一歩 ネタバレ。 はじめの一歩【1304話】ネタバレ最新話あらすじ感想|冷やすな!

はじめの一歩【第1298話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

一歩 ネタバレ

漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに1301話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これからはじめの一歩 のネタバレを含む内容をご紹介します。 はじめの一歩【第1302話】は読めませんが、 U-NEXTで今すぐに週刊少年マガジンの2020年28号が無料で読めます。 *はじめの一歩が電子書籍で配信をしていないため。 はじめの一歩【第1302話】のネタバレ 前回のあらすじ 千堂とゴンザレスの戦いを見ていた観客の熱狂が最高潮に達し、ララパルーザが起きる。 地鳴りに続き、千堂とゴンザレスの名を叫ぶ観客たち。 その熱狂に当てられるように激しさを増す試合。 リング中央で足を止めて殴り合う千堂とゴンザレス。 どれだけ殴られようとも果敢に立ち向かう千堂の姿は、正しく勇敢と言える。 その光景をモニターで見ていたリカルドたち。 勇敢とはメキシコでは「マチスモ」という。 その言葉はメキシカンとって最も重要な言葉。 それを体現する千堂を見て、絶対王者のリカルドまでもが熱にあてられる。 一方で試合は終始、ゴンザレスが優勢。 地力の差は歴然であり、誰もが千堂の敗北を感じ取る。 しかし、一歩には死力を尽くして戦う千堂が、躍動しているように見えた。 同時に自らもかつては同じように戦っていたと思い出し、羨ましいと思ってしまう。 このような中、遂に千堂のスマッシュがゴンザレスの腹部に命中するのだった。 【恋人・リサの想い】 千堂とゴンザレスの熾烈な戦いが続く中、ゴンザレスの恋人、リサは試合中継を観ていなかった。 そこへゴンザレスを慕う子供たちが一緒に応援しようと呼びにくる。 だが、リサはやんわりとだが明確に拒否する。 リサは 毎回ゴンザレスの試合を観ない。 心配するが故の行動であり、子供たちはゴンザレスが絶対勝つと励ます。 それだけゴンザレスを信頼している子供たち。 子供たちはゴンザレスと同じストリートチルドレンだったが、ゴンザレスが引き取りボクシングを教えている。 それはかつて ゴンザレスがリカルドにして貰ったこと。 ゴンザレスは、恩返ししたくてリカルドと戦うことに固執している。 しかし、既に 2度も本気で戦っており、恩返しは済んでいると思うリサ。 【リカルドを忘れるゴンザレス】 同時刻、会場内は静まり返っていた。 観客たちもララパルーザの代償に声も出ない。 一方で千堂は、 疲労とダメージで満身創痍。 対してゴンザレスも千堂よりはマシだが、 3Rの最後に食らった腹部へのスマッシュが効いている。 そんな中、ゴンザレスのセコンドが戦意をあげようとリカルドの名を出す。 この試合の勝者とリカルドが戦うことは決定している。 なのだが、ゴンザレスは リカルドのことなど一切忘れていた。 それほど 千堂との戦いが楽しかった。 【被弾覚悟のゴンザレス】 インターバルが終わり、4R目の開始を告げるゴングが鳴り響く。 千堂が自らの膝を軽く叩いて立ち上がる中、ゴンザレスも同様に立ち上がる。 そして示し合わせたように両者が飛び出す。 まるで約束されていたかのように リング中央で足を止めて拳を交わす千堂とゴンザレス。 観客たちもそれに応えようと地鳴りとコールで応援する。 4R目はこれまでと違い、千堂の拳がゴンザレスを捉える。 これまでの安全地帯が無くなったと知ったゴンザレスが、 更に踏み込んだことによる被弾。 しかし、 逆に言えばゴンザレスには長引かせる気はないということ。 ゴンザレスの変化を見た一歩は 「決着をつけに来ている」と感じ取る。 一歩が感じたとおり、ゴンザレスが咆哮をあげながら強烈なパンチを繰り出す。 その拳を 顔面に食らって吹き飛ぶ千堂だった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年28号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1302話】の感想と考察 愛する者を心配するからこそ試合が観れないリサは、正しく久美と同じですね。 久美も一歩を心配するが故に試合を殆ど観戦しませんでしたし、今もボクシング復帰に否定的です。 彼女たちの想いを知っていて尚、戦うことをやめない男たち。 ゴンザレスへリサの想いが届くのか、そして反対に千堂が敗北してしまうのか、次回も楽しみです! 次回のはじめの一歩【第1303話】掲載の週刊少年マガジン発売日は6月17日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1302話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

最新ネタバレ『はじめの一歩』1288

一歩 ネタバレ

はじめの一歩ネタバレ【第1303話】最新話の感想も紹介! 高揚する千堂! 激戦 ゴンザレスの拳を顔面にまともに受けて、今にも倒れそうになる千堂だったがそれでも闘志は衰えず、無理な体勢からゴンザレスにアッパー攻撃を繰り出します。 不意を突かれたのか、ゴンザレスは反応が遅れるも掠めただけで済みましたがそれでもぐらつきます。 そして体勢を立て直した千堂はゴンザレスに殴りかかるも、ゴンザレスは回避してボディに拳の一撃を叩き込み、更に顔面にも浴びせます。 更に右ストレートを顔面に叩き込もうとするゴンザレスだったが、千堂が相打ち覚悟の拳を繰り出したので、一撃を受けてしまいました。 コンビネーションの繋ぎに必ず相打ちを挟んでくると心の中で呟くゴンザレス。 この光景に観客のボルテージは最高潮になっていたのです。 ゴンザレスのトレーナーは選択肢として、足を使って弱っている獲物を遠くから狙撃して弱らせるか、敢えて踏み込んで近距離で仕留めるかのどちらかだと心の中で呟きます。 その呟きがゴンザレスに聞こえていたのか、彼の決断は敢えて懐に踏み込んで仕留める事でした。 その理由はここで叩いておかないと回復してしまうし、侍や大和魂はマチスモに通じるものであるし、勇敢な日本人の息の根を止めるためには動かなくなるまで叩くのみであるというものでした。 そして意識を刈り取ると言って、拳を千堂の顔面に思いっきり叩き込んだのでした。 虎 拳を喰らって倒れそうになる千堂だったが、ゴンザレスはまだ倒れないんだろうと心の中で呟いて身構えます。 そしたら体勢を立て直した千堂はゴンザレスは最高だと心の中で呟いて、殴りかかっていってゴンザレスが固めるガードを崩していきます。 そして大阪に戻った際には祖母に遠い国で友達が出来たと自慢すると心の中で呟いて、ガードに隙がゴンザレスの顔面にアッパー攻撃を叩き込んだのです。 ゴンザレスは当たったものある程度のダメージを殺したのだが、完全には殺せなかったので足が震えていました。 ここぞとばかりに観客席にいる一歩や柳岡、星は千堂を応援し、千堂は歯を食いしばります。 ゴンザレスは寒気と熱気を感じており、今自分と対峙しているのは見事な野生であり、度が過ぎた狂気を持っている虎だと評します。 そんな千堂を見て、ゴンザレスは敬意を表したのか本当に凄いと呟いていたのです。 そして千堂に敬意を表するかのように一段階ギアを上げて千堂を次々と殴っていきます。 息もつかせぬ攻撃に千堂は反応することが出来ずに、やられていきます。 見ていた星はまだその上がるのかと、千堂が本気で挑んでいるのに全然通じないなんてと言うと共に、自分は見ているだけで何も出来ないかと心の中で弱気を吐きます。 ストップ そしてフラフラの状態の千堂にゴンザレスは一撃を叩き込もうと向かっていくが、かかったなと言わんばかりに千堂は相打ち覚悟の攻撃をゴンザレスに叩き込み、千堂もまた喰らいます。 ゴンザレスは面倒にもほどがあると呆れるように心の中で呟き、ゴンザレスのトレーナーはあれだけやられているのに何故倒れないのか、理解できないと困惑している様子です。 それは千堂が殴り合いが楽しいからであり、途中でやめる事が出来ないからでした。 ゴンザレスもとことん付き合う覚悟でした。 そして試合を見ている一歩は極限の戦いであり、息が詰まる戦いでもあると心の中で評していました。 リングの上では2人しか味わう事が出来ない高揚感で包まれており、限界をとっくに超えているのにも関わらずそれに気づいていない幸せもあると分析する一歩。 そして総括するのであれば、羨ましいと言う一言に尽きていました。 その間に千堂の顔面にゴンザレスの拳がモロに直撃しており、千堂はふらつきますがそれでもまだまだと言わんばかりに向かおうとしたのですがここで審判が間に入ったのです。 審判はゴンザレスの攻撃を受けている千堂のダメージを見て、このような決断を下したのです。 はじめの一歩ネタバレ【第1303話】最新話を今すぐ読む! 実際に文章で読むとキャラクターの表情が分かりにくいですよね…。 U-NEXTは現在31日間の無料トライアルキャンペーンを実施しており、 登録時に『600ポイント』が貰えます。 手負いの虎はどんな攻撃をしてくるか分からないので、下手すれば返り討ちに遭う可能性があります。 今の千堂がそれであり、同時にこんな強敵相手に殴り合いが出来ると言う高揚感に包まれており、テンションも最高潮なので手負いの虎よりも手強い相手と言えるでしょう。 そんな千堂を相手にゴンザレスは怯むことなく挑もうとするのは、勇気がいる事であるので敬服ものですね。 次回は審判が止めたので、千堂は怒るのではないでしょうか。 審判からしたら千堂はゴンザレスにボコボコにされているので、このまま続けば取り返しのつかない事になると思って止めたのだと思います。 しかし、千堂からすれば折角気分が高揚しているのに水を差された気分になるのではないでしょうか。 それ故に「おどれ、人が気分よく殴り合いしてるのに水差すなや!」と激怒するのではないかと思います。 はじめの一歩ネタバレ【第1303話】最新話の感想も紹介!まとめ 今回はネタバレ【第1303話】最新話の感想も紹介してきました。 「はじめの一歩」の最新話を見るなら断然U-NEXTがおすすめです。 圧倒的な動画配信数! U-NEXTでは、 国内国外問わず「ドラマ」「映画」「アニメ」と 『120,000本』以上の動画が配信されています! 似たような動画配信サービスもありますが、それらに比べて圧倒的な配信数となっています。 場所を選ばず視聴が可能となるマルチデバイス対応! ・パソコン ・スマホ ・タブレット ・テレビ 等々、多くのデバイスからU-NEXTを利用することができます。 かなりの数の漫画を持ち運んでいる状況と同じとなります! 3. 最大4つのアカウントで同時視聴可能! 親アカウントあら派生して 最大4つのアカウントで動画を楽しむことが可能となります! それぞれ別々のデバイスから動画や雑誌を楽しむことが可能です。

次の

【はじめの一歩】ネタバレ1243話!カッとなってやった。今は反省しているので自首します

一歩 ネタバレ

はじめの一歩第1242話のあらすじ テルくんが台風の中、走って一歩に伝えたこと。 それは、泰平が他校の不良に呼び出され決着をつけるという話でした。 テルくんは梅沢が止めに行ったことを一歩に言います。 一歩は、泰平を信じ巻き込まれただけだと言いますが、テルくんは信じません。 そしてふたりは嵐の中、その現場に向かって走ります。 橋の下がその現場になります。 一歩はテルくんを置いて、泰平と梅沢がいるであろう橋の下に向かっていきます。 そこで一歩が見たものは、彼にとって信じられない光景でした。 ボクシングを暴力に使わないと約束したはずの泰平が他校の不良を打ちのめしていたのです。 そして、止めに入ったと思われる梅沢も多少殴られた様子です。 梅沢は一歩が来たことに気づきます。 元日本チャンピオンの一歩を暴力事件に巻き込むわけにはいかないと梅沢は一歩の前に出て自分が何とかすると言います。 彼は一歩に恩を返すつもりでした。 しかし、一歩はそのまま泰平のところまで行きます。 泰平はそんな一歩をバカにしたような目で見るのです。 一歩は泰平を説得しますが、泰平は自分が強くなるために人の良い一歩を利用しただけだと言い放ちます。 一歩はそれでも食い下がり、ミットを差し出しボクシングの練習をしようといいます。 泰平がそのミットを手で払いました。 ミットは転がり落ち、雨の中に入りびしょびしょに濡れてしまいます。 鴨川会長との思い出が詰まったミットを乱暴に扱われ、そしてボクシングを暴力に使われた一歩。 彼は錯綜する思いを胸に、雨に濡れたミットを抱え込むのでした。 【のネタバレはこちら】 裏切ったな!僕の気持ちを裏切ったな! 一歩は雨に濡れた思い出のミットを抱えうずくまっています。 梅沢が「アイツは放っておけ」「もう帰ろう」と一歩に言います。 一歩の脳裏に泰平との思い出が蘇ってきます。 泰平のボクシングを真剣にやりたいという言葉が何度も再生されます。 森川ジョージ「はじめの一歩」第1243話より引用 そして、鴨川会長の「キサマの弟子をみてみたい」という言葉も脳裏に浮かびます。 梅沢は必死に一歩に声をかけますが、まるで聞こえていません。 泰平の裏切りに、完全に外部の情報がシャットダウンしている状態。 立ち上がる一歩。 その顔を見て梅沢が顔色を変えました。 一歩はミットを抱えたまま、泰平へ歩を進めていきます。 泰平は一歩に「引っこんでろよ」と言いますが、一歩が左手を水平に上げたところで顔色が変わります。 ハードインパクト! 一歩は手のひらを開き、左腕を水平に持ち上げました。 その顔はまるで鴨川会長が憑依したかのような怒りの表情。 怒りで破裂しそうなほどの内圧に耐え切れず左腕を持ち上げていたのです。 今まで見たこともない一歩の怒りに泰平は驚愕の表情を浮かべます。 そして、左腕が唸りを上げ泰平に向かって吹っ飛んで来ました。 森川ジョージ「はじめの一歩」第1243話より引用 泰平はそれでもガードをしようとしますが、全く間に合いません。 驚きと恐怖の混ざった泰平の顔面を一歩の左腕が完全に捉えます。 手首に重り付きですので、その衝撃エネルギーは通常よりも増します。 泰平はひとたまりもありません。 グローブ付きの一歩のガチ・パンチよりも破壊力があったかもしれないのです。 バチーンという音を響かせ、泰平は吹っ飛びます。 そして身体を回転させ、ツーバウンドして転がり、やっと止まります。 5メートルくらいは転がっている感じです。 現役時代でもこんなに相手選手を吹っ飛ばしたことはないくらいに人間を吹っ飛ばしてしまいました。 他校の不良も梅沢も声の出ないほどの驚きでそれを見つめます。 まるで交通事故にでもあったかのような吹っ飛ばされ方ですから当然でしょう。 うぁぁぁ!なんてことを! 梅沢が恐れていたのは、このことだったのかもしれません。 彼は吹っ飛ばされ完全に動きを止めている泰平に四つんばいで近づきます。 泰平は仰向けにぶっ倒れ、白目をむいて、口から血を流し、左ほほを腫らしています。 慌てて胸に耳を当て心音を確認する梅沢。 死んでいてもおかしくないと思えるほどのダメージです。 ビンタを繰り出してしまった一歩の方も我に返り、自分のしたことに驚愕し震えます。 森川ジョージ「はじめの一歩」第1243話より引用 梅沢はそんな一歩に駆け寄り心臓は動いていることを言います。 気絶しているだけだ安心しろと一歩に言い聞かせます。 そして、喧嘩をしていた他校の不良に泰平を看ろと命令。 有無を言わさぬ勢いでいびきや痙攣などおかしいとおもったら救急車を呼べといいます。 すぐに呼べとは言いません…… 梅沢の剣幕に言うことを聞いてしまう不良。 そして、梅沢は自分のしでかしたことにパニックになっている一歩をなだめ帰路につかせます。 橋の下を出て、テルくんに交流。 テルくんはふたりの無事を喜びます。 なにがあったのかと訊くテルくんに梅沢はとにかく終わったんだといって、飯を食いに行こうと言うのでした。 ラーメンでも癒されぬ心 そして、飯を食いについたのは青木のラーメン屋です。 いつも行列でなかなか食べられない人気店になっているようです。 テルくんもその味に感激しています。 台風が来ている中、客がいないのかいるのは一歩たちだけのようです。 しかし一歩はラーメンに箸をつけることなくうつむいて暗く固まっています。 青木は話を聞いた上で、一歩をなぐさめます。 森川ジョージ「はじめの一歩」第1243話より引用 やってしまったものは仕方ないし、グーではくパーだったし、気絶しただけのようだし、とにかく腹いっぱいになって忘れようということです。 そして、青木のラーメン屋で消息不明だった青木組のふたりが仕事していました。 確か超進学校の生徒だったはずがいいのでしょうか。 それは、ともかく一歩は青木の言葉にも癒されることはありませんでした。 青木のラーメンを口にし「最後の晩餐のようなものだし」と言います。 とにかく、グーだったのかパーだったのか覚えていないと一歩は言います。 元日本チャンピオンが素人に手を上げるなんてあってはいけないことだと自分を責める言葉を吐きます。 その言葉を青木、梅沢、テルくんは黙って聞いていました。 一歩は丼を置くと、小さくつぶやきました。 その泰平に一歩は完全に裏切られます。 ボクシングの技術を喧嘩につかい、一歩のミットを払いのけ雨の中に転がしました。 一歩は泰平に裏切られたという現実を信じられない思いながら認めるしかなくなります。 ミットを抱えうずくまる一歩の胸中に泰平がボクシングに真剣に向き合うという言葉が蘇ります。 その空しい思いとともに、鴨川会長の弟子を見てみたいという言葉も脳裏に浮かぶのです。 梅沢は一歩を説得し、一緒に帰ろうとします。 しかし、一歩は立ち上がり、泰平の方に向かっていきます。 その形相に、まず梅沢が驚きます。 そして、一歩は左腕を水平に上げ手を開くのです。 泰平はそんな一歩を見て驚きます。 その表情は今までにみたこともない怒りに染まっていたからです。 左手が唸りをあげ、泰平の顔面を捉えます。 強烈なビンタで、泰平は吹っ飛んで転がり、口から血を流し、白め向いて気絶します。 梅沢はパニックになっている一歩を連れ橋の下からでて、テルくんに合流。 青木の店に飯を食いにいくのでした。 青木も一歩のやったことは仕方ないと慰めます。 腹いっぱいになって忘れろといいいますが、一歩は自分のやった行為を許せなかったのです。 彼はラーメンを食べ終わると「自首します」と静かに言ったのでした。 >>はこちらから ファン必見!「間柴VS木村!死刑執行」を無料視聴! 『はじめの一歩「間柴VS木村」死刑執行』は、幕の内一歩の先輩である木村達也が、怪物王者の間柴に挑むJ・ライト王座決定戦の激闘を描いた番外編です。 「負けたら引退します。 」そう告げる木村…、果たして木村の必殺の一撃は炸裂するのか!?.

次の