モンハン 笛。 【アイスボーン】狩猟笛の最強おすすめ装備とスキル|覚醒武器装備【モンハンワールド(MHW)】

狩猟笛の楽譜、旋律の演奏効果|モンスターハンターポータブル3rd攻略広場

モンハン 笛

この記事は 3日目のエントリーです。 去年MH4が発売された時、2ヶ月ぐらい本職がハンターになってしまったため、もう二度とこんな生活はしないぞ…と思ってから早1年。 今年も10月にMH4Gが発売され、結局また本職がハンターになってしまいました。 モンハンはなんて恐ろしいゲームなんだ。 相変わらず私のメイン武器は狩猟笛なので今回も狩猟笛について書きますが、今回は前回好評だったオススメ狩猟笛のコーナーをもっと充実させてみました。 8 を追加しました。 もくじ• MH4Gオススメ狩猟笛 笛は攻撃力・属性値の他に旋律も大事なので、何から作っていいのか非常に悩む武器だと思います。 実際に使用して良かった笛たちを厳選して紹介しますので、悩めるカリピストのご参考になれば幸いです。 G級開放前 に書いたのでそちらを参照にどうぞ。 作成も簡単で有能! これさえあれば序盤はバッチリです。 カリピストならば一度は担ぐであろう初級笛です。 G1序盤から作成出来る割に攻撃力が高く、旋律に必要なものが揃っている上にスロ3という隙の無さ。 とりあえず序盤はこれ担いでいれば大丈夫というぐらい優秀です。 さすがにG3以降になるともっと良い笛がたくさん出てくるため、出番がなくなってしまいましたが、攻守ともに不安定なG級序盤では大活躍していました。 最強化の一つ前スフォルツァンド改まではツアー素材で作成可能という作りやすさも魅力の一つ。 更に、最後の強化であるリンフォルツァンドが、G1のアルセルタスとネルスキュラ亜種を狩るだけなので、ものすごく簡単に作成できます。 とりあえずG級になったら速攻作りましょう。 ちなみに、旋律効果の一つである体力増加【大】は必要なくね? と思いがちですが、仲間が瀕死の時に吹くと大回復出来ますので、ここぞという時に一度吹いてみてください。 おまけにスロ3という折り紙つき。 G級になるとMH4の相棒件おすすめ笛であった覇笛ハウカムトルム一本では何かとキツくなってくるため、強走アリの良い笛ないかなぁとお探しのG1〜2ハンターさんたちに強くオススメ出来ます。 ちなみに、覚醒スキルがあれば毒属性となるため、対クシャルダオラ戦でも有用だったりします。 ジャンクルコンガ改から店生産可能、ババコンガ(亜種含)とフルフル亜種を狩るだけで完成するお手軽ぶりも魅力的。 サンキューゴリラ。 攻撃大・聴覚保護を備えた紫赤空旋律が安定した強さを保つため、ソロでもPTでも大活躍。 この優秀な性能故、MH4Gでもガララ笛を愛用するカリピストは多い模様。 G級は新しく追加された砂漠のせいもあり暑ったり寒かったりが多いため、ドリンクを忘れても安心なのも地味に嬉しいところ。 なお、これらの気候無効系はドリンクに比べて効果時間が短いものの、 地形ダメージが無くなるいうドリンクには無い大きな利点があります 生産難易度も低く、パラハザードコールを作っていなくても改が店生産でき、その後の最強化もガララアジャラマラソンをすればすぐに終わるので割と簡単に出来ます。 G級を駆け抜けるのに何かと重宝する笛なので、G1でガララアジャラを狩れるようになったら優先的に作成しましょう。 とりあえずこの3笛あれば何とかなる。 攻守ともに完璧な凄いヤツ。 切れ味回復(抜刀時に複数回避を行うと斬れ味が回復する効果)を持つセルレギオスの笛。 紫ゲージは10と短いものの、笛は常時抜刀して回避をしまくる武器のため、比較的容易に紫ゲージを維持出来ます。 また、最も汎用性が高い紫青橙旋律のため、PTプレイのサポートとしても非常に優秀。 持っていく笛に迷ったら、とりあえずラーガレギオンを担げば間違いなし。 ティガレックス希少種を狩れるようになったら、それ以降は重竜骨とセルレギオスの素材だけで事足りるので、必ず叛逆笛ラーガレギオンまで強化しましょう。 ちなみに、前作の相棒アカム笛は強化すると覇重笛クーネハウカムになり、同じ無属性&同じ旋律ということもあって、叛逆笛ラーガレギオン派と覇重笛クーネハウカム派に別れるかと思います。 個人的には、切れ味回復との相性の良さを考えて業物スキルをつけたラーガレギオンに一票。 今作の私の相棒です。 ティガレックス希少種から作る衝鼓【叫虎】の再強化版。 MH4の頃も安定した青ゲージと押せ押せな旋律、攻撃力の高さと爆破属性(覚醒必要)から安定した戦いが出来る笛でしたが、そんな【叫虎】をそのままG級仕様にしたのが【虎舞】です。 異様に長い白ゲージを持つため、匠や業物を必要せず(つけても紫ゲージが微量なので微妙)、他のスキルを優先的に発動できるのが嬉しい。 そして変わらぬ攻撃力の高さとPTの強さを底上げをする紫赤空旋律、体力が多い・肉質が硬いモンスターに有効の爆破属性と、基本はこれ一本あればソロでもPTでもバッチコイ、どんなモンスターの頭も華麗にカチ割ることが出来ます。 この笛の本来の力は覚醒がなければ発揮されないので、 覚醒必須。 覚醒が無いのであれば、素直に同旋律+麻痺持ちのパラミティコールにしておくのが吉。 なお、前回まで空気気味だった耐雪&耐泥は対ウカムで大活躍するので積極的に吹いてみてください。 特に【虎舞】の紫赤空旋律は空色の位置がAボタンで、空色3つの耐雪&耐泥が吹きやすいのでウカム戦が非常に滾ります。 強化にあたっての素材の数が地味に多く、【叫虎】の時と違って最後の強化に驚異の大爆心をちゃんと要求されるため、作成ハードルは地味に高め。 ただ、それに見合うだけの強さはあります。 キティちゃんの爪と牙を毟りに行きましょう。 全状態異常無効(爆破・裂傷やられも無効)がとにかく便利であり、自身が460と高い麻痺属性持ちであることから状態異常攻撃強化が非常に有効。 そこに精霊王の加護の保険をつければもう何も言うことはありません。 テオ、ブラキ、ティガレックス希少種を相手にする時、粉塵がついているばかりに一発でテント送りになるのを防いでくれたり、破傷がめんどくさいセルレギオスの相手をする時にも便利です。 MH4Gでは状態異常攻撃を使用するモンスターが増えたため、引っ張りだこになりました。 ただし、白ホラ貝(強化前)と同様、相変わらず攻撃力は低めなためソロプレイ時には不向き。 PTプレイ時に、状態異常をしてくるモンスターを拘束するために担ぎましょう。 龍木ノ古笛からの強化は一回のみで、G3のオオナズチの竜神商人クエストをクリアすると出てくる交換素材で作ります。 必要な素材は強力麻痺袋とナズチの素材だけなので龍木ノ古笛を作ってさえいればお手軽なため、G3入ったら真っ先にホラ貝を作っておきましょう。 ボェェ〜ボェェ〜 あると便利! 個人的に好きな笛たち 上記の笛より優先度は低いかなと思うものの、持ってると便利な笛シリーズ。 これらがあると更に笛が楽しくなります。 これを背負っていると翼が生えたように見えるので、納刀時は天使になれます。 眠っていた厨二病心が目覚めそうな笛です。 強化前は黒触竜をイメージした禍々しい黒色なのですが、天廻龍の素材で強化していくと虹色へと進化していくさまも素敵。 見た目の美しさだけに目を奪われがちですが、性能も非常に優秀。 高い会心率とデフォルトで長く安定した白いゲージが狩りを安定させてくれます。 また、紫黄橙旋律は聴覚保護と耳栓を同時に吹けるのがポイント。 追加演奏すれば聴覚保護【大】・風圧完全無効がお手軽に発動できます。 紫黄橙旋律+自身が龍属性なこともあり、よく吠える上に風圧が邪魔な火竜夫婦(レウス・レイア)やクシャルダオラを相手にする時に非常に相性が良いです。 特にクシャはMH4Gより錆びてるクシャが追加されてるため出番が多い。 ただ、現時点では強化するのがちょっぴり面倒で、混沌に呻くゴアマガラ(カビ生えてるように見えるマガラ)からは強化途中に必要な素材の黒蝕竜の剛触覚と重殻が出ないため、ギルドクエストのLv86~125に出てくるG級個体のゴアマガラを相手にしなければなりません。 特に 黒蝕竜の剛触覚は激おこ状態のマガラさんの角をカチ割る必要があるので大変ですが、必要数は1つだけなので頑張ってカチ割りましょう。 見た目が非常に美しく能力も高い優秀な笛なので、マガラマラソンする価値はあります。 大人気アカム笛、待望の強化版になります。 いざ強化してみると、あれっゲージが緑のままだぞ…? って緑ゲージが伸びただけじゃねーか!! とがっかりしたカリピストが多いかと思います。 しかし、よくよく見てみると、この笛の欠点はそこだけです。 他の笛の追随を許さない高い攻撃力と会心率40%、アカム笛から変わらず最も汎用性が高くて優秀な紫青橙旋律、極限強化すれば封じられた発掘武器に優るとも劣らない化け物笛となります。 ただし切れ味+1と業物&はじかれ無効を常時維持することが必須です。 切れ味+1つけても青ゲージなので、保険も考えてはじかれ無効がないとキツイ。 旋律維持とスキルがちゃんと発動していれば最強の笛…なんですが、融通が利かないため、その辺が同じ無属性笛であるとの分かれ目になります。 高い会心率・攻撃力を持つものの自己強化&匠・業物必須の覇重笛クーネハウカムと、継続戦に優れ砥石不要な汎用性の高い叛逆笛ラーガレギオン、どちらを選ぶかはプレイスタイルとお好みで。 強化は相変わらずアカムの素材だけしか使用せず、1回のみの進化のため、作成は非常に簡単。 アカムを狩れるようになったら一本作ってみて試してみるのがオススメ。 みんな大好きマギア笛。 雷属性攻撃をしてくるモンスターは氷属性が弱点であることが多いため、雷属性防御強化と属性攻撃力強化の相性は抜群に良く、そこに対G級戦に是非とも欲しい精霊王の加護があるのが嬉しいポイント。 紫黄緑旋律の使い勝手のよさ と見た目から、他の氷属性笛と比べてマギア笛はバランスが良い印象です。 氷属性値が非常に高い判明、肝心の攻撃力は低いため、氷属性が弱点の敵以外にはイマイチですが、氷属性弱点の敵を前にすると真価を発揮します。 使いドコロは、前作同様激昂した金のゴリラの頭をカチ割る時。 あとジンオウガやキリン。 後者2匹は雷やられが地味に辛いので雷属性防御強化の旋律効果はありがたいです。 ゴリラの雷は無属性らしいのであまり意味はなさそうですが、相変わらず重たいアッパーの威力を半減してくれる精霊王の加護のありがたさたるや。 なお、素材的にはG2から作成可能なので、G2キークエのジンオウガ戦で大活躍します。 マギアチャーム=ベルから強化するのに必要なドスクワアゲハは G級のふらっとハンター限定なので、若干面倒ではあるものの、入手はしやすいため、気がついた時には必要数は揃っていると思います。 集会場の銅羅娘にふらっとハンターの設定をG級にお願いしておきましょう。 赤色のハープで見た目も良い。 今作MH4Gではテオの素材は武器も防具も大活躍ですね。 十分な攻撃力を備えている上、匠有りで紫ゲージ、また非常に高い爆破属性値のおかげで安定してダメージを与えることが出来ます。 爆破属性は硬い部位を破壊しやすいメリットもあり、とにかく使いやすいです。 同じ爆破属性であり使い勝手の良い絶衝鼓【虎舞】との使い分けは、狩るモンスターが状態異常攻撃をしてくるかどうかで対応出来ます。 どちらかというと、同じ旋律かつ麻痺属性を持つホラ貝がライバルかなーという気がしていて、PTのメンバーに麻痺武器を持ってきている人がいるならテオ笛だし、誰もいなければホラ貝だし…といった感じで使い分けましょう。 見た目含めこの笛にはこれといった欠点はありませんが、唯一欠点をあげるとしたら作成のしづらさでしょうか。 全笛中いちばん面倒な気がします。 なにせ大本が太古の塊から入手する凄く風化した狩猟笛、そこから更に大地の結晶を大量に使用して風化した狩猟笛に変えてようやくスタートに立てるので(錆クシャは直接生産あるのになんでテオ笛にはないんや)、かなり面倒くさいです。 その後の強化は全部テオの素材から取れるのでテオマラソンすればいいんですけども…。 同旋律で麻痺属性を持つホラ貝の方が作りやすい上に使い勝手が良いように思えますが、テオ笛の方がトータルの攻撃力で優れているため、選択肢の一つとして持っていて損は無いです。 狩猟笛で挑む時のスキルについて 私が愛用しているのは、笛吹き名人、回避性能+1〜3いずれか、覚醒(絶衝鼓【虎舞】用)、業物、切れ味+1あたりで、あとは狩猟する相手によって諸々変えています。 笛は自分で吹けば大抵の事はなんとかなりますしね。 唯一必須だなーと思うのは、笛吹き名人です。 5スロで発動しますし、笛は他の武器と違って必須スキルも特にないため、私的にはこれだけは絶対必要だと思っています。 しかし、カリピストによってはそんなんたくさん吹けばええだけやん〜と言う方も居ますので、好みかもしれません。 攻撃防御の旋律がない時は必ず強化笛と硬化笛を持って行って誰かが乗ってる最中に吹いたりするので、大変ありがたいです。 鬼人薬も硬化薬も地味に作るの面倒なので、アイテム笛は便利便利。 ただし、ドリンクにはない、装備のスキル「暑さ無効」と同じ、 地形ダメージを無効にするという大きなメリットを秘めています。 暑さ無効の効果は地味ですが便利で、火山系の足元が赤くてダメージを食らうところとか(アカムやミラボレアス戦の時とか辛い)、テオやダラアマデュラの側に居るだけで暑くて食らうダメージ等を無効に出来るので、積極的に吹きましょう。 特にダラアマデュラ戦の暑さダメージ(あの青いキラキラ)は常時モスジャーキーをむしゃむしゃしないと辛いほど深刻なため、この効果の恩恵は非常に大きいです。 あと亜種がやる足場を溶岩にしてくるやつも、溶岩の上歩いててもダメージ無しになるので最高すぎます。 蛇戦では是非一度赤空旋律の笛を担いで、その効果を実感してください。 暑さ無効のスキルつけてる人はあまりいないため、重宝されます。 足場のダメージを無くすことは出来るので吹く価値はありまくりですが、あれも防げればなぁ。 終わりに 愛が溢れすぎてコメントが長くなってしまいましたが、全部読んでくださった方がいましたらありがとうございます。 そんなこんなで 3日目の記事でした! 明日のモンハン Advent Calendar 2014は、nipokoさんです。 使ってみよう、狩猟笛 野良オンラインプレイやってもすれ違いでギルドカード見てみても、笛使用率の少ないこと少ないこと。 みんなやってても10回以下で笛をメインにしてる人なんて1000人中1人いたら良いレベルです。 心なしかMH4の時より減った気がするんですけど気のせいでしょうか。 このままだとMH5辺りでクビになってしまうのではないかと心配しています。 超攻撃型がたまらない。 猫飯(防御術大)が発動していれば、笛旋律の重複で75%の確率でダメージを30%カット。 1撃でHPの半分持っていかれるのがザラのG級戦において、精霊王の加護の恩恵たるや。 好きなプーギーの衣装 ブンブンビー 可哀想だと思う笛 見た目がカスタネットな某無属性なカニ笛。 出番が… 旋律パターンに物申す 耐震を有用パターンにいれてほしい。 聴覚や風圧は色々あるのに耐震吹けるのは砕光の陽鈴オンリーだなんてそんな…… あと今作も対泥の意味皆無やんけ! 対泥はボルボロスさん専用なんだろうか? 対泥の部分を対油にしてくれればゴクマジオス相手に大活躍出来たのになぁ。 参考サイト Special Thanks! カリピストによるカリピストのための愛が溢れるwiki 再びフォントお借りしました.

次の

狩猟笛の基本操作と豆知識|モンスターハンターポータブル2ndG広場

モンハン 笛

596• 247• 179• 113• 180• 247• 231• 131• 121• 253• 399• 299•

次の

アイスボーン攻略まとめ|モンハンワールド(MHWI)

モンハン 笛

狩猟笛でよく使われている人気の狩技、狩猟スタイルについて、実際に集会所で使っている人 HR150以上 の数を数えて調査してみました。 ブシドースタイルの狩猟笛は、通常の連音攻撃が使用できない代わりに、ジャスト回避に成功すると直後に3連音攻撃が使用可能となっています。 続いての人気がギルドスタイル、僅差でエリアルスタイルと続きました。 エリアルスタイルの狩猟笛は、空中でジャンプ連音攻撃が使用可能です。 ダブルクロスで加わったレンキンスタイルとブレイヴスタイルは、いずれも使用しているプレイヤーは少なめでした。 レンキンスタイルは、特に上級者の間で使っている人はどの武器を通しても不人気さが目立っていましたが、狩猟笛はときどき使っているプレイヤーが見られました。 もともとパーティのサポートとしての役割が強い狩猟笛と、SP狩技での支援効果が噛み合っていることが理由だと考えられます。 ストライカースタイルに関してはほとんど使用しているプレイヤーは見られませんでした。 モンスターの攻撃を回避しつつ斬れ味を回復することができ、使用後に抜刀状態が維持されるのが絶対回避との違いとなっています。 (絶対回避は納刀状態になる) 特に上級者の間では絶対回避2種は使用率が高いことが特徴となっています。 2位で人気だったのは、ダブルクロスで新しく加わった狩技「アニマートハイ」でした。 演奏攻撃に隙がなくなり、効果時間中の演奏攻撃を伴ったアクションの立ち回りが強化されますが、効果時間がやや短めなのがネックです。 3位は絶対回避で、臨戦よりは使用率は低いですが、単純に使いやすい狩技なので使用しているプレイヤーもよく見られました。 4位は同率で「奏纏」と「音撃震」でした。 奏纏は一定時間、攻撃をモンスターに与えなくても音色が重音色になるため、効果時間中の演奏は前回の演奏効果も合わせて発動するようになります。 音撃震はシンプルですが攻撃用の狩技です。 5位で最も専用の狩技で使われていなかったのは「オルケスタソウル」でした。 効果自体はすべての旋律が発動するということで便利なのですが、効果が自分だけなのがネックとなっています。 モンハンクロスの人気ランキング 以下は、前作のモンハンクロスでの人気ランキングです。 2位だったのは「エリアルスタイル」で、地上での連音攻撃が使用出来ない代わりに、踏みつけ跳躍からのジャンプ連音攻撃が可能となっています。 3位はギルドスタイルで、最も人気がなかったのが「ストライカースタイル」でした。 ギルドスタイルのメリットとしては、狩技を2種類装備可能な他に、唯一地上で通常の連音攻撃が使用可能となっています。 ストライカースタイルが ほとんど使っている人がいないレベルで不人気なのは、狩猟笛の専用狩技が強力なものが少ないので、3つ装備できるメリットが小さいだからだと思います。 2位のオルケスタソウルは自分自身に全ての旋律効果を発動させる狩技で、3位の奏纏は、一定時間の間、旋律が全て重音色になる狩技です。 1位の音激震以外の狩猟笛専用の狩技は、共通の狩技の「絶対回避」と比べると辛うじて使っている人は多いものの、あまり変わらないくらいの人気でした。 狩猟笛はストライカースタイルを選択している人の数が少ないことからも、狩猟笛専用の狩技は「音激震」を除き、それほど有用でないことが考えられます。 関連記事•

次の