たけのこ 簡単 料理。 【たけのこレシピ】めんつゆ&バターで簡単!無限たけのことアレンジレシピ

【たけのこレシピ】めんつゆ&バターで簡単!無限たけのことアレンジレシピ

たけのこ 簡単 料理

たけのこの下ごしらえ まず初めに生の皮付きのものと、水煮それぞれの下ごしらえの方法からご説明します。 生のタケノコの場合 たけのこは日にちが経つにつれてアクが強くなってしまうので、出来る限り早く処理するのがポイントです。 まずは簡単にご説明しますね。 1、穂先を切り落とす。 2、皮がむきやすいように縦に1本切れ目を入れる。 3、鍋に2のたけのこを入れ、水をたっぷりと入れ、さらに米ぬか(1にぎり)と赤唐辛子 1本)を加えて火にかける。 4、強火にかけ、沸騰したら火を弱め30~60分間茹でる。 5、竹串がスッと通れば火を止め、そのまま冷やす。 ゆでて2日以内ならぬかの汁ごと冷蔵庫で保存可能です。 そうすると甘味が残りやすくなります。 3日目以降は、皮をむき水をかえて保存します。 できるだけ5日以内で使い切るのがおすすめです。 基本的な工程は同じで、より詳しい工程をこちらの記事でご紹介しています。 基本がわかる方は上の説明でも大丈夫かと思いますが、よくわからないという方に参考にしていただけたら幸いです。 水煮のたけのこの場合 続いて通年を通して手に入る、水煮の下ごしらえの方法をご紹介します。 1、買ってきたら出来る限り早めにたっぷりの新しい水にかえて冷蔵庫で保存する。 1週間は保存可能です。 2、料理に使う際は料理で使う大きさに切り、水を加えた鍋に入れ中火にかける。 3、沸騰したらざるにあげ、しっかりと水けをきる。 すぐに使う場合はゆでずにそのまま使っても大丈夫ですよ。 続いてお料理をご紹介しますね。 2、豚バラに塩で下味をつけておく。 3、フライパンに豚バラ肉とたけのこを入れ焼く。 5、4のたけのことお肉を鍋に移し、だしを加えて煮る。 6、砂糖・しょうゆを加える。 沸いたら蓋をして弱火で約20分間煮る。 7、器に盛り、ゆでたインゲン豆を添え完成です。 真ん中の部分は細かく切る。 2、ボウルにたまねぎのみじん切り、鶏ひき肉、細かく刻んだたけのこ、ごま油、片栗粉、塩を加えよくこねる。 3、くりぬいたたけのこの枠の内側に小麦粉をまぶす。 そこに肉ダネを詰める。 4、詰めたら外側に軽く小麦粉をまぶす。 5、フライパンにごま油を熱し、4を並べて焼いていく。 蓋をして中火で2~3分間焼く。 ひっくり返しもう片面も焼く。 6、鍋にだしと砂糖、米酢、薄口しょうゆをいれ火にかける。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 2、いかは1㎝角に切り、さっとゆでてざるに上げる。 3、鍋にたけのこと、だしを加えて火にかけ薄口しょうゆを加える。 4、沸いたら火を細め、弱火で5分間煮てから煮汁に漬けたまま冷ます。 5、木の芽をすり鉢でする。 すり鉢に白みそを加え、もう1度擦り木の芽味噌を作る。 6、5にたけのこといかを加え和え完成です。 たけのこのきんぴら たけのこの根元の部分を使って作ると美味しい『 きんぴら』です。 たけのこご飯やレシピによっては先の柔らかい部分を使ったほうが美味しい料理もあるため、余った根元の硬めの部分の活用にもおすすめ。 食感が残るように少し太めの細切りに切って炒めることで、シャキシャキの美味しいきんぴらにすることができます。 お弁当にも。 若竹煮 ばあばこと和食に定評がある、鈴木登紀子さんが考案された『 若竹煮』です。 わかめとたけのこの美味しい昔ながらの煮物です。 色よく仕上げるために、薄口しょうゆを使うのがポイントで出汁も染みてとてもおいしいおかずが作れますよ。 姫皮のたたき梅肉和え こちらも鈴木登紀子さんが考案された『 姫皮のたたき梅肉和え』です。 お刺身風にしてもおいしい柔らかい先端の部分、姫皮ですが梅肉和えにするとさっぱりとおつまにも食べることができます。 和えるだけで簡単ですし、個人的にもお気に入りのメニュー。 以上、きょうの料理で放送されたたけのこのレシピをまとめてみました。 どれもとてもおいしいので、是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にも当サイト『』では、たけのこのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

たけのこ 簡単 料理

たけのこの下ごしらえ まず初めに生の皮付きのものと、水煮それぞれの下ごしらえの方法からご説明します。 生のタケノコの場合 たけのこは日にちが経つにつれてアクが強くなってしまうので、出来る限り早く処理するのがポイントです。 まずは簡単にご説明しますね。 1、穂先を切り落とす。 2、皮がむきやすいように縦に1本切れ目を入れる。 3、鍋に2のたけのこを入れ、水をたっぷりと入れ、さらに米ぬか(1にぎり)と赤唐辛子 1本)を加えて火にかける。 4、強火にかけ、沸騰したら火を弱め30~60分間茹でる。 5、竹串がスッと通れば火を止め、そのまま冷やす。 ゆでて2日以内ならぬかの汁ごと冷蔵庫で保存可能です。 そうすると甘味が残りやすくなります。 3日目以降は、皮をむき水をかえて保存します。 できるだけ5日以内で使い切るのがおすすめです。 基本的な工程は同じで、より詳しい工程をこちらの記事でご紹介しています。 基本がわかる方は上の説明でも大丈夫かと思いますが、よくわからないという方に参考にしていただけたら幸いです。 水煮のたけのこの場合 続いて通年を通して手に入る、水煮の下ごしらえの方法をご紹介します。 1、買ってきたら出来る限り早めにたっぷりの新しい水にかえて冷蔵庫で保存する。 1週間は保存可能です。 2、料理に使う際は料理で使う大きさに切り、水を加えた鍋に入れ中火にかける。 3、沸騰したらざるにあげ、しっかりと水けをきる。 すぐに使う場合はゆでずにそのまま使っても大丈夫ですよ。 続いてお料理をご紹介しますね。 2、豚バラに塩で下味をつけておく。 3、フライパンに豚バラ肉とたけのこを入れ焼く。 5、4のたけのことお肉を鍋に移し、だしを加えて煮る。 6、砂糖・しょうゆを加える。 沸いたら蓋をして弱火で約20分間煮る。 7、器に盛り、ゆでたインゲン豆を添え完成です。 真ん中の部分は細かく切る。 2、ボウルにたまねぎのみじん切り、鶏ひき肉、細かく刻んだたけのこ、ごま油、片栗粉、塩を加えよくこねる。 3、くりぬいたたけのこの枠の内側に小麦粉をまぶす。 そこに肉ダネを詰める。 4、詰めたら外側に軽く小麦粉をまぶす。 5、フライパンにごま油を熱し、4を並べて焼いていく。 蓋をして中火で2~3分間焼く。 ひっくり返しもう片面も焼く。 6、鍋にだしと砂糖、米酢、薄口しょうゆをいれ火にかける。 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。 2、いかは1㎝角に切り、さっとゆでてざるに上げる。 3、鍋にたけのこと、だしを加えて火にかけ薄口しょうゆを加える。 4、沸いたら火を細め、弱火で5分間煮てから煮汁に漬けたまま冷ます。 5、木の芽をすり鉢でする。 すり鉢に白みそを加え、もう1度擦り木の芽味噌を作る。 6、5にたけのこといかを加え和え完成です。 たけのこのきんぴら たけのこの根元の部分を使って作ると美味しい『 きんぴら』です。 たけのこご飯やレシピによっては先の柔らかい部分を使ったほうが美味しい料理もあるため、余った根元の硬めの部分の活用にもおすすめ。 食感が残るように少し太めの細切りに切って炒めることで、シャキシャキの美味しいきんぴらにすることができます。 お弁当にも。 若竹煮 ばあばこと和食に定評がある、鈴木登紀子さんが考案された『 若竹煮』です。 わかめとたけのこの美味しい昔ながらの煮物です。 色よく仕上げるために、薄口しょうゆを使うのがポイントで出汁も染みてとてもおいしいおかずが作れますよ。 姫皮のたたき梅肉和え こちらも鈴木登紀子さんが考案された『 姫皮のたたき梅肉和え』です。 お刺身風にしてもおいしい柔らかい先端の部分、姫皮ですが梅肉和えにするとさっぱりとおつまにも食べることができます。 和えるだけで簡単ですし、個人的にもお気に入りのメニュー。 以上、きょうの料理で放送されたたけのこのレシピをまとめてみました。 どれもとてもおいしいので、是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にも当サイト『』では、たけのこのレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ

たけのこ 簡単 料理

たけのこの下ごしらえ たけのこは買ったらすぐに以下の要領で下ごしらえ(下ゆで)をしましょう。 まず全体を水で洗い、土を落とす。 穂先を斜めに切り落とす。 根元のイボが大きい場合は切り取り、皮の部分に縦に深く切り込みを入れる。 たっぷりの水に米ぬかと唐辛子を加えて水からゆでる。 竹串がスーと通るぐらい柔らかくなったら、ゆで汁の中でそのまま冷まし、皮をむいて水にさらす。 米ぬかは、米のとぎ汁や小麦粉で代用してもOKです。 目利きと保存のポイント 目利きのポイント たけのこは、皮全体が淡い黄色で、色つやがよいものが良品。 根元の切り口がみずみずしく白いもの、小型で重量感があり、ずっしりとしているものを選びましょう。 穂先が黒緑色のものは筋がかたく、えぐみが強いので避けた方がよいでしょう。 保存のポイント たけのこは、収穫後時間が経つほどにえぐみが増しますので、購入したらなるべく早く下ごしらえ(下ゆで)しましょう。 ゆでたたけのこは保存容器に入れ、かぶるぐらいの水を張って冷蔵庫で保存します。 たけのこはとにかく鮮度が一番、入手したらできるだけ早く調理することが肝心。 たけのこを煮ものにするときのポイントは、一気に味付けしないことです。 一気に味付けしてしまうと、煮汁ばかりが甘くて、肝心のたけのこは味気なくなってしまいます。 砂糖やみりんなどの甘い調味料は先に加え、しばらく煮こんで甘味が十分しみこんだあとに、しょう油や塩などを加えるようにします。 うちはもっぱら炊き込みご飯です。 たくさん刻んで鶏肉とおあげさんと一緒に炊き込みます。 筍の豚肉煮はおいしいです。 ひき肉との相性がいい。 たけのこは鮮度が命。 採りたてのたけのこを米ぬかで茹で、わさび醤油につけて食べるのが一番好きです。 筍の下茹でには米ぬかをアク抜きに使いますが、いまどきぬかはなかなか手に入らないという方は軽く一握りの生米で代用OKです。 たけのこの煮物で、えぐみを感じるときはやはり昔ながらの若竹煮で、わかめをいれるとえぐみはほとんど無くなります。 おそらく海藻に含まれる成分がえぐみを中和させるようでわかめ以外にも、あおさでも同様にえぐみがとれました。 ほかの海藻でも応用がきくと思います。 あおさとたけのこはとっても相性も良かったです。 たけのこはダイエットにいいんですよ。 繊維質が多くカロリーも低いです。 またカリウムを多く含んでいるためむくみや血圧の高い人にもいいですよ。 たかがタケノコですがされど筍ですね。 たけのこを普通に醤油味で煮て余ったら、てんぷらです。 ビールにグ~、ご飯にグ~です。 たけのこのガーリックバター炒めは最高のおつまみ!• 生の状態で皮をむかずに焼くと、筍本来の味が楽しめる!• 我が家では山椒の若葉をすりこ木ですって、甘味噌と合わせた「山椒味噌」をつけて食べます。 「筍の生ハム巻き」を紹介します!下処理して茹でた筍を上から見て放射状に8等分カットし、バジル、生ハムの順で巻いて行き、生ハムの部分に楊枝をさして止め、オリーブオイルでさっとソテーします。 好みでバジルソースやドレッシング、粉チーズなどをかけて頂きます。 ビールや白ワインにピッタリですよ。 たけのこは魚焼グリルで焼き目をつけて、しょうが醤油で食べるのが簡単でビールに合う。 たけのこは穂先は刺身で中間は煮物や炒め物、最後の固いところはみじん切りにして餃子やマーボ豆腐、コロッケと全て使い切ります。 私はタケノコの水煮をよく利用しますが、だし汁に浸し冷蔵庫で一晩寝かせてから、天ぷらにします。 いただくときは、岩塩を利用します。 とってもおいしいですよ。 たけのこを薄くスライスして、オリーブオイルで揚げた後、塩を好みでふりかけて、黒こしょうをふり、ピリ辛味のたけのこチップスを作る。 おつまみに最高です。 シンプルに煮込んでマヨネーズで食べる。 水煮のたけのこ、またはゆでたけのこをスライスし、味噌とみりんを合わせたものやマヨネーズを塗ってグリルで焼くだけでおいしいおいしいおつまみになります。 私は筍の刺身が好きで、春先には毎日のように食してます。 最近は少し『えぐみ』の残ったものを好んで食べます。 あくを完全に抜いたものは勿論美味しいですが、春には『えぐみ』が残ったほうが『季節』を感じられるので。 たけのこは、掘ったらすぐぬかでゆで、料理に合う大きさに切って冷凍します。 すると、いつでも手軽にたけのこを使えます。 おすすめは、たけのこを薄くスライスし、たけのこ入りぺペロンチーノです。 超お薦め料理が「焼きたけのこ」。 ゆがいたたけのこを、魚焼きグリルで(時間のないときはフライパンでもOK)軽く焼き色がつくまで焼きます。 あとは、塩でもポンズでもしょうゆでもお好みで。 何よりもたけのこ本来の香り・味が楽しめます。 その上、超簡単クッキングです!• お勧め!!レシピ 大葉とのりで巻いて てんぷら。 ゆずぽんで食べる。 生クリームだけを使った、たけのこと空豆、菜の花のグラタン。 筍といかの塩辛で、炒めるといかの塩辛がアンチョビ代わりになり、お酒のあてにもってこいです。 たけのことお麩を一緒に煮るととってもおいしいです!• ごま油と天然塩で茹でたてをつけて食べてみてください。 酒かなりすすみます!!• パスタソースと和えると色々な味わいが楽しめて飽きません。

次の