とくする アンケート。 ‎「とくするアンケート」をApp Storeで

‎「とくするアンケート」をApp Storeで

とくする アンケート

総務省が2013年に発表した通勤時間の調査によれば、家計主の通勤時間の中位数を都道府県別にみると,神奈川県が48. 0分と最も長く,次いで千葉県が45. 7分,東京都が43. 8分,埼玉県が43. 7分と長く、関東都市圏では中位数44. 9分と全国(27. 6分)を大きく上回る結果になった。 (参照:) 同じ調査では、通勤時間が「有意義」だと思っているのは全体の27. 1%で、35. 7%は苦痛だと感じているという。 ネットニュースやSNSのチェックも一巡したタイミングで、ちょっとしたアンケートに応えるだけでTポイントが溜まるのである。 アンケートは2種類あり、「かんたんアンケート」が1~5問の設問で、回答所要時間は2-3分程度と手軽に回答できる。 一方、「ガッツリアンケート」は設問数が多く、回答所要時間が10分ほど掛かるものがあるというが、多くのポイントを獲得可能となっている。 溜まるポイントはアンケートによって異なるが、1~50ポイント獲得することができるという。 アンケート自体はさまざまな企業のものを取りそろえており、その中から興味のあるものを選び、回答するたびにTポイントを貯めることができる。 逆に考えてみると、ビジネス的視点では送られてくるアンケートから今のビジネストレンドを類推するなんていう使い方もできるかもしれない。 利用方法はかんたんで、スマートフォンやPCから専用サイトにアクセスして会員登録するだけ。 もしくはとくするアンケートのアプリを入れれば利用できる。 募集中のアンケート案件はメールで知らせてくれるのも便利だ。 ポイントサイトは数多くあるが、何よりもソフトバンクという通信キャリアが行っていることで信頼感があるし、すでに回線を持っている人が対象なので面倒な会員登録の手続きがかんたんなのもメリットの一つ。 さらに、いまソフトバンクでは、ソフトバンク携帯にTカード番号登録(連携)してファミリーマート、ガスト、TSUTAYAを利用すると、いつでもTポイント3倍になるサービスも行っていることも考えると、ソフトバンクユーザーで通勤時間などの空いている時間を持て余している人ならば使わない手はないだろう。

次の

「とくするアンケート」冬のキャンペーン

とくする アンケート

総務省が2013年に発表した通勤時間の調査によれば、家計主の通勤時間の中位数を都道府県別にみると,神奈川県が48. 0分と最も長く,次いで千葉県が45. 7分,東京都が43. 8分,埼玉県が43. 7分と長く、関東都市圏では中位数44. 9分と全国(27. 6分)を大きく上回る結果になった。 (参照:) 同じ調査では、通勤時間が「有意義」だと思っているのは全体の27. 1%で、35. 7%は苦痛だと感じているという。 ネットニュースやSNSのチェックも一巡したタイミングで、ちょっとしたアンケートに応えるだけでTポイントが溜まるのである。 アンケートは2種類あり、「かんたんアンケート」が1~5問の設問で、回答所要時間は2-3分程度と手軽に回答できる。 一方、「ガッツリアンケート」は設問数が多く、回答所要時間が10分ほど掛かるものがあるというが、多くのポイントを獲得可能となっている。 溜まるポイントはアンケートによって異なるが、1~50ポイント獲得することができるという。 アンケート自体はさまざまな企業のものを取りそろえており、その中から興味のあるものを選び、回答するたびにTポイントを貯めることができる。 逆に考えてみると、ビジネス的視点では送られてくるアンケートから今のビジネストレンドを類推するなんていう使い方もできるかもしれない。 利用方法はかんたんで、スマートフォンやPCから専用サイトにアクセスして会員登録するだけ。 もしくはとくするアンケートのアプリを入れれば利用できる。 募集中のアンケート案件はメールで知らせてくれるのも便利だ。 ポイントサイトは数多くあるが、何よりもソフトバンクという通信キャリアが行っていることで信頼感があるし、すでに回線を持っている人が対象なので面倒な会員登録の手続きがかんたんなのもメリットの一つ。 さらに、いまソフトバンクでは、ソフトバンク携帯にTカード番号登録(連携)してファミリーマート、ガスト、TSUTAYAを利用すると、いつでもTポイント3倍になるサービスも行っていることも考えると、ソフトバンクユーザーで通勤時間などの空いている時間を持て余している人ならば使わない手はないだろう。

次の

‎「とくするアンケート」をApp Storeで

とくする アンケート

一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野克彦、以下「日本気象協会」)は、いざというときに自然災害から身を守るために、普段の防災意識を一層高めていく啓発活動「トクする!防災」プロジェクトを開始します。 公式ウェブサイトやSNS、スマートフォンアプリ、防災イベントなどを通じて、日頃から気軽に取り組める『ふだんの防災アクション』を普及、啓発していきます。 5%が自宅に防災用品や飲食物を備えておらず、さらに、67. 2%は直近1年間で避難訓練や防災イベントに参加したことがないと回答しました。 災害への備えを日常生活の中で意識し、行動に移すことはなかなか難しいようです。 公式ウェブサイトやSNSでの情報発信に加え、7月にはスマートフォンアプリ「わが家の防災ナビ」をリリースする予定です。 日頃から防災対策への興味、関心を高め、最終的に自分や家族の身を守ることができる備えをしながら、安心につなげていくことを目指しています。 公式ウェブサイト トップページ 近年、熊本地震や東日本大震災など、地震災害で甚大な被害が発生し、自宅での備蓄や災害時の対処法、避難所での生活環境対策など、一人ひとりができる防災対策の重要性が高まっています。 5%が自宅に防災用品や飲食物を備えておらず、さらに、67. 2%は直近1年間で避難訓練や防災イベントに参加したことがないと回答しました。 災害への備えを日常生活の中で意識し、行動に移すことはなかなか難しいようです。 近年、熊本地震や東日本大震災など、地震災害で甚大な被害が発生し、自宅での備蓄や災害時の対処法、避難所での生活環境対策など、一人ひとりができる防災対策の重要性が高まっています。 5%が自宅に防災用品や飲食物を備えておらず、さらに、67. 2%は直近1年間で避難訓練や防災イベントに参加したことがないと回答しました。 災害への備えを日常生活の中で意識し、行動に移すことはなかなか難しいようです。 予測が難しい地震には普段の備えが重要です。 また、近年頻発する集中豪雨、土砂崩れや洪水などの気象災害は、情報を上手に活用することで被害を最小限にとどめることができます。 本プロジェクトでは、このような気象災害に着目し、災害が起きる前に、避難が必要になるタイミング、避難の際に気を付ける点などを情報発信していきます。 ヒナに見えますがオトナで、種類はアヒルの仲間です。 陸の上を歩いたり、水の上を泳いだり、 空を飛んで早期の避難を実行します。 公式ウェブサイトやスマートフォンアプリに登場し、『ふだんの防災アクション』を案内します。 また、7月以降「トクする!防災」プロジェクトがイベントに出展するブースでは、『ふだんの防災アクション』に気軽に取り組むために、協賛企業が提供する災害時に役立つ製品を使用してのワークショップや、防災食の試食会、プレゼント企画など、おトクで楽しめる新しい防災啓発活動を展開します。 詳細は公式ウェブサイトのお知らせやイベント情報ページで随時発表します。 古いものから使い、使った分は必ず補充することがポイントです。 ・内容は発表日現在のものです。 予告なしに変更されることがあります。 ・製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。 ・iOSは、Apple Inc. のOS名称です。 IOSは、Cisco Systems,Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。 ・GOOGLE、Google、Google Chrome、「Android」、「Google Play(旧 Android マーケット)」は Google Inc. の商標または登録商標です。 ・Facebookは、Facebook,Inc. の登録商標です。 ・Twitterは、Twitter,Inc. の登録商標です。 参考資料 防災に関するアンケート 調査結果 「トクする!防災」プロジェクトでは、20代から60代までの一般の男女600人に防災に関するアンケート調査を行いましたので、結果を発表します。 災害には「地震」「津波」「大雨」「洪水」「土砂災害」「暴風」など様々な種類が有ります。 ご自身が住む地域について、どのような災害の可能性が有るか知っていますか。 5%) 約半数の人が、自分の地域について災害の危険性を理解している、と答えています。 これに対し、45%の人が災害の危険性をあまり解らない、考えたことがないと答え ています。 地域の災害危険性を理解することは、防災の第一歩です。 より多くの方に地域の危険性に関心を持っていただくよう、情報を発信していくこ とが重要です。 この1年以内に、自主的に避難訓練・防災イベントに参加したことが有りますか。 2%) 自主的に、各種避難訓練や防災イベントに参加した経験のある方は、わずか14. 1%でした。 自主的ではないものの、防災訓練に参加した経験のある方は23. 避難訓練・防災イベントに参加したことが無い方は67. あなたのご自宅の、地震や台風・大雨などの災害への備えはどのような状況ですか。 5%でした。 また、半数強の方は特に備えを行っていません。 普段の生活の中でまとめ買いを意識するなど、『ふだんの防災アクション』を進めていくことが重要です。

次の