かぎ かっこ 書き方。 Webコンテンツの正しい『かっこの付け方』教えます

小学生の作文で困った!よく使う2種類の「かぎかっこ」の使い方

かぎ かっこ 書き方

Contents• 人間とかぎかっこの深い関係 低学年では、会話のかぎかっこを入れる項目があります。 また、学年が上がってくると、会話のかぎかっこを書き出しに使う練習が始まります。 私たちは普段、毎日顔を合わせる人とは、会話でコミュニケーションをとります。 ですから、日常はかぎかっこだらけ。 人間とかぎかっこは深い関係にあるのですね。 かぎかっこの中には人柄が表れている さて、そのかぎかっこの話題。 作文の中に登場する人がどんな人柄なのか。 もちろん文章として説明するのがいちばん手っ取り早いのですが、かぎかっこに工夫をすることでも人柄は伝わります。 逆に、こちらのほうがストレートに伝わるかもしれません。 言葉には、その人の意志や感情がダイレクトにのりますものね。 おこりんぼのママだったら、 「もうっ、何回言ったらわかるのよ!いいかげんにしなさいっ!」 といつも言っているとか、ね。 また、負けず嫌いな友達だったら、 「悔しい!絶対に勝つまでやってやる!」 なんて言って、勝つまで勝負を続けるかもしれません。 このような、性格がにじみ出ているかぎかっこが入ると、作文がとたんにイキイキと輝いてくるのです。 方言をつかうのもオススメ また、おもしろいところでは、方言などを積極的に使うのもありです。 とはいっても、東京はじめ、東京近郊の子は方言らしい方言がありませんね。 ですから、たとえば、地方に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんの会話を書くときは、わざわざ標準語に直さずに、方言が入った言葉を使うとよいのです。 以前、北陸に住んでいる生徒さんの通信指導を担当していたことがありました。 この子がとても純朴な子で、かぎかっこはすべて実際に話す方言だらけのセリフを書いてくるのです。 今日どこいくの?だったら、 「今日、どこいぐか?」 というように。 どうですか? とっても味があると思いませんか? 手直しせずにそのままで かぎかっこの中は、なるべく、発言した人の言葉そのままに書くのがおすすめ。 ただ、正確に思い出せないこともあると思います。 そのときは、思い出せる範囲でかまいません。 正確に思い出さなきゃ。。。 と思うと、楽しく気軽に取り組めるかぎかっこが、難しいものになってしまいますからね。 いろいろな人の会話の特徴をつかむのも、なかなかおもしろいですよ。 明日から、観察してみては!!! というわけで、今回は、会話のかぎかっこで人柄を出してみようというお話でした。 YouTubeでも解説していますので、こちらも見てね。

次の

日記や作文の正しい書き方を教える方法!学校では教えてくれない!?

かぎ かっこ 書き方

小学生の作文で困った!よく使う2種類の「かぎかっこ」の使い方 お子さんが、作文をうまく書けなくて困っていませんか? もしかしたら、作文を書くときの決まりがしっかりと身についていないのかも知れません。 ここでは、そうした決まりの一つとして、良く使われる「かぎかっこ」の使い方についてみていきましょう。 マスの中にどのように「かぎかっこ」を入れたら良いのか知っておくと、表現の幅が広がります。 普段から馴染みのあるかぎかっこ(「 」)と、特別な時に使う二重かぎかっこ(『 』)の使い方を例文とともにご紹介します。 決まりを身につければ、書くのは簡単です。 お子さんが困った時、一緒に確認してみて下さい。 ・かぎかっこ…会話文、語句を強調するとき、引用文 ・二重かぎかっこ…かぎかっこの中で、かぎかっこを使うとき、出典をあらわすとき このように、似たようなかぎかっこでも使われ方が少し違います。 それぞれ、どのような書き方で使うと良いのか見ていきましょう。 かぎかっこ(「 」)を使う時の3つのルールと注意点 作文の中でよく使われるのが、かぎかっこ(「 」)です。 かぎかっこを文中で用いる場合は、主に3つのルールがあります。 会話文で使う• 会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は1マスに入れる• 会話文の書き始めは行を変える それぞれ、例文をもとに確認していきましょう。 たとえば、『3時になり、「おやつの時間よ。 」とお母さんが言いました。 それで、ぼくは階段をかけおりました。 』という文章を書くとしたら、以下のようになります。 3時になり、 「おやつの時間よ。 」 と、お母さんが言いました。 それで、ぼくは階段をかけおりました。 このとき、会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は、原稿用紙の1マス分に一緒に入れます。 また、会話文の書き始めは改行し、会話文の次にくる文章も改行して書き始めます。 こうしたルールのほかに、以下の場合における注意点があります。 会話文が2行以上になる場合• 会話文が連続する場合• 引用文を書く場合 それぞれ詳しくみていきましょう。 会話文が2行以上になる場合 さきほど、会話文が1行の場合を取り上げましたが、2行以上の会話文の場合はどうやって書いたら良いのでしょう。 例文を挙げて見ていきましょう。 たとえば、『「あしたは遊園地にいくから、敷きものの用意をしてね。 お弁当はママが腕によりを掛けて作るわ。 飲み物の担当はパパにお願いね。 」と、ママは張り切って言った。 』という文章を400字詰め原稿用紙に書くとしたら、以下のようになります。 」 と、ママは張り切って言った。 会話文が長いときは、次の行の1マスを空けて書くと、行が揃って読みやすい印象を受けます。 ただし、どちらか決めかねるとき、文章が以下のようになった場合は1マス空けない方が無難です。 会話文の2行目を1マス空けたことで、会話文が次の行に飛んでしまう• 会話文の2行目を1マス空けたことで、終わりの句点とかぎかっこがマスからはみ出る 次に、会話文が連続する場合の注意点をみていきましょう。 会話文が連続する場合 会話文が連続する場合は、会話文が始まるたびに改行して書き始めます。 例文 友達を見つけて、ぼくは大きな声で話しかけた。 「どこいくの? 」 「公園!」 「何するの? 」 「サッカー! 」 「僕も入れて! 」 僕と友達は日が暮れるまでサッカーをして遊んだ。 このように、「ぼく」と「友達」といった2人以上の会話文が連続する場合は、会話文の書き出しは改行して書きます。 引用文を書く場合 本の内容を引用するときなどに、原文をかぎかっこでくくる使い方があります。 短い引用文なら、改行せずに書いた方が見やすくなります。 一方、長い引用文の場合は、改行して書いた方が見やすくなります。 作文形式によっては、かぎかっこ(「 」)でくくらずに、1~2字分下げて引用文を書く場合もあります。 次に、二重かぎかっこについて、みていきましょう。 二重かぎかっこはどうやって使う? 正しい使い方の例 かぎかっこと似たものに、二重かぎかっこ(『 』)があります。 これは、かぎかっこの中で、かぎかっこを使うときや、出典をあらわすときに使います。 それぞれ、例文をみながら使い方を確認していきましょう。 《かぎかっこの中でかぎかっこを使うとき》 例文 昨日読んだ「かんたんに折り紙を折る方法」は『折り紙絵本』に載っていたよ。 このように、二重かぎかっこを使うのは、文献や書籍などの出所を示すときに使います。 また、二重かぎかっこと分けて、かぎかっこで書かれた部分は、タイトル名をわかりやすくするために使っています。 この場合は、会話文ではないので、かぎかっこを使う時に改行しません。 かぎかっこと二重かぎかっこは、作文の中でよく使うので、使い方を覚えておくと便利です。 2つのかぎかっこの使い方を覚えて、伝わる作文を書こう! かぎかっこ(「 」)と二重かぎかっこ(『 』)の使い方をお伝えしましたが、いかがでしたか? 普段何気なく使っていたかぎかっこですが、場合によって使い分けすると、文章がわかりやすくなります。 それぞれの使い方をもう一度おさらいしてみましょう。 会話文、語句を強調するとき• タイトル名など• かぎかっこの中で、かぎかっこを使うとき=会話文の中の会話文、会話文の中の音• 会話文で使う• 会話文の終わりにくる句点(。 )とかぎかっこ(」)は1マスに入れる• 会話文の書き始めは行を変える(会話文が連続する場合もその都度改行する)• 会話文が2行以上になる場合、2行目の一番上のマスは空けても空けなくてもよい。 (空けると見やすくなる場合は空けると良い) これらの使い方を覚えておき、作文の中に積極的に会話文を取り入れてみてください。 きっと、その場にいるような情景が浮かび、生き生きとした文章が仕上がるはずです。

次の

作文のかぎかっこルール解説。位置は?一番下のマスはどうする?

かぎ かっこ 書き方

スポンサーリンク 作文は思ったことをかぎかっこで表現しても良い? さて、『思ったこと』とは、どういった意味を持つ文章を指すのでしょうか? 『思ったこと』=『心の声』なのは間違いありませんが、言葉で説明してもピンとこない方もいることでしょう。 まずは例文を確認し、どういった文章が『思ったこと』を表現しているのか、ハッキリさせておきましょう。 例文 私は家族でピクニックに出かけました。 なだらかな丘を歌いながら歩いていきます。 「こんな時間がいつまでも続けばいい」 と思いました。 おそらく、こういった文章を 『思ったこと』をかぎかっこで表現するというのでしょう。 「この文章で大丈夫なのだろうか?」と疑問に思ってしまうのは、『と思いました。 』の部分を改行しなければならないからです。 作文は、「」(かぎかっこ)を使うときは改行する決まりとなっています。 そのため、例文のような書き方になってしまうわけです。 では、どうしてこういった書き方をしようと思ったのでしょうか? 小説のような『心の声』は不要 おそらく、小説に出てくる 心の声を表現したかったのだと思います。 とくに、ライトノベルではよく使われる手法ですね。 例文 探偵は足を止め、踵を返した。 (もしかすると、あの人は嘘をついていたのでは?) その答えは、現場にあるはずだ。 なるほど、こういった手法を使っている小説をよく目にしますね。 だから、それを作文でも使いたいわけですね。 そう考えると、文法としては間違いではないといえるでしょう。 ただし、「作文に心の声が必要なのか?」と聞かれれば、 答えはNOだといえます。 よく考えてみてください。 作文とは、自分の意見や感想を綴る文章のことです。 つまり、作文そのものがあなたの心の声となります。 そんな作文の中で、心の声を書くためにわざわざ改行し、ご丁寧にかぎかっこまでつける必要があるでしょうか? このことからも分かる通り、作文で思ったことを書きたいのなら、かぎかっこをつけずにそのまま書いてしまったほうが早いのです。 かぎかっこで表現するのは、 会話だけにしておきましょう。 作文の基本が分かるオススメの書籍 作文をうまく書けるようになりたいなら、『ちびまる子ちゃんの作文教室』がオススメです。 子供向けなので読みやすく、誰でも簡単に作文の基本が学べるようになります。 子供のために買ったはずが、親御さんのほうが先に読んでしまう面白さです。 まとめ 作文では、思ったことをかぎかっこで表現する必要はありません。 心の声は改行しなくても、そのまま書けば伝えることができるからです。 基本的な作文の書き方を覚えていれば、こういった疑問を晴らすことができます。

次の