セスキ の 激 落ち くん。 『セスキの激落ちくん』がすごい!キッチンの油汚れや除菌もできる?

激落ちくんはなぜ落ちるの?メラミンスポンジの注意点とは?|MEGUlog

セスキ の 激 落ち くん

「アルカリ電解水って便利だよ」とよく聞いていたのですが「重曹やセスキ炭酸ソーダで十分」と思っていたので、いままで電解水を使ってみようとは考えませんでした。 でもアルカリ電解水の実演を見てちょっと心が揺れ、さらに家で実際に使ってみると汚れを落とすパワーの差は歴然じゃないですか! それからは常備するようになりました。 アルカリ電解水とは 電解水とは、水を独自の方法で電気分解することによって得られる マイナスイオンを多く持つ水のことです。 電解水を汚れに吹きかけると、汚れがついている箇所と汚れ自体の両方がマイナスに帯電します。 マイナス電気同士は反発するので汚れが浮き上り(引き離され)ます。 さらに通常の水より浸透力が強いので、汚れの細部にまでしみこむため汚れが落としやすくなるのです。 汚れ落としのパワーで言えば合成洗剤と同程度かもしれませんが、合成洗剤との違いは 水100%でできているため、洗剤を使いたくない冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚、テーブル、ベビー用品、ペット用品のお掃除にも安心して使うことができる点です。 二度拭きの必要がなく、拭いた後はサラサラでベタつきが残りません。 帯電防止効果もあるため、汚れが再付着しにくくなります。 重曹・セスキ炭酸ソーダと電解水の違いはpH値 重曹やセスキ炭酸ソーダと電解水の違いはpH値です。 重層がpH8. 2、セスキ炭酸ソーダはpH9. 8に対し、電解水はpH12. アルカリ性が強く、汚れを落とす力もそれだけ強力になります。 5は除菌もできるレベルです pH12. 5の電解水は除菌効果があります。 多くの雑菌は高いpH値で生存できないため、pH12. 5の電解水は除菌効果も期待できるのです。 電解水を使った除菌方法 使い方はとっても簡単。 除菌したい場所に電解水をまんべんなく吹き付け、そのまま30秒~1分間放置します。 その後水で洗い流す、もしくは拭き取るだけ。 特におすすめなのが調理後のまな板や包丁の除菌です。 塩素系漂白剤のようにニオイやヌメリもなく、役目を終えた後は普通の水と同じように蒸発します。 同じように調理台やテーブルを拭いておけば、除菌ができるだけではなく汚れも落ちるので一石二鳥です。 二度拭きも不要です。 元は水なのでスプレーすることで周囲に飛び散ったとしても気にならないし、安心して使うことができます。 アルカリ電解水を使ってみたくなった実演の様子をご紹介 実演では、『壁のヤニ汚れ、油性マジックの汚れ、ごま油の汚れ』を落とす様子を見せていただきました。 壁のヤニ汚れは作られた汚れかも?と思ったのですが、油性マジックやごま油はごまかしようがないですものね。 これらの汚れを落とす様子の実演を見て、自分でも使ってみたくなったんです。 油性マジックの汚れを落とす実演 ホウロウのバットに油性マジックで汚れをつけます。 電解水をスプレーするだけで、マジックの汚れが落ちていきました。 ごま油の汚れを落とす実演 トレイの2か所にごま油を塗ります。 その上に片方は台所用洗剤、もう片方には電解水をスプレーし、クルクルとなじませます。 水をかけて流すと、台所用洗剤の方はベタベタが残っていますが、電解水をスプレーした方は油汚れがキレイ流れ落ちました。 0~8. 0です。 電解水とセスキ炭酸ソーダを比較して感じたこと セスキ炭酸ソーダと比べると電解水のほうが汚れを落とす力が強いのは明らかです。 スプレーして拭き取るだけなので、本当にラクちん。 床などはサラサラになるので気持ちいいです。 ただ一つ気になるのは価格です。 セスキ水なら 500mLを数円で作ることができますが、電解水は500ml入り1本が 250円とか1,000円なんて商品もあります。 何種類か使ってみましたが、価格によって汚れ落ちの違いはよく分かりませんでした。 価格の違いは何なんでしょうね? 日々の汚れにはセスキ炭酸ソーダで十分なんですが、 電解水は除菌ができる点が違います。 そこが気に入って常備するようになりました。 また完成品がボトル入りで販売されているので、セスキ水のように自分で作る必要がありません。 価格はセスキ水と比べると割高に感じますがスーパーなどで購入できる合成洗剤と同じくらいです。 小さなお子さんやペットがいるご家庭で、合成洗剤に不安がある方も電解水なら安心です。 いま気に入って使っているのは、スーパーやドラッグストアなどでも購入でき比較的安価な「水の激落ちくん」です。 詰め替え用もあります。 電解水で落とせる汚れ 電解水はアルカリ性なので、酸性の汚れに威力を発揮します。 油脂を乳化し、タンパク質を分解する性質を持っているため、油汚れ、皮脂汚れ、台所のぬめりとりにも有効です。 というのは、セスキ炭酸ソーダでなければできないことがあるからです。 たとえば、セスキペーストは粉末だから作ることができます。 もうひとつはつけ置き洗い。 台所のシンクいっぱいに電解水をためることはできません(1回に何本使うんだ?というはなし)。 この場合も水に溶かして使えるセスキ炭酸ソーダが便利なんです。 日々の掃除にはセスキ水を使い、除菌したいときやササっと落としたい汚れには電解水を使うというように使い分けをしています。 スポンサーリンク.

次の

アルカリ電解水とセスキ炭酸ソーダの違いはズバリ!汚れを落とすパワーと除菌ができること

セスキ の 激 落ち くん

テーブル(机)の鉛筆汚れを食器用洗剤で落としてみる 「食器用洗剤」を数滴たらして実験です。 洗剤は「緑の魔女 キッチン」です。 これは実験のために鉛筆で私が書いたものです。 「食器用洗剤」の原液をたらしました。 2,3回ごしごし擦ったら綺麗になりました。 洗剤でも落ちるんだとびっくり。 鉛筆汚れはなくなり真っ白になりました。 縦に入った線は傷なので気にしないでください。 ティッシュには、鉛筆の汚れがしっかりと付いています。 食器用洗剤ならどこのお家にもあるので、すぐに実践できるのがいいですね。 想像していたよりも簡単にきれいになりました。 ただ、洗剤なので念のため二度拭きをした方が良さそうです。 洗剤なので水拭きすると逆に泡立ってしまったりで二回では拭き取れないこともあります。 お掃除中も触られないようにと子供に気を使ってしまうのが難点。 二度拭きする時は濡らした台拭きがおすすめです。 食器用洗剤は、落としきれなかった成分が安全面で気になるところです。 テーブル(机)の鉛筆汚れをセスキの激落ちくんで落としてみる 「セスキの激落ちくん」は主にキッチンの油汚れを落とすのに使っていたのですが、「鉛筆汚れも落ちるかも。 」と思い使ってみました。 子供がつけた鉛筆汚れです。 シュッと吹きかけて、キッチンペーパーで軽く拭き取っただけで落ちました。 1回擦ればほとんどの汚れを落とすことができました。 続けてどんどん拭き取ります。 こんなにきれいになりました。 ものの数秒です。 ついでにテーブル全体拭き取ったら真っ白ピカピカになってしまいました。 これには感動です。 二度拭きは必要なく、これでお掃除は終了です。 【セスキの激落ちくんのメリット】 ・拭き取りはティッシュペーパー・キッチンペーパーでOK ・界面活性剤・化学物質を使っていないので安全 ・時短になる 環境の為には雑巾や布などで拭き取るのが一番良いのでしょうが、ティッシュでも綺麗に拭き取れました。 子育てしていると、雑巾を洗う手間を省きたいので、どうしてもティッシュとかキッチンペーパーに頼ってしまいます。 セスキの激落ちくんなら、鉛筆汚れにシュッと吹きかけ、汚れを拭き取れば二度拭きは必要ありません。 これこそ時短掃除法ですね。 手間がかからずに綺麗になり、安全というのもポイントです。 <追記> ティッシュペーパーで落ちにくい鉛筆汚れがあったら、表面に凹凸のあるキッチンペーパーを使うと落ちやすいですよ。 テーブル(机)の鉛筆汚れは「食器用洗剤」と「セスキの激落ちくん」どちらが落としやすいか比べてみる 両者は実際どれくらい落ち具合が違うのか、気になるところですよね。 同じ程度の鉛筆汚れを、1回だけ拭き取ってみたところこんなにも違いがありました。 左に食器用洗剤をたらし、右にセスキの激落ちくんを吹きかけました。 両方ともティッシュで一回だけ拭き取ってみました。 右のセスキの激落ちくんが跡形もなく綺麗に拭き取れていますね。 食器用洗剤も何回か拭き取ればきれいになります。 こちらが落とした後です。 左の食器用洗剤の方が洗剤が残ってしまっているので、この後二度拭きが必要になります。 結果、一目瞭然といった感じでセスキの激落ちくんが優秀でした。 掃除はできるだけ早く終わらせたいので、本当に助かります。 セスキの激落ちくんの成分 セスキはアルカリ性が強く、油や皮脂の汚れが落ちやすいんです。 成分は「アルカリ電解水、セスキ炭酸ソーダ」です。 天然の素材を使っているので、手袋せずに使用してもそこまで手がガサガサになるってことはありませんでした。 界面活性剤不使用で子供がいても安心です。 油汚れが驚くほどよく落ちるので私の中でキッチンの掃除には必需品。 換気扇やコンロまわりの油汚れやレンジの中や冷蔵庫の中の汚れもスルッと取ってしまうのです。 壁の汚れも綺麗に落としてくれて、本当におすすめです。 まさか鉛筆汚れにも使えるなんて思っていなかったので良い発見をしました。 最後に 机やテーブルの鉛筆汚れは、 身近なもので手っ取り早く落とせるのが「食器用洗剤」かと思います。 ただ、二度拭きしないといけないのが手間に感じてしまいます。 手間や落ちやすさを比べるとやっぱり「セスキの激落ちくん」がおすすめです。

次の

激落ち商品紹介

セスキ の 激 落ち くん

商品について JAN 4903320045125 サイズ 8. 5x6x21. 5㎝ 内容量 400ml 本体重量 - 材質 - コメント• 生産国:日本• 水なのにパワフル! 天然素材だから安心! アルカリ電解水とセスキ炭酸ソーダのクリーナーです。 水を独自の方法で電気分解したアルカリ電化水にセスキ炭酸ソーダを配合した無色無臭のクリーナーです。 重曹の10倍のアルカリパワーを持っているセスキ炭酸ソーダを配合しているので、油汚れや皮脂汚れに強いです。 キッチンの油汚れ、リビングの手あか汚れなど家中まるごとコレ1本でお掃除できます。 しかも、2度拭き不要! ニオイの元となる汚れや雑菌を取り除くので、除菌・消臭効果もあります。

次の