遊戯王 デュエル リンクス 解析。 【遊戯王デュエルリンクス】新イベント予告!新キャラは誰だ!?

遊戯王デュエルリンクス 宝玉獣+レインボー・ドラゴン+アルカナフォース EX

遊戯王 デュエル リンクス 解析

のスキルのデータがついに解析されました。 気になるキャラのスキルが続々判明!! スキルを見る Sogen Evolve Devolve CelebrityVicePresident HeroesDwell FusionHero MiracleFusion OjamaCountry OjamaGo OjamaOverflow RitualCage CyberAngel DrowPolymerization DestinyStage BringIt CrystalLink MyFamily MiddleAgeMechs Coaching AllureOfDarkness LoveIsPain CyberStyle NoExcuses FatalFive GaiaPower Umiiruka MoltenDestruction RisingAirCurrent LuminousSpark MysticPlasmaZone Wasteland DrowUndead PosthumousArmy ZombicWorld HeroEmergency HeroesNeverLose DoubleNormalSummon LVChange WorstOfWorsts Num 予想されるスキルとキャラ ・ かっこいいヒーローやデュエルモンスターズが大好きな少年で、カードの精霊が見える能力を持っている。 を育成する学園で個性豊かな仲間達と競いあいながらも、勝敗より純粋にデュエルを楽しむことをモットーとしている。 決め台詞は「」。 しかしこの純粋にデュエルを楽しむというスタンスは3期以降、『デュエルに伴う大人としての責任』という問題を前に十代を悩ませることとなった。 仲間である達からは「正しき闇の力を持つ者」と呼ばれている。 ・ ・ブルーの優等生。 エリート主義でを見下していたが、直接対決で敗北しとでそれまでの権力を失い、さらにに敗れとがきっかけで一度はデュエルアカデミアを去った。 その後、デュエルアカデミア・ノース校に流れ着きそこでの武者修行を経て「」(後述)として復活。 十代にリターンマッチを挑むも敗北したがデュエルアカデミアに復学する。 しかし、長期不在により出席日数不足となった為、止む無く・レッドに転属となり、その後もブルー転属の機会は何度かあったがなんだかんだと理由を付けて物語終盤までの長い間レッド寮に居座っていた。 自分フィールド上に「おジャマ」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、 フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの元々の攻撃力・守備力を入れ替える。 このンはのためにはリリースできない。 「おジャマン」が破壊された時に そのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。 ・ ・フェニックス プロリーグに在籍する。 主にデッキを使用する。 デュエルアカデミア本校のブルーに所属する生徒でもある。 Devolve(進化?関係) HeroesDwell ヒーローズ デュエル) FusionHero(ヒーロー) HeroesNeverLose(ヒーローネヴァールーズ) DestinyStage(ディスティニーステージ) Bring It! ・ ティラノ剣山 とのデュエル以来彼の個性に惚れてしまい押しかけ舎弟になってしまう。 その為、十代のただ一人の舎弟を自負するとは痴話喧嘩が絶えないが、何だかんだで彼を尊敬しているようで仲が良い。 彼の制服は他のラー・イエロー生徒と比べて色が濃く袖が無い。 袖は自ら外していたがその真相は不明。 幼い頃、親と共に行った化石発掘現場で落盤事故に遭い足の骨が潰れ、失われた骨の代用として恐竜の骨の化石を埋め込まれた。 そのせいか興奮すると時折瞳が爬虫類のように変化する(本人曰く「恐竜のDNAを取り込んで進化した」)。 ・ ジム・クロコダイル・クック 融合素材を相手の墓地から選択するという化石(フォッシル)を使用。 ワニのカレンを背中に背負っていて流暢な英語を使う。 幼少時にカレンを救う為に怪我を負った為右目を包帯で覆っている。 そして、その失った右目にはの眼がはめられており、かけがえの無い友を救う為にその力を発揮する。 ・ ブルー所属。 圧倒的なデュエルの実力と気高さから「・ブルーの女王」の異名を持ち、学園でもトップクラスのである。 性格は大変歯に衣を着せずサバサバしているが、兄のに振り回され気味。 危機に陥った仲間達の安否を心配したり、己が身代わりになると言い出したり等優しい一面を持つ。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの儀式モンスターはモンスターの効果の対象にならず、 モンスターの効果では破壊されない。 ・ ゴースト骨塚 ゴーストデッキを使用する不気味な少年。 語尾に「~なんだゾ」を付けて喋るどこか弱々しい印象の持ち主の不気味なで、背は低く小柄な容姿。 ゴースト系カードを中心にした「ゴーストデッキ」を操る事からゴースト骨塚という異名を持つ。 王国編で初登場。 また、このカードがフィールド上に存在する限り、 アンデット族以外のモンスターのをする事はできない。 ・ (カイザー・ヘルカイザー) デュエル・アカデミアを卒業したプロ。 学園中随一のデュエル技能を持ち、優れた人格者であっとから学生間では「デュエル・アカデミアの帝王(カイザー)」「カイザー亮」と呼ばれていた。 しかしプロになってから、あるデュエルをきっかけに勝利に執着することに目覚め「 亮」となった。 主人公であるを倒すほどの実力者であり、学生時代最後に行った卒業記念模範デュエルでも引き分けになり、最後まで十代に敗れることはなかった。 とはライバル兼親友関係にあり、彼の妹の明日香共々頭を悩ませている。 弟の翔に対しては、亮本人は弟として大切に想っている。 ・ デュエルアカデミアの筆記試験を一位でパスするほどの頭の良さで、さらに運動神経も抜群でもある文武両道の人である。 一年生時の身長は173cm。 ・ブルーであるを凌駕するほどのデュベルであるが、硬派を気取って実は女性に弱い面があり、二次元ではや憑依翔着-ヒータに惚れ、現実では姉御肌の虎に惚れていたりした。 ・ オ-スチン・オブライエン デュエルアカデミア・ウト校の三年生。 デュエルアカデミア本校では留学生として滞在している。 使用カードはという名を冠する炎属性モンスターを始めとした「・バーンデッキ」を用いる。 効果モンスター・魔法・罠を駆使したコンボで攻撃せずとも相手のLPを削る戦法が特徴。 プロフェッサー・とは同じ学校の出身。 ・ ヨハン・(ヘルヨハン) 三期から登場したアークティック校からの留学生。 ヨーロッパのチャンピオンにして、ペガサスの5本指に入るの1人。 容姿は、水色の髪に、エメラルドグリーンの瞳。 袖がフリル。 精霊が見え、とても友好的。 宝玉獣は自分の家族。 デュエル姿勢は十代とそっくりで、デュエルが大好きなデュエル馬鹿。 破壊するカードを使わず、お互いの戦略を楽しみながらデュエルを行うのがポリシー。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。 ・ クロノス・デ・ デュエルアカデミアの教師であり、実技担当最高責任者。 片言な喋りと、語尾に「ノーネ」がつくのが特徴。 同じような片言喋りで語尾が「デース」のペガサスと並ぶトを放っている。 先祖はイタリア貴族であり、そのこともあってか普段から態度が高圧的。 喋りにたまにイタリア語が出たりするが、「チィイイズッ! 」等バリエーションに富んでいる MiddleAgeMechs(古代の機械) Coaching(指導) CelebrityVicePresident(セレブな副校長?副社長 モクバ? ) ・ 第3期のラスボスであり、後に十代の精神的パートナーとなる。 女性の右半身と男性の左半身を持つ雌雄同体の精霊で、いわゆるである。 幼少期の十代の決闘相手である友人や近所のお兄さんを(十代に勝って悲しませたりしとで)昏睡状態に陥れていたカードの精霊。 主人公・に対し異常な程の愛情と独占欲を持ち、それ故に世界を消滅寸前まで追い込んだ。 フィールド上に表側攻撃表示で存在する このカードが相手モンスターに攻撃された場合、 そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。 また、自分のエンドフェイズ時、 このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースするか、このカードを破壊する。 この効果以外でこのカードが破壊された時、自分の手札・デッキ・墓地から 「-Das Abscheulich Ritter」1体をできる。 ・ キャラ予測不明なスキル Num(?) NoExcuses(?) DoubleNormalSummon(二重召喚?) ざっと見た感じフィールド魔法のインフレがすごいですね! の実装は 9月28日です!強力なスキルが登場するのでしょうか? 過去記事はこちらから.

次の

遊戯王デュエルリンクス 宝玉獣+レインボー・ドラゴン+アルカナフォース EX

遊戯王 デュエル リンクス 解析

のスキルのデータがついに解析されました。 気になるキャラのスキルが続々判明!! スキルを見る Sogen Evolve Devolve CelebrityVicePresident HeroesDwell FusionHero MiracleFusion OjamaCountry OjamaGo OjamaOverflow RitualCage CyberAngel DrowPolymerization DestinyStage BringIt CrystalLink MyFamily MiddleAgeMechs Coaching AllureOfDarkness LoveIsPain CyberStyle NoExcuses FatalFive GaiaPower Umiiruka MoltenDestruction RisingAirCurrent LuminousSpark MysticPlasmaZone Wasteland DrowUndead PosthumousArmy ZombicWorld HeroEmergency HeroesNeverLose DoubleNormalSummon LVChange WorstOfWorsts Num 予想されるスキルとキャラ ・ かっこいいヒーローやデュエルモンスターズが大好きな少年で、カードの精霊が見える能力を持っている。 を育成する学園で個性豊かな仲間達と競いあいながらも、勝敗より純粋にデュエルを楽しむことをモットーとしている。 決め台詞は「」。 しかしこの純粋にデュエルを楽しむというスタンスは3期以降、『デュエルに伴う大人としての責任』という問題を前に十代を悩ませることとなった。 仲間である達からは「正しき闇の力を持つ者」と呼ばれている。 ・ ・ブルーの優等生。 エリート主義でを見下していたが、直接対決で敗北しとでそれまでの権力を失い、さらにに敗れとがきっかけで一度はデュエルアカデミアを去った。 その後、デュエルアカデミア・ノース校に流れ着きそこでの武者修行を経て「」(後述)として復活。 十代にリターンマッチを挑むも敗北したがデュエルアカデミアに復学する。 しかし、長期不在により出席日数不足となった為、止む無く・レッドに転属となり、その後もブルー転属の機会は何度かあったがなんだかんだと理由を付けて物語終盤までの長い間レッド寮に居座っていた。 自分フィールド上に「おジャマ」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、 フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの元々の攻撃力・守備力を入れ替える。 このンはのためにはリリースできない。 「おジャマン」が破壊された時に そのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。 ・ ・フェニックス プロリーグに在籍する。 主にデッキを使用する。 デュエルアカデミア本校のブルーに所属する生徒でもある。 Devolve(進化?関係) HeroesDwell ヒーローズ デュエル) FusionHero(ヒーロー) HeroesNeverLose(ヒーローネヴァールーズ) DestinyStage(ディスティニーステージ) Bring It! ・ ティラノ剣山 とのデュエル以来彼の個性に惚れてしまい押しかけ舎弟になってしまう。 その為、十代のただ一人の舎弟を自負するとは痴話喧嘩が絶えないが、何だかんだで彼を尊敬しているようで仲が良い。 彼の制服は他のラー・イエロー生徒と比べて色が濃く袖が無い。 袖は自ら外していたがその真相は不明。 幼い頃、親と共に行った化石発掘現場で落盤事故に遭い足の骨が潰れ、失われた骨の代用として恐竜の骨の化石を埋め込まれた。 そのせいか興奮すると時折瞳が爬虫類のように変化する(本人曰く「恐竜のDNAを取り込んで進化した」)。 ・ ジム・クロコダイル・クック 融合素材を相手の墓地から選択するという化石(フォッシル)を使用。 ワニのカレンを背中に背負っていて流暢な英語を使う。 幼少時にカレンを救う為に怪我を負った為右目を包帯で覆っている。 そして、その失った右目にはの眼がはめられており、かけがえの無い友を救う為にその力を発揮する。 ・ ブルー所属。 圧倒的なデュエルの実力と気高さから「・ブルーの女王」の異名を持ち、学園でもトップクラスのである。 性格は大変歯に衣を着せずサバサバしているが、兄のに振り回され気味。 危機に陥った仲間達の安否を心配したり、己が身代わりになると言い出したり等優しい一面を持つ。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの儀式モンスターはモンスターの効果の対象にならず、 モンスターの効果では破壊されない。 ・ ゴースト骨塚 ゴーストデッキを使用する不気味な少年。 語尾に「~なんだゾ」を付けて喋るどこか弱々しい印象の持ち主の不気味なで、背は低く小柄な容姿。 ゴースト系カードを中心にした「ゴーストデッキ」を操る事からゴースト骨塚という異名を持つ。 王国編で初登場。 また、このカードがフィールド上に存在する限り、 アンデット族以外のモンスターのをする事はできない。 ・ (カイザー・ヘルカイザー) デュエル・アカデミアを卒業したプロ。 学園中随一のデュエル技能を持ち、優れた人格者であっとから学生間では「デュエル・アカデミアの帝王(カイザー)」「カイザー亮」と呼ばれていた。 しかしプロになってから、あるデュエルをきっかけに勝利に執着することに目覚め「 亮」となった。 主人公であるを倒すほどの実力者であり、学生時代最後に行った卒業記念模範デュエルでも引き分けになり、最後まで十代に敗れることはなかった。 とはライバル兼親友関係にあり、彼の妹の明日香共々頭を悩ませている。 弟の翔に対しては、亮本人は弟として大切に想っている。 ・ デュエルアカデミアの筆記試験を一位でパスするほどの頭の良さで、さらに運動神経も抜群でもある文武両道の人である。 一年生時の身長は173cm。 ・ブルーであるを凌駕するほどのデュベルであるが、硬派を気取って実は女性に弱い面があり、二次元ではや憑依翔着-ヒータに惚れ、現実では姉御肌の虎に惚れていたりした。 ・ オ-スチン・オブライエン デュエルアカデミア・ウト校の三年生。 デュエルアカデミア本校では留学生として滞在している。 使用カードはという名を冠する炎属性モンスターを始めとした「・バーンデッキ」を用いる。 効果モンスター・魔法・罠を駆使したコンボで攻撃せずとも相手のLPを削る戦法が特徴。 プロフェッサー・とは同じ学校の出身。 ・ ヨハン・(ヘルヨハン) 三期から登場したアークティック校からの留学生。 ヨーロッパのチャンピオンにして、ペガサスの5本指に入るの1人。 容姿は、水色の髪に、エメラルドグリーンの瞳。 袖がフリル。 精霊が見え、とても友好的。 宝玉獣は自分の家族。 デュエル姿勢は十代とそっくりで、デュエルが大好きなデュエル馬鹿。 破壊するカードを使わず、お互いの戦略を楽しみながらデュエルを行うのがポリシー。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。 ・ クロノス・デ・ デュエルアカデミアの教師であり、実技担当最高責任者。 片言な喋りと、語尾に「ノーネ」がつくのが特徴。 同じような片言喋りで語尾が「デース」のペガサスと並ぶトを放っている。 先祖はイタリア貴族であり、そのこともあってか普段から態度が高圧的。 喋りにたまにイタリア語が出たりするが、「チィイイズッ! 」等バリエーションに富んでいる MiddleAgeMechs(古代の機械) Coaching(指導) CelebrityVicePresident(セレブな副校長?副社長 モクバ? ) ・ 第3期のラスボスであり、後に十代の精神的パートナーとなる。 女性の右半身と男性の左半身を持つ雌雄同体の精霊で、いわゆるである。 幼少期の十代の決闘相手である友人や近所のお兄さんを(十代に勝って悲しませたりしとで)昏睡状態に陥れていたカードの精霊。 主人公・に対し異常な程の愛情と独占欲を持ち、それ故に世界を消滅寸前まで追い込んだ。 フィールド上に表側攻撃表示で存在する このカードが相手モンスターに攻撃された場合、 そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。 また、自分のエンドフェイズ時、 このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースするか、このカードを破壊する。 この効果以外でこのカードが破壊された時、自分の手札・デッキ・墓地から 「-Das Abscheulich Ritter」1体をできる。 ・ キャラ予測不明なスキル Num(?) NoExcuses(?) DoubleNormalSummon(二重召喚?) ざっと見た感じフィールド魔法のインフレがすごいですね! の実装は 9月28日です!強力なスキルが登場するのでしょうか? 過去記事はこちらから.

次の

遊戯王デュエルリンクス 宝玉獣+レインボー・ドラゴン+アルカナフォース EX

遊戯王 デュエル リンクス 解析

のスキルのデータがついに解析されました。 気になるキャラのスキルが続々判明!! スキルを見る Sogen Evolve Devolve CelebrityVicePresident HeroesDwell FusionHero MiracleFusion OjamaCountry OjamaGo OjamaOverflow RitualCage CyberAngel DrowPolymerization DestinyStage BringIt CrystalLink MyFamily MiddleAgeMechs Coaching AllureOfDarkness LoveIsPain CyberStyle NoExcuses FatalFive GaiaPower Umiiruka MoltenDestruction RisingAirCurrent LuminousSpark MysticPlasmaZone Wasteland DrowUndead PosthumousArmy ZombicWorld HeroEmergency HeroesNeverLose DoubleNormalSummon LVChange WorstOfWorsts Num 予想されるスキルとキャラ ・ かっこいいヒーローやデュエルモンスターズが大好きな少年で、カードの精霊が見える能力を持っている。 を育成する学園で個性豊かな仲間達と競いあいながらも、勝敗より純粋にデュエルを楽しむことをモットーとしている。 決め台詞は「」。 しかしこの純粋にデュエルを楽しむというスタンスは3期以降、『デュエルに伴う大人としての責任』という問題を前に十代を悩ませることとなった。 仲間である達からは「正しき闇の力を持つ者」と呼ばれている。 ・ ・ブルーの優等生。 エリート主義でを見下していたが、直接対決で敗北しとでそれまでの権力を失い、さらにに敗れとがきっかけで一度はデュエルアカデミアを去った。 その後、デュエルアカデミア・ノース校に流れ着きそこでの武者修行を経て「」(後述)として復活。 十代にリターンマッチを挑むも敗北したがデュエルアカデミアに復学する。 しかし、長期不在により出席日数不足となった為、止む無く・レッドに転属となり、その後もブルー転属の機会は何度かあったがなんだかんだと理由を付けて物語終盤までの長い間レッド寮に居座っていた。 自分フィールド上に「おジャマ」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、 フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの元々の攻撃力・守備力を入れ替える。 このンはのためにはリリースできない。 「おジャマン」が破壊された時に そのコントローラーは1体につき300ダメージを受ける。 ・ ・フェニックス プロリーグに在籍する。 主にデッキを使用する。 デュエルアカデミア本校のブルーに所属する生徒でもある。 Devolve(進化?関係) HeroesDwell ヒーローズ デュエル) FusionHero(ヒーロー) HeroesNeverLose(ヒーローネヴァールーズ) DestinyStage(ディスティニーステージ) Bring It! ・ ティラノ剣山 とのデュエル以来彼の個性に惚れてしまい押しかけ舎弟になってしまう。 その為、十代のただ一人の舎弟を自負するとは痴話喧嘩が絶えないが、何だかんだで彼を尊敬しているようで仲が良い。 彼の制服は他のラー・イエロー生徒と比べて色が濃く袖が無い。 袖は自ら外していたがその真相は不明。 幼い頃、親と共に行った化石発掘現場で落盤事故に遭い足の骨が潰れ、失われた骨の代用として恐竜の骨の化石を埋め込まれた。 そのせいか興奮すると時折瞳が爬虫類のように変化する(本人曰く「恐竜のDNAを取り込んで進化した」)。 ・ ジム・クロコダイル・クック 融合素材を相手の墓地から選択するという化石(フォッシル)を使用。 ワニのカレンを背中に背負っていて流暢な英語を使う。 幼少時にカレンを救う為に怪我を負った為右目を包帯で覆っている。 そして、その失った右目にはの眼がはめられており、かけがえの無い友を救う為にその力を発揮する。 ・ ブルー所属。 圧倒的なデュエルの実力と気高さから「・ブルーの女王」の異名を持ち、学園でもトップクラスのである。 性格は大変歯に衣を着せずサバサバしているが、兄のに振り回され気味。 危機に陥った仲間達の安否を心配したり、己が身代わりになると言い出したり等優しい一面を持つ。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの儀式モンスターはモンスターの効果の対象にならず、 モンスターの効果では破壊されない。 ・ ゴースト骨塚 ゴーストデッキを使用する不気味な少年。 語尾に「~なんだゾ」を付けて喋るどこか弱々しい印象の持ち主の不気味なで、背は低く小柄な容姿。 ゴースト系カードを中心にした「ゴーストデッキ」を操る事からゴースト骨塚という異名を持つ。 王国編で初登場。 また、このカードがフィールド上に存在する限り、 アンデット族以外のモンスターのをする事はできない。 ・ (カイザー・ヘルカイザー) デュエル・アカデミアを卒業したプロ。 学園中随一のデュエル技能を持ち、優れた人格者であっとから学生間では「デュエル・アカデミアの帝王(カイザー)」「カイザー亮」と呼ばれていた。 しかしプロになってから、あるデュエルをきっかけに勝利に執着することに目覚め「 亮」となった。 主人公であるを倒すほどの実力者であり、学生時代最後に行った卒業記念模範デュエルでも引き分けになり、最後まで十代に敗れることはなかった。 とはライバル兼親友関係にあり、彼の妹の明日香共々頭を悩ませている。 弟の翔に対しては、亮本人は弟として大切に想っている。 ・ デュエルアカデミアの筆記試験を一位でパスするほどの頭の良さで、さらに運動神経も抜群でもある文武両道の人である。 一年生時の身長は173cm。 ・ブルーであるを凌駕するほどのデュベルであるが、硬派を気取って実は女性に弱い面があり、二次元ではや憑依翔着-ヒータに惚れ、現実では姉御肌の虎に惚れていたりした。 ・ オ-スチン・オブライエン デュエルアカデミア・ウト校の三年生。 デュエルアカデミア本校では留学生として滞在している。 使用カードはという名を冠する炎属性モンスターを始めとした「・バーンデッキ」を用いる。 効果モンスター・魔法・罠を駆使したコンボで攻撃せずとも相手のLPを削る戦法が特徴。 プロフェッサー・とは同じ学校の出身。 ・ ヨハン・(ヘルヨハン) 三期から登場したアークティック校からの留学生。 ヨーロッパのチャンピオンにして、ペガサスの5本指に入るの1人。 容姿は、水色の髪に、エメラルドグリーンの瞳。 袖がフリル。 精霊が見え、とても友好的。 宝玉獣は自分の家族。 デュエル姿勢は十代とそっくりで、デュエルが大好きなデュエル馬鹿。 破壊するカードを使わず、お互いの戦略を楽しみながらデュエルを行うのがポリシー。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。 ・ クロノス・デ・ デュエルアカデミアの教師であり、実技担当最高責任者。 片言な喋りと、語尾に「ノーネ」がつくのが特徴。 同じような片言喋りで語尾が「デース」のペガサスと並ぶトを放っている。 先祖はイタリア貴族であり、そのこともあってか普段から態度が高圧的。 喋りにたまにイタリア語が出たりするが、「チィイイズッ! 」等バリエーションに富んでいる MiddleAgeMechs(古代の機械) Coaching(指導) CelebrityVicePresident(セレブな副校長?副社長 モクバ? ) ・ 第3期のラスボスであり、後に十代の精神的パートナーとなる。 女性の右半身と男性の左半身を持つ雌雄同体の精霊で、いわゆるである。 幼少期の十代の決闘相手である友人や近所のお兄さんを(十代に勝って悲しませたりしとで)昏睡状態に陥れていたカードの精霊。 主人公・に対し異常な程の愛情と独占欲を持ち、それ故に世界を消滅寸前まで追い込んだ。 フィールド上に表側攻撃表示で存在する このカードが相手モンスターに攻撃された場合、 そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。 また、自分のエンドフェイズ時、 このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体をリリースするか、このカードを破壊する。 この効果以外でこのカードが破壊された時、自分の手札・デッキ・墓地から 「-Das Abscheulich Ritter」1体をできる。 ・ キャラ予測不明なスキル Num(?) NoExcuses(?) DoubleNormalSummon(二重召喚?) ざっと見た感じフィールド魔法のインフレがすごいですね! の実装は 9月28日です!強力なスキルが登場するのでしょうか? 過去記事はこちらから.

次の