エリザベス 女王 杯 傾向。 エリザベス女王杯2020特集

【エリザベス女王杯】予想 過去10年の傾向とデータからの注目ポイント

エリザベス 女王 杯 傾向

【気になるデータ・レース傾向】• 3歳馬が古馬に交じって力を発揮できるのか!?• 昇級戦、もしくは格上挑戦の馬が通用するのか!?• 好走傾向のローテーションは、前走がどのようなレースか!? 3歳馬は古馬に交じって力を発揮できるのか!? まず1つ目のポイントは、「3歳馬が古馬に交じって力を発揮できるのか!?」です。 今年のエリザベス女王杯は、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ショドウディーヴァと3歳馬が3頭出走予定です。 しかも、クロノジェネシスとラヴズオンリーユーは、間違いなく単勝オッズ一桁台の有力馬です。 3歳馬が通用するレースなのかどうかという点は、必ず抑えておきたいポイントでしょう! エリザベス女王杯 年齢別成績(過去10年) 過去10年のエリザベス女王杯の年齢別成績を分析すると、3歳馬は勝率7. 単複回収率は今一つですが、成績としては好走傾向です。 近年では2017年1着のモズカッチャンや2015年3着のタッチングスピーチ、2014年2着のヌーヴォレコルトが馬券に絡んでいます。 エリザベス女王杯は3歳馬、4歳馬といった若い馬が走る傾向にあります。 昇級戦、もしくは格上挑戦の馬が通用するのか!? 次に2つ目のポイントは、「昇級戦、もしくは格上挑戦の馬が通用するのか!?」です。 昇級戦、もしくは格上挑戦の馬が通用するレースなのかどうか、この点もしっかりと抑えておく必要があります。 エリザベス女王杯 前走クラス別成績(過去10年) 過去10年のエリザベス女王杯の前走クラス別成績を分析すると、昇級戦にあたる馬は27頭出走していますが、馬券に絡めたのは2頭。 2013年2着のラキシス、2012年3着のピクシープリンセスのみです。 現在の3勝クラスにあたる前走1600万下のレースについては、過去10年でエリザベス女王杯に19頭出走しており、馬券に絡めた馬は0頭。 これは明らかに不振です。 それも前走1000万下のレースです。 エリザベス女王杯の主要なローテーションと言えば、前走秋華賞組、府中牝馬組の2本軸に京都大賞典組を加えた内容でしょう。 では、このローテーションでの成績の差はどのような傾向があるのか!?この点もしっかりと抑えておきたいポイントです! エリザベス女王杯 前走レース別成績(過去10年) 過去10年のエリザベス女王杯の前走レース別成績を分析すると、秋華組が29頭中8頭馬券に絡んでおり、複勝率27. 6%と安定して好走しています。 一方の府中牝馬組は複勝率15. 抑えておきたいのが、京都大賞典組で過去10年で3頭馬券に絡んでいます。 2009年には11番人気で1着のクィーンズスプマンテ、12番人気で2着のテイエムプリキュアと大穴をあけました。 今年の京都大賞典組はウラヌスチャームが該当馬です。 秋華賞組が好走傾向で、京都大賞典組が大穴をあけるという傾向は頭に入れて予想を進めていきたいです! エリザベス女王杯2019 予想のポイント|特注のデータ・レース傾向 ここからは、「気になるデータ・レース傾向」以外に特注の傾向を3点ご紹介します。 まず1点目の特注のデータ・レース傾向は、「顕著なリピーターレース」であることです! 過去10年のエリザベス女王杯では、2年連続で同一馬の好走が続くリピーターレースの傾向が顕著です。 2010年・2011年のスノーフェアリーの連覇に始まり、2013年3着、2014年1着のラキシス、2016年・2017年3着のミッキークイーン、2017年・2018年2着のクロコスミアなど、エリザベス女王杯を2年連続で好走した馬をあげればきりがありません。 ここまでリピートして走る傾向にあるのであれば、当然ながら2年連続で好走しているクロコスミアは要注意の一頭でしょう! 次に2点目の特注のデータ・レース傾向は、「上り3ハロンで1位の馬が馬券に絡む」ことです! 過去10年の上り3ハロン別成績を分析すると、上り3ハロン1位の馬が勝率35. エリザベス女王杯はペースとして、ラスト3ハロンの瞬発力勝負になりやすい傾向のレースです。 終いに速い脚を使える馬が馬券に絡むレースとも言えます! 3点目の特注のデータ・レース傾向は、「同距離、距離短縮が好走傾向」であることです! 過去10年の前走距離別成績を分析すると、同距離が勝率15. 距離短縮組が勝率7. 今年のエリザベス女王杯の出走予定馬では、同距離組がゴージャスランチの1頭。 距離短縮組がウラヌスチャーム、ブライトムーン、ボンデザール、ミスマンマミーア、ラヴズオンリーユーの5頭です。 3歳馬が過去10年で勝率7. 秋華賞組が好走傾向で、京都大賞典組が大穴をあけるという傾向! 【特注のデータ・レース傾向】• 2年連続で同一馬の好走が続くリピーターレースの傾向が顕著!• 上り3ハロン1位の馬が勝率35. 前走同距離組が勝率15. 距離短縮組が勝率7. ご紹介した内容が馬券予想のご参考になれば嬉しいです! なお、エリザベス女王杯の最終予想については下記の記事でご紹介しています。

次の

【エリザベス女王杯 2019予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 古馬勢手薄で3歳人気も分かるが、あの組の人気薄なら……

エリザベス 女王 杯 傾向

Line 配信スケジュール 直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。 1 8 8 32. 8 オルフェーヴル 2 6 クロコスミア 7 藤岡佑介 牝6 56 02:14. 3 1. 8 ステイゴールド 3 11 ラヴズオンリーユー 1 M. デムーロ 牝3 54 02:14. 3 クビ 2 2 33. 8 ディープインパクト 2018年 馬場:良 1 12 リスグラシュー 3 J. モレイラ 牝4 56 02:13. 1 10 9 33. 8 ハーツクライ 2 9 クロコスミア 9 岩田康誠 牝5 56 02:13. 1 クビ 1 1 34. 7 ステイゴールド 3 7 モズカッチャン 1 M. デムーロ 牝4 56 02:13. 6 3 5 5 34. 7 ハービンジャー 2017年 馬場:良 1 5 モズカッチャン 5 M. デムーロ 牝3 54 02:14. 3 4 4 34. 1 ハービンジャー 2 4 クロコスミア 9 和田竜二 牝4 56 02:14. 3 クビ 2 2 34. 3 ステイゴールド 3 10 ミッキークイーン 3 浜中俊 牝5 56 02:14. 3 アタマ 10 11 33. 7 ディープインパクト 2016年 馬場:良 1 3 クイーンズリング 3 M. デムーロ 牝4 56 02:12. 9 9 7 33. 2 マンハッタンカフェ 2 9 シングウィズジョイ 12 C. ルメール 牝4 56 02:12. 9 クビ 3 3 33. 7 マンハッタンカフェ 3 1 ミッキークイーン 2 浜中俊 牝4 56 02:13. 1 1. 6 ディープインパクト 2015年 馬場:稍重 1 12 マリアライト 6 蛯名正義 牝4 56 02:14. 9 6 6 34. 7 ディープインパクト 2 18 ヌーヴォレコルト 1 岩田康誠 牝4 56 02:14. 9 クビ 14 12 34. 3 ハーツクライ 3 8 タッチングスピーチ 4 C. ルメール 牝3 54 02:14. 9 ハナ 12 12 34. 3 ディープインパクト 上位人気馬の信頼度は比較的高いですが、3着とも人気馬で決着することは少ないレースです。 過去5年の傾向を見てみると、 人気馬2頭、穴馬1頭で決まる形が多い。 人気馬だけで予想を固めるのは注意が必要ですよ。 また、リピートレースとなっているので、 過去馬券に絡んだ馬は要チェックです。 人気傾向としては、3番人気が圧倒的に好成績です。 現在4年連続で3着以内に好走しており、2年連続でレースを制しています。 次いで、1番人気、9番人気が活躍していて、ここまでは押さえておきたいですね。 1番人気の勝率が低い分、3連単配当は高くつくので、大回収を狙っても良いかもしれません。 まずは、 1番人気、3番人気、9番人気を中心に狙っていきましょう。 枠番傾向としては、5枠、6枠が好成績です。 特に大きく偏った傾向は見られませんが、比較的中枠が活躍しています。 特に5枠は2018年9番人気のクロコスミアや、2016年12番人気のシングウィズジョイなど、穴馬の好走率も高いので注意が必要ですよ。 まずは、 5枠、6枠を中心に狙っていきましょう。 脚質傾向としては、先行・差しが中心です。 リピーターが多いので、若干その馬に左右されてしまいますが、1着は差し馬が多い傾向があります。 ただ、近年は先行馬が活躍しており、過去5年でも穴馬は先行馬の方が好走しています。 上位人気の差し馬、人気薄の先行馬は要注意ですよ。 まずは、 先行・差し馬を中心に狙っていきましょう。 エリザベス女王杯2019の出走予定馬、想定騎手、外厩情報などについての記事になります。 マーフィー クロコスミア 戸崎 クロノジェネシス 北村友 ゴージャスランチ L. デットーリ サトノガーネット 坂井瑠 サラキア 川田 シャドウディーヴァ 松山 スカーレットカラー 岩田康 センテリュオ C. ルメール ブライトムーン 福永 フロンテアクイーン 津村 ポンデザール 未定 ミスマンマミーア 浜中 ラヴズオンリーユー M. デムーロ ラッキーライラック C. 1 10 9 33. 8 ハーツクライ 2 9 クロコスミア 9 岩田康誠 牝5 56 02:13. 1 クビ 1 1 34. 7 ステイゴールド 3 7 モズカッチャン 1 M.デム 牝4 56 02:13. 6 3 5 5 34. 7 ハービンジャー 2017年 馬場:良 1 5 モズカッチャン 5 M.デム 牝3 54 02:14. 3 4 4 34. 1 ハービンジャー 2 4 クロコスミア 9 和田竜二 牝4 56 02:14. 3 クビ 2 2 34. 3 ステイゴールド 3 10 ミッキークイーン 3 浜中俊 牝5 56 02:14. 3 アタマ 10 11 33. 7 ディープインパクト 2016年 馬場:良 1 3 クイーンズリング 3 M.デム 牝4 56 02:12. 9 9 7 33. 2 マンハッタンカフェ 2 9 シングウィズジョイ 12 ルメール 牝4 56 02:12. 9 クビ 3 3 33. 7 マンハッタンカフェ 3 1 ミッキークイーン 2 浜中俊 牝4 56 02:13. 1 1. 6 ディープインパクト 2015年 馬場:稍重 1 12 マリアライト 6 蛯名正義 牝4 56 02:14. 9 6 6 34. 7 ディープインパクト 2 18 ヌーヴォレコルト 1 岩田康誠 牝4 56 02:14. 9 クビ 14 12 34. 3 ハーツクライ 3 8 タッチングスピーチ 4 ルメール 牝3 54 02:14. 9 ハナ 12 12 34. 3 ディープインパクト 2014年 馬場:良 1 1 ラキシス 3 川田将雅 牝4 56 02:12. 3 7 7 33. 4 ディープインパクト 2 5 ヌーヴォレコルト 1 岩田康誠 牝3 54 02:12. 3 クビ 4 3 33. 6 ハーツクライ 3 15 ディアデラマドレ 6 藤岡康太 牝4 56 02:12. 5 1. 1 キングカメハメハ 穴馬の好走は少なくないですが、人気馬の信頼度は高めです。 3頭とも穴馬で決着するケースは少なく、 波乱の少ないレース傾向となっています。 とはいえ、人気馬2頭、穴馬1頭で決まる形が多いので、人気馬で予想を固めるのは注意が必要ですよ。 人気傾向としては、3番人気が最も活躍しており、次いで1番人気、6番人気、9番人気が成績を残しています。 中でも2年連続で馬券に絡んでいる3番人気と9番人気は軽視禁物です。 今年も3番人気と9番人気のサンキュー馬券には要注意ですねw まずは、 1番人気、3番人気、6番人気、9番人気から予想を組み立てるのが良いでしょう。 枠番傾向としては、外枠よりも内枠の方がやや有利となっています。 ただ、大きく偏った傾向は見られないので、特に枠番は気にしなくても良さそうです。 強いて言うなら3年連続で3着以内に好走している5枠に注意! 2016年12番人気のシングウィズジョイや昨年9番人気のクロコスミアなど、人気薄の好走も多いので、 今年も5枠は押さえておくのが良さそうですね。 脚質傾向としては、先行馬と差し馬が中心です。 若干差し馬の方が好成績ですが、穴馬を狙うなら先行馬です。 過去3年で3着以内に好走している9番人気、12番人気の大穴は逃げ・先行馬です。 差しは上位人気馬の信頼度が高いですが、先行馬は人気薄の一発があるので要注意ですよ。 まずは、 先行馬・差し馬を中心に狙っていきましょう。 強めに追うとしても一週前追い切りにビッシリ追われ、最終追い切りは軽めの調整です。 攻め動くタイプの馬ではないですが、強めに追って全体時計53秒台であれば仕上がりは順調と見て良いでしょう。 今年はなかなか結果を残せていませんが、秋は毎年成績を残す傾向にあります。 ここ2戦は敗れていますが、昨年は同様のローテーションで2着に好走しているので軽視禁物です。 仕上がり万全なら今年も押さえておきたい一頭です。 9 38. 8 25. 1 12. 9 38. 8 25. 3 12. 7 23日から調教を開始して一週前追い切りで3本目。 昨年よりも動きは軽快で、前走の一週前より早い時計を叩き出しています。 行きっぷりは良好でラストも12秒台の好時計。 仕上がりは順調と見て良いでしょう。 9 40. 2 26. 1 12. 0 39. 9 26. 0 12. 8 今週は強めに終われていますが、全体時計は平凡です。 近走は馬なり中心の調教でしたので、もしかしたら絞りきれていない可能性があります。 当日の馬体重は要チェックですね。 ただ、追われた反応は悪くなく、折り合いのついた調教ができているので、当日の状態次第では軽視禁物ですよ。 攻め動くタイプという訳ではないですが、一週前追い切り、最終追い切りでは普段82秒台の好時計をマークしています。 今走も併走馬にしっかり先着し、普段通り良い動きを見せていれば好調と考えて良いでしょう。 強めに追われた時の反応と、折り合いが付いているかどうかは要チェックです。 しっかり加速ラップを刻んでいて、好時計を叩き出すようなら押さえておくのが良さそうですね。 3 80. 9 65. 6 50. 7 37. 2 12. 1 [5] 強めに追われた2歳未勝利馬のミレニアムクロスと併せて、内を1. 0秒追走同入しました。 一週前追い切りは北村友一騎手が騎乗しての調教です。 8 64. 8 50. 9 37. 9 12. 4 [8] 馬なりに追われたオープン馬のノーヴァレンダと併せて、内を1. 5秒追走同入しました。 一週前追い切りは北村友一騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。 今週は馬なり調教でしたが、抜群の行きっぷりで全体時計79秒台の猛時計をマーク。 自己ベストを大きく更新する走りで、1. 5秒差の併走馬にもあっさり同入。 終いの伸び脚も力強く気配は良好です。 1 66. 7 52. 5 38. 2 11. 9 [6] 強めに追われた古馬1勝のアメリカンウェイクと併せて、内を0. 8秒追走してアタマ差遅れました。 最終追い切りは北村友一騎手が騎乗しての調教です。 6 69. 1 53. 3 38. 8 11. 6 [8] 馬なりに追われた古馬2勝のヴィッセンと併せて、内を1. 0秒追走してアタマ差先着しました。 最終追い切りは北村友一騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。 今週は軽めの調整でしたが、終い11. 6秒の力強い伸び脚を見せていました。 先週が好時計を叩き出しており、今走はしっかり併走馬にも先着。 加速ラップを刻んだ調整で態勢は整ったと見て良いでしょう。 強めに追われる一週前追い切りは併せ馬で調整され、しっかり先着をしているようなら心配はいらないでしょう。 追われた反応も抜群で、ラスト1Fで好時計を叩き出しているようなら好調と考えて良さそうです。 2ヶ月半の休養を挟んでさらにパワーアップした前走は、2着のフロンテアクイーンに1馬身以上差をつけて快勝。 馬体も充実しておりますし、ひと叩きして上積みが見込める今走も仕上がり万全なら押さえておきたい一頭です。 7 65. 2 50. 1 36. 8 12. 2 [8] 一杯に追われた古馬2勝のオースミカテドラルと併せて、外を0. 5秒追走して0. 3秒先着しました。 一週前追い切りは太宰騎手が騎乗しての調教です。 8 65. 0 50. 6 37. 4 12. 2 [6] 一週前追い切りは太宰騎手が騎乗しての調教です。 今週で1本目の調整でしたが、軽快なフットワークで走破時計は優秀です。 攻め動く馬ではありますが、前走時と同様に良い動き。 引き続き好調キープと見て良いでしょう。 6 39. 6 12. 3 39. 1 12. 1 [6] 前走時と同様に最終追い切りは栗東CWを4Fで追われています。 軽快なフットワークでラストも12. 1秒の好時計をマーク。 ひと叩きした上積みもあり、前走時よりも良い動きを見せています。 馬体も充実しており、引き続き好調キープと考えて良いでしょう。 一週前追い切りと最終追い切りでは併せ馬で調教されており、攻め動くタイプではないため、併走馬に遅れることもあります。 また、プール調教も併用していますが、それで結果を残していますので、併走遅れやプール調教は特に心配はいりません。 普段は折り合いがスムーズですし、しっかり追われて反応していれば、仕上がりは上々と考えて良いでしょう。 ラストは伸びるタイプの馬なので、今走も自分のリズムで走ることができれば楽しみな一頭です。 0 55. 0 41. 1 13. 0 [6] 強めに追われた古馬2勝のタンタフエルサと併せて、内を0. 6秒追走して0. 4秒先着しました。 一週前追い切りは津村騎手が騎乗しての調教です。 4 強めに追われた古馬1勝のロジギムレットと併せて、内を0. 1秒先着しました。 道中はキリのため見えませんでしたが、重馬場で終い12. 4秒の好時計が出ていればこの馬なりに順調です。 プール調教を併用しながら今週で6本目としっかり乗り込まれており、最終追い切りで万全に仕上がれば前走と同様軽視は禁物ですよ。 1 53. 0 38. 6 11. 6 [4] 馬なりに追われた2歳未勝利のシンハリングと併せて、内を0. 4秒追走して1. 0秒先着しました。 0 52. 5 38. 7 12. 8 [7] 馬なりに追われた新馬のダイワクンナナと併せて、内を0. 6秒追走して0. 2秒遅れました。 最終追い切りは津村騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。 終い重点に追われ、全体時計は悪くないですが、格下の併走馬に遅れたのは気がかりです。 先週と比べると終いの伸び脚もイマイチで、軸で狙うにはおすすめしない一頭です。 毎回仕上がりは良好で、併走馬にしっかり先着しているようなら仕上がりは順調とみて良いでしょう。 また、坂路コースであれば全体時計52秒を切るようなら押さえておきたい一頭です。 ラストは伸びる馬なので、終いの伸び脚も要チェックですよ。 追われて12秒台なら特に心配はいらないでしょう。 レース毎に成長を感じるので、古馬相手となる今走も一発期待したい。 9 65. 4 51. 3 37. 9 11. 4 [8] 一杯に追われたオープン馬のエントシャイデンと併せて、内を0. 6秒追走して0. 5秒先着しました。 一週前追い切りはM. デムーロ騎手が騎乗しての調教です。 7 77. 1 62. 1 48. 9 36. 5 12. 2 [7] 一杯に追われた古馬オープンクラスのエントシャイデンと併せて、内を1. 3秒追走して0. 6秒先着しました。 一週前追い切りはM. デムーロ騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。 秋になって更にパワーアップし、今週は一杯に追われて自己ベストを大きく更新。 併せ馬には1. 3秒追走したにも関わらず、0. 6秒も突き放す動きで仕上がりは良好です。 ひと追い毎に状態は良化しており、最終追い切りでも好調キープなら楽しみな一頭です。 7 40. 2 26. 2 12. 8 最終追い切りは坂井瑠星騎手が騎乗しての調教です。 3 40. 5 26. 2 13. 1 前走時と同様に最終追い切りは坂井瑠星騎手が騎乗しての調教です。 一週前追い切りが実戦を意識した調整で、栗東CWで6F77. 1秒の猛時計をマーク。 今週は時計を出す調教ではありませんが、軽快なフットワークでしっかり加速ラップを刻んだ動きを見せています。 春よりも更にパワーアップしており、久々でも力は出せる状態に仕上がっています。 相手のレベルは上がりますが、持ち前の瞬発力を活かせれば、今走も楽しみな一頭です。 最終追い切りよりも一週前追い切りの方で、好時計を叩き出してくるため、一週前追い切りの動きには注目。 また、攻めの調教ではいつも終い11秒台の好タイムを出しており、本番でもそのまま調教の動きが反映されている傾向があるため、強めに追われた時の反応も要チェックですね。 ヴィクトリアマイルは4着に敗れましたが、ラストはしっかり伸びていますし、速いペースでここまでやれれば優秀です。 前走も目標にされてキツくはなりましたが、直線は伸びて3着はなんとか確保。 今走は相手のレベルは上がりますが、ひと叩きして状態が上向いていれば改めて期待したい。 5 80. 0 64. 8 51. 1 38. 1 12. 3 [6] 一杯に追われた古馬1勝のブラゾンダムールと併せて、内を1. 3秒追走して0. 7秒先着しました。 3 63. 6 50. 2 37. 5 12. 0 [5] 今週で2本目の調整ですが、前走と同様に一週前追い切りは意欲的に追われています。 前走時の疲れはほとんどなく、今週は自己ベストを約2秒縮める好時計をマーク。 追われてからの反応も抜群で、ラストも力強い伸び脚を見せています。 折り合いもスムーズで仕上がりは順調と考えて良いでしょう。 4 68. 9 53. 3 38. 5 11. 2 67. 1 52. 6 38. 5 12. 3 [6] 一杯に追われた古馬1勝のウレキサイトと併せて、内を0. 5秒追走して0. 1秒先着しました。 最終追い切りはC. スミヨン騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。 一週前追い切りで一杯に追われた分、今週は軽く流した程度の調整ですが、抜群の行きっぷりで格下の併走馬を圧倒! 先週は好時計を出していますし、今週は騎手騎乗でしっかり追われています。 折り合いもスムーズで態勢は整ったと見て良いでしょう。 Line 配信スケジュール 直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

次の

エリザベス女王杯2019の予想データと傾向と出走予定馬

エリザベス 女王 杯 傾向

エリザベス女王杯2019の予想オッズ ラヴズオンリーユー 3. 1倍 クロノジェネシス 3. 5倍 ラッキーライラック 6. 2倍 スカーレットカラー 6. 5倍 無敗のオークス馬ラヴズオンリーユーと 秋華賞馬クロノジェネシスの3歳馬が人気の中心になりそうです。 2年連続で好走している ハービンジャー産駒 ダンチヒ系 はエリザベス女王杯の中心血統になるかもしれません。 同じ2200mのG1ということもあり、要求される能力が似ているのだと考えられます。 この中で宝塚記念で好走するならどの馬か、という方向から考えてみるのも面白いかもしれません。 近年はスローペースから上がりは速め、というレースになっていますが、それでもスタミナ的な要素は求められていると感じます。 これだから競馬はやめられない! プロと同じ馬券を買いたくありませんか? では 指数、調教、外厩、情報、血統、ラップ、AIなど各分野のスペシャリテが揃っています。 そのすべてを総合的に分析し人気馬であってもマイナス材料のある馬は軽視、 人気薄であってもプラス材料の多い馬を重視することで 高配当かつ高確率的中を実現しています。 先に80万円超えの的中を2つ紹介しましたが こちらは 京成杯オータムハンデキャップで1,805,600円的中した画像 日本ダービー、宝塚記念の高額払い戻し映像もインパクトがありましたが、それ以上のものが来ましたね! 毎月のようにこういう的中があると会員としては心強いですね。 なら 知識、楽しさ、勝利、etc… 競馬で求める全てのものを手にすることが出来ますよ 今週 『勝ちうま常勝理論』に 無料登録してみませんか!? への無料登録はこちら•

次の