ヤルヲ ない お。 ヤルヲが嫁と離婚した原因は?顔画像や子供はいる?文春砲と関係あり?|鬼アツ

シバターがヤルヲがうちいく辞めた 本当の理由を話す動画の内容

ヤルヲ ない お

発表された動画 最終回の57:38部分で、テロップが流れます。 「ちなみに ないおは責任を取る形で クビになりました」 と表示されます。 ただ、ここでみなさんが気になるのは 「ないおは本当にクビになったの?」という疑問だと思います。 自分は、これはうちいくTVという媒体を残すための手段でしかない、と考えます。 ないおさんがクビになったことを発表した理由とは ないおさんは、著しく好感度が下がっています。 というのも、やはりヤルヲさん辞める&移籍の件があったからです。 ヤルヲさんがいなくなった後、ないおさんが仕切って、新演者オーディションや動画撮影などを続けていっても、視聴者は「うちいくTV」に嫌悪感を持ち続けてしまいます。 ですので、「ないおさんはクビになりました」として、ヤルヲさんもないおさんもいなくなった 「新生うちいくTV」という見せ方をしたかったのでしょう。 うちいくTV自体は、チャンネル登録数33万あり、また、名前としての価値も残っているからです。 そして、残っているスタッフたちが、これから番組を作っていく上で、「ヤルヲとないお」というしがらみがない分、視聴者からのヘンなやっかみを受けなくて済みます。 ただ、この時に気になることは、 「じつはないおさんは今後もうちいくTVに関わり続ける可能性は十分にある」ということです。 ないおさんはクビになっても、うちいくTVに関わり続けることができる 社員でなくても、番組制作・ブランディングのお仕事はできます。 たとえクビになっても、「業務委託・準委任契約」といった形で、相談役だのプロデューサーだのという仕事の振り方、お金の支払い方はできます。 なので、「クビになった」=「うちいくTVに関わらない」という意味ではないのです。 ないおさんはもともと裏方だったからクビになったかどうかは不明 そもそもないおさんは動画の出演者でなく、裏方の人間です。 そして、今現在のうちいくTVは、カメラ・編集ともにスタッフが充実しています。 つまり、ないおさんは、動画というメディア媒体に一切出なくても良い立場にあるわけです。 なので、クビになった、といっても、本当に辞めたかどうかはよくわかりません。 ですので、辞めたといっても、先ほどに書いたように、「視聴者からは見えないところでうちいくTVに関わり続けることはできる」のです。 また、うちいくTVのスタッフから自発的に相談したいと思って、ないおさんに連絡を取ることも十分に考えられます。 要するに、なにがいいたいかというと、 「ないおが責任をとってクビ」というのはマジで茶番、ということです。 ないおさんの今後の動向に注目 ただし、ないおさんは、うちいくTVを一つのメディアとして独立させて、スタッフに任せようとしているとは思います。 そのために、自分の存在を切り離したように発表したのだと思います。 となると、次にないおさんがやることは何か。 新しい番組(媒体)を作るか、まったく別のなにかをするか。 ヤルヲさんと揉めた理由の一つに、ボートレース番組に夢中になっていることも挙げられていましたので、別分野のチャンネル媒体を作るのかもしれません。 今後の動向に注目です。 ヤルヲはジャンバリへ! 2019年11月1日、ヤルヲさんが自身のTwitterで、JANBARI. TVへ移籍することを発表しました。 今後の出演料は20万円以上になることも予想されます。 結局、二人はなんで喧嘩したの? 原因を考察してみたのですが、まさにお金の切れ目が縁の切れ目ですね。

次の

パチスロライターヤルヲのwiki的プロフィール結婚と嫁やギャラと炎上の理由は?

ヤルヲ ない お

ヤルヲのwiki!本名や経歴は? プロフィール 生年月日 1985年9月16日 本名 正木宏朋 出身地 福岡県春日市 本職 スポーツバー&カフェの店長 趣味 ナルト 漫画 ヤルヲさんの 本名ですが、 正木宏朋という名前だそうです! 本人のFacebookがあり、載せている写真も ヤルヲさんですので、 信憑性は高いのではないかと思います。 ちなみに本職であるスポーツバー (CAFE&BAR HOBART)では、 ホバートマスター マサキと 名乗っているようです。 そんなヤルヲさんの 経歴ですが、 4号機の北斗の拳や吉宗の時代に パチスロを始めたそうです。 そして2014年1月頃から うちいくTVパチンコパチスロ実践動画 というYouTubeチャンネルで 実践動画配信を開始しています。 2016年11月現在 ヤルヲの燃えカスは 180話以上を配信し 再生回数はほとんどが 10万回以上、 第1話は140万回を達成していて かなりの人気番組となっていますね。 もともと 九州地方のお店での 収録が多かったようですが、 人気が出てきた最近では 全国各地で 収録することも多くなってきているようです。 ヤルヲの燃えカスという番組は 一切 ギャラを貰わずお店と交渉して 撮影しているそうですが、 そのおかげなのか、ヤルヲさんは ホールや台のメーカーに言いたいことを ズバズバ言っています。 笑 これは他のライターさんには 出来ないことですし、 的確に痛いところを突くようで 面白いですね。 また、相方である ないおさんとの全然関係ない話も 本当に面白いですし、 動画の編集にも定評があります。 この辺りが人気の秘密なのでしょうね。 これからも面白い番組を たくさん配信してもらいたいですね。 追記 2019年8月10日に ヤルヲさんがうちいくTVを辞め、 別媒体に移籍するとの発表がありました。 今回うちいくTVを辞めるにあたって3回に渡ってのないおさんとのやり取りを動画にしました。 面白要素は皆無で時間も長いですが気になる方は観てください。 1話から見てきたので すごく悲しいですが、 今後もヤルヲさん、うちいくTVとも 配信を続けてほしいですね。 ヤルヲの年収や収支は? ヤルヲさんの 年収やギャラですが、 ヤルヲの燃えカスは先ほど書いたように お店からのギャラは貰っていないようです。 しかし、 YouTubeからの 広告収入や こびドルなど他の動画での 収入はありそうです。 うちいくTVパチンコパチスロ実践動画 の総再生回数は 1億3000万回を超えていて、 通算 1600万円ほどの広告収入が発生している ようです。 2014年1月からのスタートと考えると、 年間500万円強といったところでしょうか。 約3年でこの金額は凄いですね! もちろんこの金額はヤルヲさん個人に 入ってくる金額ではなく、 ないおさんや うちいくTVの 他の方と分配していると思われますので、 実際は もっと低いのではないかと 予想できます。 すでに人気もあり 知名度もあると思いますので、 本業のバーの経営もかなり上手く いっているんじゃないでしょうか。 個人的な予想では 両方合わせても 1000万はいってない ぐらいじゃないかな〜と思います。 あくまで予想ですが・・・。 特に100話あたりから 大きく勝つことが 増えたようで、このような収支になっているようですね。 うらやましい! ヤルヲのネット上の評価は? ヤルヲさんのネット上での 評価を調べてみました。 まず、YouTubeでは ほとんどの動画が good評価が bad評価を大きく上回っています。 また、 ほとんど知識がない状態であったり 負けた時の発言が 視聴者 素人 側と 同じ様な発言であったりと、 親近感が持てることで人気のようです。 しかし、最近では 態度が大きいや 面白くないといった 批判的なコメントも見かけるようになりました。 これも 知名度が上がってきた証拠でしょうし、 熱烈なファンも多くいるので 負けずに頑張って欲しいですね。 今後のヤルヲさんの活躍に期待しています! 最後までお読みいただき ありがとうございました。

次の

ヤルヲ解体新書 / 年収・年齢・エトセトラ

ヤルヲ ない お

11月1日よりJANBARI. TVに正式加入したヤルヲさん。 ななプレス取材班は、そんなヤルヲさんにJANBARI. TV移籍の真相を聞き出す単独インタビューを敢行。 今回はその後編をお届けします! アップに寄ると、昭和の中日のユニフォームっぽく見えるカラーリングで、ある意味FA会見っぽさが出てきました ここからは、「JANBARI. TVでのヤルヲさん」のことを中心に聞いていきます。 わかりました。 ドンドン行きましょう!! これからは大阪のヤルヲです!! 今後の活動の拠点は大阪になりますか? 大阪です。 もう家も決めてきました。 いつでも会社に行けるところにしてやりましたよ! もう「いつ呼ばれてもOK!」という気持ちの表れ、ということですか? そうですね。 ちょっとした収録だったり、夜に生放送とかで呼ばれることもある、って聞いたんで。 どんなことにも顔を出していこうかな、と。 ちなみに、外から見ていたときのJANBARI. TVのイメージというのは、どんな感じでしたか? イメージというのは、実はそんなにないんですよ。 というのも僕、本当に他の媒体の番組を見ないんでイメージはないですね。 あえていうなら、この 業界の老舗っていうぐらいですかね。 では続きまして、JANBARIファンに見せたい自分の持ち味やセールスポイントを教えてください。 そこはやっぱり 「破天荒だけじゃないんだぞ」ってところを見てほしいですね。 「破天荒だけじゃない」新しいヤルヲ像を見せてくれると話してくれたヤルヲさん。 次では、そんなヤルヲさんの「はじめて」を入手するべく、取材班、動きます。

次の