霞ヶ浦 高等 学校。 霞ヶ浦高等学校附属中学(稲敷郡阿見町)の口コミ2件|みんなの中学校情報

霞ヶ浦高等学校附属中学校・霞ヶ浦高等学校とは

霞ヶ浦 高等 学校

女の子の場合、 髪は肩についてはいけない、伸ばしたいのなら縛る ベストやセーターを脱いではいけない という校則があります。 男の子は追加の校則はありませんが、体育会系の先生が多いので男子に厳しいので、女の子より怒られます。 共通の校則の場合、 学校指定靴下が好ましいが、無い場合はマークが着いていない そこまで大きくないマーク1つだけの靴下なら良し 色が似ている靴下を履いても良い 携帯電話の持ち込みは良いが、朝の会が始まる前に携帯を籠の中に入れる事。 基本的に学校内では使わず、保護者に連絡を取りたい場合は職員室の前、もしくは昇降口先生の前で電話する事 くらいなので、普通もしくは少し厳しめくらいだと思います。 総合的にはとても良いと思います。 霞ヶ浦附属中には「放課後学習会」というものがあり、プリントなどで1年から3年が集まって放課後に勉強できます。 勿論プリントを持ち帰ることだってできます。 しかも、県立は偏差値60以上の学校であれば受けられるので勿論県立の過去問も授業で受けることができますし、国立の茨城高専も狙うことが出来るので茨城高専の過去問も解くことができます。 授業の速度は普通の中学より少し早めに終わります。 他の私立中学とは違い、エスカレーター式で高校に行かなくても良いので結構県立を選ぶ人が多かったりしました。 受験が近付くと英語と数学は県立組と私立組で別れて授業をします。 受けたい学校に合わせて授業をするのでとても良いと思います。

次の

霞ヶ浦高校(茨城県)の情報(偏差値・口コミなど)

霞ヶ浦 高等 学校

自称進学校化を目指しているが、なり切れていない学校です。 特進選抜と選抜Zクラスについては入学前に受けていた説明と全然違う。 平日は8限まであり、さらに20時まで勉強しなくてはいけないし、夏休み冬休み春休みは講習があり、朝の9:00~16:00まで強制的に勉強させられる。 それでいて進学実績は大したことがなく、教員の授業レベルが疑われる。 その他、校則も厳しく、すぐに下のクラス落とすぞと言われる。 Sクラスは7限まで授業がある。 こちらも長期休暇には講習があり、自由参加であるが出ないと来年度は下のクラスに落とすぞと言われる。 総合進学コースは6限まで授業。 ほとんどの人がバイトもしくは部活をやっている。 部活をやっているやつはまだまともだが、バイトをやっているやつは意味が分からない奴がいっぱいいる。 服装悪いし、化粧してるやつもいるし、何のために学校に来ているか分からない。 進路もほとんどのやつが専門学校とか就職で大学に行くやつはほとんどいない。 ヤンキーが多いと思われがちですが今年の1年生はそうでも無いです。 総進は50分6時間、Sコースは週に2. 3回50分7時間授業それ以外は6時間、特進Z、特進選抜は週に3回50分8時間授業、終わるのは5. 時半、そしてどのコースも1. 5土曜日は4時間目までの授業があります。 総進は基本専門学校志望のコースなのでそこまできつくはないです。 Sコースは専門学校、私立大学で、特進Zは私立大学、特進選抜は国公立志望のコースになっています。 特進Zと特進選抜コースは1年生の段階から大学入試の話を毎日され、大学を狙ってない人が行くと勉強の内容も難しく苦痛だと思います。 しかし、大学を狙っている人には勉強三昧のそれなりにやりがいがあるのかなと思います。 私が入学した代からは基本的に4つのコースに別れていて総合進学コース 専門学校、就職、大学 、特進Sコース 推薦での大学合格 、特進Zコース 学校推薦、一般入試での大学合格 、特進選抜コース 一般入試での大学合格 となっています。 また、公務員講座や医療系の講座も定期的に行われています。 部活動も全国、世界レベルのものもあり部活動に力を入れたい方はオススメです。 ですが、昔は荒れていた名残なのかも知れませんが昔からいた先生方の中には言葉使いが結構荒い先生もいます。 ちょくちょく問題がおきますが公に公表していなかったりする事も稀にあるので気を付けた方がいいです。 私自身、入学した後に先輩からそういう話を初めて聞いて少し入学を後悔しました。

次の

クラブ活動

霞ヶ浦 高等 学校

女の子の場合、 髪は肩についてはいけない、伸ばしたいのなら縛る ベストやセーターを脱いではいけない という校則があります。 男の子は追加の校則はありませんが、体育会系の先生が多いので男子に厳しいので、女の子より怒られます。 共通の校則の場合、 学校指定靴下が好ましいが、無い場合はマークが着いていない そこまで大きくないマーク1つだけの靴下なら良し 色が似ている靴下を履いても良い 携帯電話の持ち込みは良いが、朝の会が始まる前に携帯を籠の中に入れる事。 基本的に学校内では使わず、保護者に連絡を取りたい場合は職員室の前、もしくは昇降口先生の前で電話する事 くらいなので、普通もしくは少し厳しめくらいだと思います。 総合的にはとても良いと思います。 霞ヶ浦附属中には「放課後学習会」というものがあり、プリントなどで1年から3年が集まって放課後に勉強できます。 勿論プリントを持ち帰ることだってできます。 しかも、県立は偏差値60以上の学校であれば受けられるので勿論県立の過去問も授業で受けることができますし、国立の茨城高専も狙うことが出来るので茨城高専の過去問も解くことができます。 授業の速度は普通の中学より少し早めに終わります。 他の私立中学とは違い、エスカレーター式で高校に行かなくても良いので結構県立を選ぶ人が多かったりしました。 受験が近付くと英語と数学は県立組と私立組で別れて授業をします。 受けたい学校に合わせて授業をするのでとても良いと思います。

次の