テポドン。 【悲報】北朝鮮「あの爆破は始まりに過ぎない…さらに想像を超える」…ソウルにテポドンか

大阪の半グレのテポドン【吉満勇介=籠池裕介】は韓国人?!生い立ちがヤバい。

テポドン

大阪の半グレのテポドン!名前は『吉満勇介』&『籠池勇介』二つ!何で?韓国人?! 大阪の半グレ集団「拳月グループ」の幹部に「テポドン」と呼ばれとる人物がおる。 本名を吉満勇介やら籠池勇介やらいわれとるが、どっちが本当なんじゃろうか? また、韓国人じゃないかといわれとるが、その理由は「テポドン」と呼ばれとるところからそがいに噂されたようじゃ。 拳月グループのリーダーの拳月も、その顔立ちやらから韓国人説があるんじゃ。 しかし、2人共韓国人じゃのうて、日本人じゃということが分かっとる。 テポドン『吉満勇介』&『籠池勇介』の生い立ち。 出身地はここ! テポドンこと籠池勇介は、以前、NHKの番組で吉満勇介として出演しとった。 また、自身のインスタグラムでも吉満勇介名義で開設しとる。 どうやらテポドンは、籠池勇介が本名で吉満勇介は偽名じゃったようじゃ。 テポドンは、自身のインスタグラムから、「バー」や「ホルモン店」を経営しとることが分かっとる。 また、2019年7月のインスタグラムでは、地元の三社祭に行ってきたことを投稿しとったけぇ、大阪府港区の出身じゃないかと見られとる。 テポドンという北朝鮮のミサイル名で呼ばれるようになった経緯やらは分かっとらんが、籠池勇介は日本人であり、大阪府出身であるんは間違いないようじゃ。 彼はもともと半グレグループ「アウトセブン」と呼ばれたアマチュア格闘家集団「強者」のメンバーからできた集団に属しとった。 そして「アウトセブン」のリーダーは拳月と呼ばれとる相良正幸じゃった。 テポドンが所属する拳月グループは、準暴力団に指定されとって、山口組極心連合会兼一会に擁護され、条例によって暴力団が動けんみかじめ料の徴収やらをするようじゃ。 テポドン『吉満勇介』&『籠池勇介』が起こした犯罪と逮捕歴。 懲役も喰ろうとった。 テポドンこと籠池勇介は、前科があって刑務所に服役しとった事実があるんじゃ。 そりゃ知人のインスタグラムにも、そのことが書かれとった。 その投稿は2017年7月14日のもんじゃが、「3年半ぶりに帰ってくる」と書かれとったため、2014年1月前後から刑務所に入っとったことが分かる。 籠池勇介は、その後、脅迫の余罪が発覚したことで再逮捕されとる。 その内容とは、2018年8月、大阪のミナミの路上にて、対立するグループのメンバーを呼び出そうと、10代の女性を十数人で取り囲み、「早う電話しろ」といって脅迫したというものじゃった。 敵対する半グレグループとは菅野深海被告(21)がリーダーを務める「アビスグループ」じゃという。 アビスは10代のメンバーが多いい若い半グレ集団で、最近は勢力を拡大しとって、同じく半グレ集団の拳月グループとは敵対関係にあった。 拳月グループの幹部が逮捕されて弱体化しとる隙きに、潰しにかかる半グレグループも多いく、アビスもそのグループのひとつで、どんどん拳月グループの被害届を出して懲役へと追い込もうとしとるという。 アビスの菅野深海は未成年のときからガールズバーを運営し、月に5千万円売り上げるやらしとった。 籠池勇介容疑者は、女性を脅迫し続けたが、結局メンバーにゃあ電話せんかったという。 また、籠池勇介は2019年8月にも恐喝未遂で逮捕されとる。 籠池容疑者は、2019年7月上旬に、自身が経営するミナミの飲食店の男性店員に電話をかけ、男性が売上金の100万円を持ち逃げしたとし「金を返せ。 コ〇スすでぇ」やら言うて、現金を脅し取ろうとした恐喝未遂事件で逮捕された。 その男性店員は、預かっとった店の売上金の数十万円を無くしたと、警察に相談にきとったという。 籠池容疑者は、脅したものの金品を奪うとらんかったことで恐喝未遂の容疑として逮捕された。 テポドン『吉満勇介』&『籠池勇介』はnhk番組【半グレ 反社会勢力の実像】に出演。 世間の声が痛烈2019年12月27日、NHKスペシャル「半グレ 反社会的勢力の実像」が放送された。 番組の内容は、大阪のミナミを拠点にした半グレ集団「拳月グループ」のリーダーである拳月こと相良正幸容疑者と同グループの幹部のテポドンこと籠池勇介容疑者の生活ぶりを取材したものじゃった。 NHKのこの番組では、後日波紋を呼ぶ結果となった。 というのが、番組内容が「反社会的勢力」を持ち上げとらんか?といった疑問を感じた視聴者がおったことじゃった。 半グレ集団がしのぎを削る大阪で、拳月とテポドンはミナミの顔として知れ渡っとる」というナレーションが流れ、籠池容疑者のSNSのフォロワー数は1万3,000人と紹介した。 籠池勇介が仕事をせんかと呼びかけると、あっという間に100件以上の申込みが殺到するやらと持ち上げたり、半グレ集団の派手で贅沢な暮らしぶりを強調するような番組内容になっとった。 また、番組では2人が風を切るように、夜のミナミの街を闊歩するシーンから始まるやら、番組の趣旨がずれとらんかという意見もあり、警視庁幹部も激怒し、大阪府警に怒りの電話があったという。 警視庁長官は、大阪府警に怒りを現し、NHKの番組取材に協力したはずの大阪府警にしても、まさか半グレ本人が出てくるたぁ思うとらんかったようじゃ。 大阪府警は、取り締りの取材じゃ思うて協力したのに、半グレ集団がメインの番組になっとったことに、不満の声をあげとる。 テポドンこと籠池勇介容疑者が、経営する飲食店の従業員に対して、恐喝未遂の疑いで大阪府警に逮捕されたんは、その放送から1ヶ月のことじゃった。 こがいしたいきさつもあって、警視庁の怒りをかったようじゃ。 一方、NHK側は、警視庁長官が激怒したことについて、把握はしていません、警視庁や大阪府警からの問い合わせやらは無かったって回答しとる。 テポドン『吉満勇介』&『籠池勇介』は現在ファッションモデルとしても活動しとる。 テポドン『吉満勇介』&『籠池勇介』は現在ファッションモデルとしても活動しとる。 籠池勇介は、現在は大阪ミナミの飲食店を経営しとるが、ファッションモデルとしても活動しとるそうじゃ。 まとめ。 テポドンこと籠池勇介は大阪の半グレ集団「拳月グループ」の幹部で、本名は籠池勇介。 籠池は、複数の逮捕歴があって、最近では2019年に自身が経営する飲食店の従業員に対して恐喝未遂で逮捕された。 テポドンの通称から韓国人じゃないかと噂されとったが、国籍は日本のようじゃ。 また、NHKの番組の取材のときは、吉満勇介という名義で出演しとったが、こりゃ偽名を使うとったようじゃ。 籠池勇介が幹部を務める拳月グループは、指定暴力団山口組とのつながりがあるとして、大阪府警から注視されとる。 半グレ集団は、暴力団対策法やらが適応されとらんため、警察当局は一部の半グレグループを、集団で常習的に不法行為をする準暴力団と認定し、警戒しとる。

次の

「テポドン」の仕掛人

テポドン

番組内では吉満勇介について、年齢は拳月(35)より3歳下の32歳、過去に傷害事件を起こしたことがある、今は大阪・ミナミで複数の飲食店を経営している、としています。 吉満は拳月とともにミナミの顔だといいます。 吉満は過去にヤクザに誘われたことはあるが断ったと話しています。 アウトセブンのナンバー2 番組の中で「拳月グループ(アウトセブン)」の警察資料が映されますが、その資料にある図の名前の位置を見る限り、アウトセブンのナンバー2の地位にあるようです。 テポドンの左右には「モロッコ」「クリエーター」という名も。 「クリエーター」なんて名前だと、役割なのかあだ名なのかよく分かりません。 またアウトセブン・メンバーの大部分は格闘技団体「強者」の人間で構成されていますが、テポドンこと吉満勇介は「強者」の人間でなく、いつの間にかアウトセブンのナンバー2になっていたといいます。 アウトセブンでは、吉満は稼ぎ頭だそうです。 おそらく商才や実業の才があるのでしょう。 (ネットメディア「トカナ」による) テポドンこと吉満勇介のインスタ顔画像 またインスタグラムもしており、それだけで食えるほどのフォロワー数ではないものの(13,500くらい)、男性インフルエンターとしても活躍しているようです。 投稿写真のファッションなどを見ると、EXILE系・三代目Jソウルブラザーズ系っぽいです。 さん t. 上着を脱いだ写真を使われたのは、その方が刺青が見えるからかもしれません。 実際に掲載された写真がこちら。 テポドンこと吉満勇介が傷害で服役したのは いつからいつまで? 吉満の傷害事件の内容は不明ですが、意外と最近まで服役していたようです。 ファルファーラは大阪ミナミにあるキャバクラのようで、そこで吉満氏は本部長をしていたそうです。 匿名掲示板の書き込みには「ファルファーラの本部長. 吉満勇介が懲役から帰ってきたから客もガラ悪いの増えた」などというものもありました。 現在でも「ファルファーラ」という店と関りがあるかは不明です。 少なくともインスタグラムのプロフィールでは「Bar-continue」と「道端ホルモン寄って屋」を経営していると、2つのお店を宣伝しているだけで「ファルファーラ」の名は出てきません。 また「3年半ぶりに帰ってきた」という言葉があるので、2017年7月から3年半を逆算すれば、 入所したのは2014年1月前後ということになります。 だとすれば現在32歳なので、30歳になる前の20代後半(29、28ごろ)に罪を犯したということのようです。 ネットメディア「トカナ」によると、拳月らの半グレ格闘技団体「強者」がごたごたしていた時期には刑務所に入っていたといいます。 匿名掲示板を見てみましたが、そこでもテポドンこと吉満勇介が何をして捕まったのか明確には語られていませんでした。 「たしか下の子が囲まれているところを助けに行ったという話だった」とか、「いや、実はそれだけじゃない」とか、色々なことが言われてますが明快に語っている人はいませんでした。 吉満勇介は結婚してる?嫁は?子供は? 吉満勇介には男の子が一人いるようです。 さん t. これはお約束の現象で、大抵、ネットでは何か犯罪に関わるような人物について放送されると、必ずといっていいほど「国籍」「韓国」などのキーワードが検索されます。 個人的に、これには毎度のことながら「アホか」と思います。 何でもかんでも在日のせいにし過ぎでしょう。 ただ今回に限っていえば、「国籍・韓国」に関する検索需要が増えたことには、吉満のあだ名が「テポドン」だったことにも原因があるのかもしれません。 そう思うなら、一応は多くの人が「在日」かどうか気になったことも理解できます。 しかし仮に在日だとしても、なおのこと「テポドン」なんてあだ名はつかないような気がしますが。 「テポドン」というあだ名の由来が知りたかったですが、番組中では何の説明もありませんでした。 警察の資料ですら、はっきり吉満勇介の異名を「テポドン」と書いてあります。 (首領 相良正幸の下) あだ名の由来について推測ですが、たぶん「爆弾」とか「き〇がい」とかいうあだ名と似たニュアンスでつけられただけじゃないかと思います。 要は単に「武闘派」ということを表現したあだ名なんじゃないでしょうか。 以上になります。

次の

テポドン吉満勇介(半グレ)が恐喝で逮捕 本名は籠池勇介と判明

テポドン

大阪を拠点に活動している半グレグループの幹部・テポドンこと籠池勇介がYouTubeチャンネルを開設した。 半グレがユーチューバーになるとは不思議な時代だなと思うとともに、少し興味深いので軽く紹介してみようと思う。 半グレとは 近年勢力を拡大している「半グレ」と呼ばれる組織。 簡単に説明すると集団で犯罪行為をする組織のことである。 旧来の暴力団とは何が違うのかというと、組のような決まったピラミッド型の組織ではなく地元の不良グループの延長線上の横並びの組織であることが大きな違いと言われている。 暴力団のように正式な盃関係はなく仲間や先輩後輩の関係で構成されていることが多い彼らは一般人と犯罪者の半々の存在、つまり「半分グレている」ということから半グレと呼ばれるようになった(諸説あり) しかし暴力団とは別物の犯罪組織という定義ではあるが実際は暴力団の看板を使って犯罪行為をしていることが多い。 というのも彼らの収益源は主に詐欺、恐喝、キャバクラやガールズバー等の飲食店経営、裏DVDの制作販売、AV関連(スカウト、女優の事務所経営)など一般の人間がやらない裏ジャンルである。 この手のジャンルは決まって昔からヤクザのシノギになっていることが多い。 なので暴力団に金を収めて組の看板を借りる(ゲソをつける)かケツを持ってもらうことで彼らは裏で働くことを認めてもらうのである。 言い換えれば締め付けが厳しくなり表立った活動ができない暴力団の手駒的な存在なのだ。 テポドンとは テポドンこと籠池勇介は大阪にある半グレグループの幹部メンバーである。 彼が一躍その名を轟かせたのは2019年7月に放送された「NHKスペシャル」に登場したことだ。 同放送内で彼らはまるで「裏社会のカリスマ」と言わんばかりの取り上げ方をされ、インタビューでは犯罪行為を行っているという噂を全面否定した。 しかしこれを見た警察組織は激怒。 放送後に度重なる逮捕、再逮捕を繰り替えされる彼らだったが2020年2月19日、幹部であるテポドンが突如ユーチューブチャンネルを開設。 2020年3月9日現在は2本の動画がアップされている。 (松嶋クロスが雑誌でインタビューに登場したり石元太一が俳優デビューをしようとしたことはあった) しかし近年の中途半端な不良は時代の影響なのか普通にSNSをやっていたりと表に出てくるのである。 彼らにとってはデメリットの方が多いと思われるが、生まれ持った自己顕示欲を抑えることができなかったのだろう。 感想 かつては東京でも半グレが台頭していた時代はあるが警視庁の取り締まりや抗争の上の自滅など表で見る機会は減ったように思える。 大阪府警も半グレ対策に本気になっているようなのでかなりの数が淘汰されているらしいが彼らがいなくなったところで新たな組織が登場して同じことを繰り替えされるだけだろう。 個人的には裏社会で生きている人間は独特な雰囲気があり興味深い生き物なのだが、あくまで彼らがやっていることは犯罪行為。 人様に迷惑をかけて甘い汁を吸おうとするゴキブリみたいな連中はこの世から消えてもらいたいと心から願っている。

次の