茨城 柔道。 柔道部

つくばユナイテッド柔道

茨城 柔道

公人 [ ] 政治家 [ ]• :下妻市• :上野町(現・筑西市)• :常北町(現・城里町)• :常陸太田市• :常陸太田市• (第31代参議院副議長):水戸市• :大洗町• :土浦市• :龍ケ崎市• :新治郡玉里村(現・小美玉市)• :行方郡小高村(現・行方市)• (第38代衆議院議長):水戸市 官僚 [ ]• (元):土浦市• (特別調達庁長官)• (元農林水産事務次官) 軍人・自衛官 [ ]• (、):水戸市• (陸軍大将)• (、所長)• (陸軍中将):水戸市• (陸軍中将)• (陸軍中将)• (陸軍中将)• ();桜川村• (海軍中将)• (海軍主計中将、元・社長)• (海軍中将):水戸市• (二等陸曹) 警察関係者 [ ]• ():土浦市 文化人 [ ] 画家 [ ]• :(現・)• :城中村(現・)。 出生地はの邸• :(現・)• :寺内村(現・寺内)• :(現・) 写真家 [ ]• :土浦市 建築家 [ ]• :水戸市• :日立市• :日立市• (作品に、、など):取手市• (作品になど) 彫刻家 [ ]• (石彫家):在住。 出身は• :水戸市• : 陶芸家 [ ]• :真壁郡下館町(現・筑西市) 作家 [ ]• (、受賞):水戸市• (、受賞):古河市• (推理作家、評論家、弁護士、江戸川乱歩賞受賞):下館市(現・筑西市)• (推理作家、):水戸市• (法医学者、小説家)• (、):日立市• (代表作は「」、「ナースマン」など):行方市• (受賞、受賞):古河市• (直木賞受賞):(現・)• (直木賞受賞)• (受賞):稲敷市• ():東京都出身、日立市育ち• (作家、開業医。 老人より聞き書きした著書多数。 外国語に翻訳された作品も有り。 「」など):土浦市• (代表作は「」、「」など):生まれ。 中学3年から高校卒業まで水戸市で過ごす。 (受賞):(現・筑西市)出身。 :下館市(現・筑西市)• :水戸市• (作家)小美玉市• (代表作は「己が罪」、「乳姉妹」など):水戸市 詩人 [ ]• :結城市• :磯原村(現・)• :(現・下妻市) 歌人・俳人 [ ]• :結城郡(現・)。 茨城県尋常中学校(現・水戸一高)中退• :取手市• 評論家 [ ]• :生まれ、茨城県水戸市育ち。 水戸一高からへ転校。 :生まれ。 水戸一高卒 漫画家 [ ]• :行方市• :笠間市• :常総市• :鉾田市• :、工学部卒• :古河市• :龍ケ崎市• :土浦市• :利根町• :土浦市• :日立市• :旧生まれ、(現・)育ち• :茨城県石岡市生まれ、東京都育ち• :牛久市• 映画監督 [ ]• (代表作は『』など。 『さらば愛しき大地』は出身の隣町であるを舞台に描いている):潮来市• (代表作は『』、『』 2006年版 など):東京都出身で古河市に居住していた。 いばらき大使を務める。 (代表作は『youth』、『ハモニカ太陽』、『新青春』):つくばみらい市• (代表作は『』シリーズ」):鉾田市• (代表作は『』シリーズ、『』、『』など):水戸市• (代表作は『』、『』、『』など):水戸市• (『』シリーズなど) アニメーション制作関係者 [ ]• (アニメーター):古河市• (アニメーター)• (アニメーター)• (、、)• (アニメ演出家)• (アニメ脚本家)• (アニメーションプロデューサー):つくば市• (アニメ脚本家、アニメ監督)• (アニメ脚本家):境町• (ウェブアニメーター)• (アニメ監督兼獣医師):つくば市在住 ゲームクリエイター [ ]• (代表、開発者):日立市• (代表、開発者):下妻市 作曲家・作詞家 [ ]• (作曲家)(バンダイナムコスタジオ所属 代表作:リッジレーサー、アイドルマスター):土浦市• (作詞家)(フリーライター):水戸市 東京都品川区出身• (作曲家):水戸市• :水戸市• (作曲家):水戸市• (作曲家):小学生時代は• :(現・)• :鉾田市• (ピアニスト・作曲家):結城市• :日立市 学者 [ ] 人文科学者 [ ]• (、元):つくば市• (国文学者、元学長)• (歴史学者、教授):水戸市• (歴史学者、元教授)• (歴史学者、名誉教授):大子町• (歴史学者、):古河市• (歴史学者、教授)• (歴史学者、):水戸市• ():日立市• (、元教授):下妻市• (国学者):石岡市• (、元教授)• (、教授):土浦市 社会科学者 [ ]• (法学者、元学長):水戸市• (、の創設者、元学長):ひたちなか市• (、第2代総長):水戸市• - 経済学者、元:水戸市• (、元、総長、):水戸市• (法学者、総長)• (法学者、教授):古河市• (法学者、名誉教授)• (法学者、教授、顧問)• (、、教授):常陸太田市• (政治学者、教授)• (政治学者、教授)• (経済学者)• ():桜川市 自然科学者 [ ]• (、4代目学長):日立市• (、、艦長):笠間市• (和算家、日本で最初に円周率を、数学的に正しく計算した人物):東海村• (、所長):土浦市• (物理学者):古河市 - の息子• (物理学者、東京大学名誉教授、名誉教授):土浦市• (、、地球環境フロンティア研究センター長):水戸市• (、名誉教授)土浦市• (、教授、園長):高萩市• ():城里町• (、、「死体は語る」など)• (医学者、北里柴三郎研究所所長、教授):八千代町• (医学者):小美玉市• (医学者、の先祖)• (、医学博士、医史学者、理事長):常陸大宮市• (、、院長、アジア人として初めて医学士の学位を取得):常陸太田市• (、一貫堂医学の創始者):水戸市• (、東京大学名誉教授):結城市• (、教授):桜川市• (、東京大学名誉教授):つくば市• (工学者、教授):水戸市• (、受賞、):常陸太田市• (、):古河市• (地理学者):土浦市• (地理学者):高萩市• (数学者):結城市 応用科学者 [ ]• (、・教授):水戸市 水戸学の研究者 [ ]• 教育者 [ ]• (日本最初の女性教師):城里町• (女子高等教育の先駆者、日本の第1号):水戸市• (日本で最初のの創立者、創立者)• (創立者):常陸太田市)• (創立者)• (創立者) アナウンサー [ ] (現在所属の放送局などは各人物の項目を参照)• :ひたちなか市• :土浦市• :水戸市• :土浦市• :取手市• :取手市、旧藤代町 民放の放送局• - :日立市• - 、元(幼少時に新潟へ引っ越す)• - :取手市• - :牛久市• - :古河市• - :土浦市、旧新治村• - :つくばみらい市、旧伊奈町• - :土浦市• - :古河市(出生は秋田県)• - :石岡市• - :取手市• - 毎日放送:常総市、旧石下町、東京都・取手市で育つ• - ミヤギテレビ:つくば市• - 、元:高萩市• - :古河市• - :土浦市 フリー・退職者• - フリー(元)• - フリー(ノット・コミュニケーションズ所属)、元メ〜テレ、気象予報士:龍ケ崎市• - フリー:取手市• - NHK契約キャスター。 (映画カメラマン):水戸市• (映画カメラマン)• (ゲーム研究者、の開発者):水戸市• (空手家、の開祖):下館市• (()家):笠間市• (創立者):つくば市• (日本人最初の営業写真師)• ():(現つくば市)• 音楽・映画プロデューサー 芸能人 [ ] シンガーソングライター [ ]• :水戸市• :水戸市• :(現・ひたちなか市)• :北茨城市• :土浦市• :土浦市• :常陸大宮市• :取手市 ミュージシャン [ ]• Kami():常陸太田市• (三味線):日立市• :土浦市• ():北茨城市• ():日立市• 小田倉裕()ギタリスト・アレンジャー・作曲家):水戸市• :日立市• :ひたちなか市• きみコ()• (クラシックギタリスト):土浦市• 滝善充()• :大阪府生まれ、取手市育ち• (ボーカル):水戸市• 三味線 : 東海村• :土浦市• ():石岡市• (エレキ琵琶奏者・作曲家・歌手):瓜連町 (現・)• :鉾田市• (、、詩吟師範、ミスニコ生):水戸市• Ayumu()• 金澤ダイスケ()• Ryugo Ishida バンド [ ]• :水戸市• :水戸市• 歌手 [ ]• :筑西市• :鹿嶋市• :水戸市• :鹿島郡神栖町(現・神栖市)• :新治郡八郷町(現・石岡市)• :小美玉市• :牛久市• (またメイリア名義でのボーカルとしても活動している。 ) オペラ歌手 [ ]• :下館市(現・筑西市) DJ [ ]• :土浦市• (ほかに名義でや楽曲制作もしている。 ):東茨城郡大洗町• 俳優・女優 [ ]• :桜川市• :勝田市(現・ひたちなか市)• :水戸市• :水戸市• :行方市• :水戸市• :水戸市• :新治郡桜村(現・つくば市)• :土浦市• :那珂郡大宮町(現・常陸大宮市)• :水戸市• :勝田市(現・ひたちなか市)• :行方郡麻生町(現・)• :水戸市• :日立市• :日立市• :東茨城郡茨城町• :水海道市(現・常総市)• :牛久市• :土浦市• :水戸市• :土浦市• :稲敷郡• :水戸市• :出身、茨城県育ち• :水戸市• :鉾田市• :元男役• :元宝塚歌劇団男役• :元宝塚歌劇団娘役• :元宝塚歌劇団月組娘役• :元宝塚歌劇団月組娘役 タレント・アイドル [ ]• 磯佳奈江():石岡市• :鉾田市• (元):牛久市、PPエンタープライズ代表取締役• ():日立市• :水戸市• (ソロ歌手)• :北茨城市• 元メンバー• 里仲菜月()• ():日立市• (元AKB48)• :鹿嶋市• ():• (元):稲敷郡美浦村• (元)• :旧芸名は新名美波。 ( 兼• ジュノンボーイ、作詞家、タレント• 深瀬美桜()• :水戸市• :下館市(現・筑西市)• :筑波郡谷田部町(現・つくば市)• 三浜ありさ()• (欅坂46)• 野口衣織()• 大盛真歩():鉾田市 モデル [ ]• :守谷市• :神栖市• 落語家 [ ]• お笑い芸人 [ ]• :結城郡石下町(現・常総市)• ():総和町(現・古河市)• :下妻市• :下妻市• 橘実():常陸太田市• ():ひたちなか市• ():久慈郡大子町• :東茨城郡常澄村(現・水戸市)• ():日立市• :(現・)• 村上健志():牛久市• ウエルカム大助(本名:上村大助。 ):下館市(現・筑西市)• :石岡市• ノブ():• :下館市(現・筑西市)• :水戸市 声優 [ ]• (生まれは)• :古河市• :牛久市(生まれは)• :牛久市(生まれは)• :下館市(現・筑西市)• :日立市• :下館市(現・筑西市)• :水戸市• :取手市• (ほか)• :下妻市• :土浦市• :土浦市• スポーツ選手 [ ] 相撲 [ ]• (第7代):稲敷市• (第19代横綱):水戸市• (第34代横綱):つくば市• (元前頭):大洗町• (元前頭):つくばみらい市• (元大関):ひたちなか市• (元関脇):龍ケ崎市• (元小結):坂東市• (元、現鏡山親方):日立市• (元関脇、現錦戸親方):水戸市• (元前頭):日立市• (元前頭):日立市• (元、現藤島親方):水戸市• (元大関、現二子山親方):水戸市• (第72代横綱):牛久市• (大関):土浦市• (十両)、大洗町 柔道 [ ]• (男子中量級金メダリスト):龍ケ崎市• (男子中量級金メダリスト):• (男子100kg超級金メダリスト):結城郡石下町(現・常総市)• (男子81kg級金メダリスト):(現・)• (女子78kg級金メダリスト):下妻市• (2005年男子81kg級銅メダリスト):常総市• (女子48kg級、公式戦に2度勝利した唯一の選手):土浦市 レスリング [ ]• ( フリースタイル48kg級金メダリスト):牛久市• (フリースタイル57kg級金メダリスト)• (ロサンゼルスオリンピックフリースタイル48キロ級銀メダリスト)• (フリースタイル55kg級銅メダリスト) 野球 [ ]• ():• (元・):土浦市• (元・阪神タイガース、):東茨城郡大洗町• (元・):取手市• (東京六大学野球・社会人野球で活躍。 1995年、入り):大洗町• (阪神タイガース):• (元・)• (元・大洋ホエールズ):日立市• 広島東洋カープ :土浦市• (元・、、タレント、前・監督):東茨城郡大洗町• (元・):土浦市• (元・西武ライオンズ、中日ドラゴンズ):(現・日立市)• (元・阪神タイガース、、、元・監督、出身):取手市• (横浜DeNAベイスターズ):日立市• (阪神タイガース):下妻市• (元・広島東洋カープ、横浜ベイスターズ):下館市(現・筑西市)• (元・読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、横浜大洋ホエールズ)• (元・阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークス):北茨城市• (元・大洋ホエールズ、、ヤクルトスワローズ、):常陸太田市• (元・読売ジャイアンツ、オリックス・バファローズ):• (高校野球指導者):土浦市。 土浦一高卒• (元・東北楽天ゴールデンイーグルス、広島東洋カープ):久慈郡大子町• (元・阪神タイガース):龍ケ崎市• (元・千葉ロッテマリーンズ):牛久市• (元・中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ):新治郡千代田町(現・かすみがうら市)• (元・中日ドラゴンズ、福岡ダイエーホークス、現・福岡ソフトバンクホークス投手コーチ):下館市(現・筑西市)• (阪神タイガース):新治郡(現・かすみがうら市)• (元・横浜ベイスターズ):稲敷市• (元東北楽天ゴールデンイーグルス):つくば市• (元・ヤクルトスワローズ、):北茨城市• (横浜DeNAベイスターズ):• (元・国鉄スワローズ監督)• (元・日本ハムファイターズ、福岡ソフトバンクホークス): 北相馬郡藤代町(現・取手市)• (元・福岡ダイエーホークス):(現・鉾田市)• (元・阪神タイガース):下館市(現・筑西市)• (福岡ソフトバンクホークス):古河市• (オリックス・バファローズ):結城市• (元・読売ジャイアンツ、オリックス・バファローズ、横浜DeNAベイスターズ):鹿島郡鉾田町(現・鉾田市)• (指導者、学生野球の父、特別表彰で入り):水戸市• (元・西鉄ライオンズ、現・解説者):久慈郡大子町• (元・中日ドラゴンズ、オリックス・バファローズ):鹿島郡鉾田町(現・鉾田市)• (北海道日本ハムファイターズ):常陸大宮市• (元・読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ):• (東北楽天ゴールデンイーグルス)• (球界の寝業師。 元・広島カープ監督、西武ライオンズ監督、福岡ダイエーホークス監督):水戸市• (福岡ソフトバンクホークス):• (元・東京ヤクルトスワローズ):新治郡新治村(現・土浦市)• (元・広島東洋カープ、オリックス・バファローズ):鹿島郡(現・神栖市)• (元・西武ライオンズ):(現・)• (元・中日ドラゴンズ):水戸市• (元・ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、元・阪神打撃コーチ):、育ちは栃木県。 (元・広島東洋カープ):結城市• (東北楽天ゴールデンイーグルス):北相馬郡藤代町(現・取手市)• (福岡ソフトバンクホークス):つくば市• (埼玉西武ライオンズ):牛久市• (元・福岡ダイエーホークス):下館市(現・筑西市) サッカー [ ] 現役選手(Jリーグ)• ():笠間市• ():境町• (ベガルタ仙台ユース)• ():鹿嶋市• (鹿島アントラーズ):つくば市• (鹿島アントラーズ)• ():日立市• ():日立市• (柏レイソル):龍ケ崎市• (柏レイソル):土浦市• (柏レイソル):つくば市• (柏レイソル):守谷市• ():板東市• ():水戸市• ():日立市• ():神栖市• ():水戸市• ():つくば市• ():坂東市• (松本山雅FC):取手市• (FC岐阜):結城郡八千代町• ():神栖市• ():つくば市• ():守谷市• ():神栖市• ():取手市• ():神栖市• (ギラヴァンツ北九州):鹿嶋市• ():古河市• ():神栖市• ():潮来市• ():桜川市 現役選手(海外)• (、):土浦市• (、タイ):潮来市• (、):取手市 現役選手(その他)• ():水戸市• ():古河市• ():日立市• (HBO東京):鹿嶋市• :水戸市• ():鹿嶋市• ():小美玉市• ():神栖市• ():水戸市 現役選手(女子サッカー)• ():鹿嶋市• ():小美玉市 引退選手・指導者• (元名古屋グランパスエイト、現AC長野パルセイロ監督、前鹿児島ユナイテッドFC監督、元アビスパ福岡監督):鉾田市• (元FC東京):つくば市• (元水戸ホーリーホック、現大宮アルディージャU-12コーチ ):下妻市• (元鹿島アントラーズ、鹿島アントラーズGKコーチ):鹿嶋市• :行方市• (メキシコオリンピック銅メダリスト、第4回日本サッカー殿堂入り)• (元ザスパ草津):潮来市• (水戸ホーリーホックコーチ)• (元湘南ベルマーレ):常総市• (元):東海村• (元水戸ホーリーホック社長)• (元鹿島アントラーズ):東海村• (元ジェフユナイテッド市原・千葉):日立市• (元モンテディオ山形):古河市• (元、日本代表)• (元MIOびわこ草津):古河市• (元ザスパ草津、鹿島アントラーズユースコーチ)• (元大宮アルディージャ):境町• (元ガンバ大阪、現監督)• (元鹿島アントラーズ):神栖市• (元横浜FC)• (元鹿島アントラーズ、現セレッソ大阪U-13監督)• (元国際副審・元Jリーグ担当審判員、現JFAトップレフェリーグループマネジャー):下妻市• (銅メダリスト、鹿島アントラーズ初代監督、第1回入り):日立市• (元ベガルタ仙台):鹿嶋市• (元柏レイソル):日立市• (柏レイソルフィジカルコーチ)• (元モンテディオ山形)• (元鹿島アントラーズ):鹿嶋市• (元鹿島アントラーズ):鹿嶋市• (元鹿島アントラーズ):常総市• (コーチ):高萩市• (元福島ユナイテッドFC)• (元)• (元ガイナーレ鳥取):潮来市 バレーボール [ ]• ():潮来市• :城里町• :筑西市• ():日立市 バスケットボール [ ]• (HC)• (選手)• (元ヘッドコーチ)• (富士通レッドウェーブ選手)• (元選手)• (選手)• (元選手。 代表) ラグビー [ ]• (選手、元):潮来市• (日本代表選手、元)• (日本代表選手、元)• (関東代表選手、元)• (関東代表選手、)• (高校日本代表選手、元)• (選手、クボタ)• (元リコー):守谷市• (U19日本代表選手、元リコー)• (関東代表選手、元)• (元)• (U18日本代表選手、三菱重工相模原ダイナボアーズ)• ():つくば市• (Honda):水戸市 ゴルフ [ ]• :下館市(現・筑西市)• :守谷市• :水戸市• :笠間市 ボクシング [ ]• (世界・・WBC世界王者):日立市• (WBA世界王者):坂東市• (WBC世界王者):八千代町• (第43代OPBF東洋太平洋バンタム級王者):稲敷市• (第57代日本ライト級王者・第45代OPBF東洋太平洋ライト級王者):日立市 プロレス [ ]• ():取手市• ():牛久市• ():古河市• ():取手市• (プロレスリング・ノア):ひたちなか市• ():桜川市• ():神栖市• ():龍ケ崎市• ():古河市• (フリー):つくばみらい市 総合格闘技 [ ]• :つくば市• :牛久市• :稲敷市• :龍ケ崎市• :水戸市• :坂東市• :北茨城市• : 競馬 [ ] JRA騎手・元騎手 [ ]• (引退• :守谷市• (引退)• (引退) JRA調教師・元調教師 [ ]• :土浦市• (元騎手) 競走馬 [ ]• 競輪選手 [ ]• :取手市• :桜川市• (株式評論家。 チームスプリント銀メダリスト):取手市• (元プロ野球選手):竜ヶ崎市• その他のスポーツ選手 [ ]• (カーレーサー)• (カーレーサー):ひたちなか市• (レーサー)• (元選手、で日本人女子初の金メダルを獲得):常総市• (サッカー審判)• (キックボクサー):つくば市• (ロードレースライダー):水海道市(現・常総市)• (陸上競歩。 出場):笠間市• (選手、男子5000mリレー銅メダリスト)• (ショートトラック選手、スピードスケート男子5000mリレー銅メダリスト)• ():那珂郡東海村• (フリークライマー、・ワールドカップ日本人女子初優勝):龍ケ崎市• 馬術選手 その他 [ ] 実業家・財界人 [ ]• (創業者):茨城町• (東京川崎財閥第2代目当主):茨城町• (共同創業者・最高顧問。 生まれは東京都、本籍は茨城県結城市)• (創業者。 の考案者):牛久市• (内田汽船創業者、、、、、等歴任):行方氏• (千代田瓦斯(前身)創業者):笠間市• (創業者。 設立者):常陸太田市• (創業者):新治郡• (創設者・初代頭取、元会長) :大洗町• (創業者):明野町(現・筑西市)• (創業者):坂東市• (創業者)• (創業者):那珂市• (元社長・会長、を通じて日本の超高層ビル):つくば市• (初代社長)• (元丸紅社長・会長、丸紅中興の祖)• (元社長・会長、初代会長、中興の祖):水戸市• (初代社長)• (元)社長、元日魯漁業(現)社長):行方市• (第17代会長):潮来市• (元社長):卒• (元社長、元副会長)• ( 学長、 代表パートナー):水戸市• (創業者):境町 棋士・雀士 [ ]• (将棋棋士):水戸市• (将棋棋士):行方郡潮来町(現・潮来市)• (元将棋棋士):行方郡麻生町(現・行方市)• (女流棋士):水戸市• (女流棋士):古河市• (女流雀士) 気象予報士 [ ]• 架空の人物 [ ]• 藤井かすみ(『』シリーズ)• 手束智(『』シリーズ)• 茨城静香(『』シリーズの擬人化キャラ)• 龍ヶ崎桃子(『』)• 笠原郁(『』)• 木村夏樹(『』)• 小松伊吹(『アイドルマスター シンデレラガールズ』)• 古澤頼子(『アイドルマスター シンデレラガールズ』)• 水木聖來(『アイドルマスター シンデレラガールズ』)• 高山紗代子(『』)• 渡辺みのり 『』• 黛冬優子 『』• 城島俊也(『』)• 星野好造(『頭文字D』)• 谷田部みね子(『』) 歴史上の人物 [ ]• (の始祖・によると出身とする説がある)• (の始祖)• (通称:相馬小次郎。 を名乗る)• 「藤原鎌足」から数えて11代目・の従兄弟)• (の始祖)• (の始祖)• 佐竹氏15代当主。 佐竹の乱に終止符をうち、古河公方家の内紛、白河結城氏の内紛に介入、勢力拡大に成功。 家法を二十三ヶ条制定するなど、戦国大名としての礎を築いた。 晩年は覇権を巡って、と戦った。 「佐竹氏中興の祖」と呼ばれる)• 佐竹氏18代当主。 「鬼義重」「」の異名で恐れられ、佐竹氏の全盛期を築き上げた。 やと覇権を巡って戦った)• (戦国大名。 佐竹氏19代当主。 初代藩主)• (の・・の開祖)• (水戸御三家当主・などの作品で広く知られる)• (常陸水戸藩の第9代藩主・幕末期に活動した)• (の9代当主・15代 最後 当主)• ():上平柳村(現・つくばみらい市)• (幕末に活躍した志士・初代局長)• (新選組参謀、のち(高台寺党)盟主)• (新選組九番組長、のち御陵衛士、)• (新選組最後の隊長)• (志士。 東山道軍総督府大軍監、を捕縛):常陸大宮市• ・(の実行犯)• (の祖)水戸領磯部村(、現在の) 茨城県にゆかりの人物 [ ] 当県登録地の競輪選手 [ ]• (出身で、当初選手登録地は東京都だったが、ホームバンクのの事実上の廃止に伴い、当県に登録地を移し、のある取手市に移住した。 (上記の工藤元司郎と同様の理由で当県に移籍)• (出身)• (出身)• (生まれで千葉県野田市出身、出身)• (元選手、出身)• (福島県出身。 福島県から登録地を移籍)• (元スピードスケート選手、出身)• (元スピードスケート選手、長野県出身)• (元アイスホッケー選手、北海道出身)• (元スピードスケート選手、北海道出身)• (元選手、長野県出身)• (元スピードスケート選手、北海道出身) その他 [ ]• (出身の俳優・コメディアン。 著書『だめだこりゃ』(2001年、:)で、祖母が茨城県の出身。 (出身の歌手・俳優・タレント。 幼少時に母の実家のあった笠間市に疎開していた。 また、祖父も現在のかすみがうら市出身)• (神奈川県(現在の)出身の。 父方の曾祖父が(現在の)出身)• (の俳優。 父方の曾祖母が出身)• (出身の。 先祖のがおよび(現在の石岡市)の)• (京都府京都市左京区出身の俳優、津川雅彦の兄)• (神奈川県出身の、北茨城市育ち、出身)• (東京都出身の俳優。 父が同じく俳優の博)• (東京都出身の俳優。 父が同じく俳優の徹) 脚注 [ ] [].

次の

第74回国民体育大会柔道競技(茨城県龍ヶ崎市)大会結果情報掲載(19.10.5

茨城 柔道

第7回千葉大学杯柔道大会 H30. 今年で7回を数える。 千葉大学に進学実績のある千葉県内の高等学校を中心に関東近隣の高校が招待される大会である。 今大会には男子団体戦に13チーム,女子個人には14名の参加があった。 年々レベルが上がってきており,近年の優勝校は各県で関東大会に出場するなど好成績を収めている。 レベルの高い大会であった。 男子団体戦 試合結果 初出場 初優勝 女子個人戦 試合結果 予選リーグ敗退 優勝した本校Aチームのメンバー 千葉県内はもちろん関東近県から集まった選手達 〇試合終了後は千葉大学の学生と合同稽古を行った。 学生も気持ちよく胸を貸して下さり本当に良い経験となった。 運営をして下さった千葉大学の学生の皆さん,OBの皆さん本当にありがとうございました。 取り組みは部員全員,真剣そのもの。 わからないところを教え合ったり,色々な教科の先生に教えてもらったりと各々が課題の克服に励んでいます。 〇互いに教え合う部員達 〇『測量』のテスト勉強をする部員 勉強が苦手な部員も得意な部員(?)も自己ベストの順位を目指しそれぞれが一生懸命に頑張っています!!諦めずに努力する姿勢はとても素晴らしいですね(^^) 『 文武不岐 ( ぶんぶふき )』 学問と武道は別物ではなく,学問を極め何が正しいかを知ることは,武道の厳しい修練を積み人として向上することに通じる。 また,その逆も同じ事が言える。 学問と武道とは一体となっており,勉強( 文)と部活動( 武)はわかれず( 不岐)!学問と武道の両方を極める ことは互いに良い影響をもたらし,人格の形成につながるという意味の素晴らしい言葉なのです! 本校柔道部は柔道にも勉強にも力を入れている部活動です! 全国高等学校柔道選手権大会茨城県予選会 H30. 20(土)団体戦開催 於:茨城県武道館 男子団体戦 試合結果 ベスト8 〇2回戦 対 那珂湊高校 4人残しで勝利 那珂湊高校は3人での出場。 先鋒堀澤勇太が積極的に攻め相手の先鋒に勝利する。 続く試合。 相手次鋒は堀澤よりも2回りほど大きな相手。 果敢に背負い投げを繰り出すもポイントを奪えず引分。 次鋒三門。 相手の中堅に一本背負い投げで一本勝ち。 幸先の良いスタートを切る。 〇準々決勝戦 対 水戸葵陵高校 1人残しで敗退 水戸葵陵高校は県ベスト4の強豪校。 新人戦,昨日の個人戦にて決勝に残った選手が実に4人,入賞していない1年生も中学校時代の県チャンピオンと間違いのない強敵である。 先鋒長嶋は相手の先鋒(昨日個人戦66kg級第2位)に対し果敢に技を繰り出す。 序盤にこちらの仕掛けた技を裏投げで返しにきて危ない場面もあったが,そこはなんとか凌ぐ。 攻め手を緩めず相手の繰り出した技をこちらが返し,技ありのポイントを奪う。 そのまま優勢勝ち。 続く試合。 相手の次鋒は個人戦60kg級第2位の選手。 体格差で上回りここも勝てると思ったが一瞬の気の緩みから相手の小内巻き込みをまともに受けてしまい一本負け。 次鋒同士の対戦となる。 次鋒根本は大きな体躯を活かし技を繰り出すが相手の組み手の巧さに対応できず引分。 中堅戦相手のポイントゲッター登場。 こちらの中堅は最軽量の鈴木。 体格の差を埋めようとするも試合中盤に内股にて技ありを奪われる。 そこからポイントを取り返そうとするも背負いに入ったところを内股に合わせられ一本負け。 初のリードを許す。 副将主将の齋藤。 疲れの見えてきた相手選手に対し果敢に攻める。 優位に試合を進める中,内股で一本勝ちしタイに戻す。 副将同士の対戦。 相手チームも主将の登場。 昨日の個人戦では81kg級第2位の選手である。 同階級なのでここで勝ち越ししたかったが相手のディフェンスが堅く,引分に持ち込まれる。 一度出足払いで投げるも腹ばいにてポイントなし。 勝つチャンスは十分にあった。 最後に大将同士の戦いとなった。 大将三門。 本校2年生の唯一の重量級(90kg級)選手。 相手の大将は新人戦100kg級県チャンピオンである。 力の差はあるものの果敢に攻め込む。 徐々に体力を奪われ,下がったところに中途半端な背負いに入る。 相手はそのチャンスを逃さず,三門はその不十分な体勢を押し込まれ技ありを奪われる。 そのまま抑え込まれ一本負けとなる。 1人残しでの敗退となった。 しかしながらベスト4の壁は厚く,惜しいところまではいくもののその壁を打ち破ることはできなかった。 来年度の関東大会県予選,インターハイ県予選まで残り約4ヶ月。 さらなるレベルアップを図り全国大会,関東大会へと出場できるよう稽古に励んでいきたい。 女子団体戦 試合結果 初戦敗退 〇初戦 対 牛久高校 初戦は牛久高校との対戦。 県南の大会でも何度も戦っているチームだ。 こちらの先鋒の鈴木は怪我のため欠場。 2対3での戦いとなった。 先鋒戦は不戦勝で相手に1点が入る。 中堅戦。 蛯名は52kg級の選手である。 対する相手選手は63kg級の選手である。 蛯名が組み手を制し,有利に試合を運ぶ。 後ろ襟を取り,思い切り内股に行けば,もつれながらも決めきり技ありを奪う。 このポイントを守り抜き優勢勝ちを収める。 大将戦は渡辺。 蛯名と同じく52kg級の選手である。 対する牛久高校の大将は48kg級のチャンピオンである選手。 軽い相手だが強敵である。 渡辺も必死に攻防するも十分な技には入れず。 逆に相手の大外刈りを受けてしまい一本負け。 1対2で敗退となった。 男子の勢いに負けないようさらに稽古に励んでいきたい。 全国高等学校柔道選手権大会茨城県予選会 H30. 19(金)個人戦開催 於:茨城県武道館 男子個人戦 試合結果 60kg級 第3位 鈴木 太一(勝田二中出身) 73kg級 第3位 長嶋 憂弥(田彦中出身) 60kg級 ベスト8 髙橋 翔(石岡中出身) 66kg級 ベスト8 堀澤 壮太(府中中出身) 81kg級 ベスト8 齋藤 慧弥(下稲吉中出身) 〇60kg級第3位 鈴木 〇73kg級第3位 長嶋 60kg級第3位に入賞した鈴木選手。 初戦から得意の背負い投げで順当に勝ち上がっていく。 準決勝戦が最大の山場となった。 相手は優勝したつくば秀英の選手。 中学時代は関東チャンピオンにもなった強敵である。 序盤組み手の攻防に膠着し,両者指導が与えられる。 お互いに良く攻めるも有効なポイントは奪えず。 延長戦にもつれ,相手選手は投げられないとみるや攻め方を変えてくる。 後ろ襟を取り,指導を取る戦術だ。 これに鈴木選手はうまく対応できず。 指導差により敗退。 非常に惜しい敗退であった。 決勝戦もつくば秀英の選手は投げて一本勝ちを収めていたので,本当に悔しい負けとなった。 本校選手としては一番全国大会にチャンスのあった選手であっただけに残念である。 73kg級第3位に入賞した長嶋選手。 彼は 中学時代は県大会に出ても初戦敗退の選手であった。 高校に入り真面目な性格からか非常によく練習に取り組み,めきめきと力をつけた。 準々決勝戦が最大の山場。 新人戦第2位の水戸啓明の選手と激しい試合を展開した。 どちらも良く攻めるもなかなかポイントが奪えない。 延長戦に入り,ここでも双方譲らず。 延長戦も3分に差し掛かろうとしたところ,相手選手に疲労の色が見え始めてきた。 このチャンスを逃さず長嶋選手が背負い投げに入ればこれが見事に決まり一本勝ちを収める。 準決勝戦は一生懸命攻めるも疲労のため,普段の動きが出来なかった。 優勢負けとなった。 ベスト8にも3名が入った。 特に66kg級堀澤壮太は 中学校時代県大会に出場できなかった選手である。 ひたむきに努力することでここまで強くなれるんだと後輩達にも良い刺激になった。 準々決勝戦は66kg級第2位になった水戸葵陵の選手。 延長戦までもつれるも,指導1の差で敗れた。 今後に期待したい。 60kg級髙橋翔と81kg級齋藤はもっと上位に入賞が出来る力があったので残念であった。 大分成長がみられたように感じます。 来年度にさらに成績が上がるようチームが一丸となり精一杯稽古に励みたいと思います(>v<) 応援よろしくお願い致しますm(_ _)m 茨城県高等学校柔道新人大会 H29. 17(金)団体戦開催 於:茨城県武道館 男子団体戦 試合結果 ベスト8 〇初戦 対 古河第一高校 新進気鋭の伸び盛りのチームである。 先鋒根本が軽量級の相手選手に苦戦を強いるも払巻込で技ありを奪取し優勢勝ち。 次鋒長嶋は相手チームのエース(個人戦100kg超級3位)を相手に値千金の引分。 中堅三門は果敢に攻めるもポイントは奪えず引分。 副将鈴木は100kg級の相手に対し真っ向勝負。 投げきることができず引分。 大将齋藤は小外刈技あり。 その後三角からの縦四方固めで一本勝ち。 結果2対0で勝利を収める。 〇2回戦 対 八千代高校 インターハイ予選では代表戦までもつれ込み辛勝したチームである。 先鋒根本,60kg級の選手に苦戦を強いるも自慢の大きな体から払い腰を繰り出せば技あり。 優勢勝ちを収める。 次鋒長嶋は内股で一本勝ち。 チームにさらなる流れを引き寄せる。 中堅三門果敢に背負いを繰り出すもポイントは奪えず引分。 副将鈴木は相手チームのエース(昨年度81kg級全国選手権出場)と対戦。 素早い動きと組み手,技で相手を翻弄。 途中危ない場面もみられたが勝負を決める引分。 大将齋藤は内股で一蹴。 3対0で勝利を収める。 八千代戦 一本背負いで果敢に攻める中堅三門選手 八千代戦 巧みな組み手とスピードで相手チームのエースと引き分ける副将鈴木選手 八千代戦 内股で一本勝ちを収める大将齋藤選手 〇準々決勝戦 対 つくば秀英 今回の優勝チームである。 結果先鋒から大将まで一本負け。 0対5での完敗となった。 体力・技術すべてが力不足。 まだまだ修行が足りないと痛感した一戦であった。 特に失点がなく1,2回戦を終えたことは今回の大きな収穫であった。 今後は全国高校選手権の県予選に向けてしっかりとレベルアップを図る。 女子団体戦 試合結果 初戦敗退 〇初戦 対 つくば国際高校 先鋒の渡辺は78kg超級の相手に対し巧みな組み手と素早い背負い投げで試合の主導権を握る。 しかしポイントは奪えず引分。 中堅蛯名は78kg超級の県チャンピオンと対戦。 立ち技では互角の戦いをするも,寝技のスキルが足らず,相手の寝技の攻めに対応できず上四方固めで一本負け。 大将の鈴木は怪我で出場が出来なかったが相手チームも大将がおらず0対1の惜敗であった。 茨城県高等学校柔道新人大会 H29. 9(木)個人戦開催 於:茨城県武道館 男子個人戦 試合結果 81kg級 第3位 齋藤 慧弥(下稲吉中出身) 60kg級 ベスト8 鈴木 太一(勝田二中出身) ベスト8 高橋 翔 (石岡中出身) 73kg級 ベスト8 長嶋 憂弥(田彦中出身) 100kg超級 ベスト8 根本 蓮汰(江戸崎中出身) 81kg級第3位に入賞した、齋藤選手。 初戦では 第1シードの選手(昨年度全国高校柔道選手権出場選手)を破る 金星を挙げ、準々決勝戦でも 学年が一つ下の県チャンピオン(H28年度全国中学校柔道大会出場)に 勝利。 価値のある入賞を収めた。 中学時代は県大会にやっと出場できるレベルだったが高校に入り大きく成長を遂げている。 また、60kg級ベスト8に入った鈴木選手は優勝した選手と延長戦までもつれ、よく戦ったものの最後にポイントを奪われ惜敗した。 個人戦は選手全員が精一杯がんばってくれました。 しかし成果を十分に出し切れなかった選手が多く見られたように感じます。 1週間後に控える団体戦は初戦から強敵と対戦します。 チームが一丸となり精一杯頑張りたいと思います(>v<) 応援よろしくお願い致しますm(_ _)m 茨城県県南地区高等学校柔道新人大会 H29. 高校生活最後の個人戦でその力は花開く。 初戦は危なげなく勝利。 続く準々決勝戦は1年生ながらも強敵の相手(土浦日大)。 相手の技を受けてしまいポイントを先行される。 しかし,諦めない気持ちが最後に奇跡を起こす。 ラスト1秒のところで相手を抑え込むことに成功する。 逆転の一本勝ちとなった。 続く準決勝戦は同じ3年生の選手(岩井)である。 開始序盤に支え釣り込み足にて技ありを奪われる。 このポイントを相手は守ろうと守りの体勢に入った。 髙倉は攻勢を強めるもなかなか打開できない。 しかしながら練習で培った諦めない気持ちはここでも奇跡を起こす。 試合も終盤に入り,ラスト30秒のところで繰り出した大外刈りが見事に一本。 決勝進出を決めた。 決勝戦は相手選手の技に堪えきれず一本負けとなったが,諦めない気持ちが勝利をつかみ取る為にはとても大事であることを見事に体現した。

次の

柔道部(男・女)

茨城 柔道

第7回千葉大学杯柔道大会 H30. 今年で7回を数える。 千葉大学に進学実績のある千葉県内の高等学校を中心に関東近隣の高校が招待される大会である。 今大会には男子団体戦に13チーム,女子個人には14名の参加があった。 年々レベルが上がってきており,近年の優勝校は各県で関東大会に出場するなど好成績を収めている。 レベルの高い大会であった。 男子団体戦 試合結果 初出場 初優勝 女子個人戦 試合結果 予選リーグ敗退 優勝した本校Aチームのメンバー 千葉県内はもちろん関東近県から集まった選手達 〇試合終了後は千葉大学の学生と合同稽古を行った。 学生も気持ちよく胸を貸して下さり本当に良い経験となった。 運営をして下さった千葉大学の学生の皆さん,OBの皆さん本当にありがとうございました。 取り組みは部員全員,真剣そのもの。 わからないところを教え合ったり,色々な教科の先生に教えてもらったりと各々が課題の克服に励んでいます。 〇互いに教え合う部員達 〇『測量』のテスト勉強をする部員 勉強が苦手な部員も得意な部員(?)も自己ベストの順位を目指しそれぞれが一生懸命に頑張っています!!諦めずに努力する姿勢はとても素晴らしいですね(^^) 『 文武不岐 ( ぶんぶふき )』 学問と武道は別物ではなく,学問を極め何が正しいかを知ることは,武道の厳しい修練を積み人として向上することに通じる。 また,その逆も同じ事が言える。 学問と武道とは一体となっており,勉強( 文)と部活動( 武)はわかれず( 不岐)!学問と武道の両方を極める ことは互いに良い影響をもたらし,人格の形成につながるという意味の素晴らしい言葉なのです! 本校柔道部は柔道にも勉強にも力を入れている部活動です! 全国高等学校柔道選手権大会茨城県予選会 H30. 20(土)団体戦開催 於:茨城県武道館 男子団体戦 試合結果 ベスト8 〇2回戦 対 那珂湊高校 4人残しで勝利 那珂湊高校は3人での出場。 先鋒堀澤勇太が積極的に攻め相手の先鋒に勝利する。 続く試合。 相手次鋒は堀澤よりも2回りほど大きな相手。 果敢に背負い投げを繰り出すもポイントを奪えず引分。 次鋒三門。 相手の中堅に一本背負い投げで一本勝ち。 幸先の良いスタートを切る。 〇準々決勝戦 対 水戸葵陵高校 1人残しで敗退 水戸葵陵高校は県ベスト4の強豪校。 新人戦,昨日の個人戦にて決勝に残った選手が実に4人,入賞していない1年生も中学校時代の県チャンピオンと間違いのない強敵である。 先鋒長嶋は相手の先鋒(昨日個人戦66kg級第2位)に対し果敢に技を繰り出す。 序盤にこちらの仕掛けた技を裏投げで返しにきて危ない場面もあったが,そこはなんとか凌ぐ。 攻め手を緩めず相手の繰り出した技をこちらが返し,技ありのポイントを奪う。 そのまま優勢勝ち。 続く試合。 相手の次鋒は個人戦60kg級第2位の選手。 体格差で上回りここも勝てると思ったが一瞬の気の緩みから相手の小内巻き込みをまともに受けてしまい一本負け。 次鋒同士の対戦となる。 次鋒根本は大きな体躯を活かし技を繰り出すが相手の組み手の巧さに対応できず引分。 中堅戦相手のポイントゲッター登場。 こちらの中堅は最軽量の鈴木。 体格の差を埋めようとするも試合中盤に内股にて技ありを奪われる。 そこからポイントを取り返そうとするも背負いに入ったところを内股に合わせられ一本負け。 初のリードを許す。 副将主将の齋藤。 疲れの見えてきた相手選手に対し果敢に攻める。 優位に試合を進める中,内股で一本勝ちしタイに戻す。 副将同士の対戦。 相手チームも主将の登場。 昨日の個人戦では81kg級第2位の選手である。 同階級なのでここで勝ち越ししたかったが相手のディフェンスが堅く,引分に持ち込まれる。 一度出足払いで投げるも腹ばいにてポイントなし。 勝つチャンスは十分にあった。 最後に大将同士の戦いとなった。 大将三門。 本校2年生の唯一の重量級(90kg級)選手。 相手の大将は新人戦100kg級県チャンピオンである。 力の差はあるものの果敢に攻め込む。 徐々に体力を奪われ,下がったところに中途半端な背負いに入る。 相手はそのチャンスを逃さず,三門はその不十分な体勢を押し込まれ技ありを奪われる。 そのまま抑え込まれ一本負けとなる。 1人残しでの敗退となった。 しかしながらベスト4の壁は厚く,惜しいところまではいくもののその壁を打ち破ることはできなかった。 来年度の関東大会県予選,インターハイ県予選まで残り約4ヶ月。 さらなるレベルアップを図り全国大会,関東大会へと出場できるよう稽古に励んでいきたい。 女子団体戦 試合結果 初戦敗退 〇初戦 対 牛久高校 初戦は牛久高校との対戦。 県南の大会でも何度も戦っているチームだ。 こちらの先鋒の鈴木は怪我のため欠場。 2対3での戦いとなった。 先鋒戦は不戦勝で相手に1点が入る。 中堅戦。 蛯名は52kg級の選手である。 対する相手選手は63kg級の選手である。 蛯名が組み手を制し,有利に試合を運ぶ。 後ろ襟を取り,思い切り内股に行けば,もつれながらも決めきり技ありを奪う。 このポイントを守り抜き優勢勝ちを収める。 大将戦は渡辺。 蛯名と同じく52kg級の選手である。 対する牛久高校の大将は48kg級のチャンピオンである選手。 軽い相手だが強敵である。 渡辺も必死に攻防するも十分な技には入れず。 逆に相手の大外刈りを受けてしまい一本負け。 1対2で敗退となった。 男子の勢いに負けないようさらに稽古に励んでいきたい。 全国高等学校柔道選手権大会茨城県予選会 H30. 19(金)個人戦開催 於:茨城県武道館 男子個人戦 試合結果 60kg級 第3位 鈴木 太一(勝田二中出身) 73kg級 第3位 長嶋 憂弥(田彦中出身) 60kg級 ベスト8 髙橋 翔(石岡中出身) 66kg級 ベスト8 堀澤 壮太(府中中出身) 81kg級 ベスト8 齋藤 慧弥(下稲吉中出身) 〇60kg級第3位 鈴木 〇73kg級第3位 長嶋 60kg級第3位に入賞した鈴木選手。 初戦から得意の背負い投げで順当に勝ち上がっていく。 準決勝戦が最大の山場となった。 相手は優勝したつくば秀英の選手。 中学時代は関東チャンピオンにもなった強敵である。 序盤組み手の攻防に膠着し,両者指導が与えられる。 お互いに良く攻めるも有効なポイントは奪えず。 延長戦にもつれ,相手選手は投げられないとみるや攻め方を変えてくる。 後ろ襟を取り,指導を取る戦術だ。 これに鈴木選手はうまく対応できず。 指導差により敗退。 非常に惜しい敗退であった。 決勝戦もつくば秀英の選手は投げて一本勝ちを収めていたので,本当に悔しい負けとなった。 本校選手としては一番全国大会にチャンスのあった選手であっただけに残念である。 73kg級第3位に入賞した長嶋選手。 彼は 中学時代は県大会に出ても初戦敗退の選手であった。 高校に入り真面目な性格からか非常によく練習に取り組み,めきめきと力をつけた。 準々決勝戦が最大の山場。 新人戦第2位の水戸啓明の選手と激しい試合を展開した。 どちらも良く攻めるもなかなかポイントが奪えない。 延長戦に入り,ここでも双方譲らず。 延長戦も3分に差し掛かろうとしたところ,相手選手に疲労の色が見え始めてきた。 このチャンスを逃さず長嶋選手が背負い投げに入ればこれが見事に決まり一本勝ちを収める。 準決勝戦は一生懸命攻めるも疲労のため,普段の動きが出来なかった。 優勢負けとなった。 ベスト8にも3名が入った。 特に66kg級堀澤壮太は 中学校時代県大会に出場できなかった選手である。 ひたむきに努力することでここまで強くなれるんだと後輩達にも良い刺激になった。 準々決勝戦は66kg級第2位になった水戸葵陵の選手。 延長戦までもつれるも,指導1の差で敗れた。 今後に期待したい。 60kg級髙橋翔と81kg級齋藤はもっと上位に入賞が出来る力があったので残念であった。 大分成長がみられたように感じます。 来年度にさらに成績が上がるようチームが一丸となり精一杯稽古に励みたいと思います(>v<) 応援よろしくお願い致しますm(_ _)m 茨城県高等学校柔道新人大会 H29. 17(金)団体戦開催 於:茨城県武道館 男子団体戦 試合結果 ベスト8 〇初戦 対 古河第一高校 新進気鋭の伸び盛りのチームである。 先鋒根本が軽量級の相手選手に苦戦を強いるも払巻込で技ありを奪取し優勢勝ち。 次鋒長嶋は相手チームのエース(個人戦100kg超級3位)を相手に値千金の引分。 中堅三門は果敢に攻めるもポイントは奪えず引分。 副将鈴木は100kg級の相手に対し真っ向勝負。 投げきることができず引分。 大将齋藤は小外刈技あり。 その後三角からの縦四方固めで一本勝ち。 結果2対0で勝利を収める。 〇2回戦 対 八千代高校 インターハイ予選では代表戦までもつれ込み辛勝したチームである。 先鋒根本,60kg級の選手に苦戦を強いるも自慢の大きな体から払い腰を繰り出せば技あり。 優勢勝ちを収める。 次鋒長嶋は内股で一本勝ち。 チームにさらなる流れを引き寄せる。 中堅三門果敢に背負いを繰り出すもポイントは奪えず引分。 副将鈴木は相手チームのエース(昨年度81kg級全国選手権出場)と対戦。 素早い動きと組み手,技で相手を翻弄。 途中危ない場面もみられたが勝負を決める引分。 大将齋藤は内股で一蹴。 3対0で勝利を収める。 八千代戦 一本背負いで果敢に攻める中堅三門選手 八千代戦 巧みな組み手とスピードで相手チームのエースと引き分ける副将鈴木選手 八千代戦 内股で一本勝ちを収める大将齋藤選手 〇準々決勝戦 対 つくば秀英 今回の優勝チームである。 結果先鋒から大将まで一本負け。 0対5での完敗となった。 体力・技術すべてが力不足。 まだまだ修行が足りないと痛感した一戦であった。 特に失点がなく1,2回戦を終えたことは今回の大きな収穫であった。 今後は全国高校選手権の県予選に向けてしっかりとレベルアップを図る。 女子団体戦 試合結果 初戦敗退 〇初戦 対 つくば国際高校 先鋒の渡辺は78kg超級の相手に対し巧みな組み手と素早い背負い投げで試合の主導権を握る。 しかしポイントは奪えず引分。 中堅蛯名は78kg超級の県チャンピオンと対戦。 立ち技では互角の戦いをするも,寝技のスキルが足らず,相手の寝技の攻めに対応できず上四方固めで一本負け。 大将の鈴木は怪我で出場が出来なかったが相手チームも大将がおらず0対1の惜敗であった。 茨城県高等学校柔道新人大会 H29. 9(木)個人戦開催 於:茨城県武道館 男子個人戦 試合結果 81kg級 第3位 齋藤 慧弥(下稲吉中出身) 60kg級 ベスト8 鈴木 太一(勝田二中出身) ベスト8 高橋 翔 (石岡中出身) 73kg級 ベスト8 長嶋 憂弥(田彦中出身) 100kg超級 ベスト8 根本 蓮汰(江戸崎中出身) 81kg級第3位に入賞した、齋藤選手。 初戦では 第1シードの選手(昨年度全国高校柔道選手権出場選手)を破る 金星を挙げ、準々決勝戦でも 学年が一つ下の県チャンピオン(H28年度全国中学校柔道大会出場)に 勝利。 価値のある入賞を収めた。 中学時代は県大会にやっと出場できるレベルだったが高校に入り大きく成長を遂げている。 また、60kg級ベスト8に入った鈴木選手は優勝した選手と延長戦までもつれ、よく戦ったものの最後にポイントを奪われ惜敗した。 個人戦は選手全員が精一杯がんばってくれました。 しかし成果を十分に出し切れなかった選手が多く見られたように感じます。 1週間後に控える団体戦は初戦から強敵と対戦します。 チームが一丸となり精一杯頑張りたいと思います(>v<) 応援よろしくお願い致しますm(_ _)m 茨城県県南地区高等学校柔道新人大会 H29. 高校生活最後の個人戦でその力は花開く。 初戦は危なげなく勝利。 続く準々決勝戦は1年生ながらも強敵の相手(土浦日大)。 相手の技を受けてしまいポイントを先行される。 しかし,諦めない気持ちが最後に奇跡を起こす。 ラスト1秒のところで相手を抑え込むことに成功する。 逆転の一本勝ちとなった。 続く準決勝戦は同じ3年生の選手(岩井)である。 開始序盤に支え釣り込み足にて技ありを奪われる。 このポイントを相手は守ろうと守りの体勢に入った。 髙倉は攻勢を強めるもなかなか打開できない。 しかしながら練習で培った諦めない気持ちはここでも奇跡を起こす。 試合も終盤に入り,ラスト30秒のところで繰り出した大外刈りが見事に一本。 決勝進出を決めた。 決勝戦は相手選手の技に堪えきれず一本負けとなったが,諦めない気持ちが勝利をつかみ取る為にはとても大事であることを見事に体現した。

次の