オードトワレ パルファム 違い。 納得「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム 」の違い

香水の種類と違い。オードトワレ・オードパルファムとはどう違う?

オードトワレ パルファム 違い

香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンと分類している。 日本では、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファム・パルファムを総称して、「香水」と呼ぶことが多い。 日本の薬事法では香水の分類・規制がないため、メーカー毎に呼び分け方に違いもあるが、目安として次のように区別される。 パルファム(パルファン)は、濃度15~30%、持続時間5~7時間。 濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。 英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。 オードパルファム(オードパルファン)は、濃度10~15%、持続時間5~7時間。 パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。 「eau de parfum」の頭文字から、「EDP」と表記される。 オードトワレは、濃度5~10%、持続時間3~4時間。 濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。 「eau de toilette」の頭文字から、「EDT」と表記される。 オーデコロンは、濃度2~5%、持続時間1~2時間。 シャワーを浴びた後のような感覚で使ったり、初めて香水を使う場合に適している。 「eau de Cologne」の頭文字から、「EDC」と表記される。 非常に濃度が低いため、オーデコロンと香水(パルファム・オードパルファム・オードトワレの総称として)に分類されることもある。

次の

トワレの意味とコロンやパルファムとの違いは?匂いが長続きする付け方も

オードトワレ パルファム 違い

香水でコロン・トワレ・パルファムの違いや意味!持続時間に付け方 香水の種類について 話を聞くまであまり 意識をしたことはありませんでしたが 香水には実に 「4つの種類」があります。 「パルファム(パルファン)」 「オードパルファム」 「オーデトワレ(オードトワレ)」 「オーデコロン」 一般的にはこの4種類に分類されるそうで 厳密には1番濃度の高い「パルファム」が 香水と言われるとのことですけど まあひとまずこの4種類ひっくるめて 香水という事になっています。 よく「パルファム」の他にも 「フレグランス」とか聞いたりしますけど 化粧品に属する香水で部屋用の 香水、ルームフレグランスのように広範囲に 香る商品の事を指すようです。 ついでに「パフューム」も割と耳にしますよね。 あれは英語での香水を意味し濃度的には パルファムと同じとされているので まあパルファムと同じものと見ていいかと。 あと「オーデ・オード」とは フランス語で 「eaude」と書き 日本語では 「水の~」を意味するので 少し希釈されて薄くなっているという 意味を指します。 「オーデ・オード」がついていると 香水としてはちょっと薄くなっている というわけなんですね。 全くもって知らない知識だったので 聞いた時は「へぇ~」という印象でした。 それぞれ4つの香水の違いや持続時間、付け方 ではそれぞれの香水の種類における違いとは どんなものでしょうか? メーカーごとに微妙に違う部分はあるので 一概にこう、と決定づけることは出来ませんが 一般的には次のように分けられています。 最高位に位置しているだけあり その香りもまた少量でものすごい香りがします。 パーティとか結婚式などおめでたい場所での 使用には適しているかなと思いますけど 逆にお葬式、通常の会社勤務 重要な会議などでは主張が強すぎるので 使用は控えた方がいいかもです。 パルファムに至っては 液体タイプが基本で付け方としては 「ほんの1滴、肌に点を落とすイメージ」 で十分だといいます。 間違ってもダラっと肌全体とかに つけないよう注意です。 オードパルファムの場合は 「線をイメージして細く伸ばすように付ける」 とよく言われているようです。 パルファム以下の香水は スプレータイプのものが多いので 線のようにいかないと思いますが まあイメージとしてそう付けるんだな 程度に留めておいてもらえればいいでしょう。 気軽にカジュアルに使用でき 会社や大学などの学校、普段の生活の中で 使用する分には十分です。 匂いがキツイタイプは あまり使いたくないという方の場合は このオードトワレを使用する事も多いといいます オードトワレの場合も オードパルファムと同じように 「線をイメージして細く伸ばすように付ける」 これをイメージしてつけてみましょう。 オードパルファムと異なり 持続時間はそんなにないので 香りが薄くなってきたかな?と感じたら 再度付け足していけば大丈夫です。 濃度も随分薄いので香水としてよりも 気分をリフレッシュしたい時などに シュシュッとかけるイメージですね。 シャワーをイメージしてもらえると 分かりやすいかもです。 オーデコロンの場合は 全体に付ける「面」をイメージして 付けるようにしましょう。 香り薄めなので結構シュシュッと ふりかけても大丈夫です。 一応それぞれの付け方の イメージをまとめておきますと 「パルファム」・・・「点」 「オードパルファム」・・・「線」 「オードトワレ」・・・「線」 「オーデコロン」・・・「面」 とこんな感じですね。 ちなみに同じ香水でもつける人によって 肌表面のph値とか体温、気候などの環境で 香りの飛び方は異なりますので 実際に自分の肌につけてどう香るのか 確認することは大事です。 加えて自分の香りに慣れてしまうと 不思議なことに すごい香り発しているのに あまり香りしていないなと勘違いして 何回もプッシュシて更に香りを 強めてしまうというケースもあるといいます。 こうなるともはや悪臭を放つ モンスターみたいになるので いくつかの香りをローテーションで使用し 慣れてしまうのを予防するという対策も 必要かなと思います。 今回のまとめ はい、そんな感じで今回は香水の 「コロン」「トワレ」「パルファム」 これらの違いや意味についてや 持続時間に付け方などについて お送りしていきました。 こうしてみるとなかなか違いがあって 奥が深いんだなーと感じますね。 もしも自分がつけている香水の付け方が ちょっと間違っていたかも・・? と感じたあなたは今回を機に 付け方変えてみてもらえると幸いです。 正しい付け方で香水の香りを 楽しんでいってくださいね。 ではでは、今回の内容は以上です。 また次回にお会いしましょう~。 「Sponsored link」.

次の

「パルファム」と「オードパルファム」と「オードトワレ」と「オーデコロン」の違いは何?

オードトワレ パルファム 違い

まず、香水とは様々な香料をアルコールや蒸留水で溶解した溶液のことです。 体や服につけて楽しむ化粧品として位置付けられています。 香水はアルコールや蒸留水で溶かした香料の割合「賦香率 ふこうりつ 」でランク付けがされています。 これらを「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」に分けることができます。 賦香率が低い順に「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」です。 まず、「香水」とは 香水は本来、 アルコールや蒸留水で溶かしていない原液の状態のものを指します。 この記事で紹介する香水の分類には全て「オーデ eau de 」がつきます。 賦香率は 「オーデコロン」<「オードトワレ」<「オードパルファム」<「パルファム」の順です。 ちなみに、香水はアルコールを含むものなので、革製品・シルク・ゴム製品・綿製品・髪などに付けると変色・傷みが生じるため、注意が必要です。 外出時に香水として使うと言うより、気分転換したい時やスポーツ後、お風呂上がりにほのかに香りたい時に使用します。 数プッシュ程度の 「面」で付けるのが一般的です。 そのため、たくさんつけてもきつく香ることは少ないので、使い慣れていない初めて香水を使う方にはおすすめです。 また、プレゼント用として、相手の好みが定かではない場合も選びやすい賦香率になっています。 通勤や通学時の日常使いとしてカジュアルに付ける方が多いです。 「パルファム」よりリーズナブルな価格帯のものが多くなっています。 パーティなど非日常の時にアクセントとして使います。 2 プッシュ程度が最適で、「点」で付けるイメージが一般的です。 まとめ 以上、この記事では、「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」の違いについて解説しました。

次の