイプで、やるからには完璧を目指しているが自分の理想と力量の差に思い悩むことも多い。 それでも仲間に助けられながら一生懸命に頑張っている、気丈な女の子である。 プラチナスターズ編では灼熱少女 バーニングガール のリーダーを務める事になった。 漫画『Blooming Clover』 第8話にて、エレナ・恵美と共にユニット『 トライスタービジョン』を結成。 特技は口げんかで、好きなものはかわいい。 老若男女誰からも好かれている女の子。 ファンを導くためにアイドルを目指している。 ファンのことを親しみを込めて「子豚ちゃん」と呼んだり、高いカリスマ性を垣間見せたりと穏やかな雰囲気や笑顔の裏には女王様の気質がある。 「 天空騎士団」という親衛隊が存在する。 一方でファンを喜ばせるためには苦労を惜しまず、また他のアイドルに対する気遣いを見せるなど、他人を思う優しい一面もある。 特技はのハンドラーで、好きな食べ物はと。 お嬢様育ちの箱入り娘なので世間知らず で、突拍子もない質問や発言をしてしまうこともあるが、素直でまっすぐで無邪気な女の子。 苦手なことや知らないことも自分から積極的に克服し、吸収しようと日々努力しようとし 、ダンスや歌も心から楽しんでいる。 ジュニオールというを飼っている。 名前の箱崎は命名ルールで高速道路のジャンクションから取ろうとした名残である。 765プロのアイドル候補生の1人。 765PRO ALLSTARSのバックダンサーを務める。 可奈との接触事故でゴシップ誌に取り上げられ、自分が可奈を傷付けてしまった事に後悔してしまい、やる気をなくしてしまう。 漫画『Blooming Clover』 可奈や志保に次ぐ主要人物の1人。 第8話にて、可奈・志保・海美と共にユニット『 Clover』を結成。 特技はアイドルの変装を見破れることで、好きな食べ物はのデザート。 アイドルが大好きで、「アイドルになればいつでもアイドルに会える!」という理由でアイドルを目指しているな女の子。 独自のアイドルデータベースを作っているほどアイドルが大好きで、そのデータを駆使して自身も理想のアイドルを目指して励む努力家でもある。 自分の事より他のアイドルに夢中になってしまうことも多々ある。 特技はで、好みは。 未来と同じく、本作の中心人物。 アイドル活動に意欲的でしっかりした女の子。 一方で、子供扱いや大人に助けて貰うことを嫌い、プロデューサーにもきつい態度で接するも、何処か思い詰めている様に見える。 また、しっかり者が故にやなどの年少組に振り回されることもある。 うどんは麺を手打ちするほど大好きで、腕前は一級品。 未来と同様に戦艦ルールから最上の名前が取られた。 漫画『ミリオンライブ!』 未来に並ぶ主要人物の1人。 未来と同じ中学校に通っている設定 で、未来とは違って制服のをきちんと着用している。 漫画『Blooming Clover』 春日未来・伊吹翼と共にユニット「 シグナル」に所属。 特技はで、好きなものはかわいいもの。 「オンモード」と「オフモード」の2面性を持つ女の子。 普段の「オフモード」では内気でおとなしく、自分から話し出すことは滅多にない。 話しかけても言葉少なな返事しか帰ってこず、考えながらゆっくり話すため会話の中に「…」()が多く入る。 しかしステージ上に立った時の「オンモード」では一転、明るく元気いっぱいのハイテンション状態になり、理想とするアイドル像を目指し日々努力している。 同様にネットのなどでもハイテンションな文面で書き込みをし、オンラインゲームの界隈では主に「vivid rabbit」の名称で有名。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』 765プロのアイドル候補生兼バックダンサーとして登場。 レッスンが上手く出来ず、どうして良いか分からずに困惑してしまう。 特技は合唱で、好きなことは屋上で歌うこと。 歌がとにかく大好きな女の子で、即興で今の想いを歌にして歌いだすのが特徴的。 歌唱力はまだまだ成長途中だが、明るくまっすぐなポジティブな性格で毎日楽しみながら上達しようと努力している。 楽曲の演奏はとても上手で、からスカウトされるほどの腕前。 アイドルとしての憧れの対象はゲームではだが、映画ではに変更されている。 それに合わせて『シアターデイズ』では、春香への憧れもより明確に描かれている。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 765プロのアイドル候補生兼バックダンサーとして登場。 本作に登場する候補生7人の中では重要な立ち位置を占める。 漫画『Blooming Clover』 主人公。 ストイックな志保との触れ合いや自身の未熟さに悩みつつも、アイドルとして成長していく。 第8話にて、志保・星梨花・海美と共にユニット『 Clover』を結成。 特技はで、好きな飲み物は。 を目指している女の子。 イギリス出身だが、日本好きな両親の影響で流暢に日本語を話す。 大和撫子としての振る舞いを常に心掛けており、慎ましやかな言動を執るようにしている。 また、カタカナを出来る限り日本語で表現しようと言葉遣いにも気を配り、プロデューサーのことを「仕掛け人さま」と呼んでいる。 『シアターデイズ』では、父親が外交官であることが明かされた。 特技は石投げ(シアターデイズでは)で、好きなものはアスレチックランド。 純粋でとても無邪気な女の子。 765プロのアイドル達を家族同然に慕い、プロデューサーのことを「おやぶん」と呼び慕っている。 年頃の小学生らしく外で思いっきり遊ぶことが大好きであったり、のレッドに憧れたりしている。 仕事のことはよく理解していないが、楽しくこなしている。 「こぶん」という名前の猫を劇場内で飼っている。 特技はが多いことで、好きなことは。 天然で独自の感性を持った女性。 その独特な感性からか、周囲を驚かせてしまうような大胆な行動や、独創的な自作の歌で「麗花ワールド」を展開している。 プロデューサーのことを「ザ 普通の人」と呼ぶなど毒舌な発言も多いが、悪気はないらしい。 また、緊張や不安とは縁が無いようで大きな舞台でも落ち着いて堂々としている。 特技は常人には出来ないポージングが出来ることで、好きなことはダンス。 活き活きとしていてテンションの高い女の子。 体を動かすことが何よりも好きで身体能力も高い。 体力が有り余っているのか常に元気でハイテンションで少しばかり落ち着きがなく、じっとはしていられない性格。 には自信があるらしい。 愛称は「うみみ」で仲間からもよくその愛称で呼ばれている。 無邪気で、年少組にも違和感なく溶け込んでしまう。 漫画『Blooming Clover』 可奈や志保に次ぐ主要人物の1人。 バレエダンサーの姉がおり、憧れの的としている。 第8話にて、可奈・志保・星梨花と共にユニット『 Clover』を結成。 特技はで、好きなことは友達との長電話。 明るく元気な性格で、他人の世話を焼くことが大好きな女の子。 常に仲間やプロデューサーの健康状態をチェックし、骨身を惜しまずお世話してくれる。 また、実家が中華料理店でよくお店を手伝っているからか料理が特技となっている。 また、プロデューサーにはとにかくたくさん食べてほしいらしく、作ってくれる弁当の量がとにかく多い。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 765プロのアイドル候補生として登場。 76PRO ALLSTARSのバックダンサーを務める。 ダンサーの中では最年長で、奈緒と共にまとめ役を買って出るが、周囲の不穏な空気にどうして良いか分からず戸惑ってしまう。 漫画『Blooming Clover』 第8話にて、奈緒と共にユニット『 ダブルエース』を結成。 特技はを踊ることで、好きなことはみんなで騒ぐこと。 常に笑顔で明るく元気な女の子。 生まれので、6歳までブラジルで育った。 自然と周囲を盛り上げることが出来る的存在。 隠し事が出来ない性格で、プロデューサーとのスキンシップも多い。 漫画『Blooming Clover』 第8話にて、琴葉・恵美と共にユニット『 トライスタービジョン』を結成。 特技は変化球を投げることで、『シアターデイズ』では「家事全般」が追加された。 好きなものはアイドル。 が大好きで、ボーイッシュな女の子。 親から「女の子らしくなれ」とアイドルを勧められアイドルになった。 アイドルの仕事にはノリノリだが、かわいいスカートのアイドル衣装には恥ずかしがってしまうことも。 兄が4人いる。 特技はで、好きな食べ物は。 「茜ちゃんかわいい!」と自信に満ち溢れたお調子者の女の子。 鬱陶しいぐらいに自己アピールをしてくるが、持前の明るさと愛嬌で周囲を許させてしまう。 マイペースに見えるが、逆に麗花の突飛な言動に振り回されストッパー役に回ったり、怒られると本気で落ち込んでしまうなど、実は真面目でデリケートな性格。 本人発案・製造の「茜ちゃん人形」はゲーム内イベントなどでよく取り上げられている。 特技はで、好きな飲み物は。 本作登場人物では最年長だがとても小柄な女性で実年齢より幼く見られてしまっている。 本人としては大人らしくセクシーさをアピールしているのだが、それが余計に彼女の愛らしさを増させることになっている。 シアターメンバーからよく慕われ、面倒見がとても良い。 特技はバイクの運転で、好きな食べ物は。 バイクや観戦が大好きなアクティブで明るい女の子。 持前の明るく細かいことはあまり気にしない性格だが、曲がったことが嫌いでまっすぐで情熱的な一面も兼ね備えている。 男友達の様に付き合える性格ではあるが、実はかわいいものにあこがれている。 スタイルの良さはメンバーの中でも指折り。 愛車の(シアターデイズではバイク)に「クラウザー号」と名前を付けている。 特技はダンスで、好きなものはわさび。 向上心が高くとても活動的な女の子。 ナンバーワンへの意識が高く、一足飛びに頂を目指そうとしてしまう少しお調子者の性格。 にダンス留学していた。 普段の頼れる言動と、だったり、でが必須であったりと意外と弱点があることが魅力の一つである。 旧『ミリオンライブ! 』では高校卒業後にフリーター生活を送っていたことからアイドルになったという設定だったが、『シアターデイズ』では大学生である。 漫画『Blooming Clover』 兄がダンスする姿に憧れてダンスを始めた。 可奈達のライブを観て、その思いを新たにする。 特技はで、好きなものは。 とてもマイペースな女の子。 基本的に無表情であったり、会話途中に噛んでしまうなど他人に自分の感情を伝えるのが少々苦手だったりするが、本当は感情豊かで、心の中で言葉を丁寧に選んでおり 、そんな不器用な自分を変えようと日々努力している。 人一倍優しく、それでいながら真面目な性格で 、独特な感性とマイペースなリズムで不思議な空気を生んでいる。 胸が小さいことを気にしている節がある。 自身を模した小型の人形「 リトルミズキ」を連れていることもある。 本物の瑞希と違って、常に強気な表情と喋り方をしている。 特技はメイクで、好きな服は可愛くてセクシーな服。 抜群のプロポーションを持つ女性。 気さくでサービス精神旺盛なので、きわどいセクシーな衣装を着たり、アピールしたりと張り切っている。 美女であり、周囲を引っ張て行く積極性を持ち合わせているにも関わらず私生活や合コンでは全くと言っていいほどモテないのが悩み。 馬場このみとは仲が良く、飲み仲間でもある。 シアター組の中では最も身長が高い(AS組も含めると四条貴音に次ぎ、三浦あずさと並び2位タイ)。 特技はスタミナがあることで、好きなことは友達とおしゃべりすること。 出身の元気でおしゃべりが大好きな女の子。 しっかりとした性格で標準語で話すのは苦手。 考えるよりやってみる性格で勢いがあるが、遅刻の常習犯であったりと少々お茶目でドジではある。 そんなお茶目な一面を補い余るほどの度胸と行動力、人懐っこさが彼女の魅力の一つである。 また、ボケるつもりが周りのボケの強さに巻き込まれ突っ込みに回る事も多い。 サッカー選手の兄がいる。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 765プロのアイドル候補生として登場。 76PRO ALLSTARSのバックダンサーを務める。 バックダンサーの中では年長者の為にリーダー的存在となるが、先輩アイドル達との差を見せつけられて、レッスンが上手く行けず、不安に押し潰されてしまう。 漫画『Blooming Clover』 第8話にて、美奈子と共にユニット『 ダブルエース』を結成。 特技はで、好きな食べ物はビーフ。 未来、静香と同じく、本作の中心人物。 プロポーション・才能共に恵まれた天才気質な女の子。 おしゃれな服を着たり、大人なメイクをして貰ったり、テレビに出たり... と楽しい生活を送るためにアイドルを目指した。 男の人からモテたがったり、少し背伸びをしようとしてみたり、楽をしたがるなど少々気分屋ではあるが、集中力を発揮した時には劇場の中でずば抜けた実力を発揮する。 自分の理想とするアイドル像に近いに憧れている。 名前の伊吹は未来、静香と同じく戦艦ルールで付けられた。 漫画『ミリオンライブ!』 未来や静香に次ぐ主要人物の1人。 お気楽な態度がジュリアの怒りを買ってしまうが、瑞希のとりなしもあって和解する。 漫画『Blooming Clover』 未来・静香と共にユニット「 シグナル」に所属。 志保に対し、アイドルを続ける目的を問う。 特技は記憶力と集中力が高いことで、好きなものは。 同年代の子達と比べて大人びていてしっかりとしている女の子。 「自分の力でトップアイドルになる」と自分に対しストイックで周囲の人間からは一定の距離を置いているところもある。 静香とは仲が悪く、何かとよく衝突している。 演技に対して強い意欲を見せるが、ダンスは苦手。 しかし、絵本やかわいいぬいぐるみが大好きなどかわいい一面もある。 母子家庭で保育園に通っている弟がいる。 裕福ではなく親に楽をさせたい思いがあり真剣に取り組まないアイドルと時折衝突する。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 765プロのアイドル候補生として登場。 76PRO ALLSTARSのバックダンサーを務めるが、レッスンが思うようにいかないことに焦りを募らせ、その怒りをミニライブで失態を起こしてしまった可奈にぶつけてしまう。 漫画『Blooming Clover』 可奈に並ぶ主要人物の1人。 よく言えば前向き、悪く言えばどこかお気楽な可奈の態度に呆れつつ、トップアイドルを目指す。 いつも持っているネコのぬいぐるみは幼いころ父親に貰ったもの だが、その父親は志保が小さい頃に家を出て行った。 第8話にて、可奈・海美・星梨花と共にユニット『 Clover』を結成。 特技はで、好きなことはお風呂に入ること。 その抜群の容姿からは想像できないほど大人しく、控えめな性格の女の子。 その上、極度の人見知りでもある。 そんな自分を変えようとアイドルになり、日々努力をしている。 しかし、まだ自分に自信がなく、びくびくした話し方になってしまっている。 感覚(特に嗅覚)が優れている。 特技は演技や台詞の暗記で、好きな食べ物は。 アイドルになる前に子役として多くのキャリアを積んできた女の子。 少々マセていて物事に対して冷めているところもあるが、それ相応の高い暗記力・演技力を持っている。 プロデューサーに対して少しばかり強い態度で接してしまう反面、踏み台を愛用していたり、かわいいものが大好き。 本作登場人物では最も身長が低く、かつ最軽量。 特技は演技で、好きな食べ物は焼き 、好きな動物は。 独特のテンポを放つ天然マイペースな女の子。 自分のことを「姫」と呼び、劇場のことを「城」と呼んでいる。 「ほ?」や「びゅりほー」「はいほー!」といった口癖があり、ユニークな言語センスを持っている。 ふわふわした性格をしているが、影で周囲に気を配れる意外としっかりとしている面もある。 特技は人の誕生日を覚えることで、好きな人は友達。 派手で今時な格好をしているが、とても気さくで親しみやすい女の子。 流行に敏感で、友達と一緒にいることが大好き。 ノリが軽いように見られてしまうこともあるが 、頼み事をされると断れないなど、仲間思いで親切心に満ちている。 自分の魅力には疎いようで自分がシアターメンバーの中で浮いているのではないかと相談に来ることもある。 初期のデザインではお嬢様キャラクターだった。 漫画『Blooming Clover』 第8話にて、琴葉・エレナと共にユニット『 トライスタービジョン』を結成。 特技は息を止めることで、好きな動物は。 温和で優しい女性。 シアターメンバーの中で数少ない常識人でもある。 かつてでとして勤務していたことがあり、仲間やプロデューサーの体調をよく気遣い、傷の手当をしてくれる。 トップクラスのプロポーションを持っており、セクシー系の仕事が多い中、本人は正統派アイドルを目指している。 しかし、穏やかで流されやすい性格のため、断り切れずセクシーな仕事を引き受け、そのたびに恥ずかしさで赤面してしまうことが余計ファンを喜ばせている。 本作登場人物では最重量かつ最もバストサイズが大きい。 特技は早起きすることで、好きな人はおかあさん。 子供らしく明るく素直なかわいさを持つ女の子。 本作登場人物では最年少だが子供扱いされるのが嫌いで、難しいレッスンにも積極に参加して早く年長アイドルの様になりたいとつい背伸びをしてしまう。 一方、アニメが大好きで、流行りのアニメやアニメの声優に興味がある。 また如月千早と並び、本作登場人物では最もバストサイズが小さい。 特技はで、好きな食べ物は。 本が大好きな人見知りでつい妄想の世界に入り込んでしまう女の子。 本を読むことも本について人に語ることも好きで、書店や図書館に通っている。 体を動かすダンスレッスンなどは苦手だが、憧れたものには積極的に行動を起こしに行く。 また、ハイテンションのまま暴走してしまうこともある。 妄想に入り込み過ぎてしまい、「風の戦士」といった中二なことを考えてしまうこともしばしば。 ダンスレッスンの他にも理系科目や自ら積極的に前に出ていくことも苦手。 THE IDOLM STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 765プロのアイドル候補生として登場。 76PRO ALLSTARSのバックダンサーを務める。 徐々に不穏な空気となって行くレッスンに、消極的になってしまい、志保と反目し合うようになってしまう。 漫画『Brand New Song』 主人公。 特技は人の名前の顔を忘れないことで、好きなことは憧れの目で見られること。 日々トップアイドルを目指し精進する努力家の女性。 派手な見た目とお嬢様を意識した言葉遣いでセレブ感を醸し出しており、一部を除くシアターメンバーからも実際そう思われている。 しかし、庶民的な発言をしてしまうことが多く、喋れば喋るほど親近感が沸いてしまうのも魅力の一つ。 特技は視力が高いことで、好きな食べ物は。 太い眉とウェーブのかかった長い髪が特徴的な女の子。 特技として視力が高いことの他に、目を瞑ると3秒以内に眠りに着くことが出来ることを挙げる。 マイペースな性格で、本題とはズレた話を展開してしまうことがよくあるが、彼女なりによく考えて発言したものである。 他にも手先が器用でかわいらしいお弁当などを作る事も出来る。 特技は目を閉じたまま歩けることで、好きな動物は。 「アイドルという名のアーティスト」を目指す意識の高い女の子。 片仮名のを多用した特徴的な話し方をするが、きちんと単語の意味を理解しているのかは怪しい。 本名は「伴田路子」だが、本人は本名では呼んでほしくないと思っている。 特技は合唱と。 好きなものは子どもと洋菓子。 元は音楽教室の先生だった。 また、父親が自衛官である縁で自衛隊音楽隊ともたびたび共演しており、「自衛隊の歌姫」と呼ばれていた。 スカウトを受けたのも自衛隊のお祭りである。 非常に歌がうまく自衛隊の音楽隊と共演した事がある。 穏やかな性格で三浦あずさに近い立ち位置にある、理由として年少のキャラクターが多いことからその立ち位置のキャラクターが欲しかったと言う事情がある。 気品とキャッチーさを意識してデザインされた。 漫画『Blooming Clover』 第7話から登場。 その経歴を買われ、可奈への歌のレッスンを任される。 特技は着物の着付けと。 好きなものは和スイーツ。 真面目だが少し早とちりしがちな少女。 実家が呉服屋であり、借りていた衣装をプロデューサーが返しにきた際にスカウトされた。 しっかり者で頭はいいのだがうっかり屋な所がありよく余裕を無くす。 見た目でキャラクターが欲しいということから 和装美人のキャラクターとして作られた、着物の着付けも出来る。 見つめられるとドキリとするような目を意識してデザインされた。 漫画『Blooming Clover』 第7話から登場。 765PRO ALLSTARS [ ] の13名が登場する。 キャラクターごとの詳細は当該項目を参照のこと。 なお、「秋月律子」はアイドルとして、「双海亜美」・「双海真美」は別々のキャラクター扱いで登場している。 本作におけるタイプ分けは以下の通り。 ミリオンライブ! Vocal - 天海春香、如月千早、四条貴音、三浦あずさ、水瀬伊織• Dance - 我那覇響、菊地真、高槻やよい• Visual - 秋月律子、萩原雪歩、双海亜美、双海真美、星井美希 シアターデイズ• Princess - 天海春香、萩原雪歩、菊地真、我那覇響• Fairy - 如月千早、水瀬伊織、四条貴音、秋月律子• Angel - 星井美希、高槻やよい、三浦あずさ、双海亜美、双海真美 その他のキャラクター [ ] 765プロのスタッフ [ ] プロデューサー プレイヤーの分身となるキャラクター。 エミリーからは「仕掛け人さま」、環からは「おやぶん」、貴音からは「あなた様」、桃子からは「お兄ちゃん」、茜からは「プロちゃん」、亜美と真美からは「兄ちゃん」、美希からは「ハニー」とそれぞれ呼ばれている。 漫画『みりおんコミックシアター』のプロデューサー 序盤のみの登場。 顔がコマの外に出る等して見切れており、素顔は不明。 漫画『』のプロデューサー 顔がベタ塗りされて影がかかったようになっており、顔が見えないようになっていたが、23話で素顔が明らかになって以降は普通に顔が描かれるようになった。 漫画『Blooming Clover』のプロデューサー 最初から顔出ししている。 眠そうな目つきやボサボサにも見える髪など、少し頼りなさげな外見をしているが、仕事に対しては真摯。 可奈がオーディションの最終面接会場にいた面子を全員笑顔にさせたことに何かを感じ、彼女を採用する。 漫画『Brand New Song』のプロデューサー 顔は見切れたり影がかったりしており、素顔は不明。 桃子曰く「いつも唐突」、紬曰く「少し言葉足らずで(中略)調子のいいことを言って…」。 しかし、その実力は高く評価されている。 声 - TVアニメ『』に登場した765プロのプロデューサー。 劇場版追加エピソードボイスドラマ、アニメ再放送記念「撮り下ろしボイスドラマ」でのみ登場。 (たかぎ じゅんじろう) 声 - 765プロダクションの社長。 チュートリアルや「社長クエスト」、イベントストーリーなどに登場。 (おとなし ことり) 声 - 765プロの事務員。 『ミリオンライブ!』でもナビゲート役を務める他、アイドル育成用のEXカードとしても登場する。 『シアターデイズ』ではイベント「Shooting Stars」にて初登場。 普段は事務所に控えているため、劇場内には登場せず、イベントシナリオ内にのみ登場する。 ログインボーナスなどでは美咲の代わりに登場する場合もある。 被服系の短大出身で可愛い服を着ているアイドルも好きだったことから劇場付きの事務員となった。 の出身で、宇宙関係の仕事をしている姉がいる。 今までのアイドルマスターシリーズの事務員にいなかったタイプを出したかったと言う事で妹系のキャラクターとなっている。 漫画『Blooming Clover』 第6話から登場。 特技はランニング、好きなことは気ままに散歩すること。 765プロ所属の女性。 営業中にランダムで現れてカードを渡してくれる。 また、一部のカードでは彼女が背景に映り込んでいる。 2015年4月1日に開催されたエイプリルフールイベントにて、EX枠でカードが追加され、同時に不明だった本名も明かされた。 『シアターデイズ』ではガチャ演出にて登場する。 本名については、ロード画面に表示されるうわさにて言及されている。 765プロの関係者 [ ] (たかつき かすみ) 高槻やよいの妹。 2014年4月1日 - 14日に開催されたエイプリルフールイベントにて、EX枠でカードが追加された。 プロフィールは年齢以外全て不明となっている。 北沢 陸(きたざわ りく) 北沢志保の弟。 保育園に通っていて志保からは「りっくん」と呼ばれている。 ジョーイ・ロータス 世界的な映画監督でありSF界の巨匠。 ゲーム内のイベント「出張! GREE配信版最後のイベントや『シアターデイズ』の2018年イベントにも登場した。 濃いヒゲとサングラスが特徴的。 ライバル・ゲストキャラクター [ ] (くろい たかお) 声 - 765プロのライバル会社である961プロダクションの社長。 『ミリオンライブ!』ではPSLシーズン5(ARRIVEとミルキーウェイ)に登場。 PVのナレーションも担当している。 『シアターデイズ』でも『ミリオンライブ!』から引き続き、ARRIVEとミルキーウェイのイベントシナリオに登場する。 (レオン) 声 - 『』に登場したライバルアイドル。 『ミリオンライブ!』にて2016年10月21日 - 30日に開催されたイベント「アルティメットライブアリーナ」のファイナルリーグに特別ゲストアイドルとして登場。 EX枠でカードが追加された。 GREE版では、ボイスは実装されなかった。 『シアターデイズ』では2019年11月にゲストアイドルとして登場。 (しいか) 声 - 『』に登場した961プロ所属アイドル。 『シアターデイズ』にて 、2018年7月のゲストアイドルとして登場した。 玲音とは本作が初共演で、アイドルデビューする前からプライベートの付き合いがあった為「お姉さま」と呼び慕っている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• カードには「ロコ」と表記されるが、アルファベットには「ROCO HANDA」と表記される• 『シアターデイズ』では、ギター演奏のモーションアクターも担当。 例として、ゲッサン版第17話でのことを「袋に入った魔法みたいなカレー」と話す描写がある。 クラスは未来がA組、静香がB組。 しかし、『ミリオンライブ!』では大量のマシュマロを前にして青ざめているカードがあったり、その場からあの手この手で逃走を図ったりしていることから、莉緒からは本当はマシュマロが嫌いなのではないかと疑われている。 内のボイスドラマでは、であると自称している。 日本語の名前には「ロコ」と表記されるが、アルファベットには本名の「 ROCO HANDA」と表記される。 ユニットメンバー• 2016年2月12日閲覧。 4Gamer. net 2016年10月1日. 2017年3月1日閲覧。 CNET Japan 2016年8月20日. 2017年3月1日閲覧。 「「アイドルマスター」総合プロデューサー 坂上陽三 インタビュー」『THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZIN Vol. 1』、一迅社、 10-13頁。 17 45頁-46頁• 『』2017年6月15日号、、2017年6月1日、 86頁。 リスアニ!WEB -. M-ON! Entertainment Inc. 2020年1月20日. 2020年7月6日閲覧。 全アイドル紹介」『THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZINE』vol. 1、一迅社、2017年3月1日、 14-66頁。 2016年4月2日閲覧。 」『声優アニメディア』2016年1月号、学研プラス、2015年12月10日、 8-27頁。 - 乙女ストーム!」『IM S Febri』、一迅社、 22頁。 』第1巻、、2015年。 門司雪・バンダイナムコエンターテインメント『アイドルマスター ミリオンライブ! 』第2巻、小学館、2015年。 THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZINE vol. 2 57頁• 2019年5月19日. 2019年5月31日閲覧。 インタビュアー:麻布たぬ. 2020年7月6日閲覧。 『』2017年7月27日号、、2017年7月13日、 16頁。 THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZINE vol. 2 23頁• 門司雪・バンダイナムコエンターテインメント『アイドルマスター ミリオンライブ! 』第4巻、小学館、2016年。 2016年5月28日閲覧。 アイドルマスターミリオンライブ Blooming Clover 2 オリジナルCD付き限定版 188頁• 『THE IDOLM STER MillionRADIO』 261• アイドルマスターミリオンライブ Blooming Clover 2 オリジナルCD月限定版 第5話• THE IDOLM STER MILLION LIVE! MAGAZINE vol. 2 57頁• 1493 29頁• 1493 27頁• 2016-03-30. 152. 稲山覚也 2018年7月27日. アイドルマスターミリオンライブ! Blooming Clover. KADOKAWA• アイドルマスターミリオンライブマガジンvol. 一迅社• THE IDOLM STER OFFICIAL WEB 2019年9月21日. 2019年9月22日閲覧。 2018年7月3日. 2018年7月12日閲覧。 2018年7月10日. 2018年7月12日閲覧。

次の

【ミリマス】ひなた「ごめんねぇ。そんなつもりなかったのに、勘違いさせちゃったねぇ」

ひなた ミリオン

全所持でなければコミュと衣装、あと新規カードが来るかもしれない 全所持の人はコミュと衣装、あとマスピが手に入る 損をすること自体ができない ぶっちゃけ担当のガシャを天井まで回すか撤退するかの葛藤と大差ない 財布と相談して取捨選択、それだけの話 30 それからの名無しP:2020-07-04 13:44:29 ID:ZDVmMTZm もうちょい安いか10連がつけばお得感が出そうだなと思うなど そんなことより未来ちゃ自慢してるのは重罪では? 31 それからの名無しP:2020-07-04 13:44:36 ID:YWY0MmQ3 せめてその場でガシャ回すか10連チケ貰うかを選ばせてほしい。 ガシャを回す権利自体は同じなんだし あと称号をお金で買うのは…いやいつものイベントとかもお金で買ってるようなもんどけど、あんまり直接的なのはちょっと引く… 32 それからの名無しP:2020-07-04 13:52:54 ID:MDlmMzY0 キャバクラシステムは草 33 それからの名無しP:2020-07-04 13:55:06 ID:OWRlNDM5 コラと見紛うりんご染めほんとすき 担当偏愛勢としては比較的ノーダメージだけどガチャに旨味がないのは確かだねえ 34 それからの名無しP:2020-07-04 13:58:50 ID:OWI2MDg0 誕生日ガシャを狙って普段の限定が回らなくなるだけだと思うが 35 それからの名無しP:2020-07-04 14:07:15 ID:OGI4MjI5 別に高くても良いが カード揃えてる人程損する仕様なのはちょっと… 36 それからの名無しP:2020-07-04 14:07:15 ID:NjQwMzMy さすがにこのガシャはみんな躊躇するよな 毎回ミリオン運営は初出しやらかすイメージ けど今回のは改善されたらされたでひなたPが人柱すぎる 来月AS担、再来月シアター担の誕生月なんだよなぁ… 37 それからの名無しP:2020-07-04 14:12:08 ID:MjQ1Zjdk 追加コミュの感想が一番ありがてえ 誕生日ガシャでいっかってなる人は、プラチナセレチケいっかってなる人が大半だと思うけどどうなんだろうね? 38 それからの名無しP:2020-07-04 14:13:35 ID:YjA1MmQ1 販促に貢献するPの鑑 39 それからの名無しP:2020-07-04 14:21:28 ID:MDZjY2Y2 何でも黙って従うんじゃなくて、駄目だと思うものは ちゃんとダメって言わないと本当に駄目になる 担当の誕生日に戦々恐々したくないよ... つまり、茜ちゃんは…、ごちうさのキャラ!? 65 それからの名無しP:2020-07-05 02:00:33 ID:OTJlNzgw チケットとの選択制ならまだいいんだけど 本編回してこっちも回してはきついな 66 それからの名無しP:2020-07-05 02:30:11 ID:YjdkOGI2 担当じゃないけどこの子の衣装欲しいっていうの結構あるからこんな感じのガシャ年一でいいから来て欲しいなって思ったり、他ゲー出して申し訳ないけどグラブルのスタレジェに近いイメージ 67 それからの名無しP:2020-07-05 07:08:34 ID:ZjFkYzg2 誕生日でお得感出すってなんだよ。 70 それからの名無しP:2020-07-05 11:53:47 ID:OTI3NDU0 同感だね でもって、誕生日ガシャは別にお出しすればいい その子のカードをあまり持ってない人にはお得なガシャだしね 71 それからの名無しP:2020-07-05 16:36:01 ID:ZjM2YzA5 誕生日ガシャ自体はグリマスからあったけど回ってたんかな? 72 それからの名無しP:2020-07-05 22:37:36 ID:OTEwMzlk キャラゲーなんてこんなもんじゃね? 本家アイマスのDLCを見なよ 73 それからの名無しP:2020-07-06 02:04:19 ID:MmUzMTg5 良い養分だなって感じ 74 それからの名無しP:2020-07-06 03:35:12 ID:ODk3YjRl どのリズムゲームでも誕生日ガチャはあるイメージだから否定はしない。 3D衣装とコミュと称号がつくなら十分すぎるぼど。 ただ、有償石5000でセット売りした方がお得な感じはするな とはいえ担当が10連続で出てくる様は気分がいいし、誕生日だけの特権でもあるので悪くない コラで作れるとか言わないで 75 それからの名無しP:2020-07-06 07:08:01 ID:NWE2Zjdh 衣装とコミュはゲームを楽しくする要素にはなるけど称号はあっても無くても変わんからそれのせいで値段上がるなら不要 76 それからの名無しP:2020-07-06 21:18:19 ID:ZGMyNTI5 少なくとも改悪ではないのよね。 集金要素こそ増えたけど今までと同じくやりとりはあるし。 担当Pとしてはコンプしてる人が殆どだろうからガシャはオマケになり易いだろうし。 ただイラストは文句なしに良いから担当じゃなくても正直欲しいカードは一杯あるから確率で限定出るなら2000くらいなら多くの人が回すんじゃないかな? バースデーガシャはアイデアとしては凄く良いと思うけど、今回は少し担当Pが気の毒に思えた。 一方で限定星井から引こうかギリギリまで迷ったし。 あ、勿論セットは別々に分けての売りでオナシャス 78 それからの名無しP:2020-07-13 07:48:34 ID:ZmNiYWQ0 欲しかったよ… でも課金できないんだよ… 有償より高くていいから無償石でも頼むよ….

次の

アイドルマスター ミリオンライブ!の登場人物

ひなた ミリオン

ひなたとは、日のあたる場所といった意味。 の人名に用いられる。 - で活動する。 にを使用。 - の。 - のであり、「」の生みの親。 ひなた() - の。 - で活動する。 - の。 - の。 - の。 - の。 別名「ひなた」。 - で活動していた。 hi's a - で活躍する。 別名「hc」。 架空のキャラクター• ひなた - ON の『ラ』の登場人物。。 ぽやんとしている。 ヒナタ - 『』の• 浅香ひなた - 『』の登場人物。 東ひなた - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 ひなた - 『』の登場人物。 ひなた - 『』の登場人物。 の次女。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 ひなた - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 ひなた - 『』の登場人物。 関連項目•

次の