コロナが怖くて仕事に行きたくない。 会社辞めようかなあ?ウイルスが怖くて仕事に行きたくない

「新型コロナ」怖くて仕事辞めました 通勤や業務中に感染したくない: J

コロナが怖くて仕事に行きたくない

仕事に行こうとすると吐き気がする。 仕事に行きたくなくて体が動かない。 何もしてないのに涙が出てしまう。 少なくともこんな症状が起きているあなたは、 仕事を休むことを考えてください。 何故ならそれは、体から発されているサインだからです。 もちろん、症状が出てなくても、休んだ方が良い場合も多いです。 この記事では仕事に行くための方法や、気晴らしの方法では無く、もっと心が楽になるような事を書きました。 いっそのこと、会社が潰れてしまえばいいのに……。 とまで考えて凹んでいるあなたへ あまり長々とは書かないので、気になる部分だけでも読んでいただけると嬉しいです。 また、どうしても仕事に行きたくない方は「一言も話さずに会社を辞められる」、もあるので、良かったら参考にしてみてください あなたは今日、もしくは明日、もしくはそれ以降、会社に行っても良いし、行かなくても良い。 もちろん休まずに仕事に行くのは素晴らしい事です。 突然音信不通で居なくなっては困りますが、しっかりと連絡をすれば「行かない」という選択をしても良いのです。 理由も無いのに休むなんて……。 と真面目な方は思ってしまうかもしれません。 しかし 「あなたが行きたくないと思っている」 これは十分な理由です。 気休めでも何でもありません。 「行きたくないと思っている」これは本当に重要な事です。 最近、ちゃんと眠れていますか? 無理をしていませんか? 「行きたくない」と思うという事は、どこかで「無理をしている」という事です。 つまりそれは体が壊れる前にと発せられた、脳からのサインです。 どうしても重要な取引や会議があるならまだしも、そうじゃないなら休んでも良いんですよ。 仕事に行きたくないのに、上司からのパワハラ・同僚への迷惑が怖くて休めない 上司からのパワハラ・同僚への迷惑が怖くて休めない そんな人もいると思います。 休みたくても休めない。 上司に怒られる。 同僚に嫌身を言われる。 迷惑をかけてしまう。 そんな方にも伝えたいことがあります 上司からのパワハラが怖くて、仕事に行きくないのに休めない方へ まずパワハラですが、そもそもとして 「休みたい時に休ませてくれない会社」 はろくなものではありません。 もちろんどうしても人が必要な時はあると思います。 そうではなく、日常的にそれが蔓延している会社は問題です。 何故ならそれはあなたよりも、会社の利益が大事という事だからです。 そして、社員を大切にしない会社に未来はありません。 いずれにせよ、あなたがそこに居続ける理由は無いでしょう。 もちろん今すぐ辞めましょうとは言えませんが、少しずつ逃げ出す準備を始めておくのが重要かなと思います。 当日に休みを言い出すのが難しいのなら、勇気を持って、事前に休みの相談をしてみましょう。 それすらも突っぱねられるのであれば、その会社には見切りをつけてください。 そんな会社にいても、あなたに幸せはありません。 あなたは働くために生きているのではなく、生きるために働いているはずだからです。 そして、世の中にはそんな事をしない会社だってたくさんあるのです。 あなたが「行きたくないな」と思い悩まないような会社だって、きっとあるのです。 同僚への迷惑が不安で仕事に行きたくないのに休めない方へ 自分が休むとどうしても同僚に迷惑がかかってしまうと考えるかもしれません。 自分が辞めたら多くの人に迷惑がかかる……。 そんな風に思う人もいるかもしれません。 はっきり言います。 そんなことありません。 マジです。 絶対に自分がいなくなったらダメだ! と思っていても、実際はそうではありません。 僕は今迄の職場でもそういう所をたくさん見てきました。 一人や二人いなくなっても、ちゃんと会社は、そして社会は回るように出来ています。 逆に考えてほしいのですが、自分がいないと回らない会社にいて、それを気にしていると 一生休めませんし、一生辞められません 勇気を持って休んでみてください。 仕事を断ってみてください。 それでもきちんと会社が回る事を実感してください。 大嫌いな仕事のせいで、あなたの心と体が壊れてしまう前に もしもあなたが、毎日のように「行きたくない」と思っているとしたら、あなたの心は日々大きなダメージを受けています。 それが積み重なった時、突然心が、そしてそれに合わせて体が壊れます。 これだけは、どうしても避けなければいけません。 「健康」を一度害すると、復帰するまでに大きな時間とお金がかかります。 職を失おうと、あなたさえ無事なら、これから先どうにでもなります。 しかし、肝心なあなた自身が壊れてしまったら、これから先はとても辛いものになります。 会社は、例えあなたを壊しても責任をとってくれません。 それどころか使えなくなったら捨てられる可能性すらあります。 壊れたから休もう、では遅いのです。 「辛いけど、まだ働けるから……」 と頑張るべきでは無いのです。 お願いですから、「壊れる前に」休んでください。 それが出来ない職場なら、すぐに逃げ出す準備をしてください。 突然涙が出る。 吐き気がする。 それらは全部、体から発せられたサインです。 自分では大丈夫と思っているかもしれませんが、それはかなり危険なサインなんです。 社会に出た今、あなたを守れるのはあなたしかいないのです。 まとめ:「会社に行きたくない」それは、何かを変えるチャンスかもしれない 会社に行きたくない。 どうしても気が重い。 それでも毎日会社へと向かうあなたはとても偉いです。 尊敬されるべき人です。 しかし、それで体を壊してしまっては何の意味もありません。 脳から発せられた「行きたくない」という信号から耳を背けず、少しだけでも受け入れてください。 そして、頭がそうやって思っていると言う事は、もしかしたらあなたが「変わる」大きなチャンスかもしれません。 今の仕事を続けていて未来はあるのか 自分が本当にやりたい事は何なのか 自分はこの一度きりの人生で何をしたいのか このまま10年20年過ごして、後悔しないか そんな事を、休みを取ってじっくりと考えてみるのも良いと思います。 後述するリクナビNEXTのグッドポイント診断は、その大きな助けになります。 今日、もしくは明日、思いきって休んだその1日が、あなたのこれからが「変わる」決定的な1日になるかもしれません。 そうなる事を、祈っています。 もしも今の会社に不満・不安があるのなら、初めの一歩は今のうちに 「いつか」会社を辞めたいなと思っているのであれば、こちらの記事も参考になると思うので読んでみてください 「いつか」では無く「今すぐ」「5分だけ」時間を使うだけで今後の人生が本当に変わります 最後に:今日は仕事を休みましょう。 そして、未来の事を考えましょう 苦しいだけの仕事をし続ける必要はありません。 あなたの人生が少しでも 楽に 楽しく なる事を心から祈っています。 仕事にどうしても行きたくないときの言い訳の記事はこちらです どうしても仕事に行きたくない方は「一言も話さずに会社を辞められる」、もあるので、良かったら参考にしてみてください.

次の

【理由ごとの対策を紹介】コロナ禍で仕事に行きたくない理由1の位は?|転職鉄板ガイド

コロナが怖くて仕事に行きたくない

コロナウイルスの国内の現状 4月4日現在、 国内感染者は3403人(クルーズ船除く)だそうです。 3月25日移行ぐらいからの感染者数の増加が半端ないですね・・・。 4月4日現在の各都道府県ごとのデータは下記をご参考にしてください。 あと、NHKの特設サイトで最新情報を見れるので、僕はこちらを確認しています。 志村けんさんもコロナの影響でお亡くなりになりました 正直、僕はコロナに関してそれほど関心をもっていたわけではありません。 意識し始めたのは、志村けんさんが亡くなったことが報道された3月30日からです。 小さいころからテレビに出ているのが当たり前の存在だった志村けんさんが亡くなったと聞いて、本当にショックが大きかったです。 その日は会社の仕事が手に付きませんでした。 今日も子供をお風呂に入れる前に、志村動物園を見ていました。 (子供のお風呂があったので、途中までしか見れませんでしたが。 ) 相葉くんが言葉からスタートしたのですが、スタートから既に泣いていました。 志村けんさんの今までの映像が色々と流れましたが、パンくんを本当に可愛がる姿を見ていて、涙がでそうになりました。 本当に志村けんさんの偉大さ、存在感の大きさを感じました。 そんな人の命を奪ってしまった、コロナウイルス。 自分の大切な妻や子供、両親などの命が奪われない用に気をつけなければならないということを再確認させてくれました。 0歳の女の子も感染して重症化した 4月1日に山梨県で0歳児がコロナに感染、そして、一時心肺停止の状態だったということがありました。 僕も現在1歳目前の子供がいるので、非常に印象に残りました。 「子供は大人に比べて重症化しづらい」 そんな情報があったので、少し楽観的に考えていたところもあったのですが、絶対に安全なわけではないということが分かって、さらに警戒しなければならないということを感じました。 会社は何の対策もしてくれない? 現在、国からの通達もあり、様々な企業がコロナの対策を実施しているようです。 しかし、 何の対策もしてくれない会社も多いでしょう。 実際に僕が働いている会社もその一つです。 テレワークどうのこうのって話も上がってきたのに、上の一声でなしになりました・・・ 会社をやめている人も Twitterなどを見ると、コロナで会社を辞めている人も多いようですね。 確かにやめるのも一つの手です。 妊婦さんや小さいこどもがいる人はコロナに感染してしまった場合、自分だけのことじゃ済まないので、考えちゃいますよね・・・。 コロナの影響で有給を全消化している人も 仕事を辞めるまで行かなくても、有給を全部消化している人もいます。 僕の会社にもコロナ騒動で有給がある分休んでいる方もチラホラ。 ただ、有給消化してしまったときにまだコロナ騒動が落ち着いてなかったらどうするんだろう?という僕の単純な疑問。 そろそろ有給を消化し終える方が僕の会社にいるので気になっています。 辞めるのか、復帰するのか・・・。 生きていくために会社は辞められない・・・ 会社を辞められるなら辞めたいけど、生活のためのお金が無いからやめることなんてできない・・・ こんな人も多いと思います。 僕もそうです。 詐欺に合ったり、友人に裏切られたりで、やっと今会社員として復帰したばかり。 会社の給料が無いと暮らしていけない現状です。 副業もコツコツとやっていますが、まだそれだけで生きていけるほどではありません・・・。 僕と同じような状況の人もたくさんいるでしょう。 有給が無い人だっている まだ働き始めたばかりの人や、有給が残っていない人は有給を取りたくても取れません。 僕も今年の1月から働き始めたので、3ヶ月の試用期間が終わって、やっと正式に正社員として働くことになりました。 そして、もちろんまだ有給はありません・・・。 有給があるのであれば、少しでもリスクを減らすために、有給を使いたいのですが、その選択肢すら取ることもできません・・・。 働きたくても働けない人もいる 会社の給料がないと生きていけないという場合でも、飲食店などは店舗自体を休みにしている所も多いですよね。 パートで働いているお母さんで 生活のために働かなくてはならないという状況にも関わらず、働くことすらできない。 そんな状況の方も多いと思います。 国は助けてくれない 今、安倍総理がなんやかんやと施策を考えているようですが、正直僕は聞き流しています。 というのも、なんやかんや言っているだけで、やるやる詐欺の可能性も大いにあるからです。 自分以外のものに期待してはいけない 僕は 自分以外のものに今まで期待してきて、何度も痛い目を見ています。 詐欺師に期待して、逆に数千万円を奪われましたし、友人に期待して700万円貸して返ってくる見込みはありませんし、友人と立ち上げた会社に期待してそこでも700万円ぐらい自分のお金を使って無駄にしています。 コロナの件に関しても、例えば「コロナで給料が減った世帯には、国から30万円支給されるから〜」なんて期待していると、それが無かったときにどうしようもなくなる可能性があります。 自分以外は、自分でどうすることもできないこともあります。 ですから、国に過度な期待をせず、自分や周りの大切な人を守る力を自分でつけるしかありません。 コロナウイルスから自分の身を守るためには? 基本的には厚生労働省が出している対策を参考にしてください。 下記は僕が注意していることです。 参考になれば幸いです。 基本は手洗いうがい とにかく、 こまめに手洗いうがいをするように心がけています。 家を出て会社に着いたら手洗いうがい。 会社から家に帰ってきたら手洗いうがい。 何か食べたり飲んだりするときは手洗いうがい。 上記以外でも気がついたときは手洗いうがいをするようにしています。 マスクは必須 新型コロナウイルスは飛沫感染、接触感染と言われているのでマスクをつけることで多少は感染のリスクを下げることができます。 会社の会議などでわりと近くで人と会話することもあったり、通勤電車内では人と近づかざるを得ないためマスクは必須ですね。 ただ、 着脱時にマスクの口の部分を触ったり、頻繁にマスクを着脱してしまうと、逆に感染のリスクが高まる可能性があります。 なので、マスクは必要な時以外はとらない、取るときは耳のゴムの部分をつまんで外すようにしましょう! アルコール消毒 厚生労働省のサイトには 新型コロナウイルスはアルコール消毒(70%)などで感染力を失うと書いてあります。 なので、こまめにアルコール消毒をするようにしています。 手のアルコール消毒はもちろん、よく触るもの(キーボードやマウス等)も必ず毎日アルコール消毒をするようにしています。 とはいえ、アルコールスプレーや除菌シートなどは手に入るづらくなっているため、そろそろ僕が使っているものは切れてしまいそうです・・・ 人の多いところは避ける 「人が多い=感染のリスクが高い」ということです。 ですから、 なるべく人の多いところに行くのはやめておきましょう。 最近は土日も出歩けないので、家ではU-NEXTで子供が喜ぶ子供番組を見るのが捗ります。 家でやることも無いという方にはU-NEXTおすすめですよ! これはできたらやりたいことですね・・・ ただ、現状有給が無いので、叶わない夢ですw 有給がある人は積極的に使っていきましょう! 会社も助けてくれない 今回のコロナ騒動で、会社も大打撃を受けています。 そんな中、 会社としても社員を助けたくても助けられない現状になってしまっている場合もあります。 ただ、会社としても厳しいから仕方がないとはなりませんよね・・・。 会社の都合で減給を言い渡されたり、店を開けないからパートなどの時間給で働いていた人はもちろん給料を貰えません。 自分を守れるのは自分だけ 今回のコロナ騒動のようなことになったときに• 会社を辞める選択をできる• 家から出なくても収入を得ることができる• 1年間仕事を休んでも問題ないぐらいのお金がある こんな状態だったら慌てなくてすみますよね! 僕も今回はタイミングが悪くて、「会社を辞める」という選択をとることができなかったのですが、半年〜1年以内には上記のような状態になれるように今努力しているところです! 副業を始める 国も副業を推奨しているぐらいなので、年々副業に取り組む人は増えております。 本業と別で収入があったら嬉しいですよね? そして、 本業より副業の収入の方が多かったら、何かあったときに本業を辞める選択も取れるようになりますよね? 今すぐには難しくても、次にこのようなことになったときの予防として、すぐにでも副業に取り組んむべきです! ブログは副業としておすすめ 僕も現在様々な副業に取り組んでいますが、こちらのブログもその中のひとつです。 現在始めてまだ1ヶ月半ぐらいですが、少しずつ収益が上がってきています。 ブログは記事を積み重ねていけば積み重ねていくほど、収入が青天井で増えていく可能性があります。 初期費用もほとんどかからないですし、コツコツとやれば月数十万、数百万と収入を得ることができるので、副業で始めるのにはもってこいの副業です! もし「副業でブログを始めてみようかな!」という方がいましたら、こちらをご覧ください。 猿でも分かるレベルで丁寧に「収益化できるブログの始め方」を説明しています! 転職を考える コロナになってテレワーク可能になったところも多いですが、元からテレワーク可能な仕事も徐々に増えています。 自分にスキルがあれば、テレワークの職業に転職することを考えるのがおすすめです! (今はコロナ騒動で転職活動も難しいかもしれませんので、もう少ししたら考えると良いでしょう) もし、今スキルがないという方で、テレワークの仕事に付きたいのであれば、プログラミングのスキルを身につけるのがおすすめです! 国内ではプログラマーさんが全然足りていないため、今後需要の増える市場です。 伸びる市場のスキルを身につければ食いっぱぐれることは無くなりますし、給料がかなり増える可能性もあります。 本気でやれば1ヶ月でも身に付けられるので、学んでみるのもいいかもしれませんね!.

次の

「コロナより家を追われるのが怖い」 仕事がなくなった高学歴ヌードモデルの半生(池上正樹)

コロナが怖くて仕事に行きたくない

新型コロナの影響が、過去に例のないスピードで拡大している。 自粛、休業、感染リスク……今は全国民が何かしらの影響を受けている状況だが、なかでも大きな被害を受けているのが、以前からギリギリの暮らしを続けていた生活困窮者たちだ。 元から脆弱だった生活基盤が、一気に崩壊しかけている。 緊急事態宣言で面接が消え八方塞がりで路上生活に 新型コロナウイルスの影響が急速に広まるなかで、各支援団体も動きだしている。 4月11日に取材班が訪れたのは、東京都庁のふもとで開催されていた、「認定NPO法人もやい」と「新宿ごはんプラス」による食料配給と相談会だ。 開始時間の14時になると100人ほどの参加者が行列をつくり、スタッフから次々と食料が配られていく。 以前から路上生活だった人もいれば、新型コロナの影響で路上生活になった人も参加。 両団体の代表を務める大西連氏によれば、「4月は毎週土曜日に定期開催しているが、これまでの炊き出しでは見なかった顔ぶれが2、3割参加している」という。 その参加者の中で取材班が出会ったのが、今年に入ってから職を失い路上生活になったという、横田健二さん(仮名・50歳)だった。 コロナショックで警備の仕事がなくなる 現在は上野公園で寝泊まりしているという横田さん。 電車賃もなく、この日は歩いてきたという。 「昨年末までは働いていたキャバクラの従業員寮に住んでいたのですが、人間関係のトラブルで辞め、退職後は金銭的に家が借りられず、ホームレス状態になってしまいました。 ただ、日雇いの警備の仕事をしていたので、少しでもお金があるうちはサウナに泊まっていたんです。 けれど新型コロナの影響でそれもムリになって。 なんとか頼み込んで知人の家で寝かせてもらうこともありますが、家主の都合もあるので毎日というわけにもいかず、今は野宿がメインですね」 上野で野宿した際には先輩ホームレスから食料をもらったり、炊き出し情報も聞けたという横田さんだが、不自由な生活に変わりはないと続ける。 「さすがに何日かに一回は風呂に入りたいんで、たまに奮発してサウナに泊まっていたんですが、東京都から休業要請が出たのでそれもできなくなりそう。 野宿で疲れると感染するリスクも高まるし、そもそも収入がないので病院にも行けないから怖いですよね」 コロナ貧困の絶望 相談会でもらった資料 今後の見通しを聞くが「仕事がないので、まったく先のことを考えられない」と話す。 「肉体労働でいいから働きたくても、本当に仕事がないんです。 警備員のアルバイトも、週末の自粛要請が出だした2月から軒並みキャンセルになり、その流れで僕ら警備員は事実上解雇。 その後、ほかの面接が決まっていたんですが、面接会場に行ったら『緊急事態宣言が出たので、キャンセルになります。 5月6日以降にまた問い合わせてください』と。 どうやら携帯に電話してくれていたようなのですが、僕の携帯が止まっているので? がらなかったんですね。 少なくとも5月6日までは収入ゼロで過ごさないといけません」 取材した4月11日からおよそ1か月、全財産の1万円で乗り切らないといけないという。 「だからこういう食料配布は本当にありがたくて。 政府や東京都からは支援金が出ると言っていますが、なるべく早く欲しいです」 ついに生活保護受給者 取材の数日後、公衆電話を使って横田さんから近況報告があった。 別の団体の炊き出しに参加して健康診断をすると、血圧が200を超える異常値だったという。 電話口からは「急いで役所に相談しに行き、生活保護になりました。 ついに僕も受給者ですよ」と自嘲気味に笑う声がむなしく響いていた。 全文はソース元で 2020年04月28日 以下ネットの反応.

次の