信子さま。 寛仁親王妃信子

信子妃殿下の病気と障害!確執は娘(彬子女王)と不仲で性格や若い頃に問題も?

信子さま

関東東海花の展覧会には皇族方、数人で鑑賞に行かれます。 去年は秋篠宮殿下、信子さまと久子さまは2人一緒に鑑賞されましたが 今年は佳子さま、去年と同じように信子さまと久子さまの2人で鑑賞です。 佳子さまは勿論のこと、信子さまと久子さま義姉妹のツーショット鑑賞は 珍しいので去年と同じように微笑ましい画像を拝見するのが楽しみでしたが 今年は3人の画像が1枚も見つけられませんでした。 とても残念ですし アップされないのは何故だろう?と不思議です。 まさか、29日に倒れた上皇の体調がいまいち良くないのだろうか? などと邪推してしまいました。 今日、佳子さまがお召しになったワンピースはラメ入りのツィードで動くと キラッと光って綺麗でした、佳子さまにとてもよくお似合いでした。 信子さまのスーツは信子さまだから着られるスーツでした。 久子さまもワイン色でしたが、もう少し明るめのワイン色だったら良かったかな。 ともかく今年もお2人で鑑賞され、ツーショットを見られて何だか安心したのでした。 昔と違い今は花の需要が大きく種類も増えました。 生産者の方々にはこういう展示会に皇族方が鑑賞に来られるのは 大変な励みになるはずです。 鑑賞、遊びと同じ等々の批判をするのは 簡単なことですが、自分が花を作っている立場にたった目線で皇族方の 活動、動きを見て欲しいものだと、つくづく思うこの頃です。 画像は全て動画と動画をキャプチャーしたものです。 動画があり良かったです。 秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは31日、東京・池袋のサンシャインシティ 文化会館を訪れ、「第69回関東東海花の展覧会」を鑑賞された。 展覧会では、関東、東海地方の1都11県の生産者が育てたバラやランなど 約1650点を展示。 佳子さまは担当者に「何種類くらいの花があるんですか」 と尋ねられていた。 その後、寛仁親王妃信子さまと高円宮妃久子さまもそろって鑑賞された。 記事出典 産経新聞より 2019年2月1日「第68回関東東海花の展覧会」の記事は以下のURL 秋篠宮さま水族館をご視察 福岡市のマリンワールド 秋篠宮さまは31日、福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」を訪れ、九州の外洋に生息する2万匹以上の魚が泳ぐ大水槽や、イルカやスナメリ、ラッコのプールなどを視察された。 秋篠宮さまは一般客に交じり、1時間以上にわたって館内を見て回り、深海魚の標本の作り方についてスタッフに熱心にご質問。 プールで泳ぐラッコやスナメリに「かわいいですね」と笑顔を見せられていた。 秋篠宮さまは日本動物園水族館協会の総裁を務めており、30日に同市で開かれた水族館技術者研究会に出席するため、同日から福岡市に滞在されていた。 記事・画像出典 産経新聞 華子さま、検査と治療の為入院・華子さま日本馬術連盟表彰式にご臨席 華子さまはお一人で2020年1月26日「日本馬術連盟表彰式」に出席していましたが 婦人科系疾患検査と腰椎変形性脊椎症の治療の為31日からがん研究会有明病院 に入院なさるとのことです。 まだ腰の状態が良くないのでしょう。 いつも杖をついて公務されています、じっくり治療をして頂きたいです。 1月25日に華子さまがお召しになっている着物の色が式典らしく 明るい薄ーーいオレンジ系でしょうか、帯を渋い焦げ茶色で締めています。 華子さまには明るい色目のお着物が似合います。 宮内庁は30日、常陸宮妃華子さま(79)が精密検査を受けるため、31日からがん研究会有明病院(東京都江東区)に入院されると発表した。 2月5日までの予定。 婦人科系疾患の検査が目的。 華子さまは2017年9月、腰椎変形性脊椎症の治療のため同病院に入院しており、今回はその治療とリハビリも兼ねるという。 記事出典 時事通信 今日のように画像がない時は動画をキャプチャーして載せたり、記事、画像出典先もチェックし 表示するなど記事を作るのに、ついつい時間を掛けてしまう時があります。 備忘録も書きたい時もありますが、眼精疲労が出て書けない時もあり、今後はコメ返しを 省略させて頂くことが多くなると思いますが、ご了承ください。 コメントは承認する時も後から読ませて頂いています、コメ返しは自由にしてください。 画像出典 mayuさん 記事の更新、ありがとうございます。 信子さま、小粋な感じで、昔の映画スターのようだと思いました。 でも、このスーツの模様は何なんだろう、といくら画像を拡大してみても、今一つ分かりませんね(笑)久子さまとの組み合わせも珍しく感じますが、お二人は義理の姉妹になるんですね。 確かに先に配偶者を亡くされて、お嬢様が複数人いらっしゃる、境遇的には共通しますね。 なかなか難しい所のある義理の関係で、仲良しなのは良いことだとつくづく感じます。 nonoさんが仰っていますが、ツイードは一歩間違えれば入学式のお母さん、これは私も思います。 皆んな揃いも揃ってツイードジャケットなのは無個性で、大人になってまでも皆んな一緒の制服のようです。 この時期、衣料品スーパーにも安っぽいツイードジャケットが売ってますよね。 あれを見るとげんなりします。 同じツイードジャケットにしちゃうと、安っぽいのが却って悪目立ちするんだから他のものにすれば良いのに…と思います。 脱線してしまいすみません。 佳子さまの素敵なツイードワンピを拝見して、なんだか安心しました。 ああしたスーツは信子さまにしか着こなせませんね。 普通の人が着たら、完全にお洋服に着られてしまうか、浮いてしまいます 笑。 華子さまは、和装もとても素敵でいらっしゃいますね! 佇まいや所作も凛とした美しさでいらして、やはりご出自は大きいことを、改めて感じます。 厳律シトー会 日本ではトラピストで有名です。 綺麗な色に渋い帯ですね。 杖をついてのお出まし毎回大変だと思います。 皇后様もソフトボールで足腰を鍛えた方ですが、最近はよろけるのを見かけましたからたまには杖をついてみたらよいのではないでしょうか。 和装の時に左右のバランスが偏るのもスポーツが原因かと感じています。 私は腰を痛めてしまい、杖を使うか迷っています。 信子様の白地スーツ、紋様は何だろうと拡大してみたら肉球かパンジーの花に見えました。 もし肉球だったら可愛いと思いましたが多分違いますね。 令嬢信子様と並ぶと元通訳の久子様は垢抜けない感じが際立ちますね。 ようやく待ちに待った2月になりました。 膠着状態を壊すアナウンスを待っています。

次の

彬子さまの三角関係とは?倒れるほど症状悪化は母信子さまと妹瑶子さまの確執?

信子さま

文/川田凜子 宴会の儀 2月23日、天皇陛下の誕生日を祝う「宴会の儀」が、皇居・宮殿の豊明殿で行われた。 陛下は安倍首相ら三権の長や国会議員約450名と昼食をともにされ、「誕生日にあたり、皆さんと祝宴をともにすることを誠にうれしく思います」と挨拶された。 その後、宮殿の春秋の間では「茶会の儀」が開かれ、夜には赤坂御所で両陛下と愛子さま、秋篠宮御一家、妹の黒田清子さんらが夕食を囲まれた。 今回の誕生日に際し行われる予定だった誕生日一般参賀は、国内で感染拡大が懸念される新型コロナウイルスの影響を考慮し取りやめられていた。 この中止をお決めになった陛下のご決断には称賛の声があがるとともに、参賀に来場を予定していた人々から「陛下のお誕生日を祝いたかった」と残念がる声も聞かれている。 「饗宴の儀」 皇族方が公にお出ましになる際の衣装は、位の高い人、つまり、女性皇族であれば皇后陛下である雅子さまから決められていくのが通例だ。 これには毎回、何かしらの意図が込められているのだという。 「例えば、平成最後の天皇誕生日の一般参賀では、雅子さまのお召になったブルーのドレスに、紀子さまが追従されました。 この衣装を選ばれたのは勿論紀子さまですが、当時『 わたくしは平成時代、雅子さんに代わり公務を必死にこなしてきました。 つまり、真の意味で皇太子妃としての役割を果たしたのは私です。 雅子さんの方に衣装のことで言われる筋合いはありません』と熱弁なさっていました…」(秋篠宮家関係者) この関係者の証言を元にすれば、紀子さまは平成最後の天皇誕生日に、雅子さまよりもご自身の方が皇太子妃に相応しいというメッセージを国民に投げかけてきたということだ。 「今回は、紀子さまの雅子さまへの対抗心というわけではないようです。 秋篠宮家は殿下の『大嘗祭は私費で』『身の丈に合った儀式を』といった発言が災いして、逆に40億円以上をかけた宮邸の大規模改修を糾弾されることになりました。 それ以外にも、様々な無駄遣いを指摘する声が宮内庁宛に連日寄せられている状況で、回線がパンク寸前の日常です。 そういった中で、紀子さまは何とか秋篠宮家のイメージを回復させたいと躍起になっておられるのです。 そこで、眞子さまと佳子さまの衣装を、直近の饗宴の儀で召されたものにし『着回しの秋篠宮家』『倹約の秋篠宮家』のイメージ作りをなさったようです」(同前) しかし、眞子さまは当日、雅子さまの衣装にご自身のものが丸かぶりしてしまったことに動揺され、紀子さまに涙ながらに迫られたという。 あ〜,つまり今回は紀子妃が『着回しの秋篠』をイメージ付ける為,色被りまでは気が回らなかったという内容ですね?皇后様は気にしなくて良いと仰っていたけど,眞子がその事で母親に怒ったと? もう30歳前なんだから,色被りのルールくらい知ってるでしょう?自分で確かめなかったのですか?紀子妃も姑息だけど,眞子も母親のせいにするのはおかしな話。 何にしても,秋篠の家はノブレス・オブリージがない。 見せかけだけの姑息なやり方は,国民にはミエミエで嫌悪感しかありませんね。 昨日の陛下のお誕生日の公開されたお写真の皇后様のお召し物,インナーはブラウスか大判のスカーフかは分かりませんが、違うかもしれませんがご結婚前,外務省時代に,やはり青色のスーツの下にお召しになったいた物と似ている気がします。 いずれにしても,物を愛して大切に使えば,その物もお返しをしてくれると思うのですが、あの家にとって『着回し』はたんなるワードなのでしょう。 紀子はずっと自分自身で、皇后陛下の皇太子妃時代からわざと衣装かぶりさせていたではありませんか。 マンデラ大統領との晩餐会のドレスを見ればよくわかります。 まだ療養に入るずっと前のことです。 衣装かぶりも美智子が嫌がらせの一環でわざとさせていたのでしょう。 そうでなければ、あれほど何度も似たようなデザインで同じ色の衣装にしている紀子を、上の立場の美智子が諫めるはずです。 一時期髪型まで同じにしていたようですが、そんなことをすれば、素材の優劣が一目瞭然となるのがわからないのですね。 それとも、自分の方が美しいとでも思っているのでしょうか。 今回眞子が色かぶりだったのも、わざとでしょうか。 これまでさんざん何かにつけて新調してきたのだから、他にもドレスは山ほどあるはずですよ。 同じ色を選ぶ必要ないと思います。 紀子があのドレスを選んで着せたのなら、悪意があるように思えてなりません。 こんな愚かな妃が「自分こそが皇太子妃に相応しい」と言わんばかりに熱弁されていたと? 一方では皇太子一家や他の宮家へ是非にと来ていた公務依頼を、雅子さまがご病気であることをご自分のアピール出来るチャンスとばかりに美智子と紀子が横取りしたという噂もありますが? ご自分に酔われるのは痛々しいですよ紀子さん。 本当に雅子さまを支えられてきた宮家の方々は、雅子さまがお元気になられたことを心から喜び、ご活躍ぶりに期待され、これからも雅子さまの良き支えになろうと改めて思われているでしょう。 あなたは恩着せがましく自己主張されているだけ。 下劣極まりない。 国民の大半はあなたが皇后となり、国母となるのは国に対する侮辱だと思っています。 湯水のように税金を使って、ドレスや着物を新調しまくっていたくせにねぇ。 今さら「節約してますポーズ」とは白々しいねぇ。 皇太子妃の公務を一宮家の妃には出来ない事くらい、私でも知っていますよ。 亡くなられた髭の三笠宮殿下が「内廷皇族と我々宮家とはきっちり公務は 区別されている」と度々発言されていましたからね。 皇太子妃の代わりをしていたなんて、笑止千万ですよ紀子さん。 まず紀子さんがしなければならない事は、眞子さんと小室母子との悪縁をきっぱり断ち切ることですよ。 外国に気晴らし公務?に行っいる場合ですか。 秋さんと協力して眞子さんを小室母子から引きはがすことから 始めたらいかがですか。 公務より我が子の幸福を、もっと真剣に考えてほしいものです。 目の前にぶら下がった人参しか見ない様です。 紀子さんの場合は、人参ではなく着回しをして倹約アピールの札ですけどね… 娘に色被りとか教えていない時点で、娘の事は。 ほったらかしってよく分かりました。 職員さんも、そっとお教えしようと思っても、紀子さん眞子さんカコさんですから… ほっといてよ!って言われるから、何も言わないのですね。 でもどちらにしても、八つ当たりされる職員さん、大変ですね。 真の意味で皇太子妃としての役割を果たしたのは私です。 ハイハイ、一人最低700万の謝礼付き公務を必死に頑張ってきたのですよね。 それに祭祀はやってませんしね〜。 ホント身の程知らずとはまるで紀子の為に有る言葉ですね。 これだから育ちの悪い人間は••• 私もどこの団体かまでは詳しく知りませんが、秋篠宮家の公務先には川嶋辰彦氏や弟の舟氏が理事などを務める団体や、正田家つながりの水族館や博物館などが多いそうなので多分そこら辺りではないでしょうか? 最もどなたかが以前、『秋篠宮夫妻の公務先で「お礼は300万でよろしいでしょうか?」とお伺いをされたら、紀子は「私達は最低1人700万ですよ!」と激怒されたそう』と暴露してますから、あちこちで脅迫して出させてるんじゃないですか? 毛皮のコートも無理矢理献上させたみたいだし。

次の

眞子さま、雅子さまと「衣装かぶり」で紀子さまに涙の訴え! 秋篠宮家“名誉挽回”ならず

信子さま

彬子さまが倒れた原因は脳貧血 彬子さまが倒れた原因は 「脳貧血」。 「立ちくらみ」や「めまい」と表現したほうが、馴染みがあるかもしれません。 この日、天皇皇后両陛下 当時 が羽田空港に到着。 出迎えられた彬子さまは、両陛下とお話しされた後、とつぜん倒れられました。 脳貧血は、一時的に血圧が下がる症状で、 疲れがたまると起きやすい症状です。 瑤子さまが入院した原因は胃腸炎 が入院した原因は 「胃腸炎」。 急な腹痛を訴えて姉の彬子さまと同じく入院されました。 おそらく「急性胃腸炎」でしょう。 「急性胃腸炎」になる原因は、• 食べ物が原因の食中毒症状の一つ• ストレスが胃腸にくる症状の一つ などが考えられます。 姉妹が同じ日に入院の原因は? 三笠宮家の女王姉妹が二人とも同じ日に病院へ搬送。 そして、病院に同行したのは、 ではなく、でした。 姉妹でお身体が弱いのね…と思う人もいらっしゃるかもしれません。 でも、原因はお体だけではなく 「姉妹で相当 強い精神的ストレスを抱えていた」 と考えるのが自然だと思います。 そのストレスの原因は、一体なんだったのでしょう。 スポンサーリンク 彬子さまの三角関係とは?母信子さまとの対立 彬子さまは「ヒゲの殿下」として親しまれ、2012年に亡くなられた三笠宮寛仁さまのご長女。 そんな彬子さまが、寛仁さまが亡くなって3年目に 「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」 と異例の暴露したのは『文藝春秋』 2015年7月号 でした 「ヒゲの殿下」長女彬子さまが「異例」手記 「別居」の母に望む「二つのこと」とは さんから — buzbuz buzbuz49341855 実は、彬子さまのご両親、母信子さまと父三笠宮寛仁さまには、家庭不和で離婚の噂が長年ありました。 そして、彬子さまと瑤子さま姉妹は、父方についたため、母とはほぼ絶縁状態だったとのこと。 それをある意味、認めたご発言だったのです。 彬子さま家族内の「確執」明かす 手記は、父の死後3年間を振り返り、父への思いや感謝がつづられている一方、 ご家族と別居し、確執がうわさされていた信子さまにつて 「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」 と言及。 彬子さまは 「寛仁親王家は長い間一族の中で孤立していた」 その要因について、 「長年にわたる父と母との確執であり、それは父の死後も続いていた」 と明言されました。 そして、 「父 寛仁さま の逝去後に母に話し合いを申し込むも、代理人を通じて拒否された」 とも。 実際に、信子さまとご家族の確執は週刊誌で、何度も取り上げられていました。 三笠宮家・家庭内不和になった原因 信子さまと三笠宮寛仁さまに「夫婦の確執」が出来てしまった原因は、 今でも真相は明らかにされていません。 ・アルコール依存症と公表していた寛仁さまは、妻信子さまにDVがあった? ・信子さまに何かしらの精神的な疾患があった? ・信子さまが娘たちに「しつけに厳しい毒親」で、夫寛仁さまと対立? など、いろいろと言われています。 ただ、信子さまがガン闘病中の夫を置いて、娘二人とも離れ、一人静養のため別居を開始したのは事実。 皇族も人間ですし、夫婦や親子の間には、家族にしかわからない軋轢もおありでしょう。 ガン闘病中の夫がいるなら、妻子供が団結し、助け合い励まし合うシーンが描けそうですが、 逆に、病身の夫を置いて、娘とも顔も合わせないほど疎遠になるとは… ただ事ではない何かが、三笠宮家をバラバラにしてしまったのだと思います。 彬子さま「母に望むことは二つだけ」 彬子さまは、先ほどの『文藝春秋』の手記で、 「公務に復帰されるのであれば、今までお見守りくださった三笠宮両殿下にきちんとお目にかかり、ご無沙汰のお詫びとご報告をしてほしい」 「私たち皇族を支えてくださっている国民の皆様に、公務に復帰される理由をきちんと説明してほしい」 と 2つのことを母に注文。 「それ以上のことは、私は何も望んでいない」 と締めくくっておられました。 スポンサーリンク 彬子さまの三角関係!倒れるほど症状悪化は信子さま瑶子さまが原因?まとめ 彬子さまの2015年の 「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」 の暴露からはや4年。 令和時代になり、以前よりふっくらされた信子さま。 娘二人と並んで手を振られたり、国賓との食事会でもお見かけするようになりました。 ただ、いまだに、信子さまが娘 彬子さま・ 瑤子さま と、 顔を合わせて笑顔でお話をしている場面を見た人は誰もいません。 以前よりも母娘の確執は溶けていらっしゃるかもしれませんが、 皇族とはいえ、家庭内のゴタゴタはどこにでもありますね。 三笠宮家のみなさまも、これから注目していきたいと思います。

次の