北 マケドニア 国旗。 初めての北マケドニア旅行!費用・持ち物からオススメのおみやげまで最新情報まとめ

北マケドニア共和国(きたまけどにあきょうわこく)とは

北 マケドニア 国旗

の城壁に掲げられている国旗 の一構成共和国だったがに制定した国旗は、にが制定した「マケドニア国家の旗」に基づいている。 他の連邦構成共和国のような「赤白青の三色に赤い星」という構成とは異なり、地にで縁取られたのみを配置したデザインで、のとよく似ていた。 9月に独立したマケドニア共和国(現在の北マケドニア)は、従来の国旗に換えて、赤地に16本の光を放つ黄色の太陽(ヴェルギナの星)をあしらった国旗を制定しようとした。 ヴェルギナの星は、の首都アイガイの遺跡がある、の地方のでに発見された、マケドニア王族の黄金の棺に大きくあしらわれていたシンボルであり、発見後は古代マケドニアの象徴として扱われるようになっていた。 マケドニア共和国は古代マケドニアとの連続性を示す意味からヴェルギナの星を国旗に採用しようとした。 マケドニア共和国に多数住むには、ヴェルギナの星の国旗はマケドニア民族のみを象徴するものであり、多民族国家の旗にはふさわしくないとして反発する意見があった。 新国旗に関する合意形成が遅れたことからマケドニア共和国は独立後もしばらく時代の国旗を継続使用していたが、ようやく正式に新国旗を制定した。 ところが、隣国が強硬にマケドニア共和国の新国旗制定に反発した。 ギリシャとマケドニア共和国は、ヴェルギナの星をお互いに自国のシンボルと考えており、このシンボルは激しい対立の対象となっていた。 ギリシャも自国領内で発見されたヴェルギナの星を古代マケドニアと現代ギリシャの連続性の象徴として扱っており、青地にヴェルギナの星をあしらった旗をのシンボルとして使用していた。 当時のギリシャ政府とマケドニア共和国政府の対立の主な焦点は大きく三つあった。 一つ目は「マケドニア共和国」という国名、二つ目はマケドニア国旗にあしらわれたヴェルギナの星、三つ目はマケドニア共和国憲法の中の「マケドニア共和国政府は周辺国に住むマケドニア人の権利にも関心を持つ」という、周辺国から見れば内政干渉とも思われかねない条項であった。 2月、ついにギリシャ政府はマケドニア共和国に対する経済封鎖を開始した。 マケドニア共和国の周辺国は経済混乱や内戦状態にあり、機能している輸送路がギリシャとの間のものしかなかったため、マケドニア共和国は経済封鎖に大いに苦しめられた。 結局、翌10月、マケドニア共和国はヴェルギナの星の国旗を現行の国旗に改定し、憲法も改正し、国際的な暫定呼称を「マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国」と定めた。 これによってようやくギリシャは経済封鎖を解除した。 公式の国旗が改定された後も、マケドニア国内およびギリシア領マケドニアのスラブ系マケドニア人はヴェルギナの星の旗を民族旗として引き続き用いることが多い。 1995年頃に検討された国旗 [編集 ]•

次の

[B! 芸術] 北マケドニアの国旗

北 マケドニア 国旗

の城壁に掲げられている国旗 の一構成共和国だったがに制定した国旗は、にが制定した「マケドニア国家の旗」に基づいている。 他の連邦構成共和国のような「赤白青の三色に赤い星」という構成とは異なり、地にで縁取られたのみを配置したデザインで、のとよく似ていた。 9月に独立したマケドニア共和国(現在の北マケドニア)は、従来の国旗に換えて、赤地に16本の光を放つ黄色の太陽(ヴェルギナの星)をあしらった国旗を制定しようとした。 ヴェルギナの星は、の首都アイガイの遺跡がある、の地方のでに発見された、マケドニア王族の黄金の棺に大きくあしらわれていたシンボルであり、発見後は古代マケドニアの象徴として扱われるようになっていた。 マケドニア共和国は古代マケドニアとの連続性を示す意味からヴェルギナの星を国旗に採用しようとした。 マケドニア共和国に多数住むには、ヴェルギナの星の国旗はマケドニア民族のみを象徴するものであり、多民族国家の旗にはふさわしくないとして反発する意見があった。 新国旗に関する合意形成が遅れたことからマケドニア共和国は独立後もしばらく時代の国旗を継続使用していたが、ようやく正式に新国旗を制定した。 ところが、隣国が強硬にマケドニア共和国の新国旗制定に反発した。 ギリシャとマケドニア共和国は、ヴェルギナの星をお互いに自国のシンボルと考えており、このシンボルは激しい対立の対象となっていた。 ギリシャも自国領内で発見されたヴェルギナの星を古代マケドニアと現代ギリシャの連続性の象徴として扱っており、青地にヴェルギナの星をあしらった旗をのシンボルとして使用していた。 当時のギリシャ政府とマケドニア共和国政府の対立の主な焦点は大きく三つあった。 一つ目は「マケドニア共和国」という国名、二つ目はマケドニア国旗にあしらわれたヴェルギナの星、三つ目はマケドニア共和国憲法の中の「マケドニア共和国政府は周辺国に住むマケドニア人の権利にも関心を持つ」という、周辺国から見れば内政干渉とも思われかねない条項であった。 2月、ついにギリシャ政府はマケドニア共和国に対する経済封鎖を開始した。 マケドニア共和国の周辺国は経済混乱や内戦状態にあり、機能している輸送路がギリシャとの間のものしかなかったため、マケドニア共和国は経済封鎖に大いに苦しめられた。 結局、翌10月、マケドニア共和国はヴェルギナの星の国旗を現行の国旗に改定し、憲法も改正し、国際的な暫定呼称を「マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国」と定めた。 これによってようやくギリシャは経済封鎖を解除した。 公式の国旗が改定された後も、マケドニア国内およびギリシア領マケドニアのスラブ系マケドニア人はヴェルギナの星の旗を民族旗として引き続き用いることが多い。 1995年頃に検討された国旗 [編集 ]•

次の

マケドニア(北マケドニア)国旗の特徴や意味、由来、誕生年、フリーイラストや画像を徹底的に解説します

北 マケドニア 国旗

その中でもギリシャは国名を変えるように強く要請しました。 実はアレクサンドロス大王が生まれたのは、ギリシャ北部の古代マケドニア地方であり、ギリシャはマケドニアという名称の街を既に持っていたからです。 なのでこの記事では混乱を避けるために、「マケドニア」ではなく「マケドニア共和国」という呼称を使っています。 EUや日本などは「マケドニア共和国」という呼称を認めていないため、国際連合加盟時の「 マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」、英語では「 The Former Yugoslav Republic of Macedonia , 略称: FYROM」という呼称が正式な場では使われています。 こんな長い国名誰も使いたくないですよね、なのでどの国も略称の「マケドニア共和国」「FYROM」という呼称を使うのです。 マケドニア共和国の国旗問題について マケドニア共和国は独立に際して、国旗についても問題を持っています。 以前までは「 ヴェルギナの星」と呼ばれる古代マケドニア地方の国旗を採用していました。 これは、アレクサンドロス大王のシンボルマークです。 ここで反感をかったのは呼称問題で登場したギリシャ。 ギリシャもまた古代マケドニア地方に、ヴェルギナの星を象徴として扱っていたので激しい対立になりました。 憤慨したギリシャはマケドニアに対して経済封鎖や様々な規制をかけて、折れたマケドニアが新しい国旗を改定しました。 新しい国旗のデザインは、アレクサンドロス大王の父の棺の文様や、中央の太陽から世界中へ光をさす意味が込められています。 新しい国旗に改定した後にも、意外なところで問題が起こりました。 分かりますよね、そう、新国旗は旭日旗に似ているので韓国人が爆発したのです…。 ちなみに、日本の旭日旗とは一切関係はありません。

次の