高専 ロボコン 2019。 高専ロボコン2019全国大会の感想

きのくにロボットフェスティバル2019

高専 ロボコン 2019

2019年11月23日、東京は雨。 木曜日ごろから強い寒気に覆われ、本格的な冬の気温になっている。 両国国技館では、高専ロボコン2019の前日テストランが行われようとしている。 全国の25校・26チームが、すでにピット入りとオリエンテーションを済ませ、試走への準備を着々と行っている。 尚、本日の模様は、デバプラTwitterでも詳報中。 記事では、本テストランのレポートと、ピットの様子を中心としたレポートを予定している。 併せてご覧いただきたい。 デバプラTwitter Tweetまとめ記事 ルール、出場校等まとめ 14:22 テストラン開始 テストランの一番乗りは、 長野高専「森のイテェやつら」。 事前番組「サイエンスZERO」でも取り上げられた、トゲマシンだ。 初手から、手動機での洗濯物のピックアップ、そして自動機でのシーツトライと続き、実戦に近い流れ。 手動機は「トゲ」が機能しTシャツを掛ける。 自動機は、PCでの調整をしながらのテストランとなった。 続いて 一関高専「らび!らん」。 初手ピックアップは問題なく。 その後の手動セッティングから、Tシャツ干しは問題無く成功。 注目の自動機、シーツのチャレンジは、アームが伸びたところで停止してしまう。 2回目のチャレンジでは中段バスタオルに変更するが、これも決まらず。 3番手は 福島高専「干しに願いを」。 手動機でのピックアップは、やはり問題無いように見える。 自動機は、シーツへ。 そして、一発で成功! さらにバスタオル、手動機でのバスタオルとTシャツを成功させ、1度目の試走から満点が狙える出来。 おそらく初手のピックアップも2台で行える。 スピードも正確性も高いレベル。 奈良高専「飛鳥」。 サイケなTシャツ。 LEDが目立つ。 ピックアップ後のセッティングから開始。 ダブル自動機。 シーツは2台で連携して掛ける。 1度目のチャレンジではシーツが落ちてしまったが、きれいな連携を見せる。 Tシャツ掛けは、サイケなTシャツを翼のように広げ、一気にかける。 「映える……」とはギャラリーのため息。 さすが強豪、観客を感嘆させる。 産技高専品川「クマノミランドリー」。 白ベース+ブルーの外装がいかにも洗濯機にふさわしい清潔感。 手動機でのピックアップは、1枚1枚という感じか。 その後Tシャツ掛けは成功。 自動機の方は、PCを睨みながらの調整からスタート。 ほどなくして走り出すが、柱に接触してしまう。 佐世保高専「ふぁん FUN ファンドリー」。 2台でのピックアップはスムーズ。 特徴である風力を使った干し動作は、見事初手から成功。 ファンの鋭い風切音が、未だ静かな会場に響く。 シーツ掛けは見られなかった。 大分高専「令和さるかに合戦」。 さるの絵と赤いプラダン製カニが目印。 フィールド内にメンバーが入り、スマホで録画している。 その数実に5人。 どんな意義なのか。 初手シーツ掛けは成らず、しかしバスタオルは確実に掛けた。 カニ手動機の洗濯物把持力は見るからに強そう。 徳山高専「ファラ男」。 LEDの装飾が目立つ。 ファラオの顔が付いている方が手動機。 自動機のバスタオルはスムーズ。 シーツもキレイにセット。 若干セッティングに時間がかかる気もしたが、その後は速い。 美しい。 岐阜高専「Lambdry(ラムドリー)」。 ブラック&イエローの警戒色。 一気に建設機械感。 ヘルメットも工事現場仕様。 スタートと同時にウィングを広げる手動機。 自動機は一気に背が高くなり「高所作業中」のフラッグ。 見事に世界観を作った。 さらにはバスタオルもシーツも成功させ、点数も期待できる。 小山高専B「ホシ鳥夫婦」。 秒数のコール、手動機の誘導の声など、チームがマネジメントされている印象。 ベルトコンベア式ピックアップは確実かつ速い。 自動機はシーツ掛けへ。 問題無く成功。 続いてバスタオルも掛け、総じて安定している印象を受ける。 大阪府大高専「OSAKA OBASAN」。 一目でわかるおかん仕様。 おかんが走る。 働き者。 かつ手際良い。 自動機のシーツは問題無く美しい仕上がり。 バスタオルではジャムってしまったような瞬間も見えたが、間もなくリカバリー。 完成度は高く見えた。 茨城高専「洗風日和」。 天狗、カラス天狗マシン。 こちらも風力が特徴。 巨大ファン2発備え、バスタオルは問題無く成功。 シーツの大きさは、風力でコントロールするのはなかなかに難しそうにも見える。 が、間違いなく風に舞う洗濯物は美しい。 香川高専詫間「again」。 揃いのバイカー風ヘルメット、爽やかかつ都会的なデザインのTシャツ、そしてロボットも美しい。 全体としてデザイン性が高い、というべきか。 シーツは大きめのパネルを用い確実に掛けることができる。 その直後にバスタオルも、コントロールされた、ユレの少なそうな動きで問題無く成功。 メンバーの声もキビキビと響き、トータルでマネジメントされている、という印象を受ける。 大柄な、フレームが目立つロボット。 ややロボットへのセッティングに時間がかかったか。 しかしその後は速い。 射出式のバスタオル干しは、小気味良い音が3連発。 会場を沸かせてくれそうだ。 熊本高専八代「洗匠」。 モノトーンのピクトグラムロボット。 自動機は洗濯物を持たず、(おそらく)センサー類の調整から。 PCがむき出しで、外装のように搭載されている。 2回目に後段に来たときには、スムーズにシーツ干しを成功させていた。 手動機のボディには、大きなタブレットPCの画面が見える。 Tシャツの多枚掛けを成功。 明石高専「明石『超』乾燥(アカシスーパードライ)」。 パンタグラフによる高層化が特徴の自動機。 高さを出せば、干す動作は「落とすだけ」に近くなるが、当然移動には不利。 手動機はアームを広げる。 言わば展開ロボッツ。 旭川高専「乱雅」。 「よろしくお願いします!」との全員のかけ声でテストランスタート。 プラダンボディに緑ラインがJR東日本的。 背の高い自動機、プラダンの使い方が美しい。 丁寧に外装が作られている。 そのシーツ干しは無駄なく、また返す刀でバスタオルも、ゆっくりと確実に成功。 どことなく、生き物のように見える。 外装に書かれた目のせいもあると思うが、フォルム全体、またややユレながら動く姿も、生物を思わせる。 豊田高専「地産地笑」。 うなぎの名古屋コーチンがモチーフとのこと。 自動機はうなぎの方。 高く展開し、無難にシーツとバスタオルを掛ける。 キモはマジックハンド付きのハンガー、ゼンマイ式の走る洗濯ばさみ。 アイデア、だ。 香川高専高松「澪」。 手動機がキビキビと動く。 パイロットの練度もありそうだ。 その後の干し動作も、確実に行っていた。 自動機はスムーズにシーツを成功。 洗濯ばさみを上からではなく、横から使う。 苫小牧高専「トマイオマイ」。 赤で統一されたロボット、Tシャツ。 やや自動機のスタートに手間取っているように見えた。 手動機は地道にTシャツから調整。 初手の回収動作は速い。 小山高専A「おやまちロケット」。 ヒト型の手動機! 洗濯物を干すというタスクに、これほどしっくりくるモチーフはないだろう。 難易度は高いと思われるが、これも高専ロボコン。 自動機はロケットがモチーフ。 高いアームと風力を合わせたシーツ掛けを成功させた。 ヒト型の手動機がしゃべる姿、ロケットがせり上がるギミックなど、応援したくなる世界を作った。 宇宙と洗濯物の不思議な世界。 仙台高専広瀬「北風と太陽」。 自動機は高くアームを伸ばすタイプ。 アーム上部に、シーツを放し、かつカーテンのように引っ張って広げる、という動作をするための機構が存在する。 比較的単純で確実な機構と思える。 このテストランでも問題無く成功させていた。 呉高専「蝸牛(シュネイカー)」。 その名の通りかたつむりモチーフ。 手動機のみで回収、そのままバスタオルとシーツ掛けに走る。 バスタオルは射出式で、やや正確性に欠けるか? だが、会場を沸かせるギミックだろう。 自動機のシーツ掛けはオーソドックスに高く伸ばしたアームからかけるが、このテストランでは、成功させることはできなかった。 16:49 テストラン2巡目へ メインフィールドでは、ここから2回目のチームも現れた。 1回目を済ませていないチームは、福井高専、都城高専、米子高専。 福井高専「Super Silvers」。 モチーフは「元気なお年寄り」とのこと。 手動機での回収は速く確実。 自動機へのシーツのセッティングは「ふわっと置く」というレアなもの。 試走ではその後の動作を見ることができなかった。 手動機でのTシャツは問題無く成功させていた。 都城高専「ハッとトリック! ポッポちゃん! モチーフは鳥。 ロボット全体としてそれになっている、高専ロボコンらしい(老害記者の思い込みかもしれない)マシン。 そしてフィールド外のラックが目立つ。 シーツは、アタマの上の帽子にまとめてから一気に投げ出すタイプ。 キレイに広がったら、また去年のように会場を沸かせることだろう。 米子高専「彦名らんどりー」。 プログラムを絶賛改修中であるという噂も聞いたが、果たして。 シーツを広げるのに苦戦している姿が見られた。 尚、今回の高専ロボコンのフィールドは、メインと同じフロアに、2面用意されている。 試行の回数は多くできると思うが、ややフロアが混むかもしれない。 この対応も必要かもしれない。 現時点で17:05。 若干押し気味の進行だ。 まだまだテストランは続いていく。

次の

高専ロボコン2019全国大会の感想

高専 ロボコン 2019

高専ロボコン2019全国大会が11月24日 日 に国技館 東京都 にて開催されました。 今年の高専ロボコンは「洗濯物干し」が競技テーマで、布を扱ったたいへん難しい動作・競技に挑みました。 本校は地区大会を審査員推薦により突破し全国大会へ進出しました。 全国大会では1回戦敗退となりましたが、結束バンドを「ハリネズミ」や「ヤマアラシ」の「背中のトゲ」に模した、他に類を見ない独創的なアイデアが高く評価され、協賛企業特別賞に加え、ロボコン4賞のひとつである「アイデア倒れ賞」を受賞しました。 優勝は香川高専 詫間キャンパス 、準優勝 小山高専、ロボコン大賞 奈良高専でした。 大会の様子は12月29日(日)10:05からNHK総合にてテレビ放送が予定されています。 ぜひご覧ください。 全国大会に際しまして、多くの皆様にご来場いただき、熱い声援を送っていただきましたこと、心より御礼申し上げます。 今後も高専ロボコンの活動につきまして,ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。 | | 独立行政法人 国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校 〒381-8550 長野市徳間716 総務課総務係 026-295-7003 庶務関係 学生課教務係 026-295-7017 学業、入学者募集、進学関係 総務課人事係 026-295-7004 人事関係 学生課学生係 026-295-7018 学生支援、就職関係 総務課財務係 026-295-7009 契約、施設貸出関係 学生課寮務係 026-295-7020 学生寮関係 総務課出納係 026-295-7010 会計、授業料、共済関係 学生課図書係 026-295-7005 図書関係 総務課研究協力・産学連携係 026-295-7134 産学連携関係 総務課施設係 026-295-7013 施設関係.

次の

高専ロボコン全国大会で優勝を目指す栗田健太郎ミライモンスター

高専 ロボコン 2019

もう何の部活動に入るかはお決まりですか? 高専に来たからには、高専らしいロボコン部なんていかがでしょう。 ロボコン部で... 残念ながら、沼津高専は両チームとも惨敗で幕を閉じました。 そんななか、Bチームは東京エレクトロン様から特別賞をいただきまし... 沼津高専ロボコン部では、NHKが主催する「アイディア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」に毎年参加しています。 勝手ながら、しばらく投稿を休ませてもらいました。 申し訳ありません。 今年の地区大会は無事終わりました。 残念ながら沼津は全国へ行けませんでした。 応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。 話は変... 30周年を迎える記念すべき大会の競技名は 「大江戸ロボット忍法帳」 各チーム2台のロボットを用いて 相手の風船を割る競技です。 また、ロボットには風船を... Powered by NetCommons2.

次の