艦これ ss 提督死亡。 提督(艦これ)とは (テイトクとは) [単語記事]

[B!] 【艦これ】艦娘「提督が寝てる……」 : あやめ速報

艦これ ss 提督死亡

vip2ch. 31 ID:2Z7RriEM0 妖精「今から俺の維持に従えば助かる、といったらどうかね?」 提督「それは……本当なのか?」 妖精「ああ、どうする?時間がないぞ」 提督「わ、わかった。 35 ID:2Z7RriEM0 妖精「あ、やっぱ無理。 36 ID:2Z7RriEM0 妖精『まぁそこは中間地点みたいなもんだ』 提督「それで、まさか俺に過去をさかのぼって死の原因から潰せってことか?」 妖精『そういうことになるな』 提督「だがガンなんてどう阻止すればいいんだ?俺の生活習慣とかが関わった自然発生的なものなんて……」 妖精『お前のガンは自然的なものじゃない。 86 ID:2Z7RriEM0 妖精「大本営の仕業だ」 提督「大本営が俺を……!?俺はやましいことなんて何も……」 妖精「胸に手を当ててよく思い出せ。 56 ID:2Z7RriEM0 提督「ホモセックスをさせようとしたんだ」 妖精「あのさぁ……」 提督「俺はノンケだ。 掘られるなんて冗談じゃない」 妖精「それじゃあ原因は分かったし止めに行くか」 提督「俺が反逆を企てたのはだいぶ昔だぞ?一体どこまで過去をさかのぼるんだ?」 妖精「何も企てた瞬間にさかのぼるわけじゃない。 15 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵とのホモセックスを断ったことがあったんだ。 もしかしたらその時に……」 妖精「確信犯じゃねーか。 24 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵から愛の告白を受けたんだ」 妖精「もう結ばれちまえよ」 提督「ノンケだって言ってんだろ!」 妖精「てかさ、その憲兵のホモセックス断ってばれたんなら憲兵かなり上の人物なんじゃないの?」 提督「そういえばそうだな……だがあの憲兵、断った時に悲しい顔するだけでとても通報するような奴ではないと思ったが……」 妖精「上位の憲兵には護衛に艦娘がつくことがある。 77 ID:2Z7RriEM0 提督「白露型1番艦の白露だったか」 妖精「あのいっちばーんとやかましい女か」 提督「ん?待てよ……白露は確か俺に常々敵意の視線を向けていた。 63 ID:2Z7RriEM0 提督「まず俺は大本営からホモセックスをせよという命令を受けた」 提督「当然俺はこれを曖昧にしたまま断り続けていた」 提督「だがある日あの憲兵が俺のことを訪ねてきたんだ」 提督「どこかで俺の不信感に気が付いていたんだろうな……あいつとは長い付き合いだったから」 提督「そしてあいつは言った『俺とホモセックスしてくれ!』と」 提督「あの時は意味が分からなかった。 だがあいつは俺のことを助けようとしていたのかもしれない」 提督「大本営のホモセックス命令は一回きりだ。 97 ID:2Z7RriEM0 提督「アイツは俺の強い拒絶に首を横に振った」 憲兵『分かった。 他の方法もあるかもしれない。 諦めずに探そう』 提督「そこでこの件は終わりに見えた……しかし不確定要素があったんだ」 妖精「まさか……」 提督「そう、白露だ。 あの日憲兵は護衛を連れてきていないと言った」 妖精「騙されたってのか?」 提督「いや、あの眼はうそをついてるようには見えなかった」 妖精「なら白露の単独行動だったってことか」 提督「憲兵に恋慕していた白露からしたら俺は邪魔な存在だ。 嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。 03 ID:2Z7RriEM0 妖精「それでホモセックスを断ったことがバレ、反逆の意思を見せたお前はしょっぴかれるという結末か……」 提督「なんてこった……」 妖精「だがこれでハッキリしたな。 その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 だがそれは嘘。 アイツだってノンケだ」 妖精「…………」 提督「それにな、憲兵は白露といつか結ばれたいと言っていたんだ。 49 ID:2Z7RriEM0 妖精「……どうするんだ?」 提督「……俺があの時ホモセックスを断らなかったらこんなことにはならなかった」 妖精「なら申し出を受ければいいじゃないか。 少なくとも命は助かる」 提督「駄目だ。 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。 23 ID:2Z7RriEM0 提督「俺がこのまま死ねば何も問題は起きずに終わる」 提督「憲兵だって仕事で俺に申し出たんだ。 白露が暴露したのも含めてアイツに危害が及ぶこともない」 妖精「……そうか」 提督「悪いな。 こんな大それたことまでやらしちまって」 妖精「……本当だよ。 俺が、馬鹿みたいじゃないか……」 提督「そう悲しむなって。 胃腸ガンならあと少しだけ生きれる」 提督「放っておいても大本営に殺される未来だ。 死ぬまでにやりたいことやろうや」 提督「な?顔、上げてくれよ。 お前が、そんな顔してたら、俺まで泣きそうになるじゃないか」 妖精「ああ……ああ……」 提督「……強く生きろよ、憲兵。 ありがとうな」 提督「そして妖精。 70 ID:2Z7RriEM0 ………… …… 妖精「数か月後、提督は死んだ」 妖精「アイツは死ぬまでの間、一番輝いていた」 妖精「本当に楽しそうに、影の無い顔でな」 妖精「憲兵は白露とケッコンしたそうだ。 提督の死には誰よりも悲しんでいた」 妖精「本音を言うと白露の奴は俺がぶち殺してやりたい。 だが提督との約束だ、それは出来ない」 妖精「白露のしたことは誰にも言わなければ憲兵と幸せに暮らすだけの未来になる。 63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 さすがの私もぷっつんだわ。 40 ID:2Z7RriEM0 妖精「行くぞ。 これは弔い合戦だ」 妖精「だが決して憲兵と白露のことだけは漏らすな。 35 ID:yORrkEo1o 乙 いい話ネー 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

[B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

艦これ ss 提督死亡

海軍に籍を置いて十年。 教育隊に所属していた頃が随分遠く感じる、今と比較すれば実に地獄の様な生活だった。 提督は良い、鎮守に限った話ならば最高権力者だ。 扱かれる事も無く、廊下をわが物顔で歩いてもドヤされない。 先輩に敬意を払う必要も理不尽な怒声も無い、パラダイスだ。 八キロ遠泳などもしなくて済む、元々私は泳ぎが得意ではなかったから。 提督「……海域の確保も順調だ、海坊主の連中も戦力が整っていないと見える」 地図に引かれた赤線、それは現在確保されている海域分布。 他鎮守府と合同で巡回船を出し物資搬入ルートを確保していた。 一昔前は艦娘に同行させる補給船の数が足りず難儀したものだが、今や私の階級は中佐。 年齢としては三十を迎えたばかりで若すぎるとの声もあるが、多少の高跳びは仕方あるまい。 どうせ戦時下階級という奴だ、この肩書に見合うだけの権力が付随しているかどうかと聞かれれば疑問が残る。 ましてや民間人に少尉などという肩書を押し付け運営させている場所もあるのだ、現状の海軍の人員不足は見るに堪えない。 いや、海軍と言うより艦娘提督という特殊な役職に限った話か。 提督「馬鹿馬鹿しい話だ」 軍の「ぐ」の字も知らぬ民間人に指揮をさせるなど、愚かにも程がある。 文民は我々軍人が守るべき存在であって、安易に銃を持たせて良い存在ではない。 ましてや本当の戦場を知るのなら尚更。 連日連夜、続く勝利。 海域を押し込む程連中は強くなっていくが、最近では【質より量】の戦法で高練度艦隊を同海域に集中させ一方的に火砲を浴びせている。 戦力の分散は愚策だ、戦力があるのなら全て集中させる方が良い。 無論、最低限の防衛隊は残して。 勝利に沸き立ち士気を高めるのは構わない、しかし「楽勝」と敵を侮って慢心するのは頂けない。 勝って兜の緒を締めよ、までは言わない。 しかし浮かれた気分で戦場に出られても困る。 勝つのは当然だ、そういう『教育』を私は大学で受けて来た。 十全な装備、十分な弾薬燃料、そして考え抜かれた策に万が一の予備隊。 艤装を積んだ補給船も手配し大規模作戦ならば工作艦も同行させる。 これだけ用意して敗北するなどあり得ない、そう在れと生まれたのが彼女達で、それを扱う己は彼女たち以上に努力している。 勝利は当然と言えた。 しかし精神的な隙は必ず【敗北】を生む。 ならばそう、此処は一つ。 冷や水を浴びせ、気を引き締めさせる必要があるなと、私はそう考えた。 龍田「ぁ」 水面に揺蕩う白帽、僅かに煤けたソレが龍田の足元にコツンと当たる。 呆然と燃え盛る小型船を見つめながら、龍田はただ動けずにいた。 龍田「あ、あ、て……ぁ、て、提督」 龍田「うそ、何で、何で上から砲撃が……」 得物を取り落とし、手を伸ばすが轟々と炎が燃え盛るばかり。 迫撃砲は小型船のど真ん中に直撃し、内部を貫いて炸裂した。 提督諸共爆発し、砕け散った残骸が海を漂う。 船が爆発した、中に在ったものは海に全て投げ出されている。 龍田は呆然としながらも一歩、一歩と燃え盛る船に近寄る。 けれどその光景が近付く度、足が鈍る。 龍田「大丈夫、大丈夫よ」 龍田「まだ、まだ生きているかもしれない、提督なら、きっと……だから、早く、早く助けないと」 龍田「はやく、はやく」 龍田「助けないと」 龍田「助けないといけないから……!」 龍田「だから……」 龍田「ねぇ、動いてよ……動いて」 龍田「動きなさいよ! 動いてよッ、私の足……ッ!」 足が動かない。 プルプルと震えて、これ以上前に進めない。 動かそうとしても微動だにせず、結局その場にぺたんと座り込んでしまった。 下手をすると沈んでしまいそうだった。 龍田「ぁ、あぁ……あぁぁ……」ポロポロ 龍田「なんでぇ、なんでよぉ……」ポロポロ 龍田「何で動かないのよ……ぉ!」ポロポロ 龍田「提督が、ていとくが、しんじゃうのにぃッ……!」ポロポロ 龍田「あぁぁぁああぁッ! 提督ぅ、ていとくぅぅうッ……!」ポロポロ 瞼の裏に浮かぶ、爆発の瞬間。 生きている筈が無かった、あれ程の爆炎と衝撃を間近にして。 本当は分かっていた。 龍田「あ、ぁ……あぁぁ………」 海上に伏せ、這い蹲って涙を零す龍田。 水面に散った想い人、彼を想って慟哭する。 提督「………何か思ったよりガチ泣きなんですけど、ヤバくない?」 憲兵「だから私はやめた方が良いとあれ程……」 憲兵A「ネタ晴らししたら死ぬんじゃないですか中佐」 提督「ははは、まさか、ははは、ハハ………ないよね?」 憲兵「遺書のご用意は済ませておいた方が賢明です」 提督「ウソダドンドコドーン!」 憲兵A「これだから海 ry」 長門「艦隊編成急げ! 戦艦だろうが空母だろうが関係ない! 出られる奴はさっさと海域に向かえッ!」 吹雪「だ、第四艦隊出撃します!」 赤城「一航戦、出ます!」 大淀「明石さん、貴女も!」 明石「わ、分かってます! 私の艤装、えぇっと……!」 提督が沈んだ。 その報は鎮守府に凄まじい動揺を齎し、所属艦娘全員による緊急捜索が即時決行された。 提督が死亡した恐れがある。 龍田「………」 彼の死を目撃した龍田だった。 天龍「……お、おい、龍田」 龍田「……ぁ、天龍ちゃん……」 天龍「お前、大丈夫かよ……」 龍田「…………」 龍田「ん、大丈夫……大丈夫よ……」 天龍「ちっとも大丈夫に見えねぇよ……」 目は虚ろ、元々白かった肌は蒼褪め、その体は酷く冷たい。 そんな惨状に他の艦娘は彼女を責めるどころか、会話する事すら躊躇われた。 まるで次の瞬間には消えてしまいそうな、そんな危うさを秘めている。

次の

[B!] 【艦これ安価】提督「艦娘に看護される日々」 : あやめ速報

艦これ ss 提督死亡

提督「なあ、北上。 愛ってなんだろうな」 北上「提督、私帰っていい?」 提督「ごめんなさい真面目な相談なんです助けてくださいお願いします」 北上「はぁ……で、何?」 提督「ゴホン……えっと、大井と俺がケッコンしたのは知ってるな?」 北上「そりゃ、鎮守府でお祝いまでしたんだから知らないわけないでしょ」 提督「そっか、知られちゃってたか~」ニヨニヨ 北上「じゃあね提督」 提督「本当すみませんでした」ドゲザー 北上「それで、相談って何なのさ。 邪魔なので帰ってください』とか……」 北上「……………」 提督「極め付けに、この前俺が装備について明石と話してた時あいつなんて言ったと思う?」 提督「『提督、随分楽しそうにお話してますね。 この人、借りていきますね」 ………………… 北上「やっぱりあの提督が気付くのは無理かー」 球磨「そんなの分かり切ってたことクマ」ガサガサッ 多摩「大井の方をなんとかするしかないニャ」ガサガサッ 木曾「……なんで草むらに隠れなきゃいけなかったんだよ」ガサガサッ 北上「いいじゃんいいじゃん。 おやすみ……」 大井(ふぅ……これでなんとか自然に逃げることが出来ますね………これでいいんですよ。 何も素直になるのは今すぐじゃなくてもいいじゃないですか。 言いたいことはそれだけですか?」 提督「ああ」 大井「では、お断りします」 提督「え?」 大井「提督がこんなところで寝て風邪でも引いたら艦隊指揮に影響が出るでしょう」 提督「でも、それだと………」 大井「私が良いって言ってるんです」 提督「本当に?」 大井「はい」 提督「後悔しない?」 大井「しつこいです。 ありがとうございました。 このスレはとりあえず残して、おまけが思いつけばいくつか書きます。 書くとしても、二週間くらい間は空くと思います。 それでは、また。 vip2ch. vip2ch. vip2ch. vip2ch. vip2ch. vip2ch. 決して提督の顔が見たかったからとか、そんなんじゃないから。 別に秘書艦がちょっと早く執務室に行くなんて何もおかしくないじゃない。 vip2ch.

次の