ご 理解 ご 協力 の ほど。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味と使い方、例文を解説

「ご理解とご協力」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご 理解 ご 協力 の ほど

社会人になると、敬語やビジネス用語を使った話し方をする機会が、大幅に増えますよね。 また、書類やメールなどを作成することもあり、それらも正しい敬語などを使わなければ、相手に失礼な印象を与える可能性もある為、敬語や正しい言葉の使い方をマスターしておくことは、必須と言えるでしょう。 敬語がビジネス文書などで使う頻度が多い言葉はいくつもありますが、その中でも、「ご協力」は、さまざまな場面で使う言葉だと思います。 取引先の企業に協力をお願いする時、また上司などに協力してもらったことにお礼を言う時など、幅広い使い方ができます。 今回は、そんな「ご協力」という言葉の、ビジネスにおいての正しい使い方について、考えていきたいと思います。 「ご協力」という言葉は、基本的には他社や他人に対して、協力を願いたい時に使う言葉です。 ビジネスシーンでは、仕事の取引などで相手に何かをしてもらう時の他、アンケート調査をする際などに、「ご協力お願い致します」といった使われ方をしているのを見たことがある方は、多いのではないでしょうか? また、相手の行動を制限させる際にも、「ご協力」という言葉が使われます。 例えば、図書館や公共の乗り物なので、「お静かにご利用頂けますよう、ご協力をお願い致します」といった注意書きも、よく見掛けると思います。 相手の言動を注意したり制限したりする際、「~しないで下さい」などと表現すると、やや威圧的な印象を与える可能性があります。 柔らかい雰囲気で相手の言動を制限したり注意したりする場合に、「ご協力」という言葉が使われることもあるのです。 例えば、「ご協力ありがとうございます」という一文を加える場合、あなたなら文書のどこにおきますか?文中?文末?下記の例文を使って検証していきましょう。 さて今回は~」 例2:「上記の件、承知しました。 いつも多大なご協力を頂き、誠にありがとうございます。 」 伝える文言は同じですが、文章のどこに入れるかにより印象が大きく変わることが分かります。 例1の使い方では、今回の本題に先立ってお礼を伝えることで、文書を見て下さっている相手に対し「私はいつも感謝していますよ」という気持ちを伝えることが出来ます。 ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいません。 「ご協力いただき」といったフレーズも、他社や他人に協力してもらったことへのお礼を言う際、よく使われる言い方です。 「ご協力いただき」の後には、どのような言葉を使えば良いのでしょうか?こちらについても、例文を通してさまざまなバリエーションを覚えていきましょう。 ・ご協力いただき、有難うございます ・ご協力をいただきまして、感謝申し上げます。 ・~について、ご協力をいただきました。 「ご協力いただき、有難うございます」のような使い方が基本的ですが、3つ目でご紹介したように、「ご協力いただきました」のような使い方をすることも可能です。 ビジネス文書などで、他社などに協力をしてもらったことを、上司などに報告する際は、「〇〇の件で、〇〇様にご協力頂きました」といった使い方をします。 ご協力賜り ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

ご理解のほどよろしくお願いいたしますって英語でなんて言うの?

ご 理解 ご 協力 の ほど

敬語の「ご協力お願いします」の使い方は、なにかの手伝いが必要なとき、お願いごとをするとき、要望・要求をするとき、お礼をするときに使われます。 ビジネスでは周りの方たちも自分の仕事をもっているので「手伝って」、「お願い」、「これやって」など気軽に言えません。 そこで「ご協力お願いします」を使用します。 敬語の「ご協力お願いします」はどのような状況で使用するでしょうか。 取引先、上司、同僚などへの依頼などの場面で「ご協力お願いします」を使用する機会が多い言葉でしょう。 そこで間違って使用してしまい、信用を失わないように「ご協力お願いします」を多用しすぎないことが大切になってくるでしょう。 「ご協力お願いします」を多用しすぎると「依頼ばかりする人だな」などと信用を失わないために正しい使い方を覚えておきましょう。 以下は敬語の種類、使い方について説明しています。 敬語の種類 敬語は主に「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類あります。 以下が敬語の説明内容となります。 難しいと感じますが、使用していくと自然に慣れていくでしょう。 尊敬語 敬語の尊敬語は相手に対して敬意を表す言い方です。 相手の動作など、相手に関わるものごとについて話すときに使用します。 「先生がいらっしゃいます」のように主語は相手になります。 また、「御社」「ご担当の方」など、相手をさす語は尊敬語に分類されます。 「御社」は口語で使用します。 メールや文書の場合は「貴社」を使用します。 謙譲語 敬語の尊敬語は自分をへりくだって相手に敬意を表現する言い方です。 自分の動作などについて話すときに使用します。 「そちらに行きます」は「そちらに伺います」 「担当が行きます」は「弊社の担当が参ります」 のように、主語が自分やその身内、自分の組織の人になります。 丁寧語 敬語の丁寧語はものごとを丁寧な言葉遣いで相手に敬意を表す言い方です。 語尾を「~です」「~ます」「~ございます」と使用します。 「ご協力お願いします」でも丁寧語ですがさらに「~幸いです」をつけるとより丁寧になります。 以下のとおりとなります。 「ご協力」だけでは受け取った側がなんだか一方的に「協力」を押しつけられている印象を受ける場合もあるので、「ご理解」をつけると印象がよくなります。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーン(メール・手紙・目上のひと)に適した敬語の「ご協力お願いします」の例文は以下のとおりとなります。 ・お知らせ、お願いのビジネスでの使い方 例文(ご理解と)ご協力をいただければ幸いです ・お知らせ、お願いのビジネスメールでの結び 例文(ご理解の上、)ご協力くださいますようお願い申し上げます ・お礼のビジネスメール冒頭 例文(ご理解と)ご協力を賜り心よりお礼申し上げます ・お礼のビジネスメール冒頭 (例文)お力添えいただき心よりお礼申し上げます メールでの使い方 敬語の「ご協力お願いします」を最適な敬語にしてビジネスシーンに使うための例文を記載しています。 また、「ご協力お願いします」とお願いしたあとはお礼のメールを忘れないように心がけましょう。 以下はメールでの「ご協力お願いします」のお願い・要望とお礼の例文を記載しています。 参考にしてください。 お願い 敬語の「ご協力お願いします」でのお願いごとのビジネスシーンでの使い方の例文です。 お知らせ、お願いのビジネスメールでの結びで使用するといいでしょう。 (例文)[ご理解の上、]ご協力くださいますようお願い申し上げます (例文)ご協力お願いします。 もっと丁寧に言い換えると以下のようになります。 (例文)ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます 「〜してくれるよう」の意味で「〜のほど」をつけ、「どうか・どうぞ」のかしこまった表現「何卒」、「言う」の謙譲語「申し上げます」とすると、ビジネスシーン(メール・手紙・目上)で使える敬語になります。 以下は「ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます」を使用したメール文の例となります。 ご迷惑をおかけし大変恐れ入りますが、 ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 お礼 敬語の「ご協力お願いします」のあと「協力」してもらったことに感謝とお礼メールは忘れずにするように心がけましょう。 以下はお礼のビジネスシーンでの使い方の例文です。 お礼のビジネスメールは冒頭に使用するといいでしょう。 (例文) 先日はご協力いただきありがとうございました。 無事、本日の提案までこぎつけることができました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 敬語「ご協力お願いします」の例文 以下は敬語の「ご協力お願いします」の例文と英語の表記を記載していますので、「ご協力お願いします」の使い方のバリエーションの一つとして参考にしていただけますと幸いです。 ご理解お願いしますとご協力お願いします 「ご協力お願いします」と「ご理解をお願いします」をそれぞれで使ってしまうと発信した側が一方的に「ご理解をお願いします」や「ご協力をお願いします」を押しつけて、受け取った側も押しつけられているように感じてしまうこともあります。 敬語の「ご協力お願いします」は「ご理解」とワンセットで使うようにしましょう。 少し印象が和らげるためにも「ご理解」と一緒に使用するといいでしょう。 (例文)お願いや要望などをする場合 ・ご理解とご協力お願い申し上げます。 「ご協力お願いします」でお願いしたあとは忘れずに「ご協力お願いします」に対してのお礼のメールや言葉をかけることをこころがけましょう。 ご協力お願いします 英語 英語での記載は以下のとおりとなります。 ・ご協力よろしくお願いいたします。 We kindly ask for your cooperation. ・ご協力、よろしくお願いします。 (メールの末文として書く場合) Thank you for your cooperation. ・ご協力をお願いします。 We ask for your cooperation. ・ご協力をお願いします。 I thank you in advance of your help. ・今後もご協力をよろしくお願い申し上げます。 We would be grateful for your continued cooperation. 「ご協力お願いします」の別の敬語表現例は以下のとおりです。 【同僚や先輩などに使う場合】 「お手伝い」 ・お手伝いしていただけませんか。 (お願い) ・お手伝いしましょうか。 (相手を気遣って) 【立場が上や取引先の相手に使う場合】 「お力添え」「ご支援」「ご尽力」 (お願い) ・お力添えいただけますよう、お願い申し上げます。 ・ご支援いただけますよう、お願い申し上げます。 (お礼) ・お力添えいただき、ありがとうございます。 ・ご尽力いただきありがとうございます。 このように「ご支援」「ご尽力」という言葉なビジネスでの依頼文などでよく利用することになります。 基本的には形式的な言い回しとなります。 相手との関係を維持していきたい、大切にしていきたいという思いが伝わることになるので、一般的によく利用される言葉ですが「ご支援」「ご尽力」は文章の締めくくりとして使用するといいでしょう。 「ご協力お願いします」で人間関係を良好に 敬語の「ご協力お願いします」使用する機会が多い言葉のひとつでもあり、使いやすい言葉でもあります。 それだけに使い方を間違えないように気を付けましょう。 取引先、上司、同僚などへの依頼などの場面では「ご協力お願いします」を使用する機会が多い言葉となりますので、そこで間違って使用してしまい、信用を失わないように「ご協力お願いします」を多用しすぎないことが大切になってくるでしょう。 そして、「ご協力お願いします」とお願いしたあとはきちんとお礼のメールや言葉をかけるようにこころがけるようにしましょう。 敬語の「ご協力お願いします」は、とてもよく使うフレーズなので上手に使い、類義語や同義語も覚えておくと、さまざまな言い回しができると文章がワンパターンにならず便利です。 ぜひ、「ご協力」やその類義語・同義語を上手く使って、相手と良好な関係を築けるようにしていきましょう。

次の

「ご理解のほど」の意味とは?ビジネスシーンでよく使う文例も紹介!

ご 理解 ご 協力 の ほど

「ご理解」の使い方 「ご理解ください」より「ご理解いただけますようお願い申し上げます」の方が無難 「ご理解ください」の「ください」は丁寧語なので、「ご理解ください」は正しい敬語になります。 「ご理解ください」は文法的には正しい敬語ですが、「ください」が命令文であるため少し丁寧さに欠けてしまう言い方です。 人によっては不快感を感じてしまいますので、注意が必要です。 よって、下記の言い方をすることで、目上の人に対しても使うことができます。 ・ご理解いただけますようお願いいたします。 ・ご理解いただけますようお願い申し上げます。 ・ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ・ご理解くださいますようお願い申し上げます。 ・ご理解いただきたく存じます。 ・ご理解いただければ幸いです。 協力も求める場合は「ご理解ご協力〜」 理解と協力を一緒にお願いする際は「 ご理解ご協力」「 ご理解とご協力」という形で使います。 「 ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます」「 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 電車のアナウンスなどでもよく聞く定番の言い回しになります。 ただ協力だけを求めるのはぶっきらぼうなので、理解してもらってから協力を求めるという謙虚な姿勢がこのフレーズには現れています。 理解に付け加えて何かをお願いする場合は「ご理解の上」 理解したもらった上で何かの行動を促すときは「 ご理解の上〜」を使います。 しっかりと状況を把握したり内容を確認してから、次の行為をお願いする文章で使います。 ・ご理解の上でご購入の判断をお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 ・ご理解の上ご検討のほどよろしくお願いいたします。 ・ご理解の上お力添えいただきますようよろしくお願いいたします。 などと使います。 理解に対する感謝を述べるときは「ご理解いただきありがとうございます」 相手の理解に対して感謝をするときは「 ご理解いただきありがとうございます」を使えばよいでしょう。 より堅い表現には「 ご理解いただきましたことを感謝申し上げます」などがあります。 ビジネスにおいて自分や自社が原因で、相手に迷惑をかけたときなどに相手が理解をし対応してくれた場合に使います。 謝罪の意を込めるときは「ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「申し訳ありませんが何卒ご理解〜」 相手に迷惑だと分かりながら理解を求める場合は、「 ご不便をおかけしますが何卒ご理解〜」「 申し訳ありませんが何卒ご理解〜」などの言い方があります。 その他にも、 ・誠に勝手ながら何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます などと言ったりもします。 「ご理解」の例文 「ご理解」を使った例文を紹介します。 「ご理解」の例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・工事は10日ほど続きます。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご期待に添うことができず誠に恐縮ですが、あしからずご理解ほどお願いいたします。 ・貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 ・ご返事が遅れる場合がありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。 ・本商品はアレルギー物質である大豆が含まれています。 ご理解の上、ご購入の判断をお願い申し上げます。 ・来月いっぴより下記の住所に本社移転することになりました。 誠に勝手ではございますが何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます ・12月29日から1月3日まではお休みさせていただきます。 ご理解の上ご容赦いただきますようお願い申し上げます。 「ご理解」の類語との違い 「ご理解」と「ご了承」の違い 「ご理解」と非常に似た言葉に「 ご了承」があります。 「 ごりょうしょう」と読みます。 「ご了承」=尊敬を表す接頭語「ご」+ 「理解」を意味する「了」+ 「受け入れる」を意味する「承」 という成り立ちになっています。 よって、「ご理解」とは単に「物事を分かってもらう」という意味ですが、 「ご了承」は 「相手に物事を分かってもらった上で受け入れてもらう」という意味になります。 「ご了承ください」は、 物事を始める前に目上の人から許しをもらうときの言葉なので、「ご理解ください」とは少し用途が異なります。 「 予めご了承ください」などとも言います。 例文 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承ください。 ・応募者が多い場合は抽選とさせていただきます。 ご了承願います。 ・参加希望者が殺到しているため、応募を締め切りさせていただくことがあります。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 「ご理解」と「ご容赦」の違い 「ご容赦」とは「 許す、大目に見る」という意味です。 よって、「ご容赦ください」とは「許してください」「大目に見てください」という意味になります。 「自分や自社がした失敗や迷惑をどうか受け入れてお許しください」という意味で使います。 上記でも触れましたが、「ご理解の上ご容赦いただけますようよろしくお願いいたします」など「ご理解」と「ご容赦」は一緒に使うこともあります。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・本日の会議参加できません。 どうぞご容赦ください。 ・混雑により入場の制限をしております。 大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちいただけますようご容赦くださいませ。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 ご容赦のほどお願い申し上げます。 「ご配慮」「ご高配」「ご賢察」 「ご理解」の類語には、「 ご配慮(ごはいりょ)」「 ご高配(ごこうはい)」「 ご賢察(ごけんさつ)」などもあります。 これらの3つの単語はどれも同じ意味です。 どれも「他人の配慮」をいう尊敬語になります。 「理解」と「配慮」は意味が似ていますが、「配慮」は「心をくばること」なので、「物事がわかる」とは微妙に違います。 「 ご配慮のほど、よろしくお願いいたします」などと使います。 例文 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮賜れますと幸いです。 ・海外出張の際には、紛争・テロ・内戦等に巻き込まれないよう、くれぐれもご配慮をお願いいたします。 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、ご配慮をいただきありがとうございました。 ・このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。

次の