メインクーン ペットショップ。 ペットショップの猫!売れ残りはどうなるの?

ペットショップB

メインクーン ペットショップ

大型猫のメインクーン。 性格が穏やかなので大変飼いやすいです。 ご質問等は下記へお気軽にお寄せ下さい ペットショップ鈴花 電話 022-290-5497 Email: 携帯などで受信アドレス制限をされている場合、当店からのメールを受信ができないことが ございます。 当店よりのメール「 energy. ocn. jp」のドメインを受信可能にして頂きますようお願いいたします。 メールは通常3日以内にて折り返しご連絡します。 お返事が届かない場合、お手数ですが再度お送り下さい。 (スパムフォルダに入っているケースもありますのでご注意下さい) お急ぎの方はお電話をご利用下さい。 どうぞよろしくお願いします。 ||||| Copyright C ペットショップ鈴花 All rights reserved.

次の

メインクーンの子猫たち

メインクーン ペットショップ

画像と本文と直接の関係はありません。 メインクーンはペットショップやブリーダーから購入することができます。 だいたい2~3ヶ月の子猫を販売していることが多いようです。 ブリーダーにも血統のある見事なメインクーンを育てているところもあれば、繁殖を目的としてペットショップに卸すためのメインクーンを扱っているところもあります。 それぞれの購入先によってメインクーンの価格は異なってくるようです。 例えば、ペットショップではメインクーンは15~30万円ほどの値段がつけられています。 ブリーダーから購入する場合には、一流の良い血統を持つ子では30万円ほどの価格となることもありますが、一般的にはペットショップよりも安価となることが多いです! スポンサードリンク Contents• メインクーンの購入先 いざメインクーンを購入しようとした場合、その購入先としていろいろな場所が考えられます。 代表的なのはペットショップで買うかブリーダーから買うかという選択肢になります。 今は何でも検索することが可能な時代ですので、どこにどんなメインクーンがいるのかはインターネットを通じて調べることができます。 ペットショップの場合、地域や全国で展開している大手のチェーン店であればかなりの種類の猫の中から選び、遠方のペットショップの子でも最寄りのショップまで配送してくれることもあります。 様々な種類の中から選びたいという場合であれば、大手のペットショップのホームページを参考にしてみてはいかがでしょうか。 ブリーダーの場合は、飼育されている猫の種類はある程度決められています。 メインクーンを飼うと決めている場合には、たくさんのメインクーンから飼い主の気に入る子を見つけられるという点ではブリーダーから検討してみるのも良いでしょう。 ここからペットショップ、ブリーダーについて詳しく紹介していきます。 スポンサードリンク メインクーン、ペットショップでの値段相場 ペットショップではメインクーンはどのぐらいの値段がついているのでしょうか。 メインクーンは1匹あたりおおよそ15~30万円ほどが相場だとされているようです。 ペットショップはブリーダーから引き取って販売するという手順を挟んでいる分、やや高額に設定されている場合が多いようです。 ペットショップで購入するメリットとしては、生活関連グッズなどを一緒に買いそろえることができる点だと思います。 猫を購入して、その場でキャットフードやゲージなどあらゆるものをそのままそろえることができます。 最近では動物病院やトリマーを併設している大型店も増えてきています。 メインクーンの立派な顎髭?を整えるためにトリマーの利用もいかがでしょう? メインクーン、ブリーダーで購入するときの値段相場 メインクーンをブリーダーから購入する場合、値段相場として10万~30万円と幅が広くなっています。 これは、そのブリーダーが「どのような」メインクーンを飼育・販売しているのかというところで違ってくるのだそうです。 血統の良い、品評会などに出場した両親を持つ子などには30万円以上の高値がつけられます。 ペットショップに卸すメインクーンは10万円~と安価になる傾向があるようです。 最近では、ブリーダーはインターネットなどで検索することで簡単に探してコンタクトをとることができます。 まずは情報を検索し、お気に入りの子がどこにいるのか調べてみると良いと思います! ブリーダーから買う場合は、なんといっても血統をたどることができるというところが大きなメリットとなります。 また、店頭のゲージではなく人間と一緒に生活しているので慣れやすいかもしれませんね。 ブリーダーによっては、購入後の「アフターサービス」として、気軽に相談や質問ができるところもあるそうです。 メインクーンの値段相場はどのぐらい?【まとめ】 大きな体や優しい性格などから人気の高いメインクーンですが、いざ飼おうと思った場合にはペットショップやブリーダーを訪れるといいです。 家族の一員として迎え入れるわけですから、どの子にしようか迷ってしまいますね。 その際の決め手の一つは値段になると思います。 一般的なメインクーンではペットショップの方が高値となる傾向にありますが、一部で高い血統や美しい毛並みを持つ子を育てているブリーダーから購入する場合には30万円を超える値段がついていることがあります。 見た目の高級感にとらわれない子を迎えて、浮いた予算でフードやおもちゃなどを充実させてあげることもできます。 予算は多いに超したことはなさそうですね。 個人的には、購入費用は多少かかってもいざ飼った後の癒し効果を考えると安い買い物だと思ってしまいます。 気に入った子を迎えて楽しいキャットライフを送ってくださいね! スポンサードリンク•

次の

ペットショップで“大安売り”されていたメインクーン、なにか事情が?店員は「おとなしい」と言うけれど…

メインクーン ペットショップ

人が大好きなセフィロス君 メインクーンといえば、ペットショップで20~30万円で販売されることが多い猫種です。 専門ブリーダーのサイトを見ると、50万円近い高値が付いていることも。 そんなメインクーンを5万円で購入した女性がいます。 生後6カ月になっていたとはいえ、破格の値段…。 ペットショップではケースの隅っこにじっとしていて、こんな風に遊ぶこともなかった 鎌田晶子さんがお母さんと一緒にペットショップへ行ったのは、飼っていた猫のオヤツを買うためでした。 店の中央に大きなプラスチックケースが置かれていて、中には複数の猫がいたそうです。 「ほかの子は上へ下へと動き回っていたのに、1匹だけ隅っこでじっとしている猫がいたんです。 おとなしい子だな、というのが第一印象。 値段を見たときには1ケタ違うんじゃないかと思いました」(鎌田さん) 大幅ディスカウントには生後6カ月ということ以外に何か事情があるんじゃないか…少し不安を覚えましたが、店員は「おとなしくてかわいいですよ」としか言いませんでした。 鎌田さんの家に来た頃。 毛はふんわりしているけれど2キロくらいしかなかったという 鎌田さんとお母さんは同じことを考えていました。 「このまま買い手が見つからなかったら、保健所に連れていかれるんじゃないか」。 2人の意見は一致しました。 「うちで飼おう!」。 お財布の中身をかき集めたら、ぎりぎり5万円あったそうです。 「もともと、長毛の子もいたらいいねと母と話していたんです。 でもそんなにお金ないから無理かなって。 それが5万円の子に出会った。 運命だと思って連れて帰りました」(鎌田さん) ゲーム好きの鎌田さんは、その猫に「セフィロス」と名付けました。 ゲームに登場するキャラクターの名前です。 当時、セフィロス君は体重が2キロくらいしかありませんでした。 猫の中では大きいことで知られるメインクーン。 生後6カ月だと3. 5~4. 5キロくらいが平均的と言われています。 鎌田さんはセフィロス君が小さいことも気になっていました。 普段はやんちゃだけど、バッグに入るとおとなしくなる そして家に帰ってすぐ、もう一つ気になることが。 「人が風邪を引いたときに出るような、粘り気のある鼻水でした。 1回だけなら大丈夫かなと思って様子を見ていたのですが、取っても取っても出てくる。 これはおかしいと思い病院へ行ったら、かなりひどい風邪を引いていると言われました。 ペットショップの人は『ごはんはそんなに食べないから少なめで大丈夫』と言っていたけれど、それは体調が悪かったからだと思うんです。 1週間お薬を飲ませたら鼻水は止まりましたし、ごはんもよく食べるようになりました」(鎌田さん) 大きくならないはずです。 体調不良で食べなければ、栄養を摂取できないのですから。 「ねこふんじゃった」弾いてみる? 他にも咳をしたり、腸が弱くて血便が出たりと病院通いが続き、「お金は結構かかりましたね 苦笑 」と鎌田さん。 それでもセフィロス君を迎えたことを後悔はしていません。 あのとき決心しなければ、保健所行きどころか、その前に命を落としていた可能性だってあります。 「セフィを迎えるまで、ペットショップは環境が整っていて、ちゃんと育てて、ちゃんと販売してくれているものと思っていたんです。 でも違った。 契約書には『〇日以内に死んだら新しい子と交換します』みたいなことが書いてありました。 ふざけるなと思いましたね。 書かないといけないのかもしれませんけど、命なんだから、もっと大切にしてほしい。 あれ以来、ペットショップには不信感しかないですね。 どうしても必要なときは行きますけど、販売されている子には『いい人にもらわれるようにアピールしなよ』と声を掛けて帰ってきます」(鎌田さん) そこに箱があるから 8歳になったセフィロス君は、とてもやんちゃで人が大好きな猫に成長しました。 インターホンが鳴ると、玄関に走っていくそうです。 そして「よくおしゃべりする」(鎌田さん)のだとか。 仕事から帰ると、玄関先で待っていてくれるというセフィロス君。 「あのね、今日はこんなことがあったよ」と報告しているのかもしれません。 (まいどなニュース特約・岡部 充代).

次の