封筒 書き方 教育実習。 教育実習【封筒】正しい宛名の書き方はコレ

教育実習【お礼状】書き方・例文・タイミング

封筒 書き方 教育実習

子どもとの関わり 書くべき内容は、次の通りです。 感謝の言葉• 迷惑をかけたことへの謝罪の言葉 (もし気になるのであれば謝っておきましょう)• 実習で学ばせていただいたこと• 学んだことをどうするか(将来の展望)• 相手の健康などを気遣う言葉 注意していただきたいのは、「実習で学ばせていただいたこと」の内容です。 早い話が、「お礼状」の内容ではなく、 「感想文」の内容になってしまっている実習生がいるのです。 次の文章は、実際に教育実習生が送ってきたお礼状の一部分です。 「はじめのうちは 緊張しましたが、慣れてくると、とても楽しく過ごせました。 」 これを読んだ先生方は、 「 あなたはいつまで生徒のままなの?」 とおっしゃっていました。 わたしも、同感です。 教育実習は、 「教員」として生活します。 だから、 学生目線ではダメなのです。 教員としてどうありたいか、どうあるべきか考え、振舞わなくてはなりません。 少し硬い話になりましたが、 教員として学んだこと を書いてほしいのです。 お礼状を書くタイミング スポンサードリンク 郵送するタイミング とくに決まったタイミングはありません。 実習が終わってから、 1週間以内に郵送すればバッチリです。 お礼状は、願書と違って、期限があるものではありません。 だからと言って、実習が終わって1週間以上経ってしまうと、遅く感じられます。 適切なタイミングは、 実習が終わって3~7日後に届くように送ることでしょう。 なお、教採の願書のように、簡易書留などで送る必要はありません。 切手を貼って、ポストに投函するだけでOKです。 書き方7つのポイント 教員だった立場から見ると、お礼状すら まともに書けない実習生が増えてきたように感じます。 教員の質が下がっているのは本当のことなので、とても残念に思っています。 わたしは、キレるような人間ではありませんが、中には、 「これは、ただの感想文だろうが!」 と怒る担当教諭もいました。 「 立つ鳥 跡を濁さず」と言います。 最後に送る お礼状で、美しく実習校を去ることができるかどうかが決まります。 手紙の書き方については、中学で学んだ「国語」を思い出しましょう。 そこできちんと、手紙の書き方を学んでいるはずですから。 全体を通して言えるのは、 敬語を正しくつかうことですね。 よく間違える表現に「 おっしゃられる」があります。 これは、尊敬語「おっしゃる」に、尊敬の意味をもつ助動詞「れる・られる」が合体した形です。 しかし、一般的に、「尊敬」の意味の語を重複して遣うことは、日本語文法において誤りだと言われます。 正しくは、「おっしゃる」または「言われる」です。 では、敬語以外で、お世話になった方に 手紙を書くポイントを7つ挙げておきます。 「拝啓」で始まり、「敬具」で結ぶ。 「~です・~ます」(敬体)で書く。 最初の段落に、 時候の挨拶を記す。 時候の挨拶のあとに、 相手を気遣う文章を入れる。 実習でお世話になったことへの 感謝の気持ちを記す。 実習中に起きたハプニング等を記し、担当教諭の良き姿・見習いたい旨を記す。 最後に、 相手の健康やご多幸を願って、結びの文を書く。 スポンサードリンク お礼状の例(テンプレート) では、最後に わたしが書いたお礼状を載せておきます。 縦書きですので、数字は漢字を用います。 拝啓 初秋を迎え、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 この度は、お忙しい中、三週間の教育実習をさせていただき、ありがとうございました。 非常に短い間でしたが、大学の講義では得られない貴重な経験を積むことができました。 特に、毎日子どもたちの様子を観察し、一人一人がどのようなことを考えているのか 想像する大切さを学びました。 例えば、授業中、子どもたちが妙にソワソワしていると感じた時、私は、板書した漢字を間違えていました。 このことに気づいた直後、ある子どもが「先生、字が違うよ」と指摘してくれました。 この教育実習を通して、これまで以上に「教員になりたい」という思いが強くなりました。 大学の講義だけでなく、自分で時間をつくり、教員としての専門性を高めていきます。 そして、教員採用試験に合格して戻って参ります。 たった三週間ではありましたが、貴校で学ばせていただけたことを非常に嬉しく思っています。 本当にありがとうございました。 末筆ながら、校長先生をはじめ、全教職員の方々のご健康を心よりお祈り申し上げます。 ただし、あくまでも、 謙虚な姿勢で言葉を選ぶことを忘れないようにしてください。 「担当教官が もっと面倒見てくれる人だったらよかったです。 」 というような 上から目線のことは、無礼ですので、たとえ思っていたとしても、書かないようにしてくださいね。 封筒の書き方に不安がある方は、をご覧ください。 実習、お疲れ様でした。 ここまで、お礼状について くわしく見てきました。 実習が終わったからといって、お礼状を出さない人は、 非常識な人だと思われてしまいます。 さらには、その学生が所属する大学も、指導が行き届かない、良くない大学と思われてしまいます。 お礼状は、個人の問題では済まされないので、きちんと書きましょう。 なお、お礼状を書くときは、 担当の先生ごとに手紙を分けるのがベストです。 わたしの場合は、実習先の校長先生宛て・教科指導担当の先生宛て・クラス指導の先生宛てというように、3通送りました。 もちろん、内容は3通とも違います。 余裕がない方は、 校長先生宛ての1通にまとめてもOKです。 さぁ、これで お礼状は大丈夫そうですね。 あとは、報告レポートを仕上げて、とっとと提出してしまいましょう。 レポートも、ただの感想文にならないように気を付けてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 教員採用試験もファイト!.

次の

教育実習の内諾書の郵送について

封筒 書き方 教育実習

教育実習を済ませて、電話やメールでお礼を伝えた場合でも、やはり手紙もあれば丁寧なものです。 感謝の気持ちをこめて綴りましょう 教育実習を終えたら、電話やメールでお礼を述べても、あらためて封書のお礼状を出したいという方も多いでしょう。 改まった場面のものですから、形式に沿って、そして心をこめて綴りたいものです。 宛名は、学校全体として学校長宛とするか、担当学級の指導してくれた先生宛にするかさまざまかと思いますが、たとえば、同じ学校で教育実習を経験した先輩などに相談して決めるというのもひとつです。 <目次>• 教育実習のお礼状 書き方の基本構成 内容としては、以下のような項目が入ります。 教育実習のお礼状・基本構成 1.教育実習の場を与えてくださったお礼 2.実習の中での感想 3.指導を受けたことへのお礼、今後の抱負……など 教育実習の時期によって、書き出しの時候のあいさつの言葉は変わってきますが(参照:「」)、基本的な構成としては、このような流れで書かれることが多いものです。 では、実際の基本文例を見てみましょう。 お礼状の書き方例文1:学校全体・校長先生宛 学校全体として学校長宛に教育実習のお礼状を書きたい場合 梅雨明けも間近とのこと、さわやかな青空が待ち遠しい毎日でございます。 先生方におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、このたびは、教育実習というありがたい場を与えていただきましたこと、心より御礼申し上げます。 いくら気持ちはあるつもりでも、実際の場面となると何もできず、難しいものですね。 実習という言葉通り、実地訓練の大切さというものを痛感いたしました。 しかしながら、生徒のみなさんの真剣でまっすぐなまなざし、親しんでくれる笑顔が嬉しくて、あらためて教師という職業のすばらしさを感じました。 至りませんでご迷惑をお掛けいたしましたことをおわびいたしますとともに、ご厚意にあらためて感謝申し上げます。 校長先生をはじめ、先生方からお教えいただきましたあたたかなお言葉を大切に、将来の夢へ向かって努力してまいります。 お礼状の書き方例文2:指導者の先生宛 さわやかな過ごしやすい季節となりました。 お忙しい毎日をお過ごしのことと拝察いたします。 さて、このたびの教育実習では、たいへんお世話になりましてありがとうございました。 何もかもが初めてで、ただおろおろと戸惑うばかりの私を親身になってご指導くださいましたこと、なんとお礼を申し上げたらよいか、言葉も見つからないほどです。 困ったとき、嬉しいとき、いつでも先生がいてくださったこと、どんなにかありがたかったことでしょう。 今でもその折のことを思い出しては胸が熱くなります。 担任のお仕事がおありでお忙しい中を、私などの指導をお引き受けくださいまして、本当にありがとうございました。 先生の御姿を目標に、がんばってまいります。 お礼状の書き方例文3:クラスの生徒宛 クラス生徒宛に教育実習のお礼状を書きたい場合 〇年〇組の皆さまへ 皆さんお元気ですか。 私は大学、いつもの日々に戻りました。 その中でも、何かの折にいつも皆さんのことを思い出します。 教育実習の2週間は、初めは緊張、緊張の毎日でした。 でもクラスの皆さんがいつも親しく話しかけてくれたおかげで私もいつしか緊張がほぐれ、いつの間にか学校に向かうのが楽しみになりました。 最後の日には、皆さんからの手書きの色紙、メッセージカード、手作りのプレゼントなどをいただきまして、男のくせに涙があふれとまりませんでした。 皆さんとの楽しい日々の経験のおかげで、あらためて教師に、先生になりたい! という気持ちが大きくなりました。 教員試験はむずかしく狭き門ですが、いただいた色紙やカード、プレゼントを見ながら毎日頑張って勉強いたします。 貴重な経験をありがとうございました。 また、成長した皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。 最後になりますが、こんな未熟な私を助けてくれてありがとうございました。 皆さんが元気に学校生活を過ごせますようにお祈り申し上げます。 教育実習のお礼状での注意点 お世話になったお礼状ですから、言葉づかい以外にも、便箋なども適切なものを選びましょう。 先生や目上の方には白地に縦書きが正式で丁寧です。 クラスの生徒宛の場合でも、いくら子どもたち宛であってもあまり派手なものは避けるべきです。 無地やまたは色付きであっても淡いもの、季節に合わせた花などが小さく描かれているものなどが好ましいでしょう。 また、クラスの生徒宛でも、まずはお世話になった先生へのお礼が第一です。 そのうえで、生徒宛に出すか、あるいは、先生宛への封筒に「クラスの皆さんにもどうかよろしくお伝えいただけましたらありがたく存じます」などの言葉を添えて、同封する場合もあるでしょう。 【関連記事】•

次の

教育実習の礼状の文例

封筒 書き方 教育実習

実習お礼状の封筒の色とサイズの選び方 お礼状のような改まった手紙では、封筒は縦の和封筒が基本です。 色は白で、中袋が二重になったもの、サイズは長5形を選びます。 白の和封筒には一重と二重のものがありますが、一重のものは「不幸が重ならないように」という意味を込めた弔事用なので、間違って使わないように注意しましょう。 デザインや色付きの封筒は親しい人のみに使用するものなので、美しい色柄のものだったとしても、お礼状にはふさわしくありません。 また、茶封筒は事務用なので、これもお礼状を入れるには失礼にあたります。 つい装飾や色の付いた封筒を選びたくなるかもしれませんが、二重の白い縦封筒で、サイズは長5形、と覚えておきましょう。 この白封筒を使うのが、校長先生や園長先生、施設長などの目上の方に対しても失礼なく送れる、手紙の正式なマナーです。 封筒が決まったら、次は宛名の書き方について解説します。 スポンサーリンク 実習お礼状の封筒の宛名の書き方 表面 表面の宛名の書き方については、あまり迷うことはないかもしれませんが、正式な書き方を図解で説明します。 (1)住所の書き方 郵便番号の枠の1cmくらい下から書き始めます。 実習のお礼状のような改まった手紙では、 都道府県名の省略はNG。 番地などの数字は漢字で書きます。 住所が長い場合は、キリの良いところで2行に分けて。 その場合、郵便番号下4ケタの枠の幅内に収まるようにすると、バランス良く書けます。 (2)学校名や病院名 実習先の学校名や園名、病院名などは、住所に続けて書くのではなく、必ず行を変えて書きます。 施設名は必ず正式名称で。 なお、 「御中」は、個人ではなく施設や組織宛に手紙を送る際に使用する敬称であり、施設名の後に個人名を書く場合は、御中は必要ありません。 (3)宛名 宛名は封筒の真ん中に、住所よりも一回り大きな文字で。 和封筒では、郵便番号の2ケタ目が封筒のほぼ中央なので、そのライン上に書くときれいに収まります。 「先生」はそれ自体が敬称にあたるので、様を付けるのは二重敬称となり間違いです。 スポンサーリンク 実習お礼状の封筒の宛名の書き方 裏面 封筒の裏面の書き方には、2通りのマナーがあります。 あまり見慣れない人もいるかもしれませんが、旧来のマナーでは、封筒の真ん中の継ぎ目の左右に住所と名前を書くのが正式な書き方です。 (1)封字 封筒のフタ部分と本体の両方に文字がかかるように書き入れます。 「〆」の他に、漢字の「封」または「緘」を使ってもOKです。 (2)自分の住所 封筒の継ぎ目の右側、封筒の真ん中よりやや上の高さから書き始めます。 自分の住所では、都道府県を省いてもかまいません。 ここでも町名や部屋番号などの数字は漢字で書きます。 (3)氏名 封筒の継ぎ目の左側、郵便番号欄の下に自分の氏名を書きます。 (4)日付 郵便番号欄の左下に、小さな文字で日付を入れます。 従来は封筒に継ぎ目の左右に住所氏名を書くのが正式なマナーでしたが、現在では差出人の情報は封筒の左側に寄せて書くのが一般的になっており、この書き方でも失礼にはあたりません。 封筒に継ぎ目がない場合や、継ぎ目の左右に書く書き方に違和感がある場合は、左寄せの書き方をしてもOKです。 (1)封字 封筒のフタ部分と本体の両方に文字がかかるように書き入れます。 「〆」の他に、漢字の「封」または「緘」を使ってもOKです。 (2)自分の住所 郵便番号欄の右下から住所を書きます。 自分の住所では、都道府県を省いてもかまいません。 ここでも町名や部屋番号などの数字は漢字で書きます。 (3)氏名 住所の後に、一回り大きな文字で自分の氏名を書きます。 住所と氏名が、郵便番号枠の幅内に収まるように書きましょう。 (4)日付 郵便番号欄上部、封筒の左上に小さな文字で日付を入れます。 実習お礼状の封筒の入れ方と折り方 宛名を書き終えたら、手紙を封筒に入れますが、この入れ方と折り方にもマナーがあります。 和封筒に入れる手紙は、三つ折りの折り方にするのが正式。 まず便箋の下から3分の1ほどを折り、次に上の3分の1をかぶせるようにして折ります。 封筒に入れる時は、手紙の書き出し部分が封筒の裏側に来るように入れましょう。

次の