ヒゲダン pretender 歌詞 意味。 Official髭男dism「LADY」の歌詞の意味(解釈)とは?

大ブレイク中、島根発バンド「Official髭男dism」はどこが凄いのか

ヒゲダン pretender 歌詞 意味

スポンサードリンク 2018年の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌に「ノーダウト」が起用されたOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 ドラマに続き映画の主題歌もOfficial髭男dism(ヒゲダン)が担当することになり、2019年5月17日公開の映画「コンフィデンスマンJP」に書き下ろしたのがこの「Pretender」です。 「Pretender プリテンダー 」ですが、実は聞き手によって曲への解釈が異なるようなのです。 今回はOfficial髭男dism(ヒゲダン)の人気曲「Pretender プリテンダー 」について、「ヒゲダンPretenderの歌詞の意味を解釈!詐欺師の憂鬱って何?」と題してまとめてみました。 パッと読める目次• ヒゲダンがPretender プリテンダー に込めた思い ヒゲダンの話題曲「Pretender プリテンダー 」の作詞・作曲は藤原聡さんです。 藤原聡さんは「Pretender プリテンダー 」について、以前このようにインタビューで語っています。 「夢の中で『あっ、これは夢だ。 』と気付く事ってありませんか? 自分を騙し切って、夢の主人公を続けたいのに、夢だってまだ気付きたくないのに、叶わない。 そんな 寂しさと、 儚さが、この映画に隠れているのを見つけた気がしました。 そして生まれたのがこの『Pretender』でした」 音楽ナタリーより引用 寂しさや儚さを元にこの「Pretender プリテンダー 」という曲が出来上がったということのようですね。 タイトルにつけられた「Pretender プリテンダー 」とは一体どんな意味なのでしょうか。 スポンサードリンク Pretender プリテンダー 歌詞の解釈は? Pretenderの歌詞でいいところは 『それじゃ僕にとって君は何?』 ってとこ。 君にとっての僕、じゃなくて 僕にとっての君ってのがいい。 ポップな曲調なのに、歌詞をしっかり聴くと「あれ・・・?」と歌詞の意味や解釈を考えてしまうファンの少なくないようです。 悲しい歌なのか、はたまた 前向きな歌なのかは聴く人によって異なるというPretender。 藤原聡さんは、この曲についてインタビューでこのように答えています。 髭男面白いね。 凄く良い曲にこんな内容を押し込めてくるとか! — ぺぺ pepeko012345 Official髭男dismのPretenderの歌詞って「もっと違う設定で出会える世界線選べたらよかった」「君の運命の人は僕じゃない」「たったひとつ確かなことがあるとするのならば君は綺麗だ」「好きだとか無責任に言えたならいいな」とか完全にもうセフレへの言い訳をするクソ男のセリフ以外の何物でもない — おめが PedkQ 西野カナより青山テルマよりも 個人的にOfficial髭男dismの pretenderが どツボすぎてエモい。 こんな事言う事も言われる事も 多分無いんだろうけど 夜の世界の人は一度は思った事 ある筈!! だと勝手に思ってる。 いづれにせよ切ない歌詞 — ハル mii1415280 【関連記事】.

次の

【Official髭男dism/イエスタデイ】歌詞の意味を解釈!「ハローワールド」主題歌として完璧すぎる。

ヒゲダン pretender 歌詞 意味

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

Official髭男dism の曲の特徴 &lg.ripley.clderの歌い方解説 【前半編】

ヒゲダン pretender 歌詞 意味

Pretenderとシュタゲ(シュタインズゲート)の共通点を考察 歌詞の意味とシュタゲのストーリーがリンクしている Pretenderの歌詞とシュタゲにはかなり共通点があります。 まず一番にハッとするであろう箇所はここ。 この言葉、シュタゲを見ている人ならハッとする言葉だと思います。 しかも歌詞の中では 「出会える世界線 選べたらよかった」と歌っています。 これはシュタゲの中で主人公・岡部倫太郎が、ヒロイン・牧瀬紅莉栖が死んでしまう世界線からどうしても抜け出せず、救うことを諦める描写とモロにリンクします。 (幼馴染・マユリの命を救うためには、紅莉栖が死ぬ世界線に留まるしかなかった) 次にシュタゲとリンクするのは2番のこの歌詞。 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 出典: 紅莉栖とせっかく気持ちが通じ合ったのに、その向こうにはエンドライン(終わり)がある。 何度タイムリープして終わりを引き伸ばしたって、心の奥底で選ぶしかないと分かっている未来、そこに紅莉栖はいない。 その事実が泣きたいほど苦しい。 出展 Pretenderのジャケット Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 正直「完全に一致」ですよね。 この時点で、絶対シュタゲのこと意識してるな、と思いました! Official髭男dism藤原はシュタゲの大ファンだった! これまでの共通点でなんとなとくはわかっていましたが、Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンのようです! Pretenderリリースに際してのインタビューでこのように語っていました。 藤原「ちなみにPretenderの中で<世界線>という単語を使っているんですけれども、僕は「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」というアニメの大ファンでして、このフレーズはそこからインスピレーションを受けたところもあります。 そのアニメはタイムトラベルをする話で、世界線というものが並んでいて、もしもこうなっていたら、次はこうなっていたという前提で進んでいく世界というものがあるんですね。 それで「シュタインズゲート」の中では、主人公がその<世界線>を越えて、世界を変えたいという思いで奮闘していくんです。 だから僕にとって<世界線>という言葉はとてもロマンチックなもので大好きな言葉なんです。 」 出典 この<世界線>という言葉のロマンチックさ、楽曲によーーく現れている気がしますよね。 ちょっと悲しげで、でもロマンチックな感じというか。 個人的にはすごくシュタゲが見返したくなってしまいました(笑) ジャケットの052519の数字の意味 Travelerにも登場 pretenderのジャケットはシュタゲのダイバージェンスメーターだという話を先程しましたが、ジャケットには「052519」という数字が並んでいます。 (アルバムTravelerにもpretenderの前奏として052519という曲が挿入されていました) Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 この意味についても藤原さんがインタビューにて語っていました。 52519>なのでまだほど遠いですね(笑)。 」 出典 この数値もシュタゲの世界線変動に習ってつけたものだったんですね。 52519 052519 」がジャケットには描かれているということのようです。 君ともっと違う設定で、関係で、出会いたかったという気持ちがジャケットにまで表現されていたとは・・・エモすぎます。 まとめ 今回の記事をまとめると、• Pretenderの歌詞にはシュタゲとリンクしている部分が多数ある• Pretenderのジェケットには、シュタゲに登場したダイバージェンス・メーターが使われている• Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンだったことがインタビューから判明した!• 52519 052519 」という意味が込められている という結論でした!.

次の