ご配慮。 環境省_太陽光発電の環境配慮ガイドラインの公表及び意見募集(パブリックコメント)の結果について

障害者雇用の合理的配慮

ご配慮

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 1• 研究社 新和英中辞典 4• Weblioビジネス英語例文 2• Weblio Email例文集 49• Weblio英語基本例文集 3• 場面別・シーン別英語表現辞典 6• 浜島書店 Catch a Wave 13• Eゲイト英和辞典 4• 英語論文検索例文集 9• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 4• 日本語WordNet 20• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 5• Tanaka Corpus 6• 日本法令外国語訳データベースシステム 205• Gentoo Linux 1• JM 1• Python 5• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 176• 京大-NICT 日英中基本文データ 4• 官公庁発表資料• 金融庁 130• 財務省 91• 特許庁 20• 特許庁 1601• 経済産業省 195• 厚生労働省 68• 書籍・作品• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 2• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 1• Mary Lamb『お気に召すまま』 1• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 1• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 1• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 1• John Stuart Mill『自由について』 12• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 2.

次の

三浦春馬さんの実家にまで押しかけ“インターホン押す” 配慮欠くマスコミに批判殺到「誰も望んでいない。マスコミに人の心は無いのか?」(2020年7月20日)|BIGLOBEニュース

ご配慮

画像はイメージ 俳優・さんの死をめぐり報道が過熱している。 実家にまで取材に押しかけるマスコミに対し、家族への配慮を欠いていると批判の声があがっている。 港区の自宅マンションで意識不明の状態で発見され、18日に亡くなった三浦さん。 人気俳優の突然の訃報は大きな衝撃をもたらしている。 マスコミの取材は、事務所関係者や共演者のみならず、三浦さんの実家にまで拡大。 スポーツニッポンは実家の様子を「主を失ったかのように静まり返っていた。 表札はそのままだが、記者がインターホンを押しても反応はなく、電気メーターも止まったままで人けは全くない」と伝えた。 また、港区のマンションの住人というTwitterユーザーは、「どこか嬉しそうな表情を浮かべてインタビューしてくるのはなぜですか」と疑問を投げかけ。 「いくら粘っても誰もあなた達に口を開きませんよ。 自分の大切な人が亡くなった時に同じ事できますか」と怒りをあらわにしている。 このほかにも、「お隣の敷地に」と取材陣が多数集まり待機している様子なども伝えられている。 こうしたマスコミの報道姿勢について、Twitterでは家族への配慮がないという批判や、取材のあり方への疑問の声などが相次いでいる。 「誰も望んでいない。 マスコミに人の心は無いのか?」 「マスコミは『視聴者が、読者が』と知る権利を主張するが、自分達が知りたいという欲求を満たしているだけのよう思えて仕方がない」 「インターホンを押すとか電気メーター確認するとか、もうストーカーなのかな。 取材受けないに決まってるでしょう」 「そっとしといたりよ。 身内がましてや息子が急死してるのに、他人の心の痛み解れへんのが記者?」 「身内とか大切な人が亡くなったりしたことないのかね」 「一人暮らしだった彼のマンションの前に今集まって、いったい何がしたいんだろう」 「三浦春馬」をもっと詳しく.

次の

「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説

ご配慮

ロシア現地時間1月3日に代理母出産で3400グラムの男児が誕生し、日本へ帰国したフリーアナウンサーの(46)が2日、自身のブログを更新。 「夜中に私共自宅のインターホンを鳴らしての取材に関してお願いがございます」とし、一部の過度な取材に対し配慮を呼びかけた。 「一部の週刊誌記者の方々へ」の書き出しで丸岡は「さて、夜中に私共自宅のインターホンを鳴らしての取材に関してお願いがございます」とし「確かに赤ちゃんは3時間ごとにミルクで起きておりますが、それ以外は睡眠をとっております。 昼夜問わずの、また夜中の長時間にわたるインターホンを鳴らし続けての取材をご遠慮頂くことをご検討いただけないでしょうか?」と呼びかけ。 「私もかつて記者をしておりましたので、記者の皆様のお気持ちも全くわからないというわけではございません」と理解はしているが「ただ、今回の事案でこのような取材手法をとることが果たして必要でしょうか? 日本を代表する週刊誌記者の方々でいらっしゃいます 私共の自宅住所をご存知だということは、封書で文書にして頂くようなことも最悪可能ではないでしょうか?」とも提案した。 続けて「雑誌名のみをインターホンで連呼され、詰問口調でお話しされましてもその意図がよくわかりません。 文書できちんと今回の取材趣旨・取材意図などを書いて頂いて、必ずご自身のお名刺を同封して取材をされるのが誰にも迷惑のかからない方法かと思われます」といい「もちろん、事務所と相談の上で真摯に対応させて頂きたいと思います」と伝えた。 「インターホンを長時間にわたって占拠するのは他住民の方へのご迷惑にもなります。 私自身はもちろんメディアで働く身として公人とも言えますが、一方で一人の母親でもあります」と訴えた丸岡。 「どうか、安心してミルクやオムツを買いに行けるような環境のみ残して頂けないでしょうか?」と求めた。 一方で、「そんなものはネットで買えばいい!」という声も心配しているが、現状について「これまで子供にはロシアのミルクを与えていました。 環境が変わり、日本のどのようなミルクが合うのか母親として直接手に取りいろいろ試してみたいとも思っております。 それ以外にも、母子手帳など日本で様々な手続きをしなければなりません」と告白し、最後は「寒い中での取材で、記者の方々もお疲れとは存じますが、一度ご検討を頂けないでしょうか? どうか平にお願い申し上げます」と切に願った。 夫で映画コメンテーターの(41)は同日、自身のブログで帰国を報告。 「正直ホッと、、ホッと致しました」と明かし「ロシア在住の方から、多くのコメントが本当に心の支えになりました。 勇気湧きました。 ありがとうございます!!」と感謝。 「息子にとっては、新天地。 親子3人で新生活が頑張ります」とつづっていた。

次の