山本 五 十 六 やっ て みせ 全文。 山本五十六「やってみせ」(全文) 格言クリアファイル 大和ミュージアム関連グッズ販売店

山本五十六記念館公式サイト|新潟県長岡市

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

たまにこのブログにも「名言」的な有名な言葉を使った記事を投稿していますが、これからも私の好きな「名言」の記事を徐々に増やしていこうと思っています。 さて、本日の名言は、山本五十六の「男の修行」です。 山本五十六 やまもといそろく の名言は、以前にも記事で投稿していました。 「やってみせ言って聞かせて・・・」の有名な言葉です。 前回の記事でも書いていますが、この山本五十六は、大東亜戦争 太平洋戦争 の連合艦隊司令長官であり、最終階級は元帥海軍大将です。 その山本五十六の名言集はたくさんあり、後世に多く伝えられています。 その中でもやはり一番有名な言葉は、上の記事に書いてある「やってみせ言って聞かせてさせてみて・・・」でしょうか。 山本五十六の名言「男の修行」 さて、その他にも山本五十六の有名であり代表的な言葉 名言 がこちらです。 苦しいこともあるだろう。 云い度いこともあるだろう。 不満なこともあるだろう。 腹の立つこともあるだろう。 泣き度いこともあるだろう。 これらをじっとこらえてゆくのが 男の修行である。 男児たるものこのような精神でいるべきである。 といった古き良き言葉であります。 私が子供のころは当然このような思想はありました。 二十代のころも地域や人にもよりますが、このような想いは残っていたような気がします。 どんなに辛いことや理不尽なことがあっても、簡単には「逃げ出さず」「愚痴をこぼさず」「弱音を吐かない」といったことです。 それが男のあるべき姿ということです。 これは自分との戦いであり、自分との我慢比べでもあります。 そうした我慢をしながらやるべきことを行い、切磋琢磨することにより己を磨いていく、それが「男の修行」であると。 そういえば、私の父も5年前ぐらいに他界していますが、私は父の「弱音」や「愚痴」「泣いている姿」を聞いたことも見たこともありませんでした。 父親とは背中で語るとも言いますが、確かに私は父の背中から多くのことをしっかりと学んでいます。 さて、こういった「男の修行」のような言葉は、当然ながら時代背景も影響があります。 きっと今現在の世の中では、この「男の修行」のような言葉は、古臭い言葉になってしまっていることでしょう。 むしろこのような言葉を教育指針として使用すれば、多くの弊害を生んでしまうのが今の世の中のような気がします。 それだけ今の世は、損得勘定の思想が増え、精神論を持ち出せば心を病み、ちょっとした不満心が起これば堪えることができない。 そこにこのような言葉を用いれば、きっと大ブーイングが起こるかもしれません。 ですが、私はこの山本五十六の名言「男の修行」のような言葉は好きですし、そうあるべきだと思っています。 これは正に自分との戦いであり、ただの自己満足であるかもしれません。 しかし、自分には負けたくないものです。 最後に 「男の修行」と言っていますが、昔の戦時中や戦後の人は、男性でも女性でも多くの人が持っていた、もしくはそうあるべきと思っていたことでしょう。 むしろ昔の女性の方がこのような言葉を実践してきた させられてきた ことでしょう。 昔の女性とはそれほど苦労してきた人たちではないかと思います。 まぁ「男の修行」と言いつつも、男女問わず「人生の修行」といったところでしょうか。 himuka14.

次の

展示品のご紹介

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

連合艦隊司令長官、山本五十六と言えばこの言葉。 というほど名言中の名言。 あまりにも有名すぎて取り上げるのをためらったが、ここはひとつ、初心に返ってみようと思う。 この言葉には続きがある。 ご存じかと思うが取り上げてみよう。 「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」 子は親の背中を見て育つ。 子は親の鏡・・・。 部下は上司の姿を良く見ているもの。 口では立派なことを言っても、行動が伴っていなければ聴く耳は持たないし尊敬もされないから、上司の小言と部下の態度は堂々巡り。 まずは、自分がやってみせる。 人間以外の動物のほとんどは、言われなくてもそれができているのに、なぜ人間だけが? と頭をかしげたくなる。 「人間ほど『子育て』をしている動物はいない」と言ったのは、自然流育児を提唱する小児科医、真弓定夫氏。 人間以外の動物は、親の姿を見て子が育ってゆく「子育ち」ができているけれど、人間は親が先に手を出し口を出すものだから子は育たないのだと。 つまり、「子育ち」ができていないから、ずーっと「子育て」をするはめになるのだそうだ。 いわんや「親育ち」においてをやである。 だから 自分でやってみる。 自分に言い聞かせる。 自分をほめる。 そうでなければ、成長しない。 五十六さんの言葉はそのまま、自分自身が成長するための言葉でもある。 教えられる者も教える者も、互いに育ってゆくための言葉だったのだ。 (171115 第369回)•

次の

五省 格言クリアファイル 大和ミュージアム関連グッズ販売店

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

(以下、付属の解説書より抜粋) 大日本帝国海軍 第26、27代連合艦隊司令長官。 戦死時の階級は海軍大将で、死後元師に特進しました。 明朗な性格で、部下や同僚から非常に高い信頼を寄せられた人物でした。 山本元師は当時の欧米事情にも詳しく、日独伊三国軍事同盟や日米開戦に最後まで反対していました。 航空機戦力に早く着目し海軍航空隊設立に尽力し、日米開戦時には「短期決戦・早期和平」という日米間に於ける国力の差を冷静に分析し、現実的な作戦計画を実施しようとしたこと等、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価は今日でも高く、海外においても広く賞賛されています。 また、多くの金言を残し「男の修行」はその「山本五十六語録」の代表的なものです。 これは格言としての評価も高く、多くの経営者や指導者が座右の銘としています。 他にも現代の企業理念にも通じる 「やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ」といった格言をはじめ、「実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。 なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。 今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ道で会っても挨拶もしない、 いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。 その若者が、こうして年を取ったまでだ。 だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。 何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。 」等、その多くの言葉は時代を超え、山本五十六の情に熱い人柄を今に残しています。 セットでのご購入でさらにお得に! 商品番号 数量 セット価格 (税込) 注文 Y-40388-10 10組 5,000円 セット Y-40388-20 20組 9,500円 セット Y-40388-30 30組 13,500円 セット• 期限を越えた場合は、まことに勝手ながら、ご連絡後キャンセルとさせていただきます。 一部の商品を除き、ラッピングはお受け出来ません。 対応商品は個別の販売ページに明記いたしております。 お届け日やお届け時間帯のご指定も可能です。 ご注文日より4営業日以降のご指定でお願いします。 一部商品につきましては、メール便にてお送りさせていただく場合がございます。 メール便の場合も通常と同額の送料となります。 海外への発送は、受け付けておりません。 予めご了承ください。

次の